北朝鮮による拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(71)は2日午後、埼玉県上尾市内の自宅前で、鳩山首相の辞任表明について「びっくりしたというより、がっかりした」と話した。「この政権には(拉致問題解決を)期待してきたが、全く進展がなかった。この4、5年、政府はこの問題にあまり力を入れてこなかった。しかも首相はちょくちょく入れ替わる」と批判。「総理は確かに苦労は多かったと思うが、拉致問題を含め、死にものぐるいで解決しようという意気込みを感じられなかったのは残念」と述べた。【平川昌範】

【関連ニュース】
韓国哨戒艦沈没:拉致家族会などから北朝鮮追加制裁の声
韓国艦沈没:北への資金移動監視強化へ 日本が追加制裁
北朝鮮拉致問題:被害者家族らが国連人権高等弁務官と面会
北朝鮮拉致:衆院選候補の77%が回答 救う会アンケート
韓国:北朝鮮の「偵察総局」に注目 哨戒艦沈没関与説も

葬儀業者から「心付け」大阪市が10人懲戒免職(読売新聞)
搬出制限区域近くの食肉加工場、出荷ゼロ続く(読売新聞)
小沢氏が引導電話「政権もたぬ」…検証1(読売新聞)
夫から妻へ「親族優先」の角膜移植が終了―改正法の一部施行後初(医療介護CBニュース)
<H2Aロケット>不明の相乗り衛星ハヤト「生きてた!」(毎日新聞)
AD