川崎市多摩区の市立中学3年の男子生徒(14)が、いじめられている友人を救えなかったことを苦にする内容の遺書を残し、自殺していたことが9日、神奈川県警麻生署への取材で分かった。同署は遺書の真偽を確認するため、学校関係者らから慎重に話を聴く方針。
 同署によると、7日午後4時50分ごろ、同市麻生区の自宅に帰った母親(44)がトイレで倒れている生徒を発見。生徒は病院に搬送されたが死亡した。トイレで薬品を混ぜたとみられ、死因は有毒なガスによる中毒死の可能性が高い。
 同署によると、トイレ内に手書きの遺書があり、「自分は責任感、正義感が強い」「友達を救えなかった」という趣旨の内容が書かれていた。遺書には「いじめ」の言葉があったが、自分がいじめられているとの記述はなかったという。同署は、いじめに遭っている友人を救えなかったことを苦にした自殺とみている。 

陸自ヘリ、今秋派遣 スーダンPKO、月内に準備命令(産経新聞)
「辺野古は困難」菅首相と初会談の仲井真知事(読売新聞)
消費税引き上げ「必要」66%…読売世論調査(読売新聞)
引き揚げ警護大隊の戦友会 あす最後の慰霊祭、40回の歴史に幕(産経新聞)
阿久根市長告発を受理=職員降格問題―鹿児島地検(時事通信)
AD