さて、やってきました! 

 

The 冬至

 

CHAKAにとっては、特に1年の中でも切り替わり感マックスの節目です。

毎年、この時期に  「氣づき」 に到達しています。

昨年の 「氣づき」 は、

今年の出会いを開放しました。

その出会いにより、多くの信念を見つけて 手放しました。

 

木星が滞在した1年間は、最終段階とも言える 今後の12年間を耕すべく

試された感覚が強かったです。

 

織りあがった布が、洗われ、擦られ、

強度を確認するように。

 

出来上がった自分に安堵したのが、今月の満月の頃でした。

 

搾り出すように、不要なモノをデトックスする機が、時が 満ちています。

 

 

明後日 18日に迎える新月。

すでに、今は潜在意識にどっぷりと突入しています。

 

そして迎える 22日の冬至です。

 

そして、水星が順行に戻るのが 23日。

このくらいから、ぷかーっと 浮き輪モードになって 一息かな? w

 

 

 

潜在意識のもっとも深い部分がクローズアップされる 1週間の流れです。

この期間、自分の中に 「ただいまぁー」 と 戻っていたいものです。

 

ぜひとも、この時期はCHAKAのナチュラルテラピーで心身のデトックスケアしてみてください。

 

17日 1時から

19日 3時から

22日 10時から

 

現時点で、3枠 空いています^^

 

CHAKAのナチュラルテラピーは、年内 29日まで営業しております。

今年1年のご苦労様を、ご自分に!

 

そして、新たな意識で新年を迎えたいものですニコニコ

 

 

AD

こんにちは、CHAKAです^^

 

先日、温熱セミナーにて

「実はヒート系インナーはカラダを冷やす・・・」という話が出て

なんでだっけ? とお客様から問い合わせ頂きましたので、

4年前の記事ではありますが、再度ご紹介させて頂きました。

↓↓

 

冬になると、乾燥とともに静電気の発生が増えてきます。

フリース生地やヒート系インナーの中には、化学繊維が多く含まれています。

化学繊維は擦れることによって、容易に静電気を発生させます。

 

実は、この静電気の影響を受けて“体が冷えやすい状態になる”ことをご存知でしょうか? 

せっかくヒート系インナーを着ていても、実は温まりにくいという残念なことが起こりうるのです。

 

静電気が発生させるプラスイオン(陽イオン)によって引き起こされる、身体への影響についてご紹介したいと思います。


 

スポーツメーカーはヒート系素材の先駆けでしたが、現在では制電機能の重視が、現場のスポーツトレーナーから持ち上がっているようですね。

 

以下は、コチラ  からの引用ですのでご参考になさってください。

 

■1:血流が悪くなる

静電気が帯電すると、血管が収縮すると言われています。

血液の中にもイオンが存在していますが、とくに赤血球の中のphが低下すると、ヘモグロビンが酸素を運びにくくなってしまうため、結果的に毛細血管が収縮し、冷え性のもとになります。

 

■2:疲れがとれなくなる

血流低下に伴い、筋血流量も低下すると筋肉疲労もしやすくなります。

また、静電気が帯電すると血液内のカルシウムイオンが10%減少するという報告があります。

血液のカルシウムが少なくなると、それを補うために、歯や骨などのカルシウムを溶かして出してしまい、カルシウム不足になるのでイライラしたり、意欲がなくなり、肉体的には筋肉の持久力が不足し疲れやすくなります。

カルシウム不足によって鉄の吸収も悪くなるので、貧血の恐れも出てきます。

 

■3:ストレス増加

静電気の刺激が自律神経に伝わると緊張状態となり、血糖値が上がります。その結果、血液中のビタミンC消費量が増えます。ストレスによるショックを和らげてくれる副腎皮質も、ホルモンを作るためにビタミンCが必要なので、足りなくなってくるとストレスの影響を受けやすくなります。

 

要するに、静電気を帯電させ発生させないことが重要になります。湿度が65%を超えると、静電気は発生しにくくなりますので、加湿をまめにしたり、化学繊維が擦りあうことがないよう化学繊維同士は避けるなどして、静電気対策、そして冷え性対策を試してみてはいかがでしょうか?


 

↑ 以上です。

 

以前のブログhttp://ameblo.jp/chaka1020/entry-11631246714.html でも触れましたが、天然素材を上手に使いましょう^^

 

AD

 

本日は、朝からのお客様の予約変更を頂き、時間ができたCHAKAです^^

 

三井温熱さんが開催して頂いている、

温熱セルフケアセミナー  を、急遽開催することになりましたので

ご案内させて頂きますラブラブ

 

 日時 : 12月8日(金) 14時~16時

 場所 : CHAKAのナチュラルテラピー近くの公民館

 参加費 : 500円

 

三井温熱器を使った、セルフケアを実践的にマスターできます。

また、温めることと、高温熱刺激の効能などをわかりやすく学ぶことで

いっそう効果的にセルフケアができるようになりますよ!

 

また、温熱器を持っていない方も歓迎です!

温熱療法そのものを知らない方、未体験の方のご参加もお待ちしています。

 

開場は13時からできますので、余裕のある方はお早目にご来場ください。

CHAKAがお伝えしている、ゆるゆるストレッチ、丹田瞑想などを体験して行ってください。

 

三井温熱療法の高温熱刺激は、別名 「面で行うお灸」 とも言われています。

お灸は、優れた民間療法として古来から受け継がれており、戦国時代の名立たる武将達は、お灸を愛用していたようです。

あの織田信長や、俳人の松尾芭蕉もお灸を愛用していたとの記述も多いです。

 

CHAKA自身も三井温熱に出会う前(18年前くらい)は、体力の回復と自己管理に、せんねん灸やビワ灸を利用していました。

実は、病み上がり(治療終了後)の5年ほどは、せんねん灸さえ水ぶくれになってしまい、使うことができないくらい皮膚が弱っていたのです。

実際、せんねん灸が使えるようになったのは治療終了後8年くらい経っていたと思います。

ビワ灸も、もぐさ棒の煙がすごくて なかなか続けることが難しかったです。

また、小さな 蓋のできる小瓶に熱湯を入れて、ガーゼで包んだものも肌に充てて利用したりしていました。

 

熱が心地よく、カラダが欲している刺激であることに 本能的に氣付いていたのでしょうね*>∀<*

 

そんな中、三井温熱療法に出会った時の感激は今でも鮮明に思い出すことができます。

2004年だったので、もう13年になります。マイ温熱器とのお付き合いがはじまった記念すべき年でした。

 

三井温熱に出会った当時のCHAKAの確信は、13年経った 現在の方が次元が違うくらい深くなっていますラブ

波動、周波数、人の意識(顕在、潜在)・・・・ これらを集大成したエネルギー体としての存在をまるまるケアできる優れた療法であると言えます。

 

どうぞ、ご自分のために、ご家族のために

こんな療法もあるのだ! というポケットを持ってみてください。

 

お申し込みは コチラからどうぞ!

 

 

AD


 

こんにちは、chakaですニコニコ

朝から、雨がシトシト・・・・・・ 寒くなってきています雨

 

満月のブログ記事のあとの、新月のブログとなってしまいました ≧(´▽`)≦

 

先日、地元で有機栽培を推し進めている方のお話を伺う機会がありました。

有機栽培、無農薬栽培、低農薬栽培、自然栽培・・・・ さまざまな見解や方法は無数であり、比較することさえ難しいのが現状であります。

元々が、非農家で育ったchakaにとっては まだまだ理論上の知識に毛が生えたくらいに過ぎませんが、いずれは自分で納得のいく方法で作物を作ってみたいという、夢があります。

 

カラダの癒しを提供するお仕事をしているスタンスからも、自然界の「土環境」は、間違いなく 人の「腸内環境」 であると確信しているのです。

今では、脳内環境も 腸内環境と大きくリンクしていることを実感しています。

 

その方(有機栽培を組織化している代表)は、食べ物と健康についての洞察は深い思いがあるようでした。

 

ただ、それをビジネスとして構想していくことにベクトルを向けると・・・・

リニア開通をひとつのチャンスと捉え、全国への展開を視野に入れることとなります。

 

実は、chakaの違和感が ここにあるのです。

満月です

テーマ:

 

おはようございます^^

本日は満月ですね。 14:23 まんまるになるようですよ満月

 

先日、お誕生日が同じクライアントさんと

セラピーの後、時間があったので アーシングに行きました晴れ

 

彼女とは、知り合ってから5年以上になると思います。

年齢は親子ほど離れていますが・・・・

結構深い 縁を感じています。

 

アーシング、彼女にも そしてCHAKA自身にも

ぐっとタイミングでありました晴れ

 

地球の波動と共鳴して、周波数調整を行ってみると

ずれていた部分を、ずれていたと認識できるように思えます。

 

ずれる。

 

それは、ピントがずれる。

エゴのシールドのレンズで、ずれるのだと感じました。