顎関節症のマウスピースを先日作ってもらって使用して1週間ほどたちましたけど、使ってもまだまだ脳天につくような痛みは(時々ですが)続いております~

しかもいびきは、相変わらず小顎症もあるのか(痩せたとはいえまだ標準体重には足りない)ひどいのでどちらもどちら何とも言えない状態ですので治療経過を報告しに専門医に李ってきたんですが、やっぱり無呼吸の患者さんってたくさんいるらしく次回予約が1か月後というらしいです。(大学病院レベルになると検査入院だけでも半年待ちという状態)

私の場合軽症と中等症の分岐点にいるので、放置していいレベルかどうなのか微妙な線なのですが、効果があるかどうかってことで半年後に簡易検査を行うこととなりまして。

歯科的治療になるので、その後年1回程度のこういう簡易検査のみになるのか終了になって口腔外科で治療(マウスピースのチェック・作成・指導)になるのかわからないんですけど、その他にも昨日は、眼圧はかりに行ったらデタントール使用している状態で眼圧が35以上とかめちゃめちゃ高くて薬がパワーアップww

喘息の吸入薬よりも、緑内障の点眼液のほうが、副作用強いですねぇ~

たった1滴で5分後動悸が凄かったですよ。

またそちらの話題は、あとにして、こういう検査をします(自宅にて)

DSC_3655.JPG

DSC_3656.JPG

去年6月に簡易検査(手首にも脈・酸素濃度・無呼吸の数)をやって8月に1泊検査入院(終夜ポリソムノグラフィー検査)、そして半年後効果を見る検査という流れになっており来週は、検査キットを取りに行って3日後返却、数日後結果を聞きにという流れで、普段通っている病院よりは検査結果を迅速に聞けるのはありがたいとは思いますがね、4月は通院も少ないのでそちらに専念しようかと思ってますが、閉経するとこんなに、重大になって大変だとは・・

娘は、私よりふくよかなんですけど、血液検査は、脂肪肝とコレステロール位で女性ホルモンの威力はすごいなと思うこの頃です。

今日の担当の先生は、顎関節症だったかぁ~とやっぱり・・という顔されておりました。
AD
この手のサプリメントは、いろいろな味を楽しみましたけど、旦那がバレンタインのお返しにと買ってくれましたのでラッキーです。


年齢的に、私も時々美容モニターの募集もあるけど、定年は約50歳前後。

お声がかからなくなる年齢になると寂しい気持ちにもなりますけどねぇ~

女性って閉経しちゃうと、ナプキン代以上に医療費がかかり最近心臓まできちゃっているのでまったく節約になっていない日々です・・。


DSC_3578.JPG



DSC_3579.JPG

お薬の代わりになるってものでもありませんけど、コラーゲンは、これから骨粗しょう症のリスクがある自分も、カルシウム代わりにコラーゲンも必要だし、顔も最近寝不足もあって老け気味なんで、もうちょっとダイエットしてラインのきれいなスタイルを目指して素敵でいたいですよねぇ~