ブログパーツ アクセスランキング


 ずっと一途に「プロサッカー選手になる」という夢を追い続けるも、大学卒業後、Jリーグチームに入団する事はできなかった(2002年。当時「22歳」)。夢に破れ、「もうサッカー辞めよう」と決意するも、母校の高校サッカー部でコーチを務める中で再び「サッカー」に対する情熱を取り戻す。


 半年間のコーチ業の後、2002年9月より中国に渡る。自身の人生の中で「初」となる「海外生活」が始まった。そしてこの選択が人生を一変させる。中国の地でも「プロサッカー選手になる」という夢を追い続けたが、「外国人GKは中国プロサッカーリーグに参加する事ができない」という中国サッカー協会で定められた規則があるため、チャレンジする事さえできなかった。規則を変えてもらうべく中国サッカー協会に単身、乗り込んで交渉もしたが、「中国でGKとしてプレーしたいなら、中国人になるしかない」と言われ、断られる。万事休す…。しかし僕は決して諦めなかった。絶望的な状況の中、中国語を習得しながら、天津市内の大学でトレーニングに励み、チャンスを信じてひたすら待った…。



 中国で待つ事「1年」。天津の語学留学先で知り合ったアメリカ人の友達から1本の国際電話が入る。「アメリカでプロサッカーチームのトライアウトのチャンスが見つかった」との一報だった。中国ではサッカー協会の規則もあり、挑戦する事さえできなかった。1年間、待ちに待って、ようやく巡ってきた「チャンス」。僕は迷わず「アメリカ行き」を決断した。2003年12月。旅行カバンにサッカー用具だけ詰め込み、初めてアメリカに渡る…。



 アメリカでは苦難の連続だった。そもそも文化に馴染めない。国全体を覆う「負のオーラ」に悩まされる。その後も数々の国を渡り歩いたが、アメリカは残念ながら最も自分に合わなかった。2005年6月。ついにアメリカを出る決心をする。…が、次の行き先が決まらない。しかしルームメイトがたまたまホンジュラス人で、彼の「父がYojiにチームを紹介できる」という言葉だけを頼りに、未知の国・ホンジュラスへと初めて足を踏み入れる事となった…。



 ホンジュラスに初上陸。しかしせっかく来てみたら「父がYojiにチームを紹介できる」という言葉は嘘だった事が判明…。僕は突然、ホンジュラスの地に1人、取り残される事となった。もちろん、知り合いは皆無。しかも治安が悪く危険な国なので、うかつに行動する事さえできない…。それでも僕の心は決まっていた…。「このままプロになれないなら、死ぬのと同じだ」…僕は正に死ぬ覚悟で、ホンジュラスでたった1人、プロを目指した危険な活動を開始した…。



 活動は困難を極めた。何度も失敗し、絶望し、時には命の危険にもさらされた。お金も底をつく…。しかし、僕は初めての海外生活の地である中国、そしてここホンジュラスにて、人生における最も大切なものを学んでいた…。それは「根性」でも「忍耐」でも「努力」でもなく…「笑顔」。



 数々の修羅場を「笑顔」でどうにか潜り抜け、2005年12月…。とうとう「その瞬間」はやってきた。ホンジュラスの地で「日本人初」プロサッカーチームと契約締結。その時、僕は「26歳」になっていた…。本気で「プロになりたい」と思い始めた中学1年生時から数えて実に13年の歳月を経て…ついに人生最大の「」が実現する。



 人生は本来、楽しいものだ。一度しかない人生…「笑顔」で生きた方が得に決まってる。「笑顔」は全ての不可能を「可能」にする。「ありえない!がある!」人生を、「笑顔」でとことん楽しもう!!



※前ブログに、世界各国を渡り歩いた詳しい活動内容を記録!! → 【★★★26歳からのプロサッカー人生!不可能を「可能」にするブログ★★★ 日本→中国→アメリカ→イングランド→ホンジュラス→ジャマイカ→パナマ→オーストリア→???



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



☆☆☆ 各種メディア・記事掲載情報 ↓↓↓ ☆☆☆



◎ <平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま>(RCC) 【ぶち広島人】 2006年10月2日放送&【11月13日放送



◎ <足球之夜>(中国中央電視台)※CCTV 【人生充满可能性】 2009年2月号



◎ <週刊サッカーダイジェスト> 【波瀾万丈の流浪GK】 2011年5月24日号



◎ <立正大学グリーンブック> 【サッカーへの夢を育んだ立正。その恩返しに選手を育てたい】 2012年版



◎ <La Tribuna>(ホンジュラス) 【Exportero japonés de Marathón】 2012年7月4日発売(西・英語のみ)



◎ <ニッカンスポーツ> 【日本の真逆/ホンジュラス】 2012年7月4日発売



◎ <La Prensa>(ホンジュラス)【私は日本人。けどホンジュラスと共にいく】2012年7月31日発売(翻訳付)



◎ <ひるおび!>(TBS)【ロンドン五輪2012予選リーグ第3戦「ホンジュラス戦」特集】2012年8月1日放送



◎ <La Prensa>(ホンジュラス) 【残念。ホンジュラスは日本に勝てた】 2012年8月2日発売(翻訳付)



◎ <Youtube> 『動画』 【「ひるおび!」&「ホンジュラスのTV出演(インタビュー)」】 2012年7月31日



◎ <Diez> 【レアル・ソシエダの成功の陰に日本人・Yoji Yamanoの存在】 2013年5月10日(スペイン語)



◎ <El Heraldo> 【ホンジュラスと共にW杯に出場するのが夢】 2014年6月8日(スペイン語)



◎ <COACH UNITED>(コーチ・ユナイテッド) 【「GKセミナー動画」&「対談記事」】 2015年1月


◎ <アスリートナレッジ> 

林卓人は優れているからこそ語られない/ 山野陽嗣のGK分析『林卓人(サンフレッチェ広島)』】2015年7月

日本人GK最大の弱点とは○○である/山野陽嗣( @yoji_yamano )のGK分析『林卓人(サンフレッチェ広島)』



◎ <中国新聞> 【GK専門指導 故郷で再出発 世界へ羽ばたく選手を】 2015年8月11日


◎ <フットボールネーション(漫画)>

GKの「プレジャンプをしない動き直し」】 2015年10月23日

単行本8巻】 2015年10月30日


◎ <東和空のスマイル会議>(RCC) 【RCCラジオ番組に出演します!】 2015年11月15日、22日


◎ <サッカー批評>【サッカー批評79『Jリーグとスーパーリーグに見るGKの実力差。中国サッカー界で急成長を遂げる「ゴールキーパー」育成事情』】】 2016年2月27日


◎<ココスポ サッカー王国>(RCC) 【GK目線から広島GK林卓人選手、佐藤寿人選手などについて語る!】 2016年3月9日、10日


◎<サッカーキング> 

日本対韓国戦、勝者の次なるステップ-櫛引政敏にみるGKの可能性-】 2016年2月1日

なでしこジャパン、明日へ、次に歩むための提言-福元のハイボール処理は正しいのか-】2016年3月14日

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



◇◇◇ 主な出来事、獲得タイトル等 ↓↓↓ ◇◇◇



◆ 2010年1月。ホンジュラス大統領官邸にて大統領(当時)ロベルト・ミチェレッティと対面

◆ 2010年5月より、【アルビレックス新潟シンガポール
】のGKコーチ兼選手に就任。2011年にはリーグ杯で初優勝を飾り、同クラブ史上初タイトルを獲得。シンガポール杯でも準優勝。Sリーグではクラブ史上最高順位(当時)の4位。

◆ 2012年1月より、【アルビレックス新潟ユース】のGKコーチに就任。

◆ 2013年より、ホンジュラス1部リーグ(J1に相当)の【レアル・ソシエダ】、【パリーヤス・オネ】のGKコーチに就任。レアル・ソシエダではクラブ史上初の「準優勝
」と「リーグ最小失点」を達成。

◆ 2014年2月。日本人初ホンジュラスサッカー協会公認GKコーチングライセンス】を取得。

◆ 2014年5月。日本人初U-20ホンジュラス代表】GKコーチに就任。※U-15ホンジュラス代表GKコーチ兼任。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



★★★ 連絡先メールアドレス ↓↓↓ ★★★ 



cafehondurasyoji@hotmail.co.jp


※返信できない事もございますので、悪しからずご了承下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



facebookフェイスブック(誰でも閲覧可能!)やじるしYoji Yamano/山野陽嗣



ツイッターツイッターやじるし@yoji_yamano

メラメラもう1つのブログやじるし「26歳」からのプロサッカー人生!山野陽嗣の「笑顔」で不可能を「可能」にするブログ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



当ブログ内の写真や文章などの無断転載・複製は禁止いたします。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-19 13:36:15

僕が、長年「良い関係」を築いた大切な先輩との「縁を切った」ワケ。

テーマ:人生

 

やじるし前回ブログは⇒『【GK論】日本のGK指導はアジアでも2、3歩、遅れている

 

 

※僕は「2つのブログ」を運営しています。1つはこちらのブログ、もう1つは「GK」に特化したこちらのブログです⇒グローブゴールキーパーの悩みや問題を解決!山野陽嗣の【全国出張GK指導】【GK練習会】【GK分析】

 

 

 

 

「4ヶ月で大学を中退して企業する」という無謀な挑戦をする若者を、他人がボロカスに批判、全否定している、ある記事を見ました(もはや誹謗中傷のレベル)。

 

これに対する僕の見解を、自身の「実体験」をもとに以下に書きます。

 

 

この若者が失敗しようが成功しようがその子の人生…好きにすれば良いし、逆にそれを批判しているこの人は、自分の価値観に従って「自分の人生を生きれば良いだけ」だと思います。

 

大体、人によって「成功と失敗」の定義も異なります。僕にとっての「成功」は必ずしも他の人にとっての成功ではないし、その逆もしかり。人間には、人それぞれ、その人にしか分からない領域というものがある。それを理解もせず、ただ「自分の価値観のみ絶対」という狭い視野の固定観念だけで他者をボロカスに批判するのは間違っています。

 

 

僕の昔からの大切な先輩に、僕が結婚もせずホンジュラスなど海外でサッカー活動をしている事を、ボロカスに批判されました。僕の人生そのものを「全否定」です。

 

僕がホンジュラスなど海外で「何をしていたか」は彼にとっては全く重要ではなく、そこは一切、聞く耳すらもたず、とにかく「結婚もせず海外ばかりに行っているお前はクズ」という論調。彼にとっては「結婚して子供を作って普通に就職して生きていく事が正しい」という絶対的な価値観があるようです。

 

 

僕はそういった生き方も素晴らしいと思うし、心から尊敬しています。

 

ただ、だからといって、なぜ僕の生き方が全否定され、ボロカスに批判されねばならないのか、理解できない。

 

 

結婚したくてもできない人も世の中にはたくさんいるし、結婚しても子供ができない人もいる。僕も目標や夢を実現するために犠牲にせねばならないものもたくさんあったのです(そういった生き方自体も彼からすると「クズ」に該当する模様)。

 

そもそも僕が海外で活動していたら、彼に何か迷惑をかける事があるのか?全くない訳です。彼がそれが正しいと思うなら、そういう人生を自分が生きれば良いだけ。僕は僕の人生を一生懸命、生きているだけです。

 

僕が何か犯罪とかしているならボロカスに批判されるのも分かりますが、ただ世間一般の日本人とは「違う生き方」をしているというだけで、なぜにここまでクズかのごとく批判されるのか…意味が分かりませんでしたね。

 

てか、「他人の人生」をボロカスに批判する事に、こんなにエネルギーを使う事自体も、理解できない。完全に無駄なエネルギーです。他人の人生をボロカスに批判する事にエネルギーを使うなら、「自分の人生をより幸せなものにする」事にエネルギーを注ぐべきです。

 

また、学生時代の「序列」のまま、僕を「見下している」のも伝わってくるんですよね。学生時代は彼が年齢的にも先輩だったのでペコペコもせねばならなかったし、バカにされたり、からかわれたりもしてきましたが、今の僕は当時の僕じゃないし、今の彼も当時の彼じゃない。30代も後半に差し掛かっている大人が、未だに10何年も前の学生時代の「序列」のまま、相手への敬意を欠く態度をとる…というのも、僕は違うと思います。こちらが少しでも自分の考えを話そうとすると「後輩なんだから先輩の話を黙って聞け」と言わんばかりの態度で、全く僕の話は聞かないため、議論にすらならない。一方的に向こうがボロカスに批判してくるのを、ただただ黙って「ハイハイ」と聞いていろと…。これはもはや「会話」ですらない。もう共に大人になったんだから、いつまでも学生時代の「序列」を引きずらず、そこはもう気持ちを「切り替えて」、相手に敬意をもたないと

 

 

 

こうやって「他人の人生を全否定してボロカスに批判し、自分の人生を肯定している」人が、世の中には多いように思います。

 

 

 

僕は僕自身に対する批判はまだ我慢できましたが、ホンジュラスをバカにされたのは許せませんでした。彼はホンジュラスの事など何も知らないのにバカにしたのです。僕はホンジュラスで多くの人が厳しい環境の中で日々精一杯、笑顔で逞しく生きている事を知っている。だからこそ、許せなかったのです。

 

彼はホンジュラスどころか、海外に行った事すら、一度もない。実際に行った事すらなく、海外の事が全く分からないのに、なぜ「海外なんか」と目の敵にしてバカにできるのか?そこも理解できません。せめて自分が実際に海外に行った事があって、その「実体験」をもとに「海外なんか」とバカにするのなら、理解できますが。ただ何となくのイメージだけで、実体験も知識も何もないのに海外を批判し、バカにしている。彼の言動は全ての海外の国々と、全ての海外で全力で生きる邦人を侮辱していますよ。

 

よく「厳しく言うのは、その人を心配しているからこそだ」と言われますが、「愛情がある」心配の言葉か、そうじゃない「単なる中傷」の言葉か…は聞けば分かりますよ。僕が本当に生きるか死ぬかの極限状態の崖っぷちに立たされている時に、崖から突き落として殺すかのような言葉を浴びせてくる人間に、「愛情」などあるはずがない。

 

 

 

僕はこれ以降、彼との縁は切りました。

 

 

 

長い付き合いの大切な先輩、僕の人生において「極めて大切な人」でしたが、あまりの価値観の違い、どう説明しても理解されない…こういった事が数度に渡って続いた事から「いくら話しても宇宙語を話しているのかってくらい通じないし、もはや会話は無意味だし、話しても何もプラスになるものがない、むしろ気分悪くなるだけで、自分にとって害にしかならない」と判断したので、「縁を切る」選択をしたのです。悲しいですが、仕方ないですね。

 

価値観の「違い」は誰でもある。だからそこは問題じゃない。実際、学生時代から社会人になって数年は、お互いの「違い」を尊敬・尊重し合い、良い関係が築けていた訳です。

 

しかし近年、彼がこのように豹変。僕は相変わらず彼を尊敬・尊重しているものの、向こうがそうじゃないため「良好な関係」はどうやっても築けないので、もう、「縁を切る」以外に道はありませんでした。彼も現在の自分の人生の中で、考え方や価値観が変わったのでしょう。それは仕方のない事です。それも僕は尊重します。

 

 

 

どんなに長年「良い関係」を築いた大切な人でも、このように突然「変わる」事もある。

 

 

 

その「変化」が、自分の人生にとって「害しかない」場合は、例えどんなに長年、良い関係を築いた大切な人であっても「縁を切らねばならない」と僕は考えます。このような縁を無理やり続けていると、自身の目標や夢の実現にも悪影響を与えるからです。

 

不思議なもので、彼との「縁を切った」後、なぜか自然と「同じ価値観を共有できる」より良い人たちとの「新たな出会い」がたくさんありました何かを思い切って「手放せば」、その後、「さらに良い何かと自然と巡り合う」ものなのかもしれません。

 

 

こちらのリンク⇒【悔いなし。さらば、ホンジュラス。Adios Honduras】は2013~2014年、ホンジュラスリーグのレアル・ソシエダ、パリーヤス・オネ、そしてU-20ホンジュラス代表GKコーチ時代に「起こった事件」「叶った夢」などを、ホンジュラスを去る時に書き綴ったものです。

 

あまりに過酷な環境で体重が10kgも減りましたが、この挑戦をしたからこそ、「得た」ものがたくさんありました。それは僕の人生のかけがえのない「財産」「宝物」となっています。その「価値」など他人に分かるはずがない。実際にその場で「経験」した者にしか分からない事があるのです。だからこそ、安易に「他人の人生」を何も分からないのに批判すべきではないのです。

 

 

 

あなたの周りにも、こういう人(他人の人生を全否定してボロカスに批判し、自分の人生を肯定する人)は、いませんか?

 

 

その時、あなたは、どうしますか?

 

それでも、関係を続けますか?

 

あるいは、縁を切りますか?

 

 

 

そこでの「選択」が人生の大きな「分かれ道」になります。

 

 

 

※2013年。ホンジュラスリーグ、レアル・ソシエダGKコーチ時代の写真。GKたちと。彼らと共に戦った日々は、僕の人生において「かげがえのない財産、宝物」です。

 

RSのGKとサンペドロで!2013年2月25日(火)①

 

海外挑戦するなら言葉は勉強してはならない。外国語を覚える6つのコツ
 

 

ワシが書いた電子書籍!やじるしGKノウハウ&海外ノウハウ

 

「GK情報」盛りだくさんのメルマガ!やじるし山野陽嗣の「GKマガ」

 

facebookフェイスブック(誰でも閲覧可能!)やじるしYoji Yamano/山野陽嗣

 

ツイッターツイッターやじるし@yoji_yamano

メラメラGKブログやじるし「GK」のあなたの悩みや問題を解決!山野陽嗣の【全国出張GK指導】【GK練習会】【GK分析】

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。