最近足のむくみやこむら返りを気にしていて、秋に静脈瘤のレーザー―手術をするかもって覚悟の私だったのですが、それより最近また眠気が復活し、マウスピースをつけて仰向けに寝ていたら、急に夜中また痙攣性の狭心症を起こし(血管は細くないようだから心筋梗塞は大丈夫のようだけど)、無呼吸の専門医のほうへ予約して今日行ってきたのですが・・

やっぱりという顔をされ、閉経後って女性はホルモンの関係でなりやすくなるって言われました。

肥満や痩せもそう関係ないらしいです。

前回経過観察でやった簡易検査(血中酸素だけ計るオキシメーターのみ)かと思っていたら、2年ぶりですので最初から1泊検査をしましょうということで・・

お盆にまた検査費用5万円が吹っ飛びます。


しかも、9月からAHI20以下であっても循環器に異常が出て来たらもうマウスピースでなく、CPAP(マスク)で治療しましょうとのことで、私が自費診療で提案したナステントは、却下されましたが、旅行とか行くときに別に好きに買って使ってもいいよとは言っていましたけど、継続するにあたって効果のほうは・・いかに?という風にちょっと言われてしまいました。。。

ということで、秋にCPAPデビューをすることになります・・たぶん。

月1回の診察が大変ですが、保険適用上仕方ないし問診も時間がかからないのでま、ダイアモックスやリタリンなど薬は、長期間使用できないため、物理的治療になることになりました。

女性の患者さんも増えているようですよ。

DSC_1617.JPG

お盆は、特にお出かけ予定もありませんし、1晩家族と離れるのもいいかもしれませんね~

スケジュールは、前回とほぼ一緒です。

違和感といえば、マウスピースのほうが歯ぎしりなどで痛みがあったりしていたので、歯を痛めないでいいかもしれませんが、顎関節症用のマウスピースをつけて寝ることができるようになります。

でも、今年は涼しすぎますね。

数日中に、江の島方面へ行ってみようかなと計画も立てています。

※片瀬海岸のふなちゃんの海の家
AD
昨日だったかテレビで、夕方話題になっていました。

宇宙といえば最近七夕の日に、宇宙へ飛び立って行った宇宙飛行士のどなたでしたっけ?
これからは、宇宙旅行も一般人(お金があれば・・ですけどね)も可能になって募集を始めている時代。

憧れますね。


火星に行くことができるのか、またいろいろ研究中らしいけど。

以前もこれかどうか聞いたことあるかもしれませんけど、JAXAでは、治験サイトのJCVNの協力によって、一般の健康な男性8名を公募し、身体測定・面接などの選考を得て被験者を選抜し、狭い宇宙空間に模した中で、8人で共同作業や衣食住を一緒にすることによりストレス・耐性を調べるって言うか宇宙飛行士のための研究というかデータ取りのため秋に実施されるとの事。

プライパシー上、被験者の方々はマスコミには登場しない(モザイクとか)ことと思いますけど前回の募集で4400名応募があったらしいのですけど、今年はいかがなのでしょう。

募集しているところが身近だったので、ビックリですけど、宇宙って楽しそうって思って参加してみたい(宇宙体験のようなものが一般人でも出来るって点や報酬に引かれて応募する人やらいろいろのようですが、現実狭い空間はかなりのストレスになるというか作業においてもストレスをかけさせられる実験なのでそれなりに大変かもしれないですけど、応募は健康な男性なら出来るので今後の動向が興味あります。

ちょうどリンク先のトップページに、JAXAの募集が別枠で出ていて、意気込みのようなことをアピールする応募ページがありましたね。

宇宙がかなわなくても、他に軽めの男女参加できる治験いろいろ出ていますし。

私も他ですけど、参加そろそろ検討してみてもいいかなと毎日メールチェックです。

治験ボランティア「JCVN」