1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-05-31 18:53:17

読破!!

テーマ:ブログ
アントキノイノチ、わたしにしてはむっちゃ早く、たった今、一週間弱で読みあげました。


この話はある出来事がきっかけで心のバランスを崩した主人公が遺品整理という仕事とある女性との関わりを通して、心のバランスを取り戻していくとお話です。(ものすごく簡単に言えばです)


感想・・・。


一言ではいえないけど、終わり方がすがすがしくて私は今とってもさわやかな気持ちです。


人を傷つける嘘は人の心を壊すかもしれない。
人を傷つける嘘は人の命を奪うかもしれない。
その命はどれも値段なんか勝手につけられないほど尊いもの。


人は生きたようにしか死ねない。
命の重さは一緒だけど生き方の重さは違う。
どの命も小さいけれど大切な命。


そんな言葉が私の中に残ってます。


遺品整理の現場の表現はむっちゃつらくて、もうギブアップしたいと思ったけど、でもだからこそ、この仕事の尊さを知った気がします。
「野火」を途中で投げ出した私が、あのすごい表現を全部読んだことに自分で驚いています。
「仏さんは助けに行く」
この言葉の意味はあの一つ一つのものすごい表現の中にこそ生きるのだと思います。


嘘は大なり小なりみんなつく。でもその嘘は人を助ける嘘もあると私は思います。
同じなら人を貶める嘘ではなく、人を救う優しい嘘をつきたいものですね。


そして何気に発する言葉も人を救う、いや、人の心を救うそんな言葉を発したいものですね。


そんなことを思った「アントキノイノチ」でした。


よかったらみなさん読んでみてください。


最後に
アントキノイノチ、元気ですか? (^_-)-☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-30 18:16:23

今夜です

テーマ:さだまさし
みなさぁーん、今日ですよ、今日。



まっさんの真夜中のあれ、改め、「今夜も生でさだまさし」。



今日は北海道からです。




私は見たいのですが、明日、旦那がむっちゃ早起きして講習会に出席とのこと。
よって私はオンタイムではたぶん観られないと思います。後日、録画を見る予定です。




みなさんよかったら見てください。




5月31日(日) 午前0:00~1:35(5/30深夜です)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-30 14:25:51

On the way!!

テーマ:ブログ
こないだの木曜日で石川鷹彦さんのNHKギター教室が終了しました。


先ほどDVDに収めたものを観ました。


うまい!!
おみごとぉー!!!


と、もう完全に観客に成り下がっている私。笑


最後に石川さんがいっていた言葉に励まされました。


「ヘタにうまくなってはいけない」


ははは。
まだ「ヘタ」までいっていない私ですが、なんだかほっとする言葉でした。


何でも上手になると楽しめなくなるからだそうです。


それ、なんとなくわかるなぁーって思います。


今の私はヘタッピだけど、ギターと戯れているのが楽しくてしょうがありません。
間違って「ヘヘッ」と笑ってごまかす困ったやつですが、それでも楽しいのです。
少しずつですが、ギターらしくなっていく自分で弾くまっさんソングがなんだか愛しくて仕方ありません。やっぱり「出来が悪いほどかわいい」というのは本当ですねぇ。(←意味違うしぃー!!)


私は人より何でもテンポが遅いからいいのです。私のペースでちょっとずつでも確実に前に進めたらいいなぁーって思います。


いつかあんなふうに・・・。
そんな風に思ったラストでした。


がんばらんば、私!! (~_~;)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-29 10:03:05

♪私が生れてきた訳は・・・♪

テーマ:さだまさし
ある方のところで教えてもらったらさださんの新聞記事。



私はやっぱりここでしょ?って思って検索をして、そして見つける。
京都新聞の記事 を載せましょう。笑



先日のワールドで初めて聞いた「いのちの理由」。
アンコールで聞いたのですが、大好きになりました。
京都新聞には「発売中」とありますが、美しい朝は来月10日の発売ですので、みなさん、よろしくね。(←自称「さだまさし宣伝部長」再来。笑)




早く、もう一度じっくり聞きたいです、いのちの理由。




あ、知恩院さんに行ったらずぅーっと流れてのかしら? なんてことないね。
でもお経よりもいいかもって思う私は罰当たりかしら???




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-28 16:34:05

2つの「おかしいぞ」

テーマ:ブログ
今日は夫の付き添いで同じ県内だけど電車に乗ってとある病院へ行ってきました。


去年、胃にたぁーくさんのポリープ(どれも良性)があると指摘されたので、その経過観察のための病院です。


はい、夫は私がもう二度と受けたくないと思っている胃カメラを自ら予約したのでありました。
ちなみに夫も何とか反応(おげぇーっと来るあれです)が強い人です。


去年の11月か12月に私も鼻からの胃カメラを体験しました。確かにほんの少しは口からのそれよりも「楽?」と思いますが、実際には「拷問」か思うほどしんどく、終わってからも声は出なくなるは、ムカムカするは、唾液は止まらないは、あげくに頭痛になるはで大変きわまりなかったのです。


今日、夫が行った病院では付き添い(?)で来た家族の人も一緒に検査室に入れます。そんなわけで私も入ってみてきましたが、あの「オゲェー」という反応は一切なく、夫は悠長に先生と話してます!!
私はそれが信じられないのです。


心の中で「おかしい!!」と叫んでました。苦笑


私は先生なんかと話する余裕など一切なく、あまりのしんどさに先生を蹴りたい!!そんな気分だったからです。苦笑


夫も鼻からの胃カメラですが、鼻にする麻酔も私が受けたときよりはるかに少ない模様。
決定的に違うのは、麻酔なのか安定剤なのかはわかりませんが、検査前に注射をすること。
この注射がどうやらネックだと私は勝手に理解しています。


検査も終わり、1時間ほど熟睡している旦那。私は隣で座り心地の悪いいすで読書タイム。
今日は病院の友の「こんにちは、アン」です。
たくさん読めました。それはいいのですが、思い切り疲れました。


結論
私はもし、今度また胃カメラを飲むことになったら、検査だけこの病院(夫の行った病院(に行くか、何が何でも注射をしてもらうと決めました。


肝心の夫の検査結果ですが、去年よりもポリープの数も減り、胃の状態もよくなったいるとのことでした。
去年はそりゃ仕方ないなぁーと勝手に納得しています。おととしは彼にとって激動の年だったからね。仕事は変わる、自分の父親は大病になるってね。
一安心ってところです。


その帰り道、地元のJRの駅でのこと。


わが駅は始発駅なんです。
まぁ、始発も終点も途中も関係なく、マナーとして「1降り2乗り3発車」つまり「降りる人が最優先」のはず。
しかもここは「整列乗車がとっても上手な関東」。


なのに、


夫が降りようとしているまん前で(しかもドアの真ん中)、ぼぉーと立っているサラリーマン。


なんだかなぁーと思いました。


おかしいですよねぇー。


電車マナーが悪いとテレビなどでボロカスに言われた関西人としてはとっても譜に落ちない出来事であり、あのサラリーマンは親にどんな教育をされたのかと思うのでありました。


私は今でも思い出します。


京都にまだ市電が走っていた幼い頃、市電が来て乗ろうと電車に足をかけた私を「降りる人が先」と思いきり引き降ろされたことを。で、しっかりと降りる人が降りやすいようにドア付近は端によってたっていろと教えられたことを。


おかしい。


今日はなんだかびっくりするやら、あきれるやら、そんな一日でした。


お昼過ぎに帰ってきて滅多にしない(できないと言った方が正解)昼寝をした私でした。もちろん夫も隣で大鼾で寝てました(←あのぉー、あんたは十分病院で寝たでしょ!!)


しかし男性はいいですね。
こうして付き添いが着いて病院にいけるから。
私なんぞはあんなしんどい思いをしたというのに(近いけど)一人で病院に行きます。
そうそう、「悪いものかもしれない」と初めて乳腺外科の門をたたいたのも私一人でした。
女の方が度胸が据わっているのか、はたまた私が度胸がすわっているのか・・・そこは微妙なところですが・・・。まぁ、人よりは度胸もすわり、根性もあるとは思ってますが。苦笑


ちょっとうらやましい気がした私もいました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-27 09:34:58

♪あーあ、ああああ あーあ・・・♪(謎?笑)

テーマ:ブログ
咲いてくれました。


のんべんだらり   のんべんだらり

ラベンダー!!


昨日、お水をあげていたら手に何かが触る感触。
???
と思いちょっと寄ってみると・・・


おぉー!!!


小さな紫の花が咲いてくれてました。(~_~;)
うれしくなって香りを堪能!!
うーん、いい香り!!


が、この量では飾るほどでもなく・・・。


来年はもうちょっと苗をふやそうかなぁーと、また枯らすの得意なことを忘れている能天気な私でした。


写真が下手でごめんなさい。<m(__)m>


タイトルはさだまさい「北の国から」
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-05-26 16:44:56

生きることの重さ・・・

テーマ:ブログ
23日から読み始めた「アントキノイノチ」、私にしてはものすごいペースで読んでます。


まぁ普通の人なら3日も読めば読破なんでしょうが、私は今、5合目ってところです。ざぁーっと読めないんだと思うんですよねぇー。しっかりかみ締めて読むから、もっているハンディー以上に時間がかかるのだと・・・。

で、途中感想。


重い!!


いや違うなぁー。


どしーんと心に迫ってくる。これでもか、これでもかと「いのち」を前面に出してきてる。
そこにまっさんの「叫びに近い祈り」が込められているような気さえする。


正直言って、この本、さださんの本じゃないともうGIVE UPしてると思います。


想像するに耐え難い直接的な表現。・・・
でもこれをするから、心に届く。というか、考えるんだと思う。


今日はちょっとしんどい描写が多かったので、どうしようと思ったけど、最後に救われた言葉がありました。


「生きる重さを知ると死ぬことの重さを知る」
「生きてきたように人は死んでいく」


今日、一番心に残った言葉です。


ちょっと心がしんどいから、今日はギターの練習はお休みしようかなぁーと思ってます。ここ数日は読書タイムの後、ギタータイムだったんでぇー。


まぁそんな時もあります。


さださんはあの秋葉原の事件で本当に心が痛く、ずぅーっと悩み、考えていたということは半分よんだだけでもわかります。


生きたように死んでいく。


しっかり生きたいものです。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2009-05-25 17:11:53

♪この街がかつて 燃えつきたときに 私たちは誓った 繰り返すまじと♪

テーマ:ブログ
彼の国がまたまた不穏な動きをしています。


なんだかいやぁーな胸騒ぎします。


どうかどうか平和でありますように。


そんな願いを込めて、下手っピーな「フレディーもしくは三教街」を一生懸命弾いてました。


私にできることは願うことだけ。


長崎・広島を2度と繰り返してはいけない。
そう、わが国の首相は声を大にしていえないのかしら?
「遺憾」とかそんな言葉でなく、はっきりとその気持ちを首相自身の言葉で示してほしいと思います。


平和でありますように。




タイトルはさだまさし「祈り」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-25 10:00:14

♪忘れないで 僕だけは君の味方 たとえ世界を敵にまわしても♪

テーマ:ブログ
ここ数日、今年1月におきた中京大学教授殺害事件の報道がされています。



それを見ていて思うこと。



この容疑者には話を聞いてくれる友達が一人もいなかったんだろうか?



そしてこの疑問を持ったとき、去年起こった秋葉原の事件についてさださんがステージ上で言っていた言葉を思い出しました。
「あの犯人に友達が一人でもいたら、あるいはこの事件はおきなかったかもしれない」



昨日から20日に買った「アントキノイノチ」を読み出してます。この本はさださんがやはり秋葉原の事件の衝撃を受けて一年かけてさださんの思いや気持ちを本にしたものです。
読んでいて心が痛くなります。
まだ40ページほどしか読んでませんが(読むの遅いのです)、読み終えたときに自分の感想が自分自身で興味があります。



うまくかけませんが、今回の中京大学の事件、秋葉原の事件、そして「アントキノイノチ」、全てに関して「友達」いや「人とのかかわり」とか「つながり」とかがいかに大事かということを考えさせるなぁって思います。



そして思います。
私は本当に友達と先生には恵まれたなぁーと。



私を大事に思ってくれている全ての人に感謝です。
そして私に「しんどい」と言ってきてくれる友人に感謝です。つまりそれは私を信頼してくれてるってことだから。
頼りなくて何にもできないけど、でも、話だけはちゃんと聞こう、改めてそう思いました。




友達、大切にしないとね。



タイトルはさだまさし「デイジー」


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-23 18:40:27

なんだかちょっと・・・

テーマ:弱視
ヤフーのニュースを見ていてこんな記事 を見つけました。

先に書いておきます。


意見には個人差があります。あくまでこれは一人の弱視者の私の意見です。


あのね、裁判で実際に読まれるものを「点字」にしなくてもいいと思うのです(また「点字」だけというのも私は不満です)。同じ労力を使って点字にするなら、「資料」となるものを点字にしてほしいと願うのは私だけではないはずです。


見えない分、聞くことにはすごい集中力があると私は思ってます。だからこそ、実際に自分の耳で聞けることはいいのです。


それに弱視者の全ての人が点字を読めるとは限ってません。実際に私は「あ」と「め」しか読めません。
だから「目が悪い」=「点字」という観念、つまり「目が悪い」=「全盲」(それに近い)という観念を捨ててほしいのです(そういう思いもあってブログをはじめたのですが・・・)。


また裁判に参加するまでのこともも考えてほしいです。


簡単にあっちこっち一人歩きできない視覚障害者は私だけではないはずです。その辺のフォローはどうするのかもしっかりと考えてほしいです。
裁判所の最寄り駅まで送迎をするのか、しないのか。あくまでも自力で裁判所まで行くのかとかね。


またこれを書いていて思ったのですが、裁判で話されることが聞き取れない耳の不自由な人のフォローはどうなっているのか(主観が入るのを恐れてアシスタントをつけないというのなら手話通訳もだめということになるはずだから)という疑問もわいてきます。


万人に平等は無理ですが、それに近づけるための努力はいると思います。
模擬裁判は大いに賛成ですが、私個人的には、全盲の人2人弱視の人の2人なんて言わず、せめて10人ずつくらいの参加をさせてほしいです。少なくとも弱視は見え方が人によって違います。Aさんに見えることが私に見えるっていう保証はないし、私に見えることがAさんに見えるという保証もないからです。
墨字拡大(ないような雰囲気ですが)の大きさも考えてほしいからね。


私たち視覚障害者のことを気にかけてもらえるのは非常にうれしいですが、もうすぐ始まるからという「つけやきば」の対処ではなく、ずいぶん前から言われていたことだから、同じするならもっと前から力を入れてほしかったなぁーと私は思います。


なんであれ少しでもいい方法が生れることを私は期待します。



最後にもう一度、意見には個人差があります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。