1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006年04月30日(日)

ドラム・パターン

テーマ:アーチスト
drum

このドラムパターンはなんでしょう。
 

MIDIデータを譜面にしたものなんですが。
1小節目のスネアは3連のフラムです。

 

このドラムパターンはあるイントロに使われています。
その曲とはポール・サイモンの「恋人と別れる50の方法」
スティーブ・ガッドが練習で叩いていたドラムパターンが使われました。
 
ポール・サイモン1975年発表の「時の流れ」からの3枚目のシングル・カット曲
1976年、全米第1位に輝いています。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年04月25日(火)

バス通勤

テーマ:裏通り

2006年4月からバス通勤になってしまった。
「人間万事寒翁が馬」を座右の名してるから、まぁこれもよしとしている。
マイカー通勤はやはり楽であった。
しかし・・・
バス通勤のおかけで体重、体脂肪が落ちてきた。

 

これを記念して詩でも書いてみよう。

 

 

 

バス通勤 作詞 cguitar

 

生まれてこのかたバス通勤 やったことない
マイバイク マイカー これがボクの足
 
なのにさ バス通勤になっちまった
ほんとにさ バス通勤になっちまった
 
今日も何時来るか分からない
バスを待とう
 
 
生まれてこのかたバス通勤 やったことない
バスを降りたら自分の足だけで進むのさ
 
だからさ バス通勤になっちまった
ほんとにさ バス通勤になっちまった
 
今日も排気ガスの匂いと一緒に
バスに乗り込もう
 
 
いいことだってあるさ
バスに乗り込めば 寝る事だってできるんだし
ヘッドホン耳につっこんで 好きな音楽聴くだけさ
 
 
だからさ バス通勤になっちまった
ほんとにさ バス通勤になっちまった
 
今日も何時来るか分からない
バスを待とう
 
今日も排気ガスの匂いと一緒に
バスに乗り込もう
 
 


いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2006年04月19日(水)

博多弁

テーマ:クロスロード

過去に映画「クロスロード」 をご紹介しましたが、この記事を博多弁に変換するサイトで変換すると・・・

 

博多弁って味がありますね~まるでトンコツスープみたいに。
それでは博多弁での映画「クロスロード」のご紹介。 

 

 

こん映画「クロスロード」は1986年の作品やばってんがくさ最近DVDがあるこつば知ったとよ。
アメリカでの発売やばってんがくさリージョンフリー、日本語訳付きやけん。
監督は「ストリート・オブ・ファイヤー」のウォルター・ヒル
音楽はライ・クーダーが担当。
 
ロバートジョンソンが音源として残しておらん幻の曲ば求めミシシッピ―へ。
老ブルースマン、ウイリーと共に。
 
主人公ユージン(ラルフ・マッチオ)はジュリアード音楽院の生徒。
クラシックギター課の優秀な生徒ではあるのだか、
ブルーズに心奪われモーツァルトのトルコ行進曲の最後がブルースになる始末。
先生「よか演奏だか最後が」
2つの神様に従うこつはでけんとよ。もっと敬意ば持てといわれるたい。
うー耳が痛い。
 
ロバートジョンソンが演奏力と引き換えに悪魔と契約した伝説は前にも紹介したがここでは老ブルースマン、ウイリーも悪魔と契約しとったんだな。
ウイリーは毎夜悪夢にうなされる日々、契約ば破棄したいとクロスロードに立つ。
 
連戦連勝のジャックバトラー(スティーブ・ヴァイ)に勝てば契約は破棄ちゅうこつばってんが。
ウイリーはハーピスト(ハーモニカ)
ジャック・バトラーはギタリスト。
かわりにユージンがギターバトルするこつに。
 
ばってんスティーブ・ヴァイはぶっ飛んでおる。
こげん奴に勝てるギタリストがおるんやろうか。
あん目に睨まれたらびびるよー。
 
結末はあなた自身で。
これ以上なにも言えましぇん。
 
こん映画、テレキャスターの音が絶品。
弾いとぅとはライ・クーター、でんラルフ・マッチオ君、本当に弾いとぅとようにみえるたい。

 
 

 

この博多弁が合ってるのかはボクにはわかりましぇん。

 


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006年04月17日(月)

三人の侍

テーマ:アーチスト

4月15日土曜日、小雨振る沖縄。
コンベンションセンターの海浜公園では花火フェスティバル開催のため、そこらの駐車場にガードマンが立っている。
コンベンション劇場では三人の侍のコンサート。
劇場付近には会場30分前に列ができていた。
列に並んでまわりを見る。
あれっ?ウチナーンチュがいない。
周りはツアー客ばかりだった。
 
定刻の17時30分に会場入り。
開演は20分遅れで18時20分。
 
EaglesのHotelCaliforniaのイントロが流れるなか幕は開いた。
沖縄バージョンは
Wellcome to the hotel ゴーヤーチャンプルー
Such a ラフテー
Such a ちんすこう
・・
みたいな。
 
指笛が2階から聞こえる。
そうかぁ、ウチナーンチュは上にいるんだな~。
 
ステージ中央にはサングラスをかけ髭をたくわえた山崎まさよし氏
左にはパラッパラッパと同じ帽子を被ってホテル・カリフォルニアのソロをとる奥田民生氏。
まるでイーグルスのジョー・ウォルシュみたい。
そして右には白いシャツにパンタロンのジーンズを履いてYAMAHAのアコギを弾く竹中尚人氏。
オープニングから三人のギターとコーラスに度肝をぬかれた。
 
3人の演奏の感想です。
 
まずは奥田民生
彼のギターはストレートだ。
直球そのもの。
オレンジカラーに白のピックガードのJ-45は中域が塊になって前に出てくる。
そしてボーカルもストレートでよく伸びてマイクにのる。
甘さとハスキーさがブレンドされ、ほどよく太くて。
やっぱりストレートなんだよね、彼のヴォーカルは。
 
そして山崎まさよし
使用ギターはいつものサザン・ジャンボ
彼のギターはアグレッシブ。
簡単に弾いてるようにみえて高度なリフ、ベースライン、カッティングがてんこもり。
そしてヴォーカルが混ざると音がうねって聴こえる。
トルネード奏法ってことにしておこう。
さらにブルースハープって武器を持つマサヤン、まさしく鬼に金棒?
 
最後に竹中尚人氏(チャー)
トレッドノートよりすこし小ぶりなYAMAHAのアコギを弾くチャー。
もの凄く良い音だった。
絶品!
彼の指から放たれるからジャージーなコードワーク、ロックするリードソロ・・・
ヴォーカルもギターテクニックも燻し銀の味だ。
 
今回の三人の侍。
めちゃくちゃ練習したのは明らか。
2002年の三人の侍より数段もアップしたトリオ演奏、そしてソロ演奏だった。
 
今回はMCにがんばっていた奥田民生氏。
「○○○でござる」って言いながらテレ笑いしていたのは前回と同じだが、喋りにも演奏にも自信がみなぎっていた。
 
アコギでこれだけの表現ができる。
良いコンサートを見た満足感に浸りながらコンベンション劇場を出た。
雨は上がり、空気は冷たくなっていた。
空には今年一番の花火が上がっていた。
 

 


―――<追記>―――

三人の侍~旅情編 2006年4月15日(土) 開演18:00

沖縄・宜野湾コンベンション劇場 セットリスト (注:正確ではありません)


★奥田民生 & 山崎まさよし & CHAR

  Hotel California (EAGLES)
  三人の侍のテーマ  (三人の侍)
  Nowhere Man (THE BEATLES)
  銀色の道 (ザ・ピーナッツ/ダークダックス)
★奥田民生

  最初から今まで 冬のソナタのテーマ (リュウ)
  股旅
  さすらい

★山崎まさよし & 奥田民生

  アレルギーの特効薬

★山崎まさよし
  やさ男の夢
  十六夜

★CHAR & 山崎まさよし  
  BLACK SHOES

★CHAR
  ALL AROUND ME
  AMANO-JACK

★奥田民生 & CHAR
  ロボッチ
★奥田民生 & 山崎まさよし & CHAR

  Come Together (THE BEATLES)
  HOLD ME TIGHT   TOKYO NIGHT  (CHAR)
  Listen to the music (THE DOOBIE BROTHERS)
  Sympathy For The Devil (THE ROLLING STONES)
  若林君の唄 (三人の侍)
  グッドナイト・ベイビー 
(ザ・キングトーンズ)


アンコール

  トンネル天国 (ザ・ダイナマイツ)
  エレクトリックおばあちゃん (ザ・スパイダース)
  上を向いて歩こう (坂本九)
 



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006年04月14日(金)

本気のクラシックギター 名曲てんこもりBOOK~おかわり1

テーマ:BOOK

現代ギター 2006年4月 臨時増刊

本気のクラシックギター 名曲てんこもりBOOK~おかわり1

 

あなたの街の本屋さんにはありますか?

沖縄は若干遅れます。

あるかな?


有名曲22曲 模範演奏CD & 楽譜 & 奏法解説

 

これはぜひ欲しい。

 


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006年04月12日(水)

シーサー

テーマ:OKINAWA

シーサー 遠撮

ん? なんじゃ~?

 

 

(すたすた歩く)

 

 

シーサー 近撮

でっつか~~~



いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006年04月11日(火)

i Audio U2

テーマ:録音

COWON iAUDIO U2(1GBモデル プラチナブラック)【税込】 U2-1G-BL [U21GBL]  

i AUDIO U2 COLOR SOUND MP3 PLAYER

 

先日、とうとうMP3プレイヤーを買いました。

上と同じ機種です。

容量は1GB、FMチューナー付き、そして

ボイスレコーディングと外部レコーディング機能。

 

レコーディングができるものを探していたのです。

マイクでどれくらいの音が録音できるか試していませんが、録音してアップしたいと思います。

  

パソコンのUSBに差し込む時、アダプターで行なうのがあまり気に入ってない点ではある。

 

== 追記 ==

この機種は外部マイクを使っての録音機能は無いようです。
 


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006年04月08日(土)

アコギ・マルチ・エフェクター

テーマ:インストルメンツ

ピエゾ搭載のアコギで録音するとピエゾ臭くていやになる。

コンデンサーマイクは高いし。

 


KORG【新製品】ToneWorks AX3A

 

モデリング・テクノロジー“REMS”によるアコースティック・サウンドに特化したマイク&ボディ・エフェクトをはじめとする数々のエフェクトを内蔵し、無機質になりがちなピエゾ出力のサウンドをナチュラルで芳醇なサウンドに変化させ、手軽に繊細なアコースティック・サウンドを奏でることが可能になります。
ハウリング・ポイントをカットするノッチ・フィルター・エフェクトも内蔵し、自宅での練習はもちろん、レコーディングからライブにと幅広く活躍します。

ナイロンギターやリゾネイターギターの音も出るらしい。

さらにミュートも可能なオート・クロマチック・チューナー内蔵。

アコギの音をうまく録音できない自分にとっては、こいつは物欲に火がつきそうです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006年04月05日(水)

#E054 ペイントギター

テーマ:インストルメンツ

M君5本目のギターはアコースティック。

このギターはK・YAIRI。

 

デジマート ギター

 

K・YAIRIでは自分でペイントできるギターを販売している。

このギターは野村義男氏がデジマートTVの番組内でペイントしたもの。

M君はよっちゃんのファンだったわけだ。

 

 

ペイント ギター

 

よっちゃんのペイント、なかなかのものです。

 


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006年04月03日(月)

#E053 レスポール Jimmy Page Signature

テーマ:インストルメンツ

ギブソン・レスポールといえば

JIMMY PAGE

 

ヘタクソと言われようが、ペイジのギターは王道ロックの音。

 

さて、M君4本目のギターは・・・

  

ギブソン・レスポール Jimmy Page Signature 1993年製

 

 

 

ジミー・ペイジのサインも入ってます。

 

このギターを所有とは実に羨ましい。

 

 

後ろにある謎のアコースティックギター。

あれはマーティンのマンドリンだそうです。

 


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。