熱中症対策その③

テーマ:
暑い時期のレッスン受講についての注意点ですが、
今日は汗の取り扱いについてちょっと小話イヒ


まずレッスン中に体を動かしているとじわじわと汗が出てくると思いますが、
できる限り汗は拭き取らないでくださいアセアセ
なぜなら、
汗は揮発する時に皮膚の熱を奪っていきますアセアセ
体を動かし体温が上がることで、
体は汗を出し熱を放出し、
なおかつ汗を揮発させながら体をクールダウンさせようとしますうーん
なので汗をかいたそばからすぐに拭き取ってしまうと体温が下がりにくくなりますえー?
できれば体を動かしている間は拭き取らず、
シャバーサナの前や、
レッスンが終わってからしっかり拭き取るようにしてくださいウインク
そうすることで、
体を動かした後に心地良い清涼感がありますよにやり
もちろん、
汗で手や足が滑ってしまう…
汗が目に入って痛い…
なんてことがあれば部分的に汗を拭いていただいてもけっこうですアセアセ


それから、
汗は体内の毒素を外へと出してくれますので
汗をかいたままにしないでおいてくださいおーっ!
汗疹などの皮膚疾患の原因にもなりますショック
汗をかいたウェアは着替えて帰ってくださいねほっこり
お家がご近所で着替えるのが面倒…
という場合は帰ってから着替えいただいてもけっこうですがアセアセ
そしてできればお家に帰ってからシャワーで汗を流してくださいねニコ
夏場の肌は他の季節よりもより清潔に保つ必要がありますので~
体の熱が取れない場合は水シャワーがオススメですキラキラ
頭もスッキリしますよ~キラキラ


以上、
長くなりましたが、
そして小言ネチネチて感じになりましたがねー
まぁ取り入れられそうなところからやってみてくださいね~パー
体調に気をつけて、
これからの季節もヨガを楽しみましょ~ルンルン
AD

熱中症対策その②

テーマ:
暑い時期のレッスン受講に関する注意点ですが、
今日は水分補給について詳しくお話ししますニコ


シーズン問わず水分補給のベストパートナーはお白湯です!
お白湯は体を温め、
内臓機能を高め、
そしてどの体質の人でも合う完璧な飲み物なのです!!
まぁお白湯の素晴らしさはまた今度詳しくお話しするとして…
実は熱中症の時も、
冷たいお水をぐびぐび飲むよりも、
お白湯を飲んだ方が良いのですよ!
冷たいお水は確かに体温が一気に下がり熱を冷ましますが、
胃腸への負担が大きく、
だるさが取れにくかったり、
胃の不快感が取れにくくなるのですショック
お白湯をのんで自分の発汗で熱を放出しクールダウンした方が、
負担も少なく回復も早いのですよウシシ


しかしながら、
真夏にお白湯を飲むのはちょっと…
という方も多いと思いますぶー
そんな時はせめて常温のお水にしてくださいませねー
ミントなどの冷性のハーブを入れると、
清涼感もあり常温でも飲みやすいですよにやり


ちなみに…
コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物は避けてくださいねコーヒー
カフェインは体を乾燥させてしまいますので、
レッスン終わってから、
帰りしなとかにホッと一息で飲んでくださいませほっこり
味のないお水やお白湯は飲みにくい…
という方は、
ノンカフェインのハーブティーなどがオススメですウインク


それから、
水分補給は一気にぐびぐび飲むのではなく
ちょっとずつ小まめにお摂りくださいアセアセ
のどか乾いたという感覚が出てからでは遅いのですおーっ!
特にレッスン前は数回に分けてしっかりと摂っておいてくださいね注意
なのでぜひ時間にゆとりを持ってお越しください!
時間ギリギリに慌てて来てレッスンに飛び込む形になると、
心拍数も血圧もかなり高い状態で体を動かすことになりますアセアセ
そうすると体調不良をお越しやすくなりますので、
時間と気持ちにゆとりを持って
マットの上でレッスンまで水分補給しながら呼吸を整えてレッスンに参加してくださいねキラキラ


③へ続く…


AD

熱中症対策その①

テーマ:
今日も良いお天気でしたね太陽
昼間は30度を超す日も出てきてなんだかもう夏みたいアセアセ
でも朝晩は涼しいですし、
昼間もカラッとしているので暑くても過ごしやすいですニコ


さてさて、
暑くなってきましたので、
レッスン受講に関して何点か注意点をお伝えさせていただきたいと思います注意
長くなりそうですので、
何回かに分けてお送りしていきますねにやり


まず、
スタジオ内はレッスン中けっこう暑くなりますアセアセ
空気を回して換気はしていきますが、
冷房はあまり入れません真顔
なぜなら体が冷え過ぎてしまうからですゲホゲホ
外気の温度が高い、
あるいは体温が高くなると、
人間は汗をかいて体内の熱を放出しますアセアセ
夏前の時期にクーラーにあたり過ぎて体を冷やすと汗腺が閉じてしまい汗をかきにくく、
熱を放出しにくい体になるのですショック
それによって体の中に熱がこもりやすく、
夏場に熱中症を起こしやすくなるのですガーン
もちろん、
汗をかきますので水分補給も大事です!
水分が不足することでも熱中症は起きやすくなりますアセアセ

ということで注意点その①
水分補給はしっかりと!
汗をしっかりかいて夏に向けて体作りをしていきましょう!!


②へ続く…


AD