2005-05-23 16:28:26

ちゃみちゃん版弱視川柳~その7~

テーマ:弱視川柳

久々の「ちゃみちゃん版弱視川柳」です。これはもう7つ目ですねぇー。

一応これが最終回ということにしておきます。

はい、手持ちの「川柳」がなくなったんですぅー。(^_^.) また溜まったら、復活させるかもしれませんが、最初からこの川柳に付き合って下った方・コメントをくれた方、有難うございました。m(__)m

そういうわけでこの後、無期限のお別れです。

あ、川柳だけだよぉー。このブログは続くよぉー。だからまた遊びに来てね・・・。(^_^.)

 

 

31 看病と いっても何も できないの

 

私が看病するといっても、点滴が終ったのも看護婦さんに知らせてあげられない。だってその点滴液が終ったかどうか私の目で確認ができないから・・・。何がつらいってそれが一番つらい。ただただ、そばにいて「笑い」と「元気」を与えることしか出来なかった私。ごめんね、お父ちゃん。

また母の動脈瘤の手術の時もやっぱりそばにいただけ・・・。どこを触っていいかも分らず、先生や看護婦さんのしたはるのを見ていても、どこをどうしたはるのかがみえず、手術が終って監察室にいるときに何にもしてあげられなかった。呼吸器を外してつまりかけた「たん」を吐かせてやることはしてもいいよと看護婦さんやお医者さんに言われたけど・・・。やっぱり私はそばにいただけ・・・。うーん、無能な私。

でも、退院した母が夫に「そばにいてくれただけでも気持ちが楽でした。来させてくれて有難う」と言ったのを聞いて少しだけ、本当に少しだけ気が楽になりました。そんな看病しか出来ない私です。

 

 

32 荷物持ち、杖となって、目になって

 

私たち夫婦の姿です。小柄な私が重い荷物を持つのは旦那の足元がおぼつかないから。私が手引きしてほしくても何故か気がつくと、私の肩を杖代わりに持つ夫。でも、時より、私の目になってくれてます。

車の運転をしていても、助手席にちょこんと座っているだけの私。地図は見にくいし、標識は見えない。

買い物に行ってもとりあえずお目当てのものを探してくれるのは夫。

こうやってgive & takeの夫婦があってもいいでしょう。

そしてこれが私たち夫婦の姿なんです。

 

33            ショーウインドー 表示は手前に 大きくね

 

ケーキなどを買うとき困るのが名前を認識すること。ショーウインドーのすぐ近くにはっきりと大きく書いてくれていればいいけど、ケーキなどをのせてあるトレーの向こう側、つまり、店員さん側にあると、もうお手上げです。読めません。せっかくベストポジションに書いてあっても字が小さかったり、変な字だったりするとこれも困りもの。

どうぞウインドー越しの商品の様々な表示、もう少し見やすい様に工夫をしてやってください。

 

34            私には 最初からです ブラインドタッチ

 

就職前に障害者職業センターでワープロを教えてもらったときの笑い話。

「ブラインドタッチが出来ると楽ですから、このソフトを使って練習してくださいね」と先生が言われた。

そこで私、一言。

「あのぉー、私、このソフトを使って練習するのはいいけれど、とにかく、最初からブラインドタッチですよ」

「どうして?」

「だって私、自分の首の位置からキーボードの文字は読めませんから」って笑った覚えがあります。

そんなわけで私は今、立派なブラインドタッチです。これだけは誇れます。って大したことではないけどね。

まぁ、いいやん。

 

 

35            均等に 分けるの 切るの 大嫌い

 

何等分かに切ったりしようとすると必ず大きく誤差がでる。もちろん、均等にわけることも(ジュースを分けたりするってことね)。

一番笑うのパン。まっすぐ均等な幅に切っているつもりでも切り終わると「あれぇー、最初と最後の太さが大違い」。(爆笑)

でもそれが私の特徴。

まぁいいやん。

 

 


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-04-28 17:25:08

ちゃみちゃん版弱視川柳~その6~

テーマ:弱視川柳

アメブロがリニューアルしてから私はメッセージボードに「今日は何の日」と「今日の誕生花」をかくようにしています。

 

今日は障害者福祉法施行記念日とか。

 

そんなわけで(どんなつながりかは追求しないでね)久々の「ちゃみちゃん版弱視川柳~その6~」です。

 

 

26  私の目 色んな人に 助けられ

 

 

色んな人に私の目の代わりになってもらってます。物を落としたとき、メニューが見えないとき、トイレが分らないとき、段差があるとき・・・。本当に色んな人の力を借りています。有難うっていつも心の中で言ってます。

 

27  人よりも 少し見にくい 私の目

 

決して卑屈になっているのではなく、「普通よりもちょっと見にくいだけ」という気持ちで常にいたいものです。

だってね、年をとればみんな「老眼」になってみにくくなるでしょ? それがちょっと早いだけよぉー。な~んてね。

みなさん、もしも、見づらくなったら思ってください。ちゃみちゃんのところまではまだまだ時間がかかるって・・・。どんなに視力が落ちてもめがねやコンタクトで矯正できるうちはまだまだ「あおい」よぉー。(^^ゞ 

ちょっとみづらくなっても決して落ち込まないで。私は小さいときからそれよりも見えてないんですよぉー。(^^

そうやってある人を励ました事があります。そしてもしも私と同じようになったら「それを乗り越える術」を少しずつ教えてあげる。今度は私が助けてあげるよってね。だって「目が悪い」ことにかけては私「大先輩」だから・・・。

そんな風に考えると、ちょっと気が楽なんですよ。負け惜しみに聞こえるかもしれないけどね。

どうあがいても私のこの目は「二度と普通に見えるようにはならない」んやから、それを受け入れてしまった方がはるかに楽。ついでに笑いにかえちゃえってねぇー。(^_^.)

 

 

28  人よりも 聞く力だけ 自信あり

 

聖徳太子にはまけるけど、案外、聞く力はもってるほうだと思ってます。

この力が私の「命」を守っていると言ってもが過言ではない。

電車に乗っていて友達としゃべっていてもアナウンスはちゃんと聞いてる。間違いなく降りるために・・・。

重要なことはきっちり聞いてる。

どんなにうるさいところでもゆっくりゆっくり走ってくる車の音を聞き分ける。自分がひかれないために・・・。

聞いて覚えること。これは私にとって凄く重要な「生きる術」です。

 

29  嫌なもの 見なくてすむよ ハッピーよ

 

 

見たいものが見づらい分、見たくないものは見なくていいんです。そんな幸せがあるってことに気付きました。

大嫌いなもの、不気味な物、気持ち悪くなるようなもの、「あ」って一緒にいる人が叫んでくれることで見なくてすみます。ラッキー!!! (^_^)v

 

 

30  障害者 不幸だとは 思いません

 

障害を持っていることを「不幸」と思ったことは今まで一度もありません。「悔しい」思いは一杯あってもね。

元からないものを悔やむより、それがもとで得られるものって、凄く大きいものだと思ってます。

そんな風に考えるようになってから、私はどんどんどんどん強くなり、可愛げが無い女になりさがったのかもしれないなぁー。(^_^.)

でも私は本当にそう思う。

見にくいからこのブログを書くことをはじめたし、そのことによって、絶対知り合わないような人と知り合ったし、優しくもされた。友達も出来た(勝手に友達にしたって怒らないでね、オフ会の友さん)。ほぉーら、得られた物の方が大きい。

私の目はどうあがいてもこのまんま。でも一応、人に迷惑かけずに日常生活は送れてる(つもり)。それで十分やん。(^_^)v

 

本当は「あー、悲しい」「どうしよう」なーんて言ってる子の方が可愛くて、もてたのかもしれないけど、そんなこと言ってたら、障害者は生きてはいけません。

そんなわけで、どんどん強くなる一方の私。本当は凄く弱虫なのにねぇー。

それだけはある意味で「不幸」かも・・・。

 

でも、まぁ、いいかぁー。(^_^.) これが私よぉー。(^_^)v

 

 

今日はかなり重たい句ばっかりごめんなさい。

でも今日は身体障害者福祉法の施行日らしいから、それにあわせただけよ。な~んてねぇー。チャンチャン

 

おつきあい有難うございました。m(__)m

 

 


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-04-20 19:40:52

ちゃみちゃん版弱視川柳~その5~

テーマ:弱視川柳

 

色々議論を呼んだ「ちゃみちゃん版弱視川柳その4」に続き、今日は「その5」を発表します。

 

 

 

21 来れますか? 採用基準の 第一条件

 

 

 

大学4回生のとき、会社へ就職活動に行くと、とにかく聞かれたこの一言。「一人で会社に来れますか?」。にっこり笑って「はい」と答えた私ですが、実は、前日に予行練習しています。でも、練習しようが、ぶっつけ本番だろうが「当日は一人で」来たんやぁー!!それに就職したら当然一人で来るし・・・。 そやし、にっこり笑って「はぁ~い!!」でいいんです。だってうそちゃうもんねぇー。

 

しかし本当に初めて行くところは行き方を含め、どこに段差があるかなどを自分で体験するためにも「コソ勉」が必要な私です。その「コソ勉」に付き合ってくれた母と友人に感謝しています。有難う。

 

 

 

22  死ぬまでに 一度したいな 一人旅

 

 

 

21とも関連しますが、私は「ひとりで」どこかへ行くことに凄い勇気が要ります。そしてまず無理です。一人でフラッと知らないところを旅行したいです。小旅行でもいい。東京の百貨店でもいい。私一人でどこかへ行きたい。だって人の手を煩わすのが申し訳ないもの・・・。

 

 

 

 

 

23  券売機 表示の点字が 上下逆

 

 

 

以前、デートをしている時、元彼氏が見つけたんです。せっかくの点字も上下逆につけたら全く意味が分らない。どうか精査してくださいね。それが頼りの人もたくさんいます。残念ながら私は点字はまるっきり分りませんが・・・。たった2つだけ知ってます。「あ」と「め」。それは私が盲学校の教師になりたくて学校訪問をした時に、雨が降っていて、そしてその「あ」と「め」が点字で一番単純だから、ここへ来たお土産に覚えて帰りなさいと教頭先生に教わったからです。

 

 

 

 

 

 

 

24  薦められ 試着室で 値を確認

 

 

 

百貨店などで「これきっとお似合いですよ」なーんて言われ洋服を薦められ、「ご試着だけでもしませんか?」と言われる。「えー、でもぉ・・・」と悩んだ振りをして値段を聞きだそうとする私。それでも値段が分らない時はとりあえず試着室に入り、ファスナーの位置とか向きとかより何より真っ先に「値段」を確かめる私。こそっと値段がチェックできないかなしさ・・・。これね、あんまり気に入ってないのならいいんですよ。でもね、結構気に入っている物だと、値段を見て「高ぁー!!」と思った瞬間、がっかりが大きくなり、「どうやってことわろか?」と考える私・・・。

 

 

 

25  あ、汚れる タオルの影に 反応し

 

 

 

洗濯物を干していて「あ、地面についてる」とか「地面にすってる」と思い慌てて近づくと、タオルなどの長いものが地面にすっていたりするのではなく、その影だったりすることがよくある。そんなとき、一人、ベランダで「チャンチャン」って笑っている私。端から見たらちょっと危ない人? まぁ、いいやん。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005-04-15 10:04:06

ちゃみちゃん版弱視川柳~その4~

テーマ:弱視川柳

 またまたやってきました。久しぶりの「ちゃみちゃん版弱視川柳」。今回はその4です。その1その2その3はこちらからどうぞ。

 

 今回は16から20ですよぉー。

 

 

 

16 コンサート 全神経を 集中させ

 

 

 

私の好きな歌手・さだまさしさんのコンサートは「笑い」あり「涙」ありです。歌はもちろんのこと「トーク」がすごい。時々身振り手振りもそして演技も入りますが、・・・。ハハハ、客席の私からは到底見えません。それゆえに耳から入る情報でひたすら「想像」するんです。だから神経は全てステージ上に行ってます。でもそんな風に聞くコンサートも素敵ですよ。あとで一緒に行った人に「あの時どうしてはったん?」とか聞いてしまう困った「連れ」ですが・・・。私とコンサートに行く時は記憶力をアップさせてねぇー。笑

 

 

 

 

 

17  アナウンス 頼りにしてます 私たち

 

 

 

電車やバスの駅名アナウンス、「うるさい」と言われますが、私たち視覚障害者にはすごく重要です。だって動く電車やバスの中から駅名やバス停の名前なんて見えないから・・・。もちろん、停まってたって無理です。だから「なくそう」なんて言わないで!!! そして車掌さん、同じ言うなら「はっきり」言うて下さいよ。ささやくようにぼそぼそと何を言ってるのか分らないアナウンスは逆に迷惑です。頼りにしてるんやからぁー。ね!!

 

 

 

 

 

18  レジの人 料金いうなら 明確に

 

 

 

レジの料金表示も見にくい私たちにとって、レジの人の言葉は大切です。車掌さん同様に「同じ言うならはっきりと」言ってやってください。そして店の人へ。料金表示をもう少し見やすい位置においてもらえないかなぁーって思います。目の高さくらいのところに・・・。そしたらレジの人の声も少々小さくても頑張って見るから・・・。でも私よりも見にくい人は困るか・・・。じゃぁ、やっぱり「はっきり請求して」ですね。

 

 

 

 

 

19  透明の ガラスコップに 右往左往

 

 

 

机の上に透明のガラスコップが置いてある。それが上向きか下向きかがわからない。そっと触って「あ、上向いてるし入れて大丈夫」と思う私。第一、グラスがあると意識してないと見難くて、あるかどうかも分らないんですぅー。喫茶店なんぞで「お水」を出してもらうとき、必死で店員さんの手を追ってます。「あ、そこにグラス」って。そしたらそこへ手や物を動かすときに意識していられるから。。。意識してないと思い切り飛ばしそうで怖いのぉー。因みに家ではよく「てぇーい!!」ってして割ってます。これまた割った後も大変なんやけど。。。(^_^.)

 

 

 

 

 

20  お酌して そんなの 手酌でご自由に

 

 

宴会に行くと「親父連中」はお酌してと言います。自分が飲める分だけ自分でついで、飲めばいいやんって思う私。それよりも私にお酌させると洋服汚れるし・・・。だってどこまで入ってるか見えてないし・・・。会社の宴会ではほとんどお酌をしなかった「悪い」社員でした。どうしてもと言われると「すみません。見えないから、洋服汚すといけないから、必ずストップって言ってくださいね」と前置き。これが嫌でしてなかったんだけどなぁー・・・。これって私のわがまま? 今は法事などでお酌をして回らない嫁として有名でないかと不安です。でも、ほとんど会わない人に「私、目が悪いんで」なーんて言いたくないっていう気持ちも間違ってるかなぁー? いいやんね。好きなだけ自分で飲めば・・・。あかん? (^^

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2005-04-10 14:02:27

ちゃみちゃん版弱視川柳~その3~

テーマ:弱視川柳

久しぶりに川柳の復活です。その 1 その2 に引き続きその3です。今回は11~15までです。どうぞよろしく。

11     病院も  IT進み 大変だ


大きい病院では受付も機械を使い、診察室に入るのも掲示板の数字をみて入るようになってきています。こうなってくるとどんどん私たち視覚障害者は生きづらくなります。せめて一度でいいから「何番の方、診察室何番へ」というアナウンスが欲しいものです。私たちだけでなく、お年寄りだって,きっと大変だろうし、第一、しんどくて病院に来てるのに、そんなところに神経つかってられないような気がします。よろしくおねがいしますよ。

私のブログの関連記事 です。

12      道案内 指で示さずに 説明を

「どこそこはどう行けばいいですか?」と聞いたときに、良く返って来る返事が「あっちです」って指を指されるもの。あのぉー、私ね、そう言われてもその指の方向がよく見えてないんですけど。申し訳ないんだけど、「あっちです」の後に、「ここをまっすぐ」とか「左に」とか言ってやってくださいませんか?

13     あ、落ちた お金はいずこ 探す指

お金を落とすと本当に困ります。だってどこにあるか見えないし・・・。まず転がる音でだいたいの位置の検討をつけ、それからそのあたりをひたすらて指でさぐり・・・。けど見つからないことの方が多い。(/_;) 落とすなら「一円」を。・・・。しかし、お金に限らず、物を落として探すのほど、苦手なものはありません。もしも、お金や物を落として、ちょっと困った感じの人を見かけたら、是非、一緒に探してやってください。出来れば「そこですよ」って指を指さずに、「はい」って渡してやってください。

14      好きな人 いつも私は 遠くから

私は自分から告白する勇気を持てずに今まで来ました。たった一度だけ自分から「好き」と言った事があります。でもその相手からは見事に振られました。私の心のどこかに「どうせ私はだめよ」という気持ちが、好きで好きで仕方なくても自分から言えないでいる自分に変わります。その性格のせいで、元彼氏には無理やりに「好き」って言わせてしまったり、夫となった2人目の彼氏には「嫌いになったらすぐ言ってね」と逆説的なことしか言えなかった。これもやっぱり「目が悪い」っていう引け目があるからでしょう。でもね、私のお付き合いした人は2人とも障害者でした。いわば「同格」。でも言えなかった。やっぱり自分に自信がないんやねぇー。今でもその「自信のなさ」は全然変わらずにありますが、自分を卑下するのは少しましになったかもしれません。だって、せっかくこんな私を好きになってくれたたった2人の男性も申し訳ないでしょ?! 「僕はそんなしょうもない人間を好きになったんか」ってね。

15     見た目より  味で勝負よ お料理は

しょうがいないことですが、私は盛り付けや飾り切りが苦手です。視覚に訴えるものはどうも苦手で・・・。そんなわけで私の料理はもっぱら「味」で勝負なんですが・・・。と格好のいいことを言ってますが、果たしてそれで勝負できてるかどうかは私の料理を日ごろ食べてる常連客の夫に聞くしかありませんねぇー。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-04-07 14:16:37

ちゃみちゃん版弱視川柳~その2~

テーマ:弱視川柳

昨日 私が公開した川柳に温かい

コメントをもらって凄く嬉しく思って

います。

そんなわけで調子にのって今日は

「その2」をお送りしようと思います。

少しお付き合いください。

昨日は1から5までだったので、

今日は6から10にしますね。

6     バイキング 書いてください  料理名

バイキングに行くとどんな料理な

の?から始まって材料が何かも分

らない私です。だからいつも「付き

添い」が必要で、「これ何?」と聞

いてます。なんかそれも悪い気が

するのですが、でも、見えないし

仕方ないと甘えてます。せめて

料理の脇に見やすく、料理名が

書いてあるとどんなに助かるか

といつも思ってます。好きな物

を好きなだけたべれられるのは

いいんだけどねぇー。


7     目的地  迷って迷って 通り過ぎ

 

これも私のブログ に書きました。

目の高さに表示がないと私って

通りすぎちゃうんですよねぇー。

何度、同じところを往復しても

見つからない。なんか悲しい気分

になります。

8     いつ見ても 私の目には 丸い月

私には月の満ち欠けはありません。

いつ見ても満月の幸せ。でもたまには

半月や三日月も見たいなぁー・・・。

仕方ないから絵で我慢我慢。

9     ATM 統一願う 操作盤

各銀行によってATMの操作盤の

表示が違います。見難い物や見易

い物があり、操作方法もそれぞれ

違う。一つを覚えればそれでどの

銀行も操作できるようにしてほし

いものです。ゴト日や月末などは

私の操作速度が遅いから後ろの人

がイライラしてないかと気がかり

です。私よりも視力の弱い人でも

安心してATMが利用出来る様に

なればいいのになぁーって思い

ます。    

10     自己主張 最後にしたら 体育3

昨日に引き続き、学生時代の成績談

その2です。

中学・高校と一貫校に行っていた私は

6年間、京都の愛宕山に登らされまし

た。その登山で上位の順位で山頂に着

くと、体育の成績が考慮されるんです。

つまり、体育の授業の一環で、かなり

重きを置かれているってわけです。が、

私なんぞはどんなに頑張っても遅い

わけで、そんな私の手を引いて最後

まで一緒に連れて帰ってくれる友達

も私と同じく遅くなってしまう。卒

業を控えた高3の愛宕登山の時、体

育の先生ではなかったけど、そばに

ついていてくれた先生にずっと思っ

ていた私の素直な気持ちをぶつけて

みました。「体育の成績に反映する

なら、去年より今年の方が何位上った

ということで評価して欲しい。そりゃ、

体育会系のクラブの人はちょっと頑張

ったら上位に入れるし、そういう人は

何もせんでも体育の成績はいい。それ

ってなんかおかしい評価ではないです

か? 私なんか命がけで登っててんの

に、それでも評価は「2」。それってあ

んまりですよねぇー」といったらその

せいかどうかはしらないけど、高3の

2学期・3学の体育は「3」になり

ました。どんなに努力しても体育は

2」が私の定位置だったんです。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-04-06 16:27:27

ちゃみちゃん版弱視川柳~その1~

テーマ:弱視川柳

 本当はもう少し出来上がってから

(50くらいかな)公開しようと思って

いたのですが、とりあえず手始めに5

つ公開しようと思います。

1 なぜ開かない だってそこは 搬入口

これは、つい最近経験したことで、

私のブログ にもその詳細を書きまし

た。そんなドジ話をまず手始めに

詠んでみました。


2 見にくい分 心の目は 全開中




そういう人間でありたいといつも

思ってます。普通に見える人は

「目で見て」判断できるかもしれ

ないけど、私はその「見て判断」

が難しいので、いつでもアンテナを

ピーンとはって、声の様子で顔色の

変化を感じ取ったりしています。

もちろん、それだけでなく、季節

の変化も「耳で」「鼻で」「肌で」

感じとろうとしています。




3 できること 




頼ることばっかりではだれも動いて


くれませんものね。とりあえず

「やってみよう」という気でいつも

いようと思ってます。「ここまでは

できる」けど「ここからはどうして

も無理なの。だから助けてください」

といえる人間であり続けたいと思って

ます。また「できないんです」といえ

る素直な心も持ちたいと思っています。

4 手助けに 笑顔と共に 有難う




せっかく親切で助けてもらったんです。

何にも返せないけど、せめて「笑顔

同封」で「ありがとう」といえるそん

な人間でありたいと思ってます。また

気持ちよく次も助けてもらうためにも

ね。

5 これだけは 勘弁してね 針仕事




たいていのことは何とか人並み以下


かもしれないけど、やってます。でも

裁縫だけは無理みたい・・・。ボタン

つけも適当につけてますが、人には

見せられません。ついてりゃいいのよ

って感じです。まぁ、もう時効ですし

白状しますが、私、家庭科の裁縫で

生まれて始めて「1」という評価を

もらった人間です。ミシンに糸も通

せないし、どんどん遅れるしでね

悔しかったし、悲しかったけど、

仕方ないよねぇー。こればっかり

は出来ないんだから・・・。そやし、

裁縫だけはとりあえず助けてやって

下さいという気持ちがこもってます。




以上、初の「ちゃみちゃん版弱視川柳」

でした。25くらい作ってますので、

ちょっとずつ、また公開します。

よかったら感想なんかをお聞かせ

ください。

なおこの「案」をくれたのは、

弱視者問題研究会の掲示板 です。

やってみようよ 自分のため
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。