2005年11月26日(土)

「SCENEⅢ」感想記 vol.4

テーマ:ASKA(飛鳥 涼)

前日に引き続き、ASKAさんのニューアルバム「SCENEⅢ」を聴いた感想や、

簡単な楽曲レビューなどについて書いてみます。


全4回のうちの、今回は4回目。

つまり今回で最終回です。


vol.3までに全収録曲の感想を書いたので、

今回は初回版付属DVDのPV(プロモ)についてと、

今回のアルバムの総評などを勝手ながら書かせていただきます。


では、vol.4。


「birth」 PV(プロモ)


最初は木の枝みたいなものが道を開いていくような感じになっているんですよ。

今思えば、この木の枝みたいなものは血管のようなものをイメージしているのでしょうかね。


で、全身黒に決め、白いネクタイがイカす(←死語?(笑))ASKAさんが登場します。


水が螺旋のように渦巻いてASKAさんを通り過ぎていくイメージは、 

「生命が続いていく様」を表現しているのでしょうか。

神秘的で、なおかつ、生命論について深く考えさせられます。


そのうちASKAさんの瞳にズームインしていき、

赤い景色の中、赤いセクシーな服を着て踊る綺麗な女性がいます。


この女性の存在の意味が僕には最初分かりませんでしたが、

生命の源である「母」を表現したかったのかな?と僕は解釈しています。

踊る意味については今も理解できていませんけどね(笑)


あと、白いシャツのASKAさんがふたり現れたりして、

サビの部分を歌いあったりとかしたり、

一方のASKAさんがもう一方のASKAさんの心臓あたりに手を突っ込んだりしています。


この「心臓あたりに手を突っ込む」という表現は、

きっと「生命を握る」=「生命の重さ」を表現したかったのかな?

なんて僕は思います。


チャゲアスの楽曲・・・特にASKAさんの楽曲は、

時には深く考えさせられる難しい名曲が多く、

それはPVにも言えたりする場合もあるのですが(例:「群れ」のPV、など。)、

このbirthについても、同じように深く考えさせられるPVだなぁって感じました。


ASKAさんも仰られているように、

「詩集オンリー・ロンリー」でも書かれた「生誕の情景」というテーマが、

この映像化した「birth」のPVでさらにすばらしくに具現化されていると思いました。


いやぁ、生命の深さについて、

よく考えさせられますよね、この曲もPVも(笑)。

でも、カッチョいいPVなので、見た事がない方にはぜひ見ていただきたいですね。



「心に花の咲く方へ」 PV(プロモ)


2003年にリリースされたシングル曲のPVで、

この初回版を手に入れるまでは、

公式サイトでしかこのPVを見た事が無かった(しかも、一部のみ)のですが、

このPVもアーティスティックな映像になっているなぁと思いましたね。


全体的にモノクロな作りで、

色を与えられていない映像になっていますが、

これは「色のある方向へ行こう」、つまり「心に花の咲く方向へ行こう」、

ということの表現なのかな?と僕は思いました。


どちらにしても、

モノクロの中、白シャツに黒ネクタイでキメているカッコいいASKAさんが最高です(笑)

ASKA派の僕としても、このASKAさんのように「白シャツ+黒ネクタイ」が似合おう男になりたいものです(笑)


ロマンチックではなく、浪漫チックなのがこの名曲のテーマなのですが、

PVの方にも「浪漫」と感じさせるようなシブイ作りになっていると思います。



「SCENEⅢ」総評


バラードに特化したアルバムがこの「SCENE」シリーズなのですが、

今回は前作までとは違い、スゴク大人な一枚になったと思います。


なので、10代の方には馴染みにくいアルバムかもしれませんが、

「人生賛歌」というものを楽しんでみたいと思われましたら、

ぜひともこのアルバムを楽しんでいただきたいと思いましたね。


今回は全9曲ですが、

「君の好きだった歌へのプロローグ」と「loop」を別にすれば、

純粋な収録曲数は全7曲だと僕は思いますが、


たしかに収録曲目数の少なさには物足りなさを感じたりしますが、

1曲1曲がものすごく作りこまれた曲に仕上がっているので、

今回は9曲でも十分なんじゃないかなと思います。


また、一部ファンの方からは「Cry」の収録化を希望する声がありましたが、

これはこれで、今回のアルバムに収録されなくて良かったと思います。

「Cry」はやっぱり若さを感じる曲なので、ちょっと「SCENEⅢ」とは違うなと思います。


シングル「good time」のカップリング曲「judge by myself」が今回収録されませんでしたが、

「アルバム未収録曲」にならずに、次回のASKAさんのソロアルバムに収録されることを願いたいですね。


では、勝手ながら点数を付けさせていただきたいと思います。


「SCENEⅢ」の評価点数: 90点


ただし、この点数は初回版を含めた場合の話です。

僕としてはこのアルバムを手にされる方すべてに初回版付属DVDのPVも観ていただきたいと思います。


vol.4 おしまい。


※「SCENEⅢ」に関するあなたの感想コメントなど、心よりお待ちしています。


ASKAさんのニューアルバム:SCENEⅢ

――――――――――――――――――――――――――――

※もしよろしければ、
当ブログのランキングアップにご協力下さい<(_ _)>
以下のいずれかのアドレスをクリックしていただくだけで、
当ブログのランキングが上がります。
ご協力、よろしくお願いいたします<(_ _)>

「ASKAさんのニューアルバム「SCENEⅢ」は聴いた!」という方はこちらをクリックお願いします。


「ASKAさんのニューアルバム「SCENEⅢ」はまだ聴いていないが、少しは興味が持てた。」という方はこちらをクリックお願いいたします。

※もしよろしければ、

あなたの好きなチャゲアス曲(およびソロ曲)の投票もお願いします。

下記青文字をクリックしていただいたあと、

あなたの好きな曲を選んで「回答する」ボタンをクリックしていただくと、
あなたの貴重な一票が投票されます。

その際、コメントも残していただければ嬉しいです。
ご協力、よろしくお願いします<(_ _)>

ASKAさんの新曲「愛温計」に一票投票しといてやるかと思いましたら、こちらから投票してください。


――――――――――――――――――――――――――――

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

chageandaska825さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。