1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005年12月27日(火)

ご挨拶

テーマ:インフォメーション
今年も残すところあと5日。
 
今年の2月2日からこのブロクを始めました。
まさかここまで続くとは思いませんでした。
ここまで続いたのはもちろん皆さんのおかげです。
このブログを通して沢山の方と知り合うことが出来きたことが嬉しい。
 
今年はもう一つ。
録音を始めたこと・・・・・
数をこなすうちにうまくなるもんだと思っていたのですが、どうやらそうでも無かったことが発表会の演奏で実証されたようです。
なにしろ撃沈でしたから。
まぁ66点取ればセーフ?
 
今はホセ・ルイス・ゴンザレス氏のテクニックノートの最初から出直しです。
 
クラシックギターの交差点もだいぶ軌道がそれ、このブログこそ「あっちこっちどっち」っていうタイトルが似合ってたりして、ね~ayokoさん。
 
今、記事を数えれてみたら348。
まぁよく書いたもんです。
拙い文章で綴った記事達をお読み頂き、ありがとうございました。
そして、なにより嬉しいのはコメントでした。
笑い、励まし、羨ましい、などなど、愉しませてもらいました。
忙しい中でのコメント、本当にありがとうございました。
 
 
 
今日で今年のブログ納めとします。
 
 
 
来年 犬年もギターを弾くわんよ~
 
 
 
素晴らしい新年をお迎え下さい。
 
いいね!した人  |  コメント(27)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年12月22日(木)

#C018 ギター発表会

テーマ:ここはとあるカルチャーセンター
あ~今回はダメだった。
あまり書きたくないけど、書き留めておこう。
 
昨日はカルチャーセンターのギター発表会に飛び入りした。
曲は押尾コータローさんの風の詩。
撃沈です。
娘は99点。
ボクは66点です。
 
ステージに出て椅子に腰掛けた時はあまり緊張してないようだった。
ギターを弾き始める。
ギターが普段通りに鳴ってくれない。
調子をつかむことができない。
ミストーンがアンプリファイヤーみたいに増幅して自分にフィードバックしてくる。
そいつが調子をあちこちに逃がして掴むことができない。
そんな調子で最後までいってしまった。
 
2次会の打ち上げでは風の詩は良い曲だって話題になった。
話題を提供できたことで良しとしよう。
 
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2005年12月21日(水)

#U066 エレベーターが・・・

テーマ:裏通り

賃貸マンションの7階に住んでいます。
たまに1階の各世帯のポストにチラシを捨てる人がいます。
1回のフロア―がゴミ箱に見える人がいるんでしょうか。
そんな賃貸マンションでの出来事です。
 
ある日、エレベータに乗った。
臭う。
下をみると、濡れたあとがある。
おしっこを漏らしたようだ。
犯人は子供なんだろうから許しはするが、勘弁してくれ~ってくらい臭い。
 
ある衝動にかられて家に駆け込むとトイレにある薔薇の香りのスプレーを取り
エレベータにシュってしていた。
これで臭いは中和されるだろう。
 
妻が帰ってきた。
 
「エレベーターが大変なことになっているわよ」
 
「うん」
 
「おまけに変なスプレーまでかけられてるし」
 
「ああ、それ俺」
 
 
 
 
 
さて、この男の行動をみなさんはどう思うのだろうか。
 


いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005年12月20日(火)

#T056 本番の演奏 

テーマ:テクニカル・ノート

発表会を見て気づいたことを書き留めてみます。
 
本番での演奏、ミスはしたくない、無傷でいたい。
みんなそう思います。
 
では演奏するってなんだろう。
それはノーミスで弾くことを競うものではなく曲、音楽を自分の意志で表現することではないだろうか。
音楽に集中することによりミスもしなくなるだろう。
ミスったらどうしようと考えていたら音楽を表現することができなくなってしまう。
自らおいこんでしまっている。
 
かなりの人が緊張して弾き直しをしていた。
本番直前はミスってもそのまま流れを止めずに弾く練習をしたほうがよいと思う。
ミスはミスでその音が今現在のアレンジなんだよ、みたいな気分で弾けば聴いてる人はあまり気にしないと思う。
 

ある演奏者は10秒くらい止まっていた。
これでは聴いてるほうの持続は切れてしまう。
止まってしまったら得意なフレーズのところから再開するようなアレンジをやってもいいのかもしれない。
 
緊張ぜず弾けるかは、その時の状態もあるかもしれない。
それでもやはり緊張を克服する一番の方法は日頃の練習なのだろう。

 

偉そうなことを書いてますが、これは自分に言ってるのです。

 
 

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005年12月19日(月)

ピアノ発表会

テーマ:PIANO

12月18日、日曜日は娘のピアノ発表会。
正直やっと終わったって感じです。
2週間前は通して弾くこともできなかった。
本人が「失敗してもいい?」と聞くくらい自信がない状態。
 
2週間前から教室のレッスンは週1回から2回になり集中してやりはじめました。
追い込みの1週間前から家でも弾かせ、点数をつけました。
 
今までやりたがらなかったピアノ練習も追い込みでは本人も気づいたのが二つ返事で弾いてくれました。
 
「うーん、惜しい、92点」
 
なぜ92点???、膨れっ面で物言わぬ抗議をする娘。
 
本番1日前はノーミスで弾いてくれたので100点をあげました。
 
嬉しそうです。
 
誉めることでプラス思考にする。
もうこのやり方です。
ピアノの弾き方に関しては1週間前から一切口にしませんでした。 
 
本番当日、妻と娘とモノレールに乗って会場に向かいました。
冷たい風が吹いていましたが太陽は味方してくれてポカポカ照ってくれました。
 
パレット久茂地市民劇場、う~ん、立派。
6才にしてここでピアノを弾くのか、すごいなぁ~。
 
午後2時にスタートしました。
娘は13番目。
みんな緊張しています。
途中で止まるんですね~頭は真っ白・・・
12番目の女の子はミスなしでした。
 
13番目、名前をアナウンスされる。
曲はクリスマス・メドレー。
 
舞台左袖から娘が出てきました。
中央で止まり正面でお辞儀をします。
小さい体で椅子に座りピアノを弾き始めました。
 
ほとんどノーミス、初めて聴く人には分からないようなミス。
99点。
 
よく頑張った。
偉い。
 
拍手の中、舞台を後にする娘。
可愛かった。

120点
 

 

 


親バカです・・・

はい。
 
 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005年12月16日(金)

#E047 このWネックだー

テーマ:インストルメンツ

以前、東京の学校に行っていた記事を書きました。

 

こんな感じでした。

 

4月、春。
専門学校の最初の行事、オリエンテーリングが開催された。
学校長の挨拶などの形式的なプログラムが済み、
特別ゲストである渡辺香津美氏と井野信義氏の演奏が行われた。
記憶があいまいだが、体育座りをして見たような気がする。
ステージとの距離は近かった。
 
井野信義はウッドベース、渡辺香津美氏はギターを持って登場した。
香津美氏のギターは上がベースで下がギターのダブルネックのエレクトリックギターだ。
井野氏がウッドベースを弓でギコギコしている。
香津美氏はベースをエフェクタ―でループ音をホールドさせ
それにシンクロさせてギターを弾いていた。

 

#TK004 東京 その4

 

なんと、そのギターを発見。

 

これだ~~~

 

watanabe kazumi wネックだ~

 

Aria ProⅡのギターだったんだ!

そんでもって下は12弦だったんだな~!

 

過去にワープです。

発見、驚きです。

 

ちょっと大袈裟か。

 


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005年12月15日(木)

#U064 バス通勤

テーマ:裏通り
忘年会シーズンでお酒を飲む機会が増え、胃は悲鳴をあげている今日この頃・・・
どうせ飲むのだからといつもの車通勤をやめバス通勤をすることにした。
 
朝のラッシュ時、バス停に立っているとむこう側の車線に修学旅行の女学生を乗せたバスが信号待ちで停止した。
おそらく中学生か。
 
なんとバスの窓から5人くらいがボクに向かって手を振っている。
 
「は~なんなの~」
「え?だれに?ん?」
「なに、おっちゃんをからかってるんだ~」
 
 
まんざら嬉しくないわけでもないが・・・
 
 
「うーん、今自分はどうするべきなのか、手を振るべきなのか・・・」
「あ、わかった、あの子達は手を振ったら返してくれるか賭けているんだ」
 
あれこれ考えても・・・目をそらして照れ笑いするしか出てこなかった。
女学生を乗せたバスは走り去った。
 
通勤のバスの中、さっきの光景を思い浮かべ、照れ笑いするしかない自分ではなく拳銃をバーンってやってる姿を空想していた。
そんな自分にまたまた照れ笑い。
 
 
 
あ~こんなこと書くのもまたまた照れてしまうな。
最近は録音機材のことばっかりだったから、こんな記事も・・・
まぁいいか。
 
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2005年12月14日(水)

機材を買わないで録音 その5

テーマ:録音

そろそろソフト編に行こうと思います。

 

フリーのハードディスク・レコーダーはたくさんあると思いますが、

とりあえず、サウンドエンジンはおさえておきたいですね。

 

SoundEngineダウンロードサイトへ

 

ちょっと脱線しますが、ここにシェアウェアのKillerNoizeという製品があります。

これはノイズ除去ソフトです。

このソフトを試したのですが、ノイズだらけの音声からくっきり人の声が聞き取れました。

脅威です。

 

話をサウンドエンジンに戻して、

なぜ、サウンドエンジンを推奨するか・・・

 

それは充実した波形編集と数々のエフェクト機能です。

こんなすごいフリーソフトはあまり見たことないです。

 

最近使用した例だと、ノイズだらけの会話が入ったボイスレコーダーからのwaveデーターをKillerNoizeでノイズ除去。

このデーターは2時間連続のデータでした。

このままだと音楽CDで焼けません。(650Mは74分)

ここでサウンドエンジンを使用しデータを1時間ごと2つに分割しました。

ボイスレコーダのデーターはモノラルだったため音楽CDで焼くことができませんでした。(これは初めて知りました)

これもサウンドエンジンを使用してステレオに変換しました。

分割、統合、変換、なんでも高速で処理してくれます。

 

エフェクト処理では、リバーブおよびディレイ、コーラスなどの空間系エフェクト。

音質ではグラフィックイコライザー、マスタリングプロセス。

 

音量調整ではコンプレッサー、ノーマライズ

などなど、すごい機能です。

 

このサイトに読み物というコンテンツがありました。

ボクのヘタなレビューよりこれを読んでいただきたいと思います。

SoundEngineの レコーディングガイド

SoundEngineの ファーストステップガイド

あたりから読んでみてください。

 


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005年12月12日(月)

機材を買わないで録音 その4

テーマ:録音

機材を買わないで録音 その4 マイク編。

 

このシリーズ、終わりがくるのでしょうか。

マイクに話題が集中しているので、そのへんを記事にしちゃいます。

 

まずは普通のマイクロフォン。

 


タイピン型モノラルマイクオーディオテクニカ AT9642

タイピン型モノラルマイク
オーディオテクニカ AT9642

デジタル録音機器対応の高音質小型モノラルマイク

 


SHURE マイクロフォン SM58-LCE【送料・代引手数料無料】  

SHURE マイクロフォン SM58-LCE

ダイナミックマイクロフォン

これぞ大定番、ほとんどのPA屋が持っている

 



 ◎AKG C1000S

AKG C1000S 

お値段お手ごろ、コンデンサーマイクロフォン

楽器&ボーカル用

ファントム電源と電池でも使用可能

 


★AKG/STUDIOコンデンサーマイクPERCEPTION200  

AKG/STUDIOコンデンサーマイク
PERCEPTION200

これは僕の欲しいもの、これとチューブプリアンプが欲しい

 

なんだぁぁぁ、機材を買わないっていうコンセプトだったんだど、物欲が~~・・・

 

 

 

GooChanご希望のUSB対応のマイクロフォン。


USBタイピンマイク Win Mac兼用  

USBタイピンマイク Win Mac兼用

ありましたありました

 

 

マイクロフォンUSBアダプター

マイクロフォンUSBアダプター

このアダプターを使用することにより、
サウンドカードのトラブルから解放され、
ノイズを軽減
・適正音量の実現・・・

 

↑なるほど。

 

いろいろなマイクを調べてみましたが、本格的な録音なら②、③、④ですね。

⑥は使えますね。

 

 


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005年12月11日(日)

機材を買わないで録音 その3

テーマ:録音

それでは前回の続き、サウンドレコーダーを使って録音するまで。

 

サウンドレコーダーの場所は

スタート→プログラム→アクセサリ→エンターテイメント→サウンドレコーダー

です。

 

 

とりあえずマイク入力端子にマイクなりギターを接続した段階でスピーカーから音が出ていると思います。

デスクトップパソコンとノートパソコンの2台で試してみました。

 

サウンドレコーダーの編集→オーディオのプロパティでこの画面が現れます。

 

 

次に録音の音量をクリックします。

 

 

録音コントロールが出ました。

この中の全ミュートがチェックされている場合は音が出ません。

また音量が小さい場合も音が出ません。

 

デスクトップ・パソコンはStereo MIxerに選択された状態で音が出たのですが、

ノート・パソコンは音が出ませんでした。

試しにMICを選択すると音が出ました。

音が出ない方はお試しください。

 

あまり音量が上がりすぎるとピークを超え、雑音になるので適当な音量にセットしてください。

 

それでは録音開始。

サウンドレコーダーの右端の赤いボタンを押して録音スタートです。

60秒、録音可能です。

 

 

いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。