ボローニャの街

テーマ:

今週はこの時期にしては暖かな日が続いていますね。

 

まだ雨ではない東京ですが、

降り始めるのも時間の問題のようです。

 

 

 

 

 

11月中旬から12月初旬にかけて旅をした旅行記事をアップしております。

 

 

 

ボローニャの街もクリスマスの雰囲気で、とても素敵な時期でした。

 

 

ここは、ボローニャのクリスマス市が立つ

「ミンゲッティ広場」の近くのアーケード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパの冷たい空気の中に、温かさを感じるイルミネーション。

 

しかも、イルミネーションの装飾もとても綺麗キラキラ

 

 

 

 

 

 

 

こちらはイタリア国内でも有数の美しさを誇るマッジョーレ広場に建つ

 

「サン・ペトロニオ大聖堂」

 

 

夜の広場はまだまだたくさんの人々で活気があります。

 

 

 

 

 

14世紀に建設された大聖堂は、カトリック世界では稀代の壮大さ。

 

全長130m、幅60m、高さ44mにも及ぶ巨大な寺院は、今も未完成のままと言います。

 

 

 

 

 

聖堂内部をお写真に撮るには、

事前に申し出て、料金をお支払いすると許可の腕章が与えられます。

 

 

折角なので、内部も撮ってきました。

 

 

 

 

 

 

壮大なゴシック様式の聖堂内部は、3つの身廊(しんろう)から構成され、

 

身廊を挟んで左右の身廊には、

 

ボローニャ、シエナ、フェラーラの芸術家による22の礼拝堂が置かれていました。

 

 

 

 

 

その中のひとつ。

 

 

 

 

 

内陣部は寄木細工の合唱席と2つの貴重なパイプオルガンがありますが、

 

そのひとつはイタリア最古のものとして有名です。

 

 

 

 

 

この街の守護神である、聖ペトロニオが奉られている聖堂には、

 

数多くの著名なキリスト教信者が説教壇に立ったことでも有名です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな公園のイチョウも綺麗に色づいていました♪

 

 

 

 

 

 

ボローニャを訪れるのは2回目でしたが

 

1回目とはまた違う発見もあって、楽しい街歩きでした。

 

 

 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご訪問、いつもありがとうございます!

ランキングに参加しておりますので、応援くださいますと嬉しいです♫

ブログランキング・にほんブログ村へ

AD