東京地検は31日、公判を担当した事件の被害者女性と不適切な交際をしたとして、地検立川支部の神林(かんばやし)周平検事(35)を減給3カ月(100分の10)の懲戒処分にした。神林検事は同日辞職した。

 地検によると、神林検事は09年、職務上の必要がないのに女性と飲食するなどしたという。立場を利用した交際ではなく、公判で女性に有利な発言をすることはなかったという。発覚の経緯は明らかにしなかった。神林検事は02年10月任官、09年4月から立川支部で勤務していた。

 大鶴基成・次席検事は「検察官の職務の公正に疑念を与えかねない行為で、誠に遺憾。国民の皆様に深くおわびする」とコメントした。【大場弘行】

元交際女性の水着写真送る、容疑の会社役員を逮捕(産経新聞)
高校無償化法 成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
<名誉棄損>ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める(毎日新聞)
立川支部検事を懲戒処分=事件被害女性と交遊-東京地検(時事通信)
ツシマヤマネコの感染防止へ飼い猫管理条例(読売新聞)
AD