農林水産省は10日、家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫に特有の症状を示す家畜が宮崎県の宮崎、日向、西都の3市で新たに見つかったと発表した。宮崎市と日向市で感染疑いが出たのは初めて。発生場所は、口蹄疫ウイルスの拡散を防ぐため、県東部の多発地帯で家畜にワクチンを接種した半径10キロ圏の外。ウイルスが封じ込め網を越え、外側に飛び火した可能性がある。
 農水省と宮崎県は、感染疑いが強いと判断し、遺伝子検査の結果が11日に判明するのを待たず、3市の3農場で飼育されていた牛と豚を全頭殺処分することにした。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫対策特別措置法」
〔グラフィックス〕口蹄疫で殺処分の対象となった家畜の累計頭数
首相、迅速対応を指示=都城市で口蹄疫

<普天間移設>「日米交渉は岡田氏が主役」防衛相
無言で1万円札わしづかみ、大阪のコンビニに刃物強盗
Microsoft、「Open XML SDK 2.0」をリリース
別れ話に腹立て、ツイッターで殺害予告した疑い(読売新聞)
石原都知事 「菅首相、役人うまく使って」(毎日新聞)
AD