宮崎県で家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫の感染が拡大していることについて、宮内庁の風岡典之次長は25日の定例記者会見で、「天皇、皇后両陛下も大変心配されていると伺っている」と述べた。
 同次長は「両陛下は一刻も早くこの問題が終息し、家畜農家や、地域の人々が安心できる状況になることを強く願われていると思う」と語った。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
申し訳ない気持ち=口蹄疫拡大で農水相
種牛の離島疎開始まる=口蹄疫リスクを回避
〔グラフィックス〕口蹄疫で殺処分の対象となった家畜の累計頭数

貞観地震 震源域「宮城県沖」より広く…9世紀(毎日新聞)
<高校無償化>朝鮮学校への対応、検討会議始まる 文科省(毎日新聞)
直木賞、電子書籍に…「ほかならぬ人へ」早くも(読売新聞)
皇居ランナーが自転車と接触、女性軽傷(産経新聞)
「すき間ない救済目指す」 大阪にアスベスト研究拠点 (産経新聞)
AD