鳩山由紀夫首相は17日午前、都内の新宿御苑で「桜を見る会」を開いた。雨が降る中、首相は「晴れたときには人が集まってくるが、雨が降ると1人去り、2人去り消えてしまう。雨の時に集まってくれる友こそ真の友だ」とあいさつ。低迷する内閣支持率と自身の状況を天候になぞらえたようだ。

 首相はまた、「寒いときに美しく桜が咲いている。新政権もそうでなければならない。現在、厳しい状況を迎えているが、改革の志、時計の針を大きく、前に前に進めさせていただきたい」と決意を語った。

 この日は政財界やスポーツ界、芸能界などから招待客が出席。首相は精力的に記念撮影や握手に応じていた。

【関連記事】
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪
GWのJR予約数、天気と高速で東高西低?
首相「やはり桜は日本」 さくらの女王らが表敬
気象異変?桜長持ち 6地点で最長、寒気と暖気せめぎ合い
あでやか花のアーチ 岡山・たけべの森で「桜まつり」
外国人地方参政権問題に一石

みかんの搾りかす有効活用、バイオ燃料に(読売新聞)
<チューリップ>春の香、満喫 三重・桑名(毎日新聞)
<岡部まり氏>民主から出馬へ 参院選・大阪(毎日新聞)
「キセル」2年半 車掌を懲戒解雇(産経新聞)
30分間無人、告示日の長崎県南島原市選管(読売新聞)
AD