2005年11月15日(火)

#WG011 電気ギターシリーズ

テーマ:なにこれギター

ボクはエレクトリックギターに関してはホロウ・ボディーのギターが断然好き。
フェンダー・テレキャスはシンライン
ポール・リード・スミスはマッカーティーホロウモデル
グレッチなんか最高です。
 
 
ギブソンのセミアコといえばES-335。
 
 
ES-330

  

 

このギターピックアップはP-90。
ES-335はハムバッカーピックアップです。
このギターはセミアコではありません、フルアコです。
そう、335ではなくこれは1960年のES-330です。
 
エピフォンのカジノとほぼ同じ仕様なのでジョン・レノンの
ゲット・バックのリードギターを思い出していただければよろしいかと。
 
ES-330のサウンドは完全なホロウボディ構造とシングルコイルピックアップってとこがミソです。

 

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年10月07日(金)

#WG010 マーチンのボディーサイズ

テーマ:なにこれギター

マーチンのボディーサイズ
 
正式にはマーティンですが、マーチンって呼ばせてください。
 
0、00、000について。
これって数字です。
オー、ダブルオー、トリプルーオーって言いますが、
マーチン・ギターのボディーサイズを表してます。
Dのドレッドノートは昔からのマーチンのラインナップにはなくこの
0、00、000こそが正統派なのです。
 

 

  
マーチンのボディ・サイズ  上から

 

  サイズ5 3/4
 

 0 コンサート
 

 0(12f) コンサート・スタンダード
 

 00(12f)グランド・コンサート・スタンダード
 

 00 グランド・コンサート
 

 000 オーディトリアム
 

 D ドレッドノート
 

 D(12f) ドレッドノート・スタンダード
  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

D(12f) ドレッドノート・スタンダード、これがジーン・オートリーの
D-45、第1号機のボディーです。
 

 

次回は使用材、塗装を表す仕様についてです。
 
 

 


いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2005年10月03日(月)

WG009 カウボーイ・ギター

テーマ:なにこれギター

Gene Autry's Cowboy Guitar

 

Martin 0-42 Model

 

Flat-top guitar
(0-42 model)
C.F. Martin and Company
Nazareth, Pennsylvania, 1927
 
 
ジーン・オートリー
オクラホマに住む鉄道会社の電信技師。
後にある人から転職を薦められ歌うカウボーイとなった。
 
カントリー・シンガーでありムービー・スターである彼の依頼で作成された
マーチン・ギターは3本ある。
 
1926年 00-42モデル
1927年 0-42モデル
1933年 マーチン最高機種、D-45の第1号モデル。
 
ジーン・オートリがオートリ・ケイスケに名前が似ただけの
だだの人ではないことが分かってもらえましたか?
 
写真のギターは1927年、彼の特注によって作られた
C.F.Martin 0-42 model
 
Dタイプ、いわゆるドレッドノートより0タイプ、00タイプ、000タイプとかに
最近はそそられる。

写真のジーン・オートリーのギター、色気があって可愛いです。

 
ちなみにayokoさんが最近購入したルーリーは00タイプです。
 


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005年07月21日(木)

#WG008 ハープギター その2

テーマ:なにこれギター

ハープギター その2


昨日に続いてハープギターを見てみましょう。




1912年 DYER SYMPHONY ハープギター

harp guitar 01  


このハープギター、
デザイン的にまとまってる感があります。

好きです。

 

おっとー!!!
サウンドホールがついてますよ。

ハープ部にも。






harp guitar 02

フィンガーボードのインレイがすごい。
アールヌーヴォースタイルで最高に美しいです。






 
STEPHEN BENNETT

STEPHEN BENNETTというプレイヤーがハープギターを弾くようですが
父親からこのギターを譲りうけたとか。

これはまさしく上のハープギターです。

興味があるかたは、この名前で検索してみてください。

 

音が聴けるかも。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年07月20日(水)

#WG008 ハープギター その1

テーマ:なにこれギター

ハープギター その1


お久しぶりです。
なんと1ヶ月半ぶりです。
ジャズが大好きなピーター・バカイヤンです。
 

それではギターでもながめてみましょうか。
 
1909年 MEYERS ハープギターです。
  
 
ハープギター1

 

通常のギター6弦と低音の6弦(ハープ部)のダブルネック構造です。
ハープ部はフレットレスのようです。
  
ハープ部は弾く場合もあれば、共鳴としても使用されます。
ハープギターの弾き方に決まりというものはないかもしれません。
パットメセニーのピカソギターも、チューニングすら分かりませんから。
 
このギター、弾ける人が弾いたら最高のギターになるような気がするなぁ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年05月30日(月)

#WG007 リラギター

テーマ:なにこれギター

なんじゃ~このギター

これくしょん

 

なにこれギター

 

お久しぶりです 

日本語がとてもうまい

ピーター・バカイヤンです。


 

 g061

リラギター(アポロリラ)クレメンティ社
イングランド(ロンドン)1810年
 
材質
メイプル、スプルース、エボニー、象牙
 
 
19世紀に現れたリラギター、ハープのような形です。
 

古代ギリシャの音楽の真似がしたかったのか・・・
よくわかりませんが。
 

現在このような形が残ってないということは、人気がなかったのでしょう。
(よく見れば変な形・・・好きな人はごめんなさい)
 
リラギターは裕福な若い女性のための魅力的なアクセサリーであったらしい。
(うーん、あまり好きにはなれないなぁ)
  
なんでアポロリラなのか?

 


g062  
  
おお!

 

ヘッドに太陽神アポロがいるではないか!
 

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005年05月24日(火)

#WG006 インレイ

テーマ:なにこれギター

皆様、
今日はあまりに忙しく、アップする暇なしです。


普通はこれが当たり前か。


さて、なにこれギター
第6回目。
インレイが美しい、100年前のギターです。


wg0051

 

ライアン&ヒーリー社(ウォッシュバーン・ブランド)によるFlat-top guitar
アメリカ(シカゴ)1900年頃のもの
 
材質
スプルース、ローズウッド、エボニー、白蝶貝、アバロン貝、象牙
 
シカゴのライアン&ヒーリー社はアメリカの最も大きな楽器の卸売業者でした。
 
ライアン&ヒーリー社はウォッシュバーン・ブランドで
ギターおよびマンドリンなどを扱っていたようです。
うーん、聞いたことないです。
 
フィンガーボートのインレイはアールヌーヴォーパターンで飾られています。

 

ボディ部分は葉っぱのインレイです。

 
   
wg0052  
 
 
「ひどさん」だったら
これ、インレイないかい!(これ、いいんじゃないかい)
なんて言うんでしょうか?
 
この、ギターは、おそらくカムタムメイド、オーダー品なのでしょう。

インレイってどういう意味なんだろう?
「ちりばめた」
って出ました。

 

(inlay)
宝石、木材、漆器などに模様を刻み、
金属や真珠貝など他の材料をはめ込む技法や、その作品を指す。
 

こんなんも出ました。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年05月18日(水)

#WG005 皇帝

テーマ:なにこれギター

久々の「なにこのギター」
なにコレクション
なにこれギターです。


wg0401


Antoine Anciaume (b. 1776)の製作のものとおもわれる。
フランス(Mirecourt)1840年頃
材質
エボニー、スプルース、真珠、アバロン貝



これまた装飾がほどこされたギターです。
サウンドホールまわりがすごい。

この写真では分かり辛いのですが。
 

あれ、これブリッジにピンが。
スチールギターなんだろうか。


実はこのギター
フランス皇帝ナポレオンの像がヘッドに。



wg0402

      

          

       クリックして拡大

サウンドホールもナポレオンに関するもので飾られている。
どうやらナポレオンの墓らしいです。


ナポレオンの遺骸がセントヘレナ島からフランス本国に返還された年が
1840年。
ということは、その記念に作られたギターなのだろうか。



いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005年05月10日(火)

#WG004 バロックギター

テーマ:なにこれギター

3回にわたり歴史あるギターの画像を載せてきましたが
16世紀末期~18世紀末までのこのようなギターを

「バロックギター」と呼ぶようです。

勉強しながら同時進行で記事を書いております。
至らない点多々あります、ご了承下さい。


bq1


さて、バロックギターはイタリア、フランスで製作されていたようです。
特に装飾が施されているのものは裕福なパトロンや王侯貴族の注文で製作されたものです。


bq2


古いものは構造的には5コース、復弦です。
それが改造され6コース単弦へ移行していきます。


弦長もさまざまで、現在は650mmが標準ですが、
バロックギターは620mm、さらに女性用の540mmなどがあります。

調弦も一番低い音、現在はEですが、バロックギターはDです。


bq3



あのコロッセオのようにみえるサウンドホールのロゼッタは、
革または果樹材で作られています。


bq4

        

    画像をクリックして拡大

バロックギターの音、曲

聞いてみたいですね。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年05月09日(月)

#WG003 Antonio Stradivari

テーマ:なにこれギター

ヴァイオリンの銘記、
価格が2億も3億もするといわれるストラディバリウス

その製作者Antonio Stradivari(1644-1737)はギターも作っていたのですね。


g31


このギターは1700年のものです。


彼が製作したヴァイオリン族は現在600個ほど存在するそうです。


ストラディバリの音を超えるヴァイオリンは300年以上たった今も存在せず、
データ採取を行って同じように作っても同じ音が出ないそうです。
やはり魔力が宿っているのか・・・



あれ、ギターじゃなくヴァイオリンの話になってしまいました。




いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。