ヒールでミドル

とあるチームのセンターバックの暇つぶしでございます。
暇つぶしというか、仕事つぶしてます。というか暇です。


テーマ:

中村憲剛がもう一皮、二皮むけるにはどうすればよいか?

それはまず猫背をなおすことである。

フッキのように反りかえれ!と言ってるわけではなく

もうすこし姿勢を正すだけでいい。それだけで大分変わってくると思う。

なんでそこまで劇的に変わるのか?自分も適当にいってるわけではない。


①心肺機能の改善

背中が丸まっていると、肺も縮まるので、機能を十分に活かしていることには

ならないらしい。背筋を伸ばすだけで、肺のパフォーマンスを高めることができる。

肺のパフォーマンスが高まるということは、心臓もより多くの酸素を身体に供給するということ。

メリットは計り知れない。


②柔軟性を高める

猫背になると肩甲骨近辺の筋肉が凝り固まってしまうので、

そこから派生して股関節など、サッカーに必要な筋肉、関節の柔軟性が奪われる。

ミドルシュートは上体をかぶせたほうが宇宙開発にはならないのだが

それは猫背とは違う。スムーズにボールに力を伝えるためにも、

筋肉、関節の動きをスムーズにする必要がある。メ



③視野が広くなる。

かれの場合、もともと視野が広いが、もっと視野を広くすることができる。

自分でやってみてもわかるが、猫背だと周りを見渡す動きをとりづらい。

中村の場合、類まれなる能力で視野を確保できているが、も猫背を直すと無敵。



Jリーグなどを見ていても、猫背の選手は割りと多い。

トゥーリオも猫背がひどいし、愛媛FCの森脇もかなり目立つ。

森脇の場合は猫背を直すとスピードも改善されるかもしれない。

サッカーのコーチだけじゃなく、陸上のコーチなどをつけて

ランニングの姿勢から見直していったほうが、森脇のスケールアップには

つながるとおもう。なんでユースのときに矯正しなかったのかがわからん。


猫背も個性といえば個性だし、それによってうまれるメリットもあるのかもしれないと

いろいろ考えたり、調べたりしたがそういうことは全くなさそうだ。


自分も結構猫背で、子供のころから猫背を指摘されていたが、

ただ単に注意するだけではなくサッカーに関係してくるんだ、と注意されていたら

もしかしたら直っていたかもしれない。ものの言い方は重要である。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

cfrさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。