寿命は神のみぞ知る

テーマ:

ものごころついたとき、大好きなおじいちゃんは半身不随で1日の大半をベッドですごしていた。

 
私が3歳のとき脳溢血で倒れ、生死を彷徨い治験薬で意識を取り戻した。
 
{44FD5E09-5B25-42C4-B978-4F643D497019:01}

 
 
でも、右半身付随でベッド生活を余儀なくされた。
 
そして、11年間自宅療養となった。
 
祖母は、祖父との生活を支えるために散髪屋を引き継いだ。
 
私は、小学校高学年から学校の長期休みに祖母を手伝うために関東から関西の祖父母の家へ行ったものです。
 
子供ごころになんでおじいちゃんは右半分がうごかないの?
 
右手が変な形のまま固まっているの?
 
なんで、言葉が話せないの?
 
といろいろと思いを巡らせていました。
 
今から思うと、祖父喋れなかったけど意識はハッキリしていたから、いろいろ見聞きしていろいろ考えていたんでしょうね。
 
母が自宅帰るときに、母が忘れ物を取りに帰ったときは祖父は泣いていたそうです。
 
体は動かないけど、意識はハッキリしていたからとてもつらかったと思います。
 
その頃私は、病気で話すことができない祖父と会話したことがなかった、筆談も右手が動かないからしたことがなかった。
 
コミュニケーションを積極的にとらなかった。
 
今考えるとあの頃もっとおじいちゃんと話せばよかったなぁ。
 
私はなんで、歳をとると血管がつまるんだろう、なんで元のように戻らないのかと考えました。
 
やはり、両親が祖父と同じ状態になったら悲しいし、祖母や父方の祖父母も同じ病気にならずに長生きして欲しいと切に願ったものです。
 
私も今年で57歳です。
 
1型糖尿病を発症しています。
 
糖尿性神経障害と網膜症を起こしています。
 
最近、一時に比べると身体がほんの少し健康になったと分かるようになりました。
 
身体のあちらこちらで故障が起こっています。
 
薬を飲まないと血液検査に悪い値が並び担当医に薬をサボったことがバレます。
 
きっと薬やインスリン注射を止めたら死んじゃうなと思います。
 
子供の頃は何で血管詰まるんだって思いました。
 
でも、眼の毛細血管がつまり血管が破れて目の前が真っ赤になったとき、私の身体がこわれはじめたと思いました。
 
風呂に入ると立ちくらみを起こし、洗髪のとき、腕がだるくて上げられないのが当たり前になってました。
 
若い頃には理解できなかったどうして血管が詰まるなんてことがおこるんだろうといことが今私の身体で確実に進行しています。
 
その進行を意識できるのは、祖父母や両親のおかげかもしれません。
 
3年前、糖尿病で緊急入院した当時は仕事にかまけて自分の身体が老化や病気で血管や筋肉がとんでもないことになっているなんて意識してなかった。
 
現在は、積極的に運動はできてないけど身体に溜った老廃物を意識し排出することができて、身体の調子が変わったと実感できた。
 
 
要するに、人生の折り返し地点まできてるんだし、自分の身体のガタは分かっているからムリはしないことなんですよね。
 
老化や病気は避けられないし、自分のからだなんだけど何が起こっているか分からない。
 
医師は、さまざまな膨大なデーターを患者にあてはめ、良かれと思いを診断する。
 
しかし、その判断が正しいとはかぎらない。
 
ときにその治療が命取りになることもあります。
 
しかし、それも天命なのかもしれません。
 
私の父も命を救った治療が元で亡くなりました。
 
医師は神ではないんです。
 
また、自分の身体であっても自分でも何か起こっているか分からない。
 
だから、膨大なデーターを元に医師が診断し治療が行われる。
 
父は急性心筋梗塞をステント治療で命を救われ、ステントで飛び散ったゴミで命をおとしました。
 
それが今の医療の限界なら、未来はステント治療で飛び散るゴミを確実に溶かす薬が発明されるといいなぁと思います。
 
 
 
2,000円ポッキリ送料無料!クリーム層のある蒜山ジャージーヨーグルトおためし8点セット^父の日 簡易ラッピング対応可
by カエレバ
 
何れにしても寿命は神の領域なんでしょうね。
 
ドクターXに出会えるかも運なんだし…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD

若い頃の肌のターンオーバーは28日。

 
でも、歳をとると28日よりずっと長くかかるみたい。
 
去る3月26日、その日、駅に用事があり、ダンナに車で連れて行ってもらった。
 
用事が終わり、車が停まっていたはずのロータリーに車がない。
 
夕方で視界が悪く、雨も降ってきた。
 
慌て探すけど見つからない。
 
老眼&近眼でメガネをかけておらず、薄暗いロータリーで雨あしが強くなってきた。
 
道を挟んだ向かいに似た車を見つけ、慌てて駆け寄ろうとして滑って転んだ。
 
右の膝と肘に痛みが走った。
 
ジーパンはびしょ濡れ。
 
もう痛みとパニックで泣きたくなった(⌯︎˃̶᷄ᗝ˂̶̥᷅⌯︎)。
 
するとダンナから電話があり、ようやく車に乗った。
 
肘は切れて血がでていた。
 
膝も見ると丸く擦り切れていた。
 
あれから、三ヶ月。
 
若い頃なら傷は治り、傷跡もほとんどわからなくなったはず。
 
でも、しっかりはっきりくっきりきずあとがのこっている。
 
こちらがその経過写真↓一番下が今。
グロテスクでごめんなさい。m(_ _)m
{2823786E-0D0B-4E5D-B0DB-5B0D2095EAD2:01}

 
 
しかし、50歳過ぎた頃から傷跡がいつまでも消えないことに気がついた。
 
気がついたというより、娘に気がつかされた。
 
「ママ、なんで脚の裏傷だらけなの?」
 
そういえば、よく週末実家の庭掃除で棘で脚をひっかくのよね。
 
一年越しの傷跡もある。
 
最近はワセリンを塗るといいというので塗ってはみたものの写真のとおり黒い傷が存在をしっかりアピールしてます。
 
これは傷が消えるまで1〜2年かかるパターンかな。
 
その昔はアットノンを使ってみたけど、私の傷は消えなかった。
 
最近は、ターンオーバーを促進するために70%のチョコレート食べてます。
 
今回は、実は顔にも小さな傷ができてしまい、その傷も消えない。
 
改めて、脚の皮膚も顔の皮膚もターンオーバーは同じなんだと認識。
 
そういえば二年前に雪が降った時に長靴履いて擦れた脚の傷も未だに残ってるしね。
 
傷のところにメラニンが集まるから、アットベリーで傷が薄くならないか試しに塗りはじめました。
 
 
このままだと、短めのワンピースを着ると娘達に「ママ、脚傷だらけでストッキングはいてもメチャカッコ悪!」とディスられます。
 
三年前までの私なら、別に傷だらけだっていいじゃんとおもっていました。
 
しかし、派遣で働きはじめ、乙女の恥じらいなるものを思い出しました。
 
いやぁ、とうの昔に失くしたと思っていましたが、周りの女性に刺激され、オシャレすること、お化粧することを思い出しました。
 
オシャレと化粧をすることで若返りに興味を持ち、ここ二年努力をかさねてきました。
 
すると、あんなに体調が良くなかった私が
健康になったんですよね。
 
そう、歳を重ねると血行が悪くなりあらゆる不調の原因になります。
 
そして、若さを取り戻すには血行をよくすることだと気がつきました。
 
現在、私はオシャレしたいからダイエットを頑張ってます。
 
いろいろなダイエットも効果がでなかったので、昨年から防風通聖散を飲んで老廃物を排出しやすい体質改善しています。
 
 
すると体重が減るだけではなく加齢臭がなくなりました。
 
防風通聖散ダイエットに興味のある方はコチラ↓

腹部の皮下脂肪を減らし、便秘に効果!【生漢煎】防風通聖散

 
体重はというと、本日通院日で体重は61.8kg。
 
7ヶ月で5kg減量達成です!
 
確かに、老いて若い頃に比べるといろいろな問題がでてきます。
 
しかし、メンテナンスしだいでは改善の余地はあるんですよね。
 
無理せず、少しずつメンテナンスしてゆきますか!
 
 
 
 
 
AD

老いることにヤケになる

テーマ:

私の家系は脳溢血で倒れることが多く、祖父母は半身不随になり病院で亡くなっている。

 
子供ごころ、血圧が上がらないように、倒れた後にリバビリを頑張れば元の生活に戻れるからそのサポートをしようと思ったもの。
 
しかし、サポートしようと思う私なのに、祖父は半身不随なったことに絶望し、リバビリをしようとしなかった。
 
手が固まらないようにクルミを渡したけど、動かない手に腹を立てた。
 
そして、父は、心筋梗塞に倒れた。
 
父は、普通の生活に前向きだったが、身体がどんどん壊れていってリバビリもままならなくなった。
 
今、自分は1型糖尿病です。
 
今日も、体調が悪いにもかかわらずめちゃくちゃ腹が立ち、怒鳴りちらした。
 
自分で感情のコントロールができず、血圧がどんどん上がっているのが分かっていた。
 
頭が痛くなった。
 
昔は病に倒れないように気をつければいいんだと思った。
 
でも、自分が脳溢血のリスクが分かっていても感情のコントロールがままならない。
 
家中のガラスを割りたい衝動にかられた。
 
割ったらどんなにスッキリするかと思いつつ、キモチを抑えた。
 
たぶん、このままだと脳溢血で倒れるのは間違いないと思う。
 
今も後頭部がズキズキする。
 
もう、どうなってもいいやって思うくらい腹が立った。
 
自分が半身不随になるかもしれないと現実味を帯びている。
 
ここ最近ストレスが強かったからカラダ全体の筋肉が硬直している。
 
本来なら風呂にはいってリラックスしなくちゃいけないのはわかっている。
 
倒れたら取り返しがつかないの十分わかっているのにね。
 
やっと祖父母や両親のキモチがガチにわかってきた。
 
たぶんどうしようもならない老いた自分のカラダに絶望し、元に戻すことさえあきらめる。
 
元に戻ってもたかがしれているとあきらめている。
 
そんなんじゃいけないけど、ヤケになってしまっている。
 
死んでもいいかなってさえ思えてくる。
 
老いのあきらめなんだろうな。
 
前向きになんてぜんぜんなれないし。
 
歳を重ねればますます、今よりカラダが辛くなるはずだもの。
 
もっと自分の感情をコントロールし、怒ることやめ、穏やかになれるんだろうか。
 
まずは、人生を余裕を持てるようになりたいと切望する。
 
現在の仕事がうまくいけば、心に余裕がもてるのになぁ。
 
私たち家族の開運はこの仕事にかかっているから、これしかないと思っているから…。
 
今は辛い、とても辛い。
 
1日も早く、バズって欲しいと思うばかり。
 
つらいの、ほんとに。
 
 
 
 
 
 
 
むしむし毎日暑い日が続く今日この頃…
オバサンは加齢臭対策に使っています。
 

AD

きっと若い頃に比べると本当にあきらめることがたくさんの身体です。

 
 
{309525EA-8590-4BFC-BA6D-727D29F2E9D1:01}
 
 
1型糖尿病という不治の病いであることだってショックです。
 
 
そこには、1型糖尿病でインスリンがほとんどでないという事実。
 
 
網膜症でこれ以上悪くなるのをくいとめるだけで元の健康な目には戻れない事実。
 
 
左下の奥歯が全部抜けてしまった事実。
 
 
血圧が高めで、身体の筋肉が硬直しがちなこと。
 
 
みんなショックなことで元には戻らない絶望的なんだけれど生きててなんぼだよね。
 
 
そう思うようにしてます。
 
 
だって、悩んだから、何かしたからといって改善することがないことを悩んでもしかたないことだし。
 
 
1日でも長く自分自信が自分でいられたらと思います。
 
 
母は晩年、病院嫌いで持病の糖尿病で目がみえなくなり、本を読んだり、テレビを観たり、様々な楽しみを失いました。
 
 
さらにアルツハイマー病で愛する息子から尊厳を奪われました。
 
 
私も、ほとんどの記憶を失うかもしれません。
 
 
でも、母が残してくれた生きた証を自分の人生に活かすことが母の愛に応えることだと思うのです。
 
 
私も娘たちのために生きた証を残したいと思います。
 
 
不治の病いの1型糖尿病とうまく付き合う方法を。
 
 
確かにガタがきている身体は情けなくなります。
 
 
でも、失明しなかったし、なんとか平日派遣で働ける健康を維持してます。
 
 
気にしなければ、普通に生活できています。
 
 
ただ、昔みたいな生活をすると確実に失明するし寿命も縮まるなぁって実感してます。
 
 
そう、死という遠い存在が短に感じる年齢になったんです。
 
 
子供の頃から知っていた有名人の訃報を聞くたびに自分の死が現実味を帯びてきます。
 
 
いつかは来るとわかっていたけど未だに両親の死を受け入れられない私がいます。
 
 
そして、私自身もいなくなる。
 
 
それが自然の摂理なのです。
 
 
イヤだなと思う私がいるのも事実です。
 
 
長生きしたいなと思うのです。
 
 
病気に負けたくないと思うのです。
 
 
しかし、老化は止められないと感じる今日この頃です。
 
 
 
老いは止められないけど、
加齢臭は止められる…
今日は眼科の通院日。
 
私の網膜症は、数回のレーザー手術と薬の併用で現在も生活に支障がないくらいに回復した。
 
ただし、二ヶ月に一度経過観測中です。
 
だから、たまに出血していると担当医に怒られることもある。
 
原因は血糖値コントロールがうまくいっていないこと。
 
そう完治はあり得ない。
 
自業自得だね。
 
でも、知り合いがレーザー手術を受けたあと視力を失ったので自分ももしやと覚悟を決めていただけに今の状況は満足です。
 
だって、普通に見えるんだもの。
 
仕事だってこなしているしね。
 
本だっつ読めるし、テレビも映画も観れる。
 
当たり前ことなんだけど、失明を覚悟した私にはとてもありがたいことなのです。
 
1型糖尿病は不治の病だから、死ぬまで付き合わなくちゃいけないの。
 
たまに、泣きたくなるけどね。
 
だって、普通に食事しただけなのに目が出血しちゃうなんて悲しいよね。
 
あーあ、私普通の身体じゃなくなったんだなって、そうならないように気をつけなくちゃいけないんだって。
 
網膜の血管が破れるってことは、カラダのどこかで毛細血管が破れているっていうサインだからね。
 
ちゃんと薬飲んで、血糖値コントロールして、寝る時にめぐりズムして寝ます。
 
ちなみに、めぐりズムは出血をカラダに吸収しやすくしてくれるんです。
その結果、目の浮腫みをとってくれるんです。
 
今日は担当医から、特に変わったことはないね。
 
出血も落ち着いているから、この調子でねって言われた。
 
これは、糖尿病の担当医に薬をちゃんと飲むように怒られたのが良かった。ちゃんと、飲んでいるからね。
 
誰のことではない自分のことだからちゃんとしよう。ときたま飲み忘れるけどね。⁄(⁄ ⁄´⁄-⁄`⁄ ⁄)⁄
 
とにかく、レーザー手術後なんとか失明せずに普通に生活できてます。