沖縄返還を巡る密約文書の開示請求訴訟で勝訴した原告の一人で元毎日新聞記者の西山太吉さん(78)が10日、東京都文京区で講演し、9日の東京地裁の判決について「歴史に残る判決」と改めて評価した。

 演題は「知る権利は守られたか」。西山さんは、支援者ら約160人を前に、訴訟に至る経緯を身ぶりを交えて説明。「われわれが裁判を起こして今回の判決を導き出していなければ、外務省の外部有識者委員会による報告書が密約問題に関する唯一の解明文書となり、国民の知る権利は封殺されていただろう」と指摘した。【内藤陽】

【関連ニュース】
沖縄返還文書訴訟:日米密約認め、国に開示命令 東京地裁
日米密約:非核の虚構 崩壊 歴代外相、弁明に終始
日米密約:外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委
密約:藤山・マッカーサー討論記録 政府「不公表」答弁書
日米密約:「説明受けた」中曽根元首相、認める

<連合>参院選に向け不満くすぶる 「小沢氏辞任」は陳謝(毎日新聞)
<民主党>特別会計の検証開始 5月に提言へ(毎日新聞)
iPhone「アプリ」開発 冴える日本人(産経新聞)
走行中の後席、7歳男児が窓に首挟まれ意識不明(読売新聞)
名張毒ぶどう酒事件 「再審決定を」支援者が高検に要請(毎日新聞)
AD