ブログパーツ アクセスランキング


 ずっと一途に「プロサッカー選手になる」という夢を追い続けるも、大学卒業後、Jリーグチームに入団する事はできなかった(2002年。当時「22歳」)。夢に破れ、「もうサッカー辞めよう」と決意するも、母校の高校サッカー部でコーチを務める中で再び「サッカー」に対する情熱を取り戻す。


 半年間のコーチ業の後、2002年9月より中国に渡る。自身の人生の中で「初」となる「海外生活」が始まった。そしてこの選択が人生を一変させる。中国の地でも「プロサッカー選手になる」という夢を追い続けたが、「外国人GKは中国プロサッカーリーグに参加する事ができない」という中国サッカー協会で定められた規則があるため、チャレンジする事さえできなかった。規則を変えてもらうべく中国サッカー協会に単身、乗り込んで交渉もしたが、「中国でGKとしてプレーしたいなら、中国人になるしかない」と言われ、断られる。万事休す…。しかし僕は決して諦めなかった。絶望的な状況の中、中国語を習得しながら、天津市内の大学でトレーニングに励み、チャンスを信じてひたすら待った…。



 中国で待つ事「1年」。天津の語学留学先で知り合ったアメリカ人の友達から1本の国際電話が入る。「アメリカでプロサッカーチームのトライアウトのチャンスが見つかった」との一報だった。中国ではサッカー協会の規則もあり、挑戦する事さえできなかった。1年間、待ちに待って、ようやく巡ってきた「チャンス」。僕は迷わず「アメリカ行き」を決断した。2003年12月。旅行カバンにサッカー用具だけ詰め込み、初めてアメリカに渡る…。



 アメリカでは苦難の連続だった。そもそも文化に馴染めない。国全体を覆う「負のオーラ」に悩まされる。その後も数々の国を渡り歩いたが、アメリカは残念ながら最も自分に合わなかった。2005年6月。ついにアメリカを出る決心をする。…が、次の行き先が決まらない。しかしルームメイトがたまたまホンジュラス人で、彼の「父がYojiにチームを紹介できる」という言葉だけを頼りに、未知の国・ホンジュラスへと初めて足を踏み入れる事となった…。



 ホンジュラスに初上陸。しかしせっかく来てみたら「父がYojiにチームを紹介できる」という言葉は嘘だった事が判明…。僕は突然、ホンジュラスの地に1人、取り残される事となった。もちろん、知り合いは皆無。しかも治安が悪く危険な国なので、うかつに行動する事さえできない…。それでも僕の心は決まっていた…。「このままプロになれないなら、死ぬのと同じだ」…僕は正に死ぬ覚悟で、ホンジュラスでたった1人、プロを目指した危険な活動を開始した…。



 活動は困難を極めた。何度も失敗し、絶望し、時には命の危険にもさらされた。お金も底をつく…。しかし、僕は初めての海外生活の地である中国、そしてここホンジュラスにて、人生における最も大切なものを学んでいた…。それは「根性」でも「忍耐」でも「努力」でもなく…「笑顔」。



 数々の修羅場を「笑顔」でどうにか潜り抜け、2005年12月…。とうとう「その瞬間」はやってきた。ホンジュラスの地で「日本人初」プロサッカーチームと契約締結。その時、僕は「26歳」になっていた…。本気で「プロになりたい」と思い始めた中学1年生時から数えて実に13年の歳月を経て…ついに人生最大の「」が実現する。



 人生は本来、楽しいものだ。一度しかない人生…「笑顔」で生きた方が得に決まってる。「笑顔」は全ての不可能を「可能」にする。「ありえない!がある!」人生を、「笑顔」でとことん楽しもう!!



※前ブログに、世界各国を渡り歩いた詳しい活動内容を記録!! → 【★★★26歳からのプロサッカー人生!不可能を「可能」にするブログ★★★ 日本→中国→アメリカ→イングランド→ホンジュラス→ジャマイカ→パナマ→オーストリア→???



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



☆☆☆ 各種メディア・記事掲載情報 ↓↓↓ ☆☆☆



◎ <平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま>(RCC) 【ぶち広島人】 2006年10月2日放送&【11月13日放送



◎ <足球之夜>(中国中央電視台)※CCTV 【人生充满可能性】 2009年2月号



◎ <週刊サッカーダイジェスト> 【波瀾万丈の流浪GK】 2011年5月24日号



◎ <立正大学グリーンブック> 【サッカーへの夢を育んだ立正。その恩返しに選手を育てたい】 2012年版



◎ <La Tribuna>(ホンジュラス) 【Exportero japonés de Marathón】 2012年7月4日発売(西・英語のみ)



◎ <ニッカンスポーツ> 【日本の真逆/ホンジュラス】 2012年7月4日発売



◎ <La Prensa>(ホンジュラス)【私は日本人。けどホンジュラスと共にいく】2012年7月31日発売(翻訳付)



◎ <ひるおび!>(TBS)【ロンドン五輪2012予選リーグ第3戦「ホンジュラス戦」特集】2012年8月1日放送



◎ <La Prensa>(ホンジュラス) 【残念。ホンジュラスは日本に勝てた】 2012年8月2日発売(翻訳付)



◎ <Youtube> 『動画』 【「ひるおび!」&「ホンジュラスのTV出演(インタビュー)」】 2012年7月31日



◎ <Diez> 【レアル・ソシエダの成功の陰に日本人・Yoji Yamanoの存在】 2013年5月10日(スペイン語)



◎ <El Heraldo> 【ホンジュラスと共にW杯に出場するのが夢】 2014年6月8日(スペイン語)



◎ <COACH UNITED>(コーチ・ユナイテッド) 【「GKセミナー動画」&「対談記事」】 2015年1月


◎ <アスリートナレッジ> 

林卓人は優れているからこそ語られない/ 山野陽嗣のGK分析『林卓人(サンフレッチェ広島)』】2015年7月

日本人GK最大の弱点とは○○である/山野陽嗣( @yoji_yamano )のGK分析『林卓人(サンフレッチェ広島)』



◎ <中国新聞> 【GK専門指導 故郷で再出発 世界へ羽ばたく選手を】 2015年8月11日


◎ <フットボールネーション(漫画)>

GKの「プレジャンプをしない動き直し」】 2015年10月23日

単行本8巻】 2015年10月30日


◎ <東和空のスマイル会議>(RCC) 【RCCラジオ番組に出演します!】 2015年11月15日、22日


◎ <サッカー批評>【サッカー批評79『Jリーグとスーパーリーグに見るGKの実力差。中国サッカー界で急成長を遂げる「ゴールキーパー」育成事情』】】 2016年2月27日


◎<ココスポ サッカー王国>(RCC) 【GK目線から広島GK林卓人選手、佐藤寿人選手などについて語る!】 2016年3月9日、10日


◎<サッカーキング> 

日本対韓国戦、勝者の次なるステップ-櫛引政敏にみるGKの可能性-】 2016年2月1日

なでしこジャパン、明日へ、次に歩むための提言-福元のハイボール処理は正しいのか-】2016年3月14日

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



◇◇◇ 主な出来事、獲得タイトル等 ↓↓↓ ◇◇◇



◆ 2010年1月。ホンジュラス大統領官邸にて大統領(当時)ロベルト・ミチェレッティと対面

◆ 2010年5月より、【アルビレックス新潟シンガポール
】のGKコーチ兼選手に就任。2011年にはリーグ杯で初優勝を飾り、同クラブ史上初タイトルを獲得。シンガポール杯でも準優勝。Sリーグではクラブ史上最高順位(当時)の4位。

◆ 2012年1月より、【アルビレックス新潟ユース】のGKコーチに就任。

◆ 2013年より、ホンジュラス1部リーグ(J1に相当)の【レアル・ソシエダ】、【パリーヤス・オネ】のGKコーチに就任。レアル・ソシエダではクラブ史上初の「準優勝
」と「リーグ最小失点」を達成。

◆ 2014年2月。日本人初ホンジュラスサッカー協会公認GKコーチングライセンス】を取得。

◆ 2014年5月。日本人初U-20ホンジュラス代表】GKコーチに就任。※U-15ホンジュラス代表GKコーチ兼任。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



★★★ 連絡先メールアドレス ↓↓↓ ★★★ 



cafehondurasyoji@hotmail.co.jp


※返信できない事もございますので、悪しからずご了承下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



facebookフェイスブック(誰でも閲覧可能!)やじるしYoji Yamano/山野陽嗣



ツイッターツイッターやじるし@yoji_yamano

メラメラもう1つのブログやじるし「26歳」からのプロサッカー人生!山野陽嗣の「笑顔」で不可能を「可能」にするブログ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



当ブログ内の写真や文章などの無断転載・複製は禁止いたします。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-22 20:35:54

「お金は重要じゃないんだ」パナマの怪人・デリー・バルデスの「日本を愛する」熱き想いと「願い」。

テーマ:Jリーグ

 

やじるし前回ブログは⇒『【感動】「先住猫」ジチマオが、「新入り猫」メイメイを「受け入れた」瞬間

 

 

 

皆さん「パナマの怪人デリー・バルデスを覚えていらっしゃるでしょうか?

 

東芝、C大阪、鳥栖F、札幌、大宮、川崎Fなど日本で大活躍したあの伝説のストライカー。日本在籍9年間で通算得点は何と「204得点」!※「Wikipedia」参照なのでどれほど正確かは定かではありませんが、大方、正しい数字ではないかと思います。とにかく数え切れないほど日本で得点したのは周知の事実です。

 

 

【動画】1997年5月25日。札幌厚別厚別公園競技場。コンサドーレ札幌VS川崎フロンターレの「伝説の一戦」。後半43分に川崎Fに追加点を決められ、1-3と絶体絶命の窮地に追い込まれた札幌が、ここから「奇跡」の大逆転勝利!デリー・バルデスはハットトリック!特に後半ロスタイムの同点ゴールのヘッドの打点の高さは正に「怪人」!人間離れした驚異的なジャンプ力、高さ、速さ、上手さ、左右両足、頭、どこでもゴールを決めれるシュートセンスと得点感覚…全てが「スーパー」なストライカーでした。

 

 

 

 

 

※下は2007年にパナマで撮った写真。いつまでも老けない怪人。日本語も忘れていなかったですよ!「サッポロ、サムイ~」て言ってました(笑)※当時のブログはこちら!⇒【『パナマ編 ~その2~』 「笑顔」が導く、奇跡的な「縁」!ついに登場、「パナマの怪人」!!その名も…!!??』

 

…と、もう1つ、こちら!⇒【『パナマ編 ~その5~』 ドリーム・マッチ出場!!

 

 

 

 

 

 

 

 

※サングラスをかけているのが日本で活躍したホルヘ・デリー・バルデスで、向かって右の一番端っこが双子の弟でマラガやパリ・サンジェルマンなどヨーロッパで活躍したフリオ・デリー・バルデス。中央の青い服のアミーゴ(元パナマ代表正GKで元パナマ代表GKコーチ)によると「ホルヘもフリオも能力はほぼ同じ」だそう。それが方や「日本」、方や「ヨーロッパ」と全く異なる人生を歩む事に。人生って本当に不思議ですね。

 

 

 

 

 

※ホルヘ・デリー・バルデスがパナマに持って帰り、前述の「元パナマ代表正GKで元パナマ代表GKコーチ」のドナルド・ゴンサレスにプレゼントした「鳥栖フューチャーズ」のユニフォーム(鳥栖Fはバルデスの古巣)。これは貴重!未だにパナマで大切に保管&着られていますよ!国民的英雄であるデリー・バルデスのおかげでパナマでも「Sapporo」「Tosu」など彼が在籍した日本の都市が有名に!凄いですね~。

 

 

 

 

 

日本で数々の「伝説」をつくった「パナマの怪人」デリー・バルデスは、2006年に現役引退後は指導者に転身。U-17パナマ代表、U-20パナマ代表、パナマA代表などの監督やコーチを歴任。2011年と2013年にはU-17W杯に出場。U-20W杯の出場権も獲得しています(この大会はU-17W杯の日程と重なったため、出場権獲得も行く事ができなかったそう)。さらにA代表でも2014年ブラジルW杯北中米カリブ海地区最終予選に進出し「最終戦のアメリカ戦に勝利すればW杯出場」と「あと一歩でW杯出場」というところまできました。しかし、リードしながらアメリカに逆転負けを喫し、本当に紙一重のところでA代表でパナマの歴史上初のW杯出場を逃す…(実はブラジルW杯でベスト16進出したメキシコは、この試合でパナマが勝っていれば予選敗退してW杯には出られなかった。それくらい厳しい予選で、いかに「僅差」の敗退だったかが伺い知れます)。

 

さらにはパナマのプロサッカーチームでも監督を歴任。指導者に転身してからも、数々の輝かしい実績を積み重ねている「パナマの怪人」デリー・バルデス。

 

 

そんな彼とよく連絡を取るのですが、いつも彼から言われる言葉があります。それは…

 

 

 

監督として、いつか必ず、愛する日本に帰りたいんだ

 

 

 

彼は「本気」でこう願っています。いや、長年、「願い続けて」います。

 

昨日と今日も、地球の裏側に居るデリー・バルデスから連絡がきました。そこで彼から、「熱き想い」を伝えられました。

 

 

 

「監督として愛する日本に帰りたい。お金は重要じゃないんだ給料の額は重要じゃない)。重要なのは、俺の監督としての能力を証明するチャンスが愛する日本である事。チャンスさえあれば能力を証明できる

 

 

 

彼はこう熱く僕に語りました。本当に「魂がこもった」言葉でした。

 

僕は彼のこの言葉を聞いた時、本当に驚きましたし、感動しました。

 

なぜなら、僕が知り合ってきた大半の中南米人(ラテンアメリカ人)は「お金こそが全て」であり、日本や中国などアジアに行きたい理由も「とにかくお金が欲しい」…ただ、それだけだったからです。目的はとにかく「お金のみ」(それが決して悪い訳ではない。プロとして、また1人の人間として、家族を養うためにも少しでも多くのお金を求めるのは当然の事です)。

 

※中南米人のこういった「ハングリー精神」について書いたブログは!⇒【<第4回> 「読者の質問」&「Yojiの回答」コーナー! ~ 他国の「ハングリー精神」 ~

 

 

 

しかし、デリー・バルデスは「お金は重要じゃない給料の額は重要じゃない)」と言い切った。僕はこんな中南米人(「人生=お金が全て」じゃない中南米人)、見た事がありません。

 

 

「それほどまでに、デリー・バルデスは日本を愛してくれているんだ。『お金よりも大切なモノ』がデリー・バルデスの中で、愛する日本にはあるんだな」

 

 

過去に在籍した東芝、C大阪、鳥栖F、札幌、大宮、川崎Fで、どれだけ多くの日本人に愛され、どれだけ幸せな日々を過ごしてきたか…デリー・バルデスの言葉からしみじみと伝わってきて、僕は本当に感動しました。

 

札幌が先日、J1昇格&J2優勝を成し遂げた事を報告すると「もちろん知っているよ!札幌の結果はいつもチェックしているんだ」と本当に嬉しそうに語ってくれました。

 

札幌の事、これまで所属した日本のチームの事、日本のサポーターの事、そして日本の事…彼は今も忘れていませんし、地球の裏側パナマから、いつも愛する日本の事を想い続けています

 

 

 

デリー・バルデスの『愛する日本に監督として帰りたい』という夢を、何とか実現させてあげたい

 

 

 

僕は真剣にこう考えています。

 

 

このブログを見て、デリー・バルデスの「監督招聘」に興味をもった方は、以下のメールアドレスまでご連絡下さいプロ、アマ、カテゴリー問いません。金銭面も「お金は重要じゃない」とは言え、デリー・バルデスの中にも「最低条件」の基準はあるかもしれませんし、引き受けるかどうかはデリー・バルデスの判断になりますが、オファーがあれば彼に僕から直接、伝えます。

 

日本で9年間プレーし、日本語も未だに覚えていて、流暢に話せます。

 

興味ある方は以下のメールアドレスまで、ご連絡下さい。

 

 

cafehondurasyoji@hotmail.co.jp

 

 

 

 

海外挑戦するなら言葉は勉強してはならない。外国語を覚える6つのコツ

 

 

ワシが書いた電子書籍!やじるしGKノウハウ&海外ノウハウ

 

「GK情報」盛りだくさんのメルマガ!やじるし山野陽嗣の「GKマガ」

 

facebookフェイスブック(誰でも閲覧可能!)やじるしYoji Yamano/山野陽嗣

 

ツイッターツイッターやじるし@yoji_yamano

メラメラGKブログやじるし「GK」のあなたの悩みや問題を解決!山野陽嗣の【全国出張GK指導】【GK練習会】【GK分析】

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。