2005年12月20日(火)

#T056 本番の演奏 

テーマ:テクニカル・ノート

発表会を見て気づいたことを書き留めてみます。
 
本番での演奏、ミスはしたくない、無傷でいたい。
みんなそう思います。
 
では演奏するってなんだろう。
それはノーミスで弾くことを競うものではなく曲、音楽を自分の意志で表現することではないだろうか。
音楽に集中することによりミスもしなくなるだろう。
ミスったらどうしようと考えていたら音楽を表現することができなくなってしまう。
自らおいこんでしまっている。
 
かなりの人が緊張して弾き直しをしていた。
本番直前はミスってもそのまま流れを止めずに弾く練習をしたほうがよいと思う。
ミスはミスでその音が今現在のアレンジなんだよ、みたいな気分で弾けば聴いてる人はあまり気にしないと思う。
 

ある演奏者は10秒くらい止まっていた。
これでは聴いてるほうの持続は切れてしまう。
止まってしまったら得意なフレーズのところから再開するようなアレンジをやってもいいのかもしれない。
 
緊張ぜず弾けるかは、その時の状態もあるかもしれない。
それでもやはり緊張を克服する一番の方法は日頃の練習なのだろう。

 

偉そうなことを書いてますが、これは自分に言ってるのです。

 
 

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

cguitarさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

14 ■>ひどさん

押尾さんが間違ってもそれが絵になるのよね。

13 ■あの

押尾さんでさえ 国際フォーラム見に行った時 客席回ってる時 「あ、間違うた!」って

普段 リラックスして練習してるまんま 板の上に上がれたらいいのに~ってホント思いますね!

12 ■>ryuseinaokiさん

講師は大変ですね。
場数なんですか、なるほどです。
そのテクニックが欲しいです。

11 ■>コリーさん

ジャズはなんでもあり・・・ですね。
矢野顕子さんの録音シーンのビデオを以前見たのですが、集中できなくて何回もやりなおしている場面でした。
プロでもそうなんですね。

10 ■講師業・・

私は、現在、大勢の人前で、お話をする、講師業も、兼任で行なっていますが・・
一番、最初は、それはそれは、物凄く、緊張しましたよ^^)
今は、上手く、しゃべれる様になりましたが、やっぱり、場数を、多くふんだ、慣れなんでしょうか・・
上手く、しゃべれない、体調の日も、笑いでごまかす、テクニックも、覚えました^^)

9 ■やのあっこちゃんが

間違えると「もとい」と言って、
やり直すの好きですよ。
ジャズとかは、間違えても合ってるふりするのが、基本ですね(^。^)。

8 ■>aikoさん

起きてましたか。

この前のギター発表会でギター弾き始めて1ヶ月の20代の女性が単音で四季の歌を堂々と弾いたんですよ。
ギターって単音で、拙くてもいいんだなって。
新鮮でしたね。

7 ■>nakitaさん

緊張しますよね。
この前、アプリケーションソフトの説明会を自分がやることになって、いやはや緊張しました。
前日に夢みるくらい小心者です。


6 ■ほんまです

自信ないな~。
人前で弾くとどうしても上手じゃなきゃって思っちゃいます。
逆に、大丈夫って思えるまで弾かんとこうって。いつになったら来るのかな(苦笑
でもね、楽しく弾くこと。楽しくやること。これってすっごい大切。
上手とか下手ってあとからついてくるんですよね~。

5 ■>copiさん

練習不足なんでってMC、許しちゃいます。
こんな記事書いておきながら無責任ですが、それもありって気がする。
MCが面白いという条件付きですが。

4 ■>ayokoさん

まっすぐな子供にはかないませんね。
あれこれ考えてしまう大人は回路が複雑すぎます。
しかしayokoさん、ギター燃えてますね。

3 ■読んでいて

想像して緊張してしまいました(笑)
ちいさな僕…。
まぁ自分は人前で演奏する事はなさそうですが。

2 ■ライブで

練習不足でなんてMCで言い訳するのは良くないですよね。
聞いてる人には練習不足なんて関係ないんですから...(;^_^A
でも、そう思いながらもミスすると自分でもついつい...(..;)

1 ■私も

ブラスバンドのコンクールでは数えられないほど教えてもらいました
cguitarさんの記事で思い出しました
堂々とやりなさいって。自信のなさは演奏に現れるから、舞台ではいかにその人がオーラを出すかですよね
お嬢さん出てましたでしょう、演奏者のオーラ。。。^^
先生にギター聞いてもらうとき、つっかえたり、弾きなおしたり、練習不足痛感しました。頭の中でメトロノーム鳴らして、せめてその波からこぼれないように弾きたいと、人前では思います。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。