1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-05-31 15:16:37

「失恋」したのではないけれど・・・。

テーマ:ブログ

何年ぶりだろうか? こうやって「ボブ」っぽい髪型に、そして、短く切ったのは・・・。

 

今日、あまりに髪の毛(特に前髪)が伸びたので、カットに行ってきました(今日は火曜日。40%オフの日です)。

行くまではこんなに切る気はなかったんですが、美容室に着いて、美容師さんと話をしていると、ふと切りたくなりました。で、きっちゃったぁー。(^_^.) 「失恋」して髪を短くしたのなら、色っぽいのですが、そうでないところがねぇー・・・。といっても私が失恋して髪を切ったらある意味「問題」ですので、これでいいんですが・・・。笑

 

本当はここに「ほらぁー」って載せたらいいのですが、鑑賞に堪えうる顔でもないので、また、「公」の場でもあるので、辞めます。

ここで以前の私を知っているのはオフ会の友さんと私の友達。オフ会の友さん、今度またオフ会をすることになったら、きっとびっくりしますよ。こないだからだと本当に短くなったから・・・。ひょっとしたらオフ会の友さんよりも短くなったかも??? 

 

美容室の鏡に映る自分を見て、なんか「あぁー、また、見た目おぼこくなった」と思ってしまいました。ハハハ・・・。(^_^.)

 

さぁーてこの髪型になって一番最初に会うのは誰でもないうちの旦那。今日、帰って来てどんな反応をするかちょっと楽しみ。今日ばっかりは変化に気付かないわけにはいかないから、それがまた面白い。え、イケズって?! いいやん、それくらい楽しんでも・・・。(^^

 

そんなわけでちょっと楽しみが出来た私です。

一足早い「ちゃみちゃんの衣替え」その1でした。

 

そうです。あしたからは6月です。制服が夏服に、着物は単に変わります。

そしてもうすぐ入梅ですねぇー。あー、紫陽花が恋しくなる季節ですねー。紫陽花が見たいです。(^_^.)

 


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-05-30 16:06:31

「好き」

テーマ:さだまさし

再び「そうしたら掌に自由が残った」(さだまさし著)から心に残った言葉の紹介です。


「嫌い」はマイナスエネルギー。

「好き」はプラスエネルギー。

好きな人のためなら大概の困難は乗り越えられる。

人であれ、仕事であれ、

元気に生きる基本は、

それを好きになること。


そうなんですよねぇー。何でも「好き」だと思うと苦にならならい。不思議ですよねぇー・・・。


私は結構、好き嫌いがはっきりしてる人間なんです。だから嫌いな人には極力近寄りたくない。けど、一旦好きになるとこれがまた大変。とことん付き合う人間ですから・・・。

だから私には少ないけれど「真の友達」がいます。でも、きっと、多くの「敵」(私を嫌う人)もいると思ってます。けど、それでいいと思ってます。だってそれが「私」だから。万人に好かれる人間はどこかしら、信用できないと私は思っているから・・・。


でも色んなことに興味を持って、色んな人に接して「好き」の領域を増やしていきたいなぁーと思ってます。決して「これで十分」とは思ってません。


そんな気持ちにふと気付かせてくれた言葉でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-05-29 18:40:24

ニーハオ!!

テーマ:ブログ

久々に中国整体に行ってきました。

目が悪い故、肩こりとはもうお友達以上の仲になってます。眼精疲労からきているのは確かです。

 

ところが、

いつも、先生とその弟さんだけしかおられないのに、なにやらたくさんの人の気配。

「あ、まだ、前の患者さんがいはったんやぁー」と思っていると、前の患者さんのほかに見慣れぬ女性が一人。話される言葉から「中国の人」とわかりました。

その女性はやっぱり整体の免許を持っている方でした。場合によってはここで働かれるかもしれないとのこと。

明るい元気な女性でした。

そして

なんと2人がかりで私のマッサージをしてくださって、また、マッサージの時間も気持ち長かったような気がします。

 

人見知りをするくせに、人と話すのが大好きな私。結局、その女医さんとも仲良しになっておしゃべりしてきました。

ほんの少しだけ知っている中国語(単語)を話すと、すごく喜んでくれます。そしてその女医さんに「ちゃみちゃんがきてくれて私はうれしい。なんかここの雰囲気が明るくなった」って言われ、私もうれしくなりました。でもよーく考えたら治療院って明るいより静かな方がいいんちゃうんかなぁ-って思ったりもして・・・。

 

私はずっと前から外国の人と話すのがすきなんです。なんか楽しくて・・・。それをまた今日改めて実感しました。

中国語はほとんど知りませんが、一つ二つの単語でも日本で聞くとうれしいものもようです。それは自分が海外に行ったときに日本語を聞いてうれしかったのと同じだと思います。

また外国に行くとき、私は必ず現地の言葉を一つでも二つでも覚えてく行くことにしています。そう、「こんにちは」「有難う」だけでもいいから・・・。するとその言葉だけでも現地の言葉でいうと、その国の人が喜ぶから・・・。これが「ちゃみちゃん流国際交流」だと思ってます。

そんなわけで今日もちょっとだけ「日中」の個人レベルでの交流が出来たと思ってます。

 

肩は軽くなったし、国際交流(そんな大げさなことではないけど)もできたし、行って良かったです。


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-05-28 17:15:56

久々の来客

テーマ:ブログ

今日はお客さんが来ます。何度かここでも登場した「子育て相談会」をした方の家族が来られます。

そんなわけで、今日は昼から料理に没頭し、今、来られるまでに時間が出来たのでブログを書いてます。

 

今日のメニュー。

ローストビーフ

かつおのたたき(市販品&玉ねぎ・かいわれ・みょうが添え)

揚げ出し茄子

シーザーサラダ(もどき)

野菜ときのことホタテのキッシュ

ご飯&味噌汁

です。

 

   0528メニュー

 

楽しい会話が弾みますように。

    

 


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-05-27 18:43:23

アンテノールの洋菓子

テーマ:ブログ

懐かしい人からお届け物。

 

私が働いていた頃の後輩の女性からです。何のとりえも無い、さして仕事も出来るわけでもない私に、何故か彼女は親しみを持ってくれていました。そしてよく私の「目」になってくれてました。

自分のデスクから白板に書かれた営業さんの帰社時間等は私には見えません。電話で即座に答えねばならないとき、隣にいた彼女に「ねぇねぇ〇〇さんはいつまで外?」って聞いたりしました。

笑顔の素敵な、とっても明るい、でもとても繊細な彼女でした。私の結婚式にも来てくれて、受付をしてくれました。その後もメールのやり取りをしていました。

 

その彼女からの今年の年賀状に

「ようやく結婚します」との報告が。3月に海外で挙式しますって書いてあったので、3月のいい日(大安)に彼女が好きと言っていたチューリップを送りました。

そしたら凄く喜んでくれて、私はそれだけで十分幸せでした。

 

そして今日、その彼女からお菓子のお届け。

    お菓子

「この間のお花、本当にうれしくて。ちゃみちゃんが私の好きな花がチューリップって覚えてくれていたことが何よりもうれしくて」とメッセージ付き。

私はただただ「おめでとう」の気持ちを伝えるため、また、たまたま彼女の好きな花を覚えてただけだったのに、変に気を遣わせて悪いなぁーとおもってしまいました。

で、「美味しそうなお菓子をありがとう」って今まで使ってはった携帯メールに送信。無事受信してもらい、その返事が届く。「本当に本当にお花がうれしかったんです」って。

なーんか私、いいことしたんかなぁーってこっちの方がうれしくなって、ブログにまで書いてしまいました。

そして「一度会いたいですね」の文字。

本当にうれしい限りです。仕事の上では決していい先輩(仕事ができるばりばりの人ではなかったからね)ではなかったのに、こうして思ってくれていることを本当に幸せに思います。

 

そして心から

いつもいつもあなたのそばに幸せがいますように

と祈ります。

改めておめでとう、Kちゃん!! そして、有難う。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-27 10:36:54

洗濯機、その後の経過報告

テーマ:ブログ

うちの洗濯機、やっぱり「お医者さん」が来ると「いい子」になっちゃって、原因である「匂い」を発せずに、爽やかに動きました。

何でも私が訴えたこの事例は「初めて」の事例ならしいです。トホホ・・・。

結局、解決手段としては

 

風呂水ホースを換える。

ポンプを換える。

ダクト(水の通り道となっているゴム製のもの)を換える。

 

ということしか手立てはないらしいのです。なのでその「交換」をお願いしました。

しかし、その3つの部品は手元に無いため、お取り寄せ。あと2.3日はまたこの「匂い」との戦いのようです。

 

でもね、今日来てくださった修理の人、この洗濯機の前に使っていた洗濯機が「寿命で」調子悪くなったときに来てくださった方で(帰り際にお尋ねしました。前に来てくださった方ですよねって)、この方の対応がよかったから「次も東芝商品を買ったんですよぉー。また何か故障したらあなたが来てくれはるかもしれないって思って」って帰り際に言いました。そしたら照れくさそうに「いやぁー、そうですか。すみません」って言うたはりましたが、その笑顔が何とも素敵でした。

 

結局、何でも「人」ですよねぇー。

 

洗濯機の改善にはつながらなかったけど、なんかとってもうれしい気分になりました。

 

さーて働こうっと!!!


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-26 19:47:33

「門を叩け、そうすれば開けてもらえるであろう」

テーマ:さだまさし

2日連続の

「そうしたら掌に自由が残った」(さだまさし著)からの言葉の紹介です。


心の扉は叩けば開かれ、

強く求めれば与えられると信じられる自分は、

余程運良く、

良い人たちに出会い続けてきたのだろうか。

いや、運ばかりではないだろう。

大切なのは、どれだけ一所懸命扉を叩いたか、

どれほど根気良く求めたか、だろう。

諦めないぞ。



な~んか元気が出ました。

ミッションスクールに籍を置いた私としては、ふと、聖書の言葉が頭を掠めました。

「求めよ、さらば与えられん。叩け、そうすればあけてもらえるであろう」


一生懸命叩いて叩いて開けてもらった心は、大事に大事にしないとねぇー。せっかく開けて、入れてもらったんだもん!! じっくりじっくり接すればいいやん!! たとえ一度閉められたとしても、諦めないで、一生懸命、叩いて叩いて叩いたら、きっと開けてくれるよねぇ。そう、そこに誠意があったら。


届かない願いでも「求めたら何かが返ってくる」かもしれないなぁー。心を込めて、精神を込めて、求めてみること、それがきっと大事なんやろなぁー。


私のよさ、それは「なんにでも一生懸命」。

よ~し、これからもこれで行く!!


よろしくね、みんなぁー。(^_^.)


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-26 16:19:06

最後の手段!!

テーマ:ブログ

先日のブログで書いたうちの洗濯機のその後です。

その内容は次の通り。

 

せ、せ、洗濯機が最近おかしい!!!

 

あのぉ、これ、まだ買って一年と2ヶ月くらいなんよぉー。

 

って怒るような大事件ではないのですが。。。。

 

実は

洗濯を始めると「臭う」のです。そう、なんとも言えない匂いが・・・。強いてたとえるなら

「硫黄系の温泉地のにおい」です。(>_<)

 

うちの洗濯機は風呂水ポンプが付いています。

というかこれがついていることが私の選択基準でもあったのです。つまり毎朝、お風呂の残り湯を再利用して洗濯をしているんですね。

その風呂水ポンプを使う最初がとにかく臭う。(>_<)

 

洗濯槽かなぁーと思い、槽洗浄。→直らず。

ではポンプの中のフィルターが汚れてるの?と掃除→直らず。

 

もう、私には分らない!!と思い、今日、メーカーに電話をして聞く。

するとポンプのホースの中が汚れているのかも?とのこと。で、洗浄の仕方を聞き、実践。

 

頑張ってしたんだから、どうか、明日、臭いませんように!!

 

けどね、結婚して去年の3月まで使っていた洗濯機もやっぱり風呂水ポンプがついていて、毎日、それを使っていたのに、こんなことはなかったのよぉー。・・・。(>_<) 悲しいぃー。

 

あの日、一生懸命風呂水ポンプを掃除して、次の日、期待半分・疑い半分で洗濯機を回しました。

 

いやー、におわへんえぇー!!! (^_^.)

と嬉しくなりました。これでもう大丈夫!!! やっぱりホースが汚れていたんやわぁーと納得もしました。でも、どこかで「いやまだわからへんぞ」と思っている私がいました。

 

そしてその翌日。

洗濯機を回したら、ほのかに香る「例の匂い」。

う、う、う、やっぱりきたかぁー!! とがっくり。

 

その次の日からはまた復活。

で、今度は「中性洗剤をやめて漂白剤をいれ、除菌するか」と思いたち、再度、チャレンジ。懲りない私。

 

次の日、今度は半分以上、疑ってかかる。

洗濯スタート!!

 

う、う、う、やっぱりきたぁー!!!

3日ほどそれで我慢をしましたが、

結局、電気屋さんに来てもらうことになりました。(/_;)

いったいなんなんでしょうね・・・。でも全ては明日分る!! あ~あ、ちょっと値引率が高いからって現品処分のものを買ったのが悪かったんだろうか?? でも洗濯機を電気屋さんで使わへんしなぁー・・・。

 

と、悩んでいてもしゃーないので、明日、楽しみにしています。ちょっと怖いけど・・・。

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-05-25 17:13:34

方言

テーマ:ブログ

再び、

「そうしたら掌に自由が残った」(さだまさし著)から心に残った言葉を紹介しましょう。

 

日本の言葉は美しい。

方言は特に。

答えはリズム。

そこで暮らす生活のテンポが言葉に響く。

京都は京都らしく、津軽は津軽らしく。

 

いやね、私は方言が大好きです。ことに自分の生まれた町の京都の言葉が・・・。

という私は綺麗な京都弁は話せへんけどぉ・・・。

方言には「暖かさ」があると思うんやんかぁー。

そこに「人」が感じられるんやんかぁー。

京都に帰って何がホッとするって「耳にする言葉が全部私の聞きなれたテンポの言葉」になったとき。安らぐえぇ。

私のテンポは多分「スロー」だと思う。

働いていたころに「ちゃっちゃとしゃべらんかい」と冗談ぽく言われた事がある。この上司は多分兵庫か大阪出身の人やと思う。確かにその人から比べると、そして、大阪や東京の人の話すテンポから考えると私の話すテンポは「スロー」。おっとりしてるんやわぁー。

 

方言つながりで私の考えをもう一つ披露したいねん。

 

私の中に「関東弁に変えよう」という意思はちっとも無いねん。ましてや「直そう」などとは死んでも思わへん。

別に自分の言葉に自信があったりするわけでもないけれど、私が私のルーツを示せるもの・私が京都出身であることをしめせるもの、それはこの「京都弁もどきの関西弁」しかないねんかぁ。そやし、大事にしたいねん。

 

よく「こちらにきてどれくらいですか?」と聞かれる。「9年目です」と答えると「言葉が全然なおらないねぇー」って言われる。直るわけがない。だって私の中に「関東弁」は無いんやから、直す基準がないんやから・・・。

仮に私が話すとしたらそれは「関西弁の訛りの関東弁もどき」そんなんききたないやろぉ? きっときしょく悪いえぇー。そう、私が「変な関東弁訛りの関西弁」を聞いて「いぃぃぃー」ってするんと同じやぁー。それやったら私が私らしくいられるこの「京都弁訛りの関西弁」を話す。そう決めて私はここ関東に来た。そやし、かえへんねん。何年経っても私はこの言葉をしゃべり続けるねん。

 

私の話す京都弁もどきの関西弁は決して美しいもんとちゃうけど、私が私らしくあるためのものやぁ。そやし、大事に大事にしていきたいねん。

 

方言、大賛成!!! 

みんな自分の出身地の言葉を話そ。きっと暖かい気持ちになるえ。

 

そんなわけで私は時より「方言」でこのブログを書いてんねん。

 

ちょっとさださんからはずれたけど、まぁ、それもええやんなぁー、まっさん。

 


いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2005-05-24 16:59:50

「最後にみたいもの。それはあなたの笑顔」

テーマ:さだまさし

遅ればせながら、今日、ゴールデンウィークに放送があった映画「解夏」を見た。


あらすじはAmazo.co.jpから引用させてもらう。


東京で小学校の教師をしていた隆之(大沢たかお)は次第に視力を失うベーチェット病に冒されていることを知り、職を辞して故郷の長崎に帰ってきた。やがて恋人の陽子(石田ゆり子)が後を追って長崎に現れ、隆之の家に留まることに。病状が徐々に悪くなっていく中、彼は聖福寺で出会った林老人(松村達雄)から仏教の“解夏”の話を聞かされる……。
さだまさしが記した同名小説を原作に、『がんばっていきまっしょい』などの俊英・磯村一路監督が手がけた透明感あふれるラブ・ストーリーの秀作。いわゆる難病ものにありがちなドラマティックな描写を避け、淡々とした日常の中から、やがて視界を失う運命にある男と、それを見守る女の、焦燥と無常観の果てに導き出される慈愛を描出していくあたりが秀逸。キリスト教的風土と仏教の教えも違和感なく同居し、またそこに説教臭さは微塵もなく、ごく自然に心に染み入る構成になっているのもすがすがしい。(的田也寸志)


原作を読んでいた私としては、何だか先が見えていて、ちょっと面白みにかけた。それは仕方ないことだ。


けど、これを見て思い出したことがある。


「僕の目になって欲しい」

そう隆之が陽子に言ったとき、自分自身の言葉を思い出した。

夫とお付き合いをしているころ

「私があなたにしてあげられることは何かと思う。何もできひんのとちゃうやろかとも思う。でも、これだけはいえる。あなたがしんどいとき励ましたげる。あなたが悲しいとき一緒にないたげる。あなたがうれしいとき一緒によろこんだげる。そんなことしかできひんけど、それなら私があなたにしてあげられることだと思う」と・・・。

夫はその数日後、(これは偶然だが)長崎に出張へ行った。そこから「速達」が届いた(この速達は私の今でも宝物だ)。そこにはこう書いてあった。

「僕は酔っ払いだから盲導犬にはなれない(つまりあなたの目の代わりになれない)。でも、ちゃみちゃんが言うように、僕も何かをしてあげたい。目ではなく、もっと違う何かをあげたい」と・・・。


きっと原作者さださんの気持ちの中に「僕の目になってください」の言葉の裏に「でも僕は陽子に何かをあげたいんだよ」って言っているような、そんな気持ちが伝わってきた。


心のつながり・人を思いやる心、そんなものを改めて感じさせてくれたようなそんな気がします。


「失明するまでが人生の行だねぇー。失明してしまえばその恐怖から解放される。つまりそれがあなたの解夏です。悲しく、切なく、つらい人生の行・・・」

そう言った僧侶・林さんの言葉も心に残る。


またラストシーン。

隆之が最後に見たかったもの。つまり愛する人の笑顔を最後にみたかった。それはきっとみんな一緒だろうなと思う。

そして「もう泣くな、陽子」

この言葉には「僕の行は終ったよ。解夏だよ。もう恐怖はなくなったんだよ。そして君は笑顔が似合うんだから、笑っておくれ。僕は君の笑顔が好き」という気持ちが込められているんだろう。

私もやっぱり最後は自分の好きな人の笑顔を目の奥に焼き付けておきたいと思う。


また私の中に貴重な言葉の宝物の箱が一つ増えたような気がする。

タイトル: 解夏



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。