防犯と警察についての相談を気軽に行う方法!

 いきなり警察に相談したり、防犯対策の専門家を探したりを敷居が高いと感じる人は多く居ます。
 そんな貴方に気軽に相談できる場所を提供します!

NEW !
テーマ:

知識武装なんて言葉もありますが、ニュース等の情報が溢れている社会でその意味、本質を理解しているのと、理解していないのとでは行動に大きな差が出ます。

 

そのため、情報の理解によって行動が左右されると言っても過言ではありません。

一つの問題を例にしたいと思います。

 

まずはこの記事を読んでみて下さい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00010000-saitama-l11

 

埼玉県上尾市で今現在も問題となっている図書館の移転計画問題です。

 

簡単に説明すると、

「支出金が多すぎるから住民投票で住民に聞いてから行うように条例を変えてもらえませんか?」

と訴えかけているものです。

 

 

この問題を知る上でとても重要なことが【署名】です。

よく駅前とかで「署名よろしくお願いします!」と呼びかけていたりしますよね。

 

署名が何なのか知らない人からしてみれば

「あんなモノが沢山あったって行政が動くわけないじゃん!」

と感じるかもしれません。

 

しかし、そうではないんです。

あれは条例制定改廃等の要求を直接するために一定数以上必要な要件の一つなんです。

(有効な署名にも一定の要件はありますが、今回は省略します)

 

つまり、一定数以上署名が集まらないと市長等に対して直接的な要望そのものが出来ないんです!

だから、必死に署名を集めているんです。

 

これを(市長等の責任者に対しての)直接請求と言います。

署名が条件の直接請求の代表的なモノとしては、条例制定改廃請求、事務監査請求等があります。

 

直接請求があった場合に、それを受け取った責任者(市長、議会、監査委員など)は必ず決められた行動を起こさなければなりません。

 

つまり、単なる意見・要望とは比べ物にならないくらい強力な請求をするために必要な行為、それが署名なんです。

 

これを知っていると署名を求められた時に

「何を請求しようとしているのか怖いから、内容を確認してから」

と考えるようになりますよね。

 

署名が何なのかを知らない人だと、内容も確認せず

「名前と住所書くだけなら」と安易に署名してしまうかもですよね。

これは危険なことです。

 

このように、ニュースの内容を読む場合に、理解していると見え方が全然違ったりします。

しかし、読むこと自体が苦手な人はいると思います。

 

そこで私が代わりに読んで、簡単に説明します!

もし、興味を持ってくれる人がいたら↓をクリックしてサービスをご利用ください。

※ クリックするとスキルマッチングサイトに移動します。

 

文章を読むことが苦手な貴方に代わって、ニュース・記事の内容を整理して教えます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

警察は縦社会と言われます。

 

同じ交番で勤務している巡査部長や警部補なら、それなりに親しく話せる場合も多いと思います。

 

それで、気兼ねなくわからないことを相談できる人柄の上司なら問題ありません。

しかし、この部分で問題が生じるときがあります。

 

● 親しく話が出来ない。

 これはこのままです。

 階級重視の人とか、気難しい人も多くいます。

 そのような上司では同じ交番での勤務でも気軽には相談できません。

 

● 仕事が出来ない。

 実際にいるから困ります。

 受け身の仕事をこなす分には問題がないのですが、積極的に捜査や検挙等をする段階になると若い警察官よりも仕事が出来ない上司は多く存在します。

 

 いわゆるゴンゾーと呼ばれる警察官です。

(昔同名のドラマがありましたが、実際はあれとは違います。)

 当然ですがその場合も相談は出来ません。

 

 

 ではそのような状況に置かれた若い警察官はどうしているのか?

 それは仕事の出来る別の上司・先輩に相談するしかありません。

 しかし、その場合は怒られながら教わるか、嫌な顔をされたり、威圧的な態度を取られる場合がほとんどです。

 

 それが嫌で一人で抱えてしまい、長期間書類を放置してしまう結果、ニュースになることもあります。

 

 そのように追い込まれてしまった新人警察官に対して、怒らないでアドバイスが貰える場があったら良いと思いませんか?

 

 気になる貴方は↓をクリックして利用を検討してみて下さい!

 司法書類の放置、職質による検挙の工夫等は新人警察官には死活問題ですよね。

※ クリックするとスキルマッチングサイトに移動します。

警察に相談する勇気が出ない人専用相談所

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

警察官を増員採用している自治体(都道府県)だと1月から警察学校に入校する人もいます。

 

採用試験に合格し、いよいよ警察官としての第一歩を踏み出す本人はもちろん、その家族も不安な時期です。

 

なぜなら警察学校は厳しいことで有名ですし、何よりも、一般企業と違って事前に詳細情報の入手が困難だからです。

 

そのため、必ず入校前の時期は

「準備して下さいと言われた物以外に何を持たせてあげたら良いのかわからない。」

との悩みを多く見かけます。

 

その疑問に答えられるのは警察学校経験者だけだと思います。

 

実は警察学校は大は小を兼ねません。

つまり、「使わなくても、持っている分には邪魔にはならないだろう!」が通用しません。

警察学校では使わないモノはとんでもなく足を引っ張る・邪魔になるんです!

 

不要な物を持って行くくらいなら、足りない方がまだマシです。

何故なら、足りないモノは警察学校内の購買で買えるからです。

 

「それでも不安で何か持たせたい!」

と考えるご家族も多くいます。

 

そこで、

● 通知のある準備物一覧に書かれていない

● 警察学校内で購入できない

● 使うことに意味がある

● 使うなら使う頻度が高い

● 使わなくても特別邪魔にはならない

 

これらの条件を満たすオススメの物をお教えすることが可能です。

 

その他にも「これを持たせようと思っているのですが、どうでしょうか?」のような質問にもお答えします!

 

警察学校や警察本部人事部に問い合わせすることに抵抗がある貴方は是非ご利用下さい。

ただし、都道府県によって多少規則が違う場合もあるので、その違いには対応できませんのでご了承ください。

 

それでも良ければ↓をクリックしてサービスをご利用下さい。

 

出品者として信頼度の高いマスターランクの私が500円~対応させていただきます。

※スキルマッチングサイトに移動します。

警察に相談する勇気が出ない人専用相談所

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。