「解析」

テーマ:
伽羅色に塗る
ぎゅぅぎゅぅ詰めの愛を
胸に吸い込む私は
貴方の心の隅っこでいぃの
置いといて下さい

絵葉書の様な景色を熟む
空を遠くからcatch
水面までの距離のわからない
深海魚のように

夢語を確約して欲しいの
先夢の実を十字架に飾り
遅れてきた小夜曲に
想うような時間は
誰かに射程する

貴方を大切にしたい
時計の影に何処か聞いて
存在する時間だけを信じて
遂げる あげる 貴方に
告げる 繋げる …

此処に居る私と
貴方だけが知ってる模様

☆。
雨が降る前の白い空に
描いた模様を
月が届く頃までには
教えて欲しいの
私はそれを眺めながら
貴方にお手紙を書くの

葉の緑を集めて混ぜて
溶かして固めて
実の赤を添えて出来上がる
背景に貴方を足して
私を足して
愛することがしたいの

雑貨屋さんにも売ってない
靴屋さんにも売ってない
そういう物が欲しいの

貴方が寄り道してるなら
私も寄り道したい

そういう恋がしたいの

☆。

「影…☆。」

テーマ:
貴方の影を追って
私の影を追って


誰でもない貴方は
誰でもない私と

鏡の裏側でkissするの


貴方の影を追って
私の影を追って

捕まえる事のなぃ心を
探して探して

いつまでもいつまでも

間違えなぃ答えを
見つめるの

…☆。

森に迷い込むみたいに
貴方の心に迷い込むの

白いお城は崩れて
跡形もない
残るのは瓦礫だけ

静かな森を抜ければ
貴方が笑ってる
木陰に立ちすくみながら
想い出すの

手を繋ぐみたいに
枝に触れる
誰もいない森で独り
私を癒すのは青色の花

木漏れ日の午後
蔦に絡まれ動けない蛇
人形の様な身体
囲われた自我

貴方の森に迷い込んだ
過去も未来もない
現在(いま)を生きる私は
何処にもいない