1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-05-31 09:20:00

夢だけは大きく。笑

テーマ:さだまさし
去年、緊張が局地に達したあの「さだまさし博覧会」が今年も東武であります。


さださん、ありがとうって気持ちです。


だって数少ないわたしが独りで行ける都内の百貨店だから。


今年も抽選でシークレットライブに参加できるとか。。。


去年は友人がチャンスをわたしにくれたから、その一回が当選し、インストアライブのみならず、握手までさせてもらった。今でもあのプクプクの手の感触、温かかった手の感触、そして「がんばってね」のあの言葉とわたしにだけ向けられたあの「まさしスマイル」を覚えてる。・・・


今年はチャンスは一度。まぁ、くじ運が悪いからだめでしょうが、それでも同じCDを買うならチャンスのあるところで買いたい。
しかもライブがあるのはライブハウス。さださんがむっちゃ近いライブは素敵すぎる。だから当てたい。


そして脳天気なわたしは


もし当たったら「場所、分かるかな?」とか「独りで行けるかな?」とか今から心配しています。アホです。


が、どこかで


「あんたは、くじ運、むっちゃ悪いから、そんな心配は無用」という声。


こんな風に独りで妄想してる時間が楽しい。。。


そんなわけで来週は都内へ2度行くことになりますね。


さだまさし博覧会と坂元さんのライブ。


あー、坂元さんのソロギターライブがものすごく楽しみなわたしです。ご本人の日記によると「さださんの曲を違ったアレンジで演奏」されるとか。すっごく楽しみです。


来週は幸せ一杯の一週間になりそうです。


ははは。


博覧会にはさださん、来ないのにね。笑
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-27 14:46:51

こんなことしかできないけど・・・

テーマ:ブログ

地元資本のM百貨店で昨日から「九州物産展」が開催されてます。



その広告を見て、「宮崎牛コロッケ」という文字を発見。



その瞬間「これだ」と思いました。



あんな悲惨なことになっていても、私には何もできない。
せめて出来ることは「買う」こと。



そう思ったので、先ほどテクテク歩いて物産展へ。



目標は宮崎コロッケのみ。

どこかなぁーと探して歩き、たった2つだけど購入。



「こんなことでしか応援できないけど・・・」そう口にした瞬間、先日のあの「日記」を思い出し、ちょっとウルっとしてしまった私。
販売してるおじさんも「いいえ。その気持ちがうれしいです」と言ってくれました。
「機会があったらがんばってくださいってお伝えください」といったものの、あとで「何をがんばるねんって思うよなぁーとやっぱり「言葉にしたら気持ちがウソになる」と思った私でした。




宮崎産の何かを買うより「宮崎牛」製品を買ったほうがいいだろうなぁーってそう思う私でした。




こんなことしかできないけど、しないよりマシかと、やっぱり自己満足の世界ですが。





おいしそうな宮崎牛ミンチカツ。今晩たべるのを楽しみにしています。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-26 14:16:56

次のデートは・・・

テーマ:さだまさし

先ほど、先行予約の当落確認をしました。



お陰さまで「当選」しました。(^_^)v



というわけで次のさださんとの熱いデート(笑)は寒くなりはじめそうな9月30日です。


ふふふ。


楽しみ、楽しみ。





しかし、あの当落確認電話、なんだかややこしいです。
ダイレクトに「確認」項目に飛ぶようにしてほしいなぁー・・・。
そう思う私が「アホ」なんでしょうか・・・?


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-05-25 16:47:13

言葉がでない、宮崎の畜産農家の実態

テーマ:ブログ
こんな日記を書かれている方に遭遇しました。



これを読んだとき、私は言葉が出ませんでした。


日々報道される感染の状態や対策。けど、その実態はまったくと言っていいほど何も伝わってこない。
そんな中、宮崎の畜産農家の方の今の生の声を、叫びを、この日記で知りました。

どうぞ読んでみてください。


以下、引用です(書かれた方の転載の了解はとりました)。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
県外の方、もし見てたら、是非読んでみてくださいexclamation ×2

口蹄疫を身近に接してる方の日記です。exclamation ×2



「殺処分」と簡単に言うけど・・・

 5月9日、とある養豚農場で働く友人に会うことができ話を伺うことが出来た。
(もちろん、お互いに防疫対策を施したうえでだ)

口蹄疫感染の疑いが出て全頭処分が決定した農場である


彼は本当に豚さん達と真剣に向き合って肥育していて、口蹄疫問題が起きる前までは、いつも面白おかしく豚舎での話を聞かせてくれていた。


「ちょっと巻き毛の母豚がいてな…俺には懐いてくれちょっちゃけどよ。

一度マジ切れしてさ、思いっきり拳で殴ったら、自分の手は怪我したのに母豚は平然としやがってよ「ちくしょーー!(笑)」

ただ、こいつがさ、なかなか上手に水を飲めないやつでな、いっつも俺が飲ましてやっててさ、時々、俺のひざに頭をのっけて休むんよ(笑)200kgもある母豚やかい、頭だけでも重いっつどぉ(笑)。


ただなぁ、こいつになかなか子供が授からんでなぁ、何度も仕込ませてみたんやけど…
なんでかこいつだけ子供ができんかったっちゃわぁ。


「お前どうしたっかぁ。ごめんなぁ俺が悪いんかもなぁ。女の幸せをあじあわせてやれんなぁ。子供産んでみたいやろう。次こそ頑張ろうなぁ。」言って、首に抱きついてあげたりしてたんだわ


でもよ!

先月ついに受胎したことが分かってな。「やったーやったー!よう頑張った!!!やっとお前も赤ちゃんが産めるな(^^)」って喜んでその母豚カードにでっかく「成功」!って書いたばっかりやったのによ




・・・・もう殺さにゃいかんとよ。


自分の赤ちゃんを産ませてあげられんやないかい!!


どうすっとかい! (泣)



・・・・ごめんなぁ。言うしかなかった



せめて今だけは、腹いっぱいエサ食えよ。って大量に準備してあげてるっちゃが。






感染した子豚たちの蹄からは出血が始まり、上手に歩けなくなってビービー泣いている
母豚は乳首のところがただれ始めて真っ赤になって血を流しているのもいる。それでもむしゃむしゃエサ食うやつは食うんよ。

また、明日そいつらの所に行って、声かけてあげにゃいかんちゃろうけどよ。どんな顔して、なんて声かければいいっかえ!」(泣)



と、語ってくれた。


数千頭の豚を養っているこの農場では、この時はまだ埋め立て地が決まらず殺処分はされていなかった。



そういや、彼が私に語りはじめた時、最初に言った言葉は「あ~・・・終わった。肩の力が抜けて楽になれた気がするよ・・・(泣)」だった。どんだけ気を張り詰めた生活を送ってきたんだろう

防疫のための消毒活動を徹底的にやっていた彼。
自分の車の中まで消毒液を振りまいていた彼。
毎日毎日石灰を道路に撒いていた彼。。。

必死に目に見えない時と戦い、守ろうとしてきた家族を失う彼。


「やれるだけやって出てしまったもんは仕方ない。はっきりしたことは、来月から俺は職を失うってことだ。ただ、急いで処分をしないと、他の農場に迷惑かけちゃうな。」


お腹に赤ちゃんを宿した母豚にすがり泣く彼のことを思うといたたまれないのですが、その感染を確認した豚舎では日に日に症状を示す豚が増えてきて、エサが食べられなくなったり、亡くなったりしてきて、豚舎内が消石灰をかけられた死体置き場へと変わっていき、腐敗していく。


5月6日に口蹄疫感染疑いが発表された養豚場。その時点で全頭処分が決定していたわけですが、埋設処理が始まったのは・・・5月14日です。すでに8日が過ぎています。ここまでの数日間、彼はどんな光景を見てきたのだろうか。どんな思いで、豚舎を見て回っていたのだろう。。。


殺処分の様子は、本当に地獄絵図のようでした。

この養豚農場には、人間よりも大きな母豚が数百頭、青年豚がさらに多く、子豚が数千頭いる規模の大きな農場です。
口蹄疫の症状の出ていないまだ元気な豚もたくさん居ます。



「 何十人と獣医師が来たけどよ。かき集められた経験の浅い獣医師たちは母豚を怖がってまともに注射も打てんちゃが

首筋の静脈に注射を打たにゃいかんのによ、柵の外から身を乗り出してお尻に打とうとするわ、バカじゃねーか!豚だって生きちょっし痛いから、ひょいとお尻を動かして逃げるわな。

しょうがねーかいよ、俺が柵に入って豚の首をガシって押さえつけてやる始末。
危険やっちゃけど仕方ないわ


ただ、集められた獣医師は豚専門の獣医師ばかりじゃないし静脈の場所はわかりにくいからしょうがないっちゃけどよ、ダメじゃわ・・・

もう、豚の首は突き刺した注射のあとだらけ、痛々しいわ。豚はギャーギャー暴れるわ


ちくしょーーちくしょーーー!もっと安らかに死なせてやってくれよ。


(注※集められた獣医師さんは頑張ってます。しかし、家畜専門ではない方々も集められているから戸惑われたことと思われます。実際、母豚はデカイ!から怖いでしょう。でも、獣医師免許を持っていないと殺処分が出来ないから、とにかく集められています。いろんな意味で彼らもつらいと思います。)


獣医師の免許をもっちょる奴しか殺したらいかんかいよ。手がだせん・・・

かわいそうでよ


もちろんベテランの奴はさすがに上手いし早くてよ関心するんよ。


みんな目に涙を浮かべながらも作業してくれてるし手を合わせてくれる人もいる。


命を救うための獣医師がよ。
今まで、命を助けるために動物に声をかけ、一生懸命働いてきた獣医師がよ・・・

この注射を打ったら、こいつが死ぬって分かりながら注射を打ちこむんよ。
そりゃあ人としてつらいし、心が痛いわなぁ。歯を食いしばるしかないのかよ!



俺はさ、もともと出荷のための豚ならなんとかあきらめがつくんよ。出荷だと思えばいいちゃかい。

でも、母豚はよ。ずっと面倒見てきたっと、性格もよく分かる。顔見りゃ名前も、出産した回数も、病気した時、喜んだ時。悪ん坊や、甘えん坊、気性の荒い奴、優しい奴、み~んな分かる。共に生活してきた家族やっちゃかい。


口蹄疫に感染してしまって痛々しい症状が出てる奴は、鼻や口の水疱が破けて痛いもんやからエサが食えんなっちょる。それでも腹はへるかい、えさを探すわな。豚は鼻が命じゃ。人間で言う手のようなもんで物を探るのは鼻で探るんよ。

痛いやろうに・・・

まともにエサが食えんかい。俺が手で食べさせてやってた。

鼻も口元も蹄も乳首も痛々しいのに、俺を見つめる目はやさしくてよ。なんだか、向こうがごめんよ~言ってるみたいや。ありがとう言ってるのかなぁ(T-T)


注射打たれる姿に耐えられんで離れたところから見てたら、獣医師の腕をふりほどいてこっちに走ってくっとよ。

蹄が炎症起こして血を流してるもんは痛いから立ち上がれんでずっと横になってギャーギャー言ってる。でも、立ち上がらせて殺処分するところまで連れて行かんと重いかいよ。まず鎮痛剤打つっちゃわ。


そしたら痛みが取れるもんじゃかい、ひょいっと立ち上がる。でも蹄からも血が出て腐りよっかい


蹄が取れていくとど・・・赤くなった蹄だけが地面に転がってるんやど・・・

それでも、蹄が無くなった足で、俺の所に駆け寄ってくる


はやくなんとかしちゃれよーーーー!(T-T)




ある程度の大きさの奴は電気で殺すっちゃわぁ

でっかい火ばさみみたいな物でまず頭を挟んでな、スイッチを入れると高圧電流が流れ失神する。
そしてそのあとに胸の所を挟んで心臓に電流を流すとガタガタガタとしびれて心臓を止めて殺すとど・・・かわいそうやんけ。

さっきまで震えて泣きよったやつが。突然静かに死体となるんよ。


たださ、時々その動かなくなった豚を運んでたり、穴の中に落とした時に生き返って動き出すやつがおるんよ。気絶してただけなんやろうな。哀れでなぁ、また殺さにゃいかん・・・。




まだまだ元気な奴らはさ、どんどん穴ん中に落としていく。みんなで板を使って追いやって穴に落としていく。

一番下に落とされた豚たちは熱と重さで圧死ししていくけどよ。後から後から落とされた豚は、どんどんジャンプして穴から必死に飛び出ようとするんよ。

その生きようとする動物の必死さにまた泣けてくっちゃわぁ・・・たまらんよ(TへT)


その上からブルーシートをかぶせてよ、コンパネの板を上において、飛び出してこんように俺たち人間が上に乗るっちゃわぁ・・・

それでん、下から・・ドンっ!ドンっ!て必死にぶつかってくっとよ。


ブルーシートの隙間からホースを入れて中にガスを流し込むんよ・・・

すると、だんだん静かになってきてよ…しばらくするとシーンとなるんよ(T-T)


ちくしょーーーーーーー!



作業員達があちこちで殺処分をしていってる。
地獄を描いてる絵があるわぁ。鬼が人間をいたぶっている絵よ。あのまんまって感じ(*_*)


豚舎の中がギャーギャーって今まで聞いた事もないような泣き声があちこちから聞こえるかいよ。

赤ちゃん子豚が不安な様子でジッとしちょっちゃわ。


病気に感染した奴は蹄から血を流して痛いしおっぱいが飲めんかい
コロっコロっ死んでいく。


それでも豚舎が違ってたりで感染していない元気な奴もいっぱいおる。


敷地が一緒やかいて、経営者が一緒だってだけで


殺さにゃいかんとか・・・





本当に、この子達も殺さにゃいかんとか!



・・・


周りの異常な雰囲気を感じちょっちゃろうね

ひょいっと両手で掴み上げるわ

すると身体をグッと堅くして不安げに身体をブルブル震えてるのが手のひらから伝わってくるとよ。


ごめんなぁ、ごめんなぁ。俺が泣き出してよぉ



その幼い身体に注射針が刺されて、静かにぐったりと手の中で重みだけを感じる物体になる
さっきまで硬かった子豚の力が抜けて何の力も入らない柔らかい物になるんよ。




もうどんだけの涙が流れ出たかわからん


あと残ってた豚舎はウィンドレスの豚舎じゃかい・・・


せめて安らかにと思うてかいよ




帰ってくる時・・・空気を送り込むファンのスイッチを切ってきた。




家に帰ってよ。風呂に入ってよ。飯はよう食わんかい。焼酎飲みながらテレビをみてるとよ


俺・・・いつのまにかボロボロボロボロ泣いてるっちゃわ




今頃、眠るように死んでってるんだろうなぁ・・・・。



お前よ。豚は言葉がしゃべれんけんどよ。もしもよ、お前の子供をよ、「なんで?」って言われながらよ。国からの指示やかい言うて・・・大好きなのに・・・手の中で殺せるか。」



地獄絵図と書いたが、中にいたのは鬼なんかじゃなく愛情に溢れた人でした。




殺処分が終わった次の日


彼は、何もなくなり・・・・何の声も聞こえなくなり静まりかえった豚舎を見たとき、何を感じ、どんな思いが巡っただろうか。しばらくは現実が受け入れられなかったんじゃないだろうか。


・・・あの赤ちゃんを宿した母豚は、いつまで彼に甘えることができ、またどんな瞳で彼を見続けていられたのだろうか。。。


本当にいたたまれない・・・






全国にはたくさんの農家がある。

あまり消費者の目に届くことはないところで、私たちが安心して安全なものを食べていけるよう精魂込めて接してきている人達がいる。私たちは彼らなしには美味しいものを食べることが出来ないのです。


農家の方々の愛情をいただいて生かされているようなもんなんですね。


こんな時だからこそ、いつもより町内で買い物をします。
こんな時だからこそ、宮崎産という文字を探します。
是非、みなさんも自分の地元で地産地消を心がけていただきたいものです。



発生から1ヶ月が過ぎ、5月20日、159軒で13万258頭の殺処分が言い渡されました。


絶対、このウィルスを、全国に広めるわけにはいかない。せめて、せめて、今この範囲で終わらせようと必死に頑張ってます。



それでもまだ、この目に見えないウィルスとの戦いは終わらない

しかし、これ以上の被害農家を出さないために、今、元気で生きている牛や豚の為にも


どうか、自分自身の意識を高くして、「徹底消毒」をお願いします!!!



*********

私が伝えたい事は、現場の悲惨さはありますが、今まで家畜と共に生活してきた農家の方々の愛情を知って欲しいと思い、彼の言葉で書く事にしました。

決して、政府批判でもなく、対応の悪さについて言及するものではありません
転載されるのは構いませんが、間違った方向にもっていかず

私たちと同じく何気ない生活を楽しんできた農家の方々の愛情をお伝えくださいませm(_ _)m
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


以上が日記全文です。



なぜ、医学が進歩しているのに、この病気が発生したら何年たっても「殺す」という手段しかないのかと思います。
ワクチンもこれを読むまでは「かからないために打つ(生かすために打つ)」んだと私は思ってました。
でも違った。
「かからないようにして殺す」そのため。


おかしいと思う。


ワクチンは誰が研究するのか私は知りません。製薬会社? 医者? それとも別の人? 何でもいい。誰でもいい。ちゃんと研究しようよ。
どうして研究しないの?って考えると、こういう研究をしても、発生するまで需要が無く、そしていつ起ころうかわからない病気。そして研究してもそんなに利益のあがるものではない。
だから
研究しない。
というか民間企業では出来ない。
よって
いつまでたっても対処法は「殺す」ことのみ。


おかしい。


愛情込めて育てた牛や豚。そりゃね、私たちの口に入るために送り出すのもつらいでしょう。でも、それはまた違う。なんともいえない思いが上の文章から受け取れます。その感情を部外者である私が安易に書くとそこには「ウソ」が生まれるから私にはかけない。


でも、


だから、


言いたい。


こういうことにこそ「国が」先頭切ってお金を出すべきでしょ? そりゃ、収入の保証も大事です。
でもそればっかりじゃ、これからこの畜産農家たちはどうなるの?
ちゃんと畜産業が営めるように道をつけること、それも政府の仕事ではないの? 国家権力で「殺処分」にしたんだから。


そして国が率先して「研究」をさせるべきではないの?
「利益を生まなくてもしなくてはいけない研究」、これはやっぱり「国」の仕事でしょ? そういう研究にこそお金を使おうよ


子ども手当て、必要な家庭もあるでしょう。


でも全世帯にばらまくのではなく、必要とするところだけに渡すとか、あるいは以前、私が書いたように「給食費」を国が出すとか、学習用品を配給するとかという風に別の「支援」にして、財源を作り、宝くじ団体の天下りの人にアホみたいにたくさん給料だしてるそれをやめて研究に回したら、日本の力をもってすれば、来年にでも、殺さなくても、肉質を落とさなくてすむ「ワクチン」ができるとそう思います。


それと
本当にこの病気にかかってる牛や豚を食べても人間に問題がないなら、たとえ収入が半減しても流通させて私たちに食べさせる手段はとらないのだろうか? ワクチン打って同じ殺すなら流通させてはいけないんだろうか? 
なんか「健康な家畜」を殺すってことに私は抵抗があるのです。
ましてや愛情込めて育ててきたその農家の人の目の前で殺すことにもすごい抵抗があるのです。


分けのわからんことにお金使うなら、こういうことにお金使ってよ。


次の参議院選挙で議席を取ることばっかり考えてないで、もっと真剣に向き合ってよ。


そう強く思いました。


とはいえ、私には早い終息を願うことしかできません。


せめてもの気持ちで先日、ヤフーボランティアから使い道のないヤフーポイントを寄付しました。何の足しもならない金額。でも気持ちだけは伝わってと願ってます。


今日、また49等の種牛の殺処分が決まったとか。


日本のブランド牛は、日本の畜産業は、日本の食料自給率はどうなるんだろうって、なんともいえない気持ちになりました。


私の感想はどうでもいいです。


どうか心のどこかに宮崎の畜産農家の方の悲痛な叫びをとどめて置いてください。


それが私がこの日記を書いた主旨です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-23 20:49:14

衝動買い

テーマ:ブログ
今日は旦那が所用で都内へ。


私は丸一日フリーになったわけですが、ちょっとお買い物に行く用事があり、洗濯を済ませてから私は雨が降るにに、一人池袋へ。


珍しいでしょ?
自分でもそう思いますよ。


本当に私は変わったなぁーって思いながら電車に揺られてました。


私のしなければいけない買い物を済ませ、あとはフリーターイム。


そういえば今日はチキガリがこの百貨店でインストアライブをすろと、先日のコンサートで言っていたなと淡い期待を持っていたら館内放送が。


「雨天のため中止になりました」


あーあ。


そんなわけで数少ない規模が大きめの「Sサイズブティック」を見て呼ぶ福がないとがっかりして次へ。
目の保養にダイヤモンドでもちらっと見ていたら・・・。


ヘアーアクセサリのいいのがほしいなぁーと思い立ち、売り場へ(←このギャップが私)。


最初は何気に見ていたのですが、あるメーカーのお姉さんに声をかけられ、そのヘアーアクセサリーがとっても上手にアップスタイルを作れるようで・・・。
お姉さん実演を私のためにしてくれて、確かに簡単そうと思ったけど、それが出来ないのが私とばかりに「私がしてみていいですか?」と聞くと「OK」とのこと。
教えて貰いつつやってみると、最初は「???」でしたか、コツをつかむと結構簡単。そして案外上手にアップスタイルが綺麗に決まる。
これから暑くなるし、うまくいけば着物にもいけそうだし(お姉さん大丈夫と言ってくれました)と、ちょっと、いや、結構高かったけど、何を思ってかご購入してしまいました。


私は買い物を終え、旦那は所用を済ませ、池袋で待ち合わせ。
ちょっと早い晩御飯を済ませて帰ってきました。


家に帰ってヘアアクセサリーの復習をやってみると、ばっちり決まり、よっしゃぁー!!と喜ぶ単純細胞です。笑


なんか本当に私は変わりました。こんなことをするようになるとは・・・。


小さな勇気が小さな自信を生み、そして新たな小さな勇気を生み出す。


うーん、私は本当にいい出会いを去年しました。
感謝の気持ちで一杯です。


さぁーてと、明日はちゃんとギターを弾こうっと。(←最近サボり気味なんでないのってどこからともなく聞こえてきますが・・・。空耳ということで・・・)


うーん、今日はいい日だ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-05-20 11:48:38

昨日が終われば次のデートの約束を

テーマ:さだまさし
すみません。


本日3つ目です。しかも全部「さださん」。


先ほど9月のコンサートと11月のコンサート抽選予約電話をしました。
ちょっと前に「ややこしくなったぁー」という情報を得ていたので、ちょっとは覚悟していましたが、なんとまぁ、いつも以上に繋がるのに時間がかかる。
おまけに住所は言うは、名前は言うは、入力項目は増えるは・・・。
いったいあれは何のため?
オマケに当落確認の電話もしないといけないみたい・・・。仮にしなかったらどうなるんだろうって不届きなことを考える「アホ」です。


しかし、嫌いだなぁー、このシステム。年度代わりで変わらないかなぁーと思う私がいます。


さだファンのみなさん、コンサートチケットを取るときはいつも以上に繋がるのに時間がかかることと、ちょっと邪魔くさいことを頭においておくといいかもしれません。


当たるといいなあー。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-20 09:51:37

やっぱり買っちゃうことに・・・

テーマ:さだまさし
そんなわけで
悩んだ挙句
結局
昨日、投函しました。
去年のカウントダウンコンサートのDVD。
行きたかったけど我慢した私へのご褒美です。そしてまたしてもいけないかも知れない私の我慢材料です。
さぁていつ届くかな?楽しみがまた増えました。笑
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-20 09:41:08

まさしんぐWORLD2010(少しネタばれ)

テーマ:さだまさし
いってきました。


はじけてきました。


うるうるしてきました。


そして



最高でした!!!!


まず、席。


むっちゃいい席でした。一階2列目センター!!!
きゃぁーーーーー!!!って世界です。


おまけに、さださん、よく私のまん前で話してくれるし。ハート一杯 私じゃないから見えるだろうと思いつつも、せっかく私の前で話してくれるから、しっかり反応しちゃいました。大きくうなづき、笑い、拍手し・・・。何でも反応は重要だと思って。
なんだかとっても幸せな日でした。
久々に3時間半のコンサート。
私は満足です。


内容はまだ始まったばっかりなので書けませんが、ご本人が携帯サイトで書いておられたのでこれはOKと思って書きます。


去年12月に亡くなられたお父さんを偲ぶ会方式でした。


とはいってもぜんぜん湿っぽくなくて、思い切り笑わせてもらいましたよ。
曲はお父さんにちなんだ曲やお父さんの好きな曲が中心でした。
私の予想、2曲、当たりました。(^_^)v
そしてニューアルバムから3曲、聞かせてもらいました。


センター2列目。それでもさださんの表情は裸眼(矯正利かない私の目はこの書き方が正解)では見えず、私の大好きなまさしスマイルは見ることができなかったけど、アンコールの後、深々とお辞儀して下さったさださんに「ありがとう」と声をかけた私に手を振ってくださった。もう一度「ありがとう」の声に両手を振ってくださった。きっとそのときは私の大好きなあの「まさしスマイル」だったことでしょう。私の心の目が「そう」言ってました。


少しネタバレですが、昨日、一番印象に残ったトーク。


それは「五月病」のこと。
五月病を治すコツはたった2つ。
「自分が何かを知ることと自分の居場所を探すこと」
誰の役にも立ってないと思うことほど、人間、つらいことはない。でも安心して。必ず人は誰かの役に立って生きてるから。一人で人間は生きてないから。まだ人の役に一つも立ってないと思っているあなた。長生きしますよぉー。


はい、私は長生き組みです。笑


あー、書きたいことは一杯あるけど、今日もあるし、この後名古屋・兵庫とあります。なので我慢します。


そうそう、さださんのギター、玲子さんのギター、石川さんのギター、やっぱり必死で聞いていました。
そして先生が言われていたように本当に「3フィンガー奏法」がまっさんには多いって実感して帰ってきました。こんな風な楽しみ方ができる幸せをまたかみ締めてます。そして前回のレッスンで出来なかった「振り子打法」いやちがった「アップダウンストローク」もちゃんとさださんで研究。
「ほぉー、確かに腕が振り子だわぁー」と妙な納得をしてる私でした。が、私にできるできないはこれ、別問題ですが・・・。笑


さてさて、昨日はしっかりといい「音」を聞いて勉強したので、今日はマジでギターを弾かないといけません。
3日もサボったらもともと出来ないのに、また「下手以下」になってしまいます。
がんばらんば、私。


そうそう、昨日は全体的に曲のテンポが妙にスローだったのが印象的でした。


素敵な時間をありがとう、まっさん、CGS(チキンガーリックステーキ)、玲子さん。
そしてきっとNHKホールに居たお父さん、あなたは本当にまっさんに愛されているんですね。そう感じましたよ。大変な人生、お疲れ様でした。そしてあなたもやっと終戦を迎えられましたね。


さぁーてと次の楽しみは・・・。


6月に坂元さんのライブです。
こっちはやさしいやさしい甘いギターの音に包まれる癒しの世界を堪能できることを楽しみにしています。あー、楽しみがあるっていいなぁー。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-19 09:04:21

ひとり

テーマ:さだまさし
来ました、来ました、来ましたぁ!!!


昨日の検査が終わるまではやっぱりどこかに「心配」があって、完全にコンサートモードになれなかった私。


が、昨日、晴れて「合格」を貰って、気分はNHKホールへ。


久々です。
一人のコンサートは。


いつ以来だろうって考えると、結婚するちょっと前から初めてのことかもしれません。そりゃそうだわなぁーと納得。だって私、ここじゃほとんど一人歩き出来ないんだから・・・。


こんな日が来るなんて私はうそみたいにうれしいです。だって、だってだって、私の行動範囲が広がってるんですよ。これは私にとってはものすごくすごいことなんですよねぇー。本当に。


関東で一人でコンサートに行く日がくるなんて。夢みたいです。
そしてこれは去年、私と一緒にコンサートに行ってくれてお友達の力が、貢献が大いにあります。ありがとうね。


本当にとろいけど、やっぱり私は少しずつ「進歩」してるなぁーと思います。
一つの言葉が背中を押し、小さな勇気が自分を動かし、その勇気が自信を生み、そしてまた違った小さな勇気を生んで新たな世界を開く。


この歳になって改めてそんなことを学んだ気持ちです。


さて、今日は一人です。
思い切りさださんの世界に浸りますよ。
私の隣近所のおられる方、申し訳ありません。一人で世界に入っているおばさんがいたら、そっと見守ってやってください。決してうるさくはしません。笑うところ以外は。手拍子するところ以外は。


一緒に楽しみましょう。


あー、ワクワクしてきました。


そのまえに、


することはちゃんと済まさないとね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-18 20:00:18

長かったぁー、痛かったぁー。(T_T)

テーマ:ブログ
はぁー、なかなか大変な一日半でした。




実は




3月末に行った人間ドックの便潜血検査の一回に陽性反応が出て、今日、大腸検査を受けることになってました。



が、いたって本人は脳天気でした。



だって2回して1回に陽性が出たってことは何かあってもそんなに深刻でないだろうし、ましてや1回目が引っかかったから。



まぁあくまで素人考えですがね。笑



そんなわけで昨日から下剤の嵐。



昨日は朝からろくなものも食べられず、晩御飯にいたっては食糧庫に残っていたえんどう豆のスープのみ。
あまりにそれではお腹が空いているのでヨーグルトを少し追加して食べましたが・・・。



で、8時に下剤。



1時間ほどしてから効き目があり、昨日はほとんどねてない始末。



朝、起きて弱っている私を見て旦那がびっくりしてました。



そりゃ弱るよね? ろくなもの食べてないのに、ほとんど寝てなくトイレとお友達じゃぁ。



で、病院へ行き、さらに2リットルの下剤。
あれ、もうちょっと何とかしてほしいなぁー。
まずあの形。点滴袋みたいなままもってこないでよ。せめてペットボトルかなんかにしてぇー。
そして味。なんともおいしくない。せめて気分を変えられるように、自分で味が変えられる何かを入れるなどの工夫をしてくれるか、せめて冷たくしてほしいなぁー。
結局、私は2リットル時間切れで飲めず、1.5リットルくらいで検査へ(実際問題、アレ以上飲んでいた私は間違いなく戻してました。気持ち悪くて・・・)。




長かった。




途中、先生「あれぇ?」とかいうし。
向きを換えてとか、何度もいうし。
おまけに看護士さんに「ちょっとお腹押さえて」とかいうし。



もう不安一杯。



おまけに痛いし。。。
そうとう我慢してたけど、あまりに痛くて「先生、痛いです」というと「うーん、これ、痛い?」となんだかぱっとしない返事。
不安は募る一方。



そんなこんなでどうにかこうにか検査終了。



終わって先生一言。
「大きな危険な病変は何もなかったですよ。大丈夫ですよ」



私思わず
「よかったぁー。先生が途中であれぇーとかって言わはるから、思い切りどきどきしました」



「いやぁ、あのあれぁーは腸がよく伸びる腸で奥に入れるのが大変だったからね」



そう説明してよ。




無言で検査されて、あれぇーとか言われるほど怖いことはないんだからと思いつつも、もう「合格」だったことで一安心の私。



最後には「先生、ありがとうございました。お疲れ様でした」と言ってしまった私でした。




申し訳ないのは検査仲間(4時間も一緒に拷問のような下剤を飲んだ叔父様たちはいつの間にか仲間意識がわいてます)の方たち。



私を含め4人だったのですが、私が一番。



なんと私、1時間近くかかってました。



おじさんたちは心配してくれていたみたいでした。
「大丈夫だった?」って聞いてくれて・・・。





胃カメラも死ぬ思いをして嫌いですが、大腸検査もあの下剤をなんとかしてほしいです。




しかし、どうして検査はこうも大変なんだろう。



元気でこれだけへとへと。入院でもしてたらマジでこれだけで病気になりそうです。




そんなわけで




明日、一点の曇りのない笑顔でまさしさんと会えます。



ふふふ。
楽しみ楽しみ。






みなさん、どうぞお体を大切に。






最後に気持ちをリラックスさせてくれたさださんと坂元さんのCDに感謝です。
音楽はいいわ、本当に。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。