2006年04月19日(水)

博多弁

テーマ:クロスロード

過去に映画「クロスロード」 をご紹介しましたが、この記事を博多弁に変換するサイトで変換すると・・・

 

博多弁って味がありますね~まるでトンコツスープみたいに。
それでは博多弁での映画「クロスロード」のご紹介。 

 

 

こん映画「クロスロード」は1986年の作品やばってんがくさ最近DVDがあるこつば知ったとよ。
アメリカでの発売やばってんがくさリージョンフリー、日本語訳付きやけん。
監督は「ストリート・オブ・ファイヤー」のウォルター・ヒル
音楽はライ・クーダーが担当。
 
ロバートジョンソンが音源として残しておらん幻の曲ば求めミシシッピ―へ。
老ブルースマン、ウイリーと共に。
 
主人公ユージン(ラルフ・マッチオ)はジュリアード音楽院の生徒。
クラシックギター課の優秀な生徒ではあるのだか、
ブルーズに心奪われモーツァルトのトルコ行進曲の最後がブルースになる始末。
先生「よか演奏だか最後が」
2つの神様に従うこつはでけんとよ。もっと敬意ば持てといわれるたい。
うー耳が痛い。
 
ロバートジョンソンが演奏力と引き換えに悪魔と契約した伝説は前にも紹介したがここでは老ブルースマン、ウイリーも悪魔と契約しとったんだな。
ウイリーは毎夜悪夢にうなされる日々、契約ば破棄したいとクロスロードに立つ。
 
連戦連勝のジャックバトラー(スティーブ・ヴァイ)に勝てば契約は破棄ちゅうこつばってんが。
ウイリーはハーピスト(ハーモニカ)
ジャック・バトラーはギタリスト。
かわりにユージンがギターバトルするこつに。
 
ばってんスティーブ・ヴァイはぶっ飛んでおる。
こげん奴に勝てるギタリストがおるんやろうか。
あん目に睨まれたらびびるよー。
 
結末はあなた自身で。
これ以上なにも言えましぇん。
 
こん映画、テレキャスターの音が絶品。
弾いとぅとはライ・クーター、でんラルフ・マッチオ君、本当に弾いとぅとようにみえるたい。

 
 

 

この博多弁が合ってるのかはボクにはわかりましぇん。

 


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年02月26日(日)

Robert Johnson Use Guitar

テーマ:クロスロード
Robert Johnson
The Complete Recordings
ロバート・ジョンスンには2枚の写真が存在するが、この写真でロバート・ジョンスンが抱えているギターはご存知ギブソンL-1。
1928年~1930年代前半の物らしい。
 
 
そしてこのタバコをくわえた写真。
このギターがはたして何なのか。
 
もしかして、彼はこのギターを使用してレコーディングをしたのかも知れない。
 
このギターは14フレット、ジョイントなのでL-1ではないことが分かる。
(L-1は12フレット、ジョイント)
このギターはL-0,L-00ではないかと言われている。
そしてkamalazeとも言われているが・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
左:1937 gibson L-0  右:1937 gibson L-00
 

 

Kalamazoo model number KG-14

 

カマラズーKG-14はギブソンL-0、L-00と同タイプのギターだ。

このギターのポジションマークに注目してもらいたい。

3フレットと15フレットにポジションマークは無い。

 

ジョンスンのギターと同じでないか。

 


いいね!した人  |  コメント(29)  |  リブログ(0)
2005年02月08日(火)

#四辻 クロスロード 完結

テーマ:クロスロード
ちょと小説を書いてみました。
といってもちょーみじかいですが。
「悪魔との契約」
駄文ですいません。
でもはじめてにしてはまあまあでしょう。(^_^;)
ロバートジョンソンについて調べていたら悪魔との契約
はこんな感じかなっと思って書いてみました。
本当は悪魔との契約なんてなくて天才ロバート青年は
何万回とブルーズを弾きつづけたのでしょう。
あのCDジャケットのギターの写真みるとそう思います。
でもあのジャケットのギターが録音に使われていたかは分からないらしい。
僕的にはGibsonL-1ではなくKalamazooを弾いていたんじゃないかなーと思うのですが。
いまとなっては知る由もありません。
そうだ波形をとって比べてみてくれないかな。
そんな人はいないか。

このクロスロードのコーナーでロバートジョンソンの使用したギターとか書こうと思っていたのですが、すでにホームページで発表されていますね。それに内容も良いし。

それでこれをもってクロスロードのコーナは終わりにします。
丁度四辻になりました。おあとがよろしいようで。
読んでくれてありがとう。

PS ★ 最後のメッセージ ★
ギターバトルで勝つにはパガニーニをやるべし。
ねえスティーブ・ヴァイさん。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月08日(火)

#三辻 悪魔との契約

テーマ:クロスロード

あれた石ころだらけの舗装されないてない道。
そこに容赦なく太陽が照りつける。
風ひとつ吹かないここはロビンソンヴィルの東15マイルにある
クラインプランテーションのとある四辻交差点。

今日もそこに一人のおとこが立っている。
ヒッチハイクでもしようとしているのか。
おとこはぶつくさ文句をいっている。
「ウィリーブラウンの腕は超えちまったからもうようなしだ」
「それにサンハウスのおやじから盗めるのは全部盗んじまったしな」
この交差点からやがてハイウェイへつづく。
おとこは前方をみつめそこに想いを馳せているのか。

そこにレグバがやってきておとこに言った。
「俺と契約する気があるか?」
レグバは不適な笑みを浮かべている。
「おまえは誰だ?」
「俺は悪魔との交渉人さ、俺さまみたいなスーツがほしいか?」
おとこは目を輝かせて言った。
「ギターがうまくなりたんだ」
「ハハハ、なんだそんなことか、ほれ契約書だ」

その契約書にはこう書いてあった。

悪魔はおまえにすばらしい耳をあたえるだろう
悪魔はおまえに鋭い感性をあたえるだろう
悪魔はおまえに女のくどきかたの方法をあたえるだろう
そしておまえはつぎのことを悪魔と約束せねばならぬ。
出された酒は拒んではならない。

おとこ「なーんだ・・・そんなことでいいのか!」
男は小躍りした。
レクバの姿はすでになかった。

とあるジュークジョイント。
おとこはそのステージて悪魔レベルの演奏をした。
客は唖然とその男をみつめる。
「なんてすごいんだ」
演奏を終えたおとこに主人がウイスキーをすすめた。
おとこはこの主人のかみさんと関係をもっていた。
友人のウィリーが言った。。
「ロバートこの酒は毒入りだから飲むな!」

おとこがウイスキーを口にしたのはいうまでもない。

そのときおとこの影は悪魔に変わりニヤッと笑っていた。

四辻につづく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月07日(月)

#二辻 映画「クロスロード」

テーマ:クロスロード
この映画「クロスロード」は1986年の作品ですが最近DVDがあることを知りました。
アメリカでの発売ですがリージョンフリー、日本語訳付きです。
監督は「ストリート・オブ・ファイヤー」のウォルター・ヒル
音楽はライ・クーダーが担当。

ロバートジョンソンが音源として残していない幻の曲を求めミシシッピ―へ。
老ブルースマン、ウイリーと共に。


主人公ユージン(ラルフ・マッチオ)はジュリアード音楽院の生徒。
クラシックギター科の優秀な生徒ではあるのだか、
ブルーズに心奪われモーツァルトのトルコ行進曲の最後がブルースになる始末。
先生「いい演奏だか最後が」
2つの神様に従うことはできない。もっと敬意を持てといわれる。
うー耳が痛い。

ロバートジョンソンが演奏力と引き換えに悪魔と契約した伝説は前にも紹介したがここでは老ブルースマン、ウイリーも悪魔と契約していたんだな。
ウイリーは毎夜悪夢にうなされる日々、契約を破棄したいとクロスロードに立つ。

連戦連勝のジャックバトラー(スティーブ・ヴァイ)に勝てば契約は破棄ということだが。
ウイリーはハーピスト(ハーモニカ)
ジャック・バトラーはギタリスト。
かわりにユージンがギターバトルすることに。

しかしスティーブ・ヴァイはぶっ飛んでいる。
こんな奴に勝てるギタリストがいるんだろうか。
あの目に睨まれたらびびるよー。

結末はあなた自身で。
これ以上なにも言えません。

この映画、テレキャスターの音が絶品。
弾いているのはライ・クーター、でもラルフ・マッチオ君、本当に弾いてるようにみえる。

三辻へつづく

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年02月05日(土)

#一辻 今日も奴はやってくる・・・クロスロードに

テーマ:クロスロード
I went down to the crossroad
  fell down on my knees

キングオブデルタブルース、ロバートジョンソンのCross Road Bluesの冒頭の節。
ひとかけらの演奏力を求めて単調な生活から逃れようとやってくる場所

クロスロード

まあ本当に悪魔と契約を交わしたかはどうかはわかりませんが
急激に人が変わって、短期間に驚異的なギターテクニックを身につけたのを見て当時のブルースマン達はこのクロスロード伝説を信じたらしい。

しかしこの曲を聴いたら悪魔と契約した男にしかできないと思うよ。
ギターなんて2人でやってるんじゃないの。
なんていう間の取り方なんだ?
スライド担当は僕で、君はリフを担当して。
このノリで唄は君が歌ってね。
だってこのギターのノリでこの節回しの唄を一人でできるの?
それじゃ3人必要になってしまうぞ。

ギターの神様、エリッククラプトンでさえジョンソンのあの悪魔レベルには達してないもの。
でも、クリームのクロスロードは大好きでよく聞きます。
クロスロードでのエリッククラプトンのギターソロは最高です。
かみがかっているようにも思える。
みんなコピーしてるもんね。
ヨッチャンもチャーも。

あの最後のMCなんて言ってるのかな?

僕には
「エリッククラプトン プリーズ」
「ボーボ」
って聞こえるんですが。

誰か教えて


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。