ヒールでミドル

とあるチームのセンターバックの暇つぶしでございます。
暇つぶしというか、仕事つぶしてます。というか暇です。

勝ったということで全てを忘れてしまわないように by トダさん


テーマ:

リーグ戦は・・・悪天候が続きまくり試合がリーグとして消化できなくなり、

2試合が打ち切りになってしまいました。

昇格のライバルたちとそこそこ渡り合ってきて、

さあ秋・冬で勝ち点を積み重ねるぞってときに打ち切りになってしまって、運もなかった。

今となってはサボテンに0-1で負けたこと、FC大泉と引き分けに終わったのが悔やまれる。

上位対決をきっちり制することができなかったのが全てかな。実力も足りなかった。

でも序盤戦のつまづきのおかげで、チーム力はアップし、

ここ数年では一番仕上がってきたので、かろうじて全試合消化できそうなコパセタガヤ

(世田谷トーナメント)には希望をもって臨むことにする。

 

で、先日ようやくベスト8が出そろいました。

準々決勝のカードをみてみましょう。

 

Aブロック:東京レッドスター vs FC新星

よく練習試合してもらってるレッドスターさんが、センセーションを不戦勝でくだして

勝ちあがりました。おなじく新星もシュシュ青山を不戦勝でくだして勝ちあがってます。

でもまあ結果は順当かもしれません。

レッドスターは結構メンバーが安定してきてて、攻撃のタレントはそろってきてるから

新星ともいい勝負をするんじゃないかな。

でも新星は今年リーグ戦無失点で、守備が安定してる。

世田谷屈指の安定感を誇るヨーイチ氏の牙城は高いよ。

若いレッドスターと、勝負強さの新星。赤星vs新星ってことでスターダービー。

注目です。

 

Bブロック:ルビナ vs レアルコスモス

これまた良く練習試合をしてもらってるルビナさんが

難敵千歳クラブをPKでくだして勝ちあがりました。2試合連続PK戦で勝つのは

運もあるし、それくらいの勢いをもってあがってくるチームは結構化けたりする。

レアルは超つよいけど、苦しめてほしいね。

レアルはうちらが苦戦したFC大泉に9-0で勝ってるからどないやねんと。

まあでもルビナはセンターラインがしっかりしてるし、レアルと戦うのに必要なレベルの

アジリティを備えた選手もDFラインにいるから、ここも激戦を期待。

ロースコアならルビナの金星もありえる。が、レアルは強いからね・・・。

 

Cブロック:ボンボンvsオイト

1部の強豪同士の対決。ボンボンがきっちり人数揃えたらオイトを苦しめることも

充分可能だと思う。でもボンボンは7番のボランチがいないと苦しいかも。

さらに、オイトのエースと張り合えるCBも2枚いないと大変やね。

まあ、レアルやオイトや新星、そしてSOFCといった世田谷四天王と

それ以外のチームが戦うには、ベストメンバーをそろえなきゃだめってことです。

 

Dブロック:RDFCvsCFR

自分はRDFCのファンですらあるので、最大限のリスペクトをもって

試合に臨もうと思っておりますが・・・、こないだRDFCの試合をみたときに

結構選手層が若返ってるのが気になりました。リーグ戦もルビナと2-2やし。

こりゃ絶対油断できないな。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

先週末、コパセタガヤの1回戦が行われました。

早速ですが、それぞれのブロックから結果を見てみましょう。

 

Aブロック(左上)

■希望ヶ丘SC(土曜) vs センセーションズ(コパ限定) 1-1 PK3-5

コパセタガヤといえば「センセーションズ」というファンも3人くらいはいるはずで

世田谷区の教員集団。普段のうっ憤を晴らすかのようなド派手なユニフォームが目立ってました。

試合も少しだけみましたが、要所要所にテクニカルな若い先生がいたように思います。

初戦は堅くなりがちですが、がちがちのドローからPK戦を制してました。

全員決めてるのは凄いね。さすが先生。精神力が強そう。

 

■東京レッドスター(日曜1部)vsAS LIGARO(土曜) 2-1

土曜日リーグの首位と、CFRと縁のあるレッドスターさんの試合ですが

レッドスターが2-1でLIGAROをくだしました。レッドスターは若いタレントも多いし、

全体的にクオリティも高い。きっちりメンバーを揃えたら穴がないのはわかってたけど

土曜のトップチームに勝つのはさすが。レッドスターのGMのIさんとは、使ってる焼肉屋が

一緒なので、ある意味家族ぐるみの付き合い。買ってくれてよかったです。

 

■新星(日曜)vsエルスール(日曜)  2-1

ダチョウ倶楽部のおでん芸のごとく、コパセタガヤの鉄板といっても過言ではない

このカード。10番の怪我の長期離脱もあって不安視されていた新星でしたが、

エルスールを接戦でくだしたようです。新星はベテラン陣がそろって得点をあげたようですね。

新星は個人的にもチーム的にも相手をイナすのがうまい。

終わってみれば新星みたいなゲームも多い。彼らと一緒にプレーをすると学びが多いです。

エルスールは残念でしたね。

世田谷屈指の勝負根性を持ってるチームだから悔しさもかなりあるはず。

結果を聞いてるだけでも試合内容がわかる好カードでした。

 

Bブロック(左下)

■WAS(土曜) vs LUBINA(日曜) 1-2

土曜3位のWASを、これまたCFRと縁の深いLUBINAがくだしました。

LUBINAは3部ですが、2部上位以上の力はあります。

とはいえ、土曜の強豪相手に勝ち切ったのはさすがですね。

LUBINAも要所要所にタレントいるから簡単には崩れないけど

こうして練習試合で切磋琢磨してるチームが勝ちあがると嬉しいです。

 

■千歳クラブ(コパ限定) vs P's buddy B(日曜) 2-2 PK5-4

世田谷の古豪がトーナメント限定参戦。都リーグを戦うため世田谷リーグを

脱会していた千歳クラブが泥臭く初戦を制しました。

P's buddy Bには傑出した攻撃のタレントがいるのでなかなか攻略するのが

難しいと思われましたが、打ち合いに持ち込めたようです。

世田谷リーグのオールドファンには堪らない結果になったんじゃないでしょうか。

次の試合のLUBINA戦は好カードです。

 

■スパシーモ(日曜) vs FC大泉(日曜) 2-4

FC大泉の順当勝ちですかね。

FC大泉はセンターバックがしっかりしてるのでスパシーモが2点とったのは

結構驚きだけど、いい選手がはいったのかしら。

 

 

■スパシーモ(日曜) vs FC大泉(日曜) 2-4

FC大泉の順当勝ちですかね。

FC大泉はセンターバックがしっかりしてるのでスパシーモが2点とったのは

結構驚きだけど、いい選手がはいったのかしら。

 

■有栖川FC(日曜) vs ディアボロス(日曜) 0-3

ディアボロスの不戦勝。

正直、試合が成立してもらえないとセタゴラとしてもさみしいし、

書く気も失せる。

 

■レアルコスモス(日曜) vs 安藤ハザマ(日曜) 13-0

容赦ないですね。でもそれがレアルの魅力。

 

Cブロック(右上)

■AC colture (日曜) vs ベーゼ(日曜) 4-0

近年しぶとい戦いで存在感をだしていたベーゼを学生サークルが粉砕したそうです。

おもえばBATEAも結構トーナメントは勝ち上がっていたから、なんか懐かしいね。

どんな選手がいるんだろ。情報お待ちしております(笑

次は、農大色の強い世田谷のトップチームOITOとの戦い・・楽しみだねー。

 

■バビロンズ(日曜) vs OITO(日曜) 5-0

バビロンズがはじめてトーナメントに参加したとき、たしか準優勝してるんよね。

そのとき優勝したのは三宿。なんか懐かしいね・・・。

バビロンズは面白い(キャラ)選手がおおくて、当時は若さと笑いの勢いが

凄かったのを覚えております。

そんなバビロンズを圧殺したのは、世田谷のド真ん中をいくOITO.

きっちり5-0でしとめております。さすがやね。

次のコルト―レ戦は500円払ってでも見てみたいわー。

 

Dブロック(右下)

■FC世田谷(日曜) vs とれんでぃ(日曜) 1-0

日曜4部でちょっと負けがこんでいたとれんでぃですが

FC世田谷と接戦だったようです。FC世田谷もちょっと最近元気ないですが

これで波にのってこられるとうちが困るんよね。リーグ戦やトーメントでCFRともあたるし、

でもリーグ最終戦で昇格のライバルであるサボテンさんには勝ってもらわんと・・・(笑

 

■RDFC(日曜) vs キディ(日曜) 2-1

世田谷のボカシニアーズといえば、RDFC。

若いけどメンバー集めに苦労しているに違いないキディに勝ったようです。

俺はどこか世田谷のチームのユニを購入できるとしたら、RDFCのユニを買う。

そのくらい意外と好きです。次のFC世田谷との試合は地味なカードかもしれんけど

世田谷リーグマニアにはたまりませんな。

 

■おやQ UNITED vs TDN(土曜) (3-4)

おやQは今年から4部に参戦したチームですが、壮年のおやQさんの流れを

汲んでいるようで。ユナイテッドという名前からして、複数チームの連合かな。

自分も世田谷の仲間たちとチームをつくって他のリーグを共闘してるけど

そういうのすごい楽しいから、個人的には応援したかったですがTDNさんが

打ち合いを制して勝利。

 

■アバンティ(土曜) vs KDDI(土曜) 1-0

土曜日リーグ同士の戦いですが、リーグ2位のアバンティさんが勝利。

少し試合もみましたが、アバンティは前線に迫力がありましたね。

KDDIも決死の守備で応戦していましたが、結構圧力ありました。

うちはアバンティさんと次回対戦しますが、楽しみです。

 

■CFR(日曜) vs 京セラ(土曜) 1-0

京セラさんは、イメージ的にベーゼのようなチームでしたね。

サッカーをしってるベテラン陣に、若手がちょいちょいまじってて、

チームとしてまとまってる。正直、試合は苦戦しました。

全体的に見ればうちは押してましたけど、相手GKもあたっており

攻めども攻めどもゴールを割れない展開。

引いて守るだけじゃなく、要所要所で決定的な攻撃をしかけてきて、

とくにフィジカルの強いFWのフリックを使ったロングボール攻撃が結構やっかいでしたね。

自分でいうのもなんですけど、GKの神セーブ2発がなかったらやばかったですね。

GKをつとめたのは他ならぬ自分ですけど・・・。

メンバーの体調不良と寝坊でドタキャンが発生。正GKを欠いたし、自分がGKをやることで

攻撃の切り札もなくなる展開でしたが、、、非常に苦しかった。

最後の最後まで偏った采配をせず、終盤の良い流れにチームを委ねましたが

最後の最後に一番難しいシュートをメンバーが決めてくれて、ほんと報われたと思う。

GK冥利につきる試合でした。

 

次の注目カードは、

 

センセーションズ vs レッドスター

LUBINA vs 千歳クラブ

コルト―レ vs OITO

CFR vs アバンティ

ですかね。

 

まだ1回戦も好カードが残ってます。

BonBon vs サボテン

 

いや、ほんと楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

高橋が俊輔をたおしただ、

 

アンロペの寄せが甘いだ、

 

中林のはじく場所が悪いだ、

 

競ったのは俺じゃないだ、

 

個々の選手のミスが気に障って気に障って仕方ない人が多いんだなー、

 

と感じる昨今です。

 

残留争いは、心がささくれるからね。わかります。

 

でも、たとえばこないだの仙台戦の失点・・・

 

タンバか誰かがクリアを選択せず、自陣の深い位置で

ふんわりパスをアンロペにだして、ふんわりしてた分相手の寄せも早くてアンロペが囲まれ、

ボールを奪われ、相手にドリブルされて、味方同士がプレスをゆずりあってボールをとれず、

ドリブルで危険なエリアに入られたのにそこのカバーもなく、アタックするどころか

ずるずる引いてミドルうたれて・・・

それに逆サイドはアンロペがとられそうなのに、その後のカウンターを想定してないのか

なんかちんたらしとるし、おかげで中もスカスカ・・・多分声もでてない。

要するに失点なんてほぼ全員のせいなんですわ。

でもそんなのほとんどのサポーターにとっちゃ関係ないし、

被弾したとこだけ切り取られるんだとしたら、GKやDFが批判の矢面に立たされるわね。

 

ミスが3回続くと失点・・・だから最後のとこだけみて仲間を批判するんじゃない!

と恩師に怒られて以来、結構さかのぼって反省をするようにしてます。

今思えば、貴重なアドバイスだったな、って思う。

 

 

頑張れアンロペ。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

開始30分くらいまでは、ゴールできるのは時間の問題。

 

これ・・・絶対勝てるパターン!

 

と思いきや、後半から仙台のプレッシャーに屈してしまいまして

 

結局0-1で敗戦。

 

俺の気の緩みが、サンフレッチェ界隈に伝わってしまいました。

 

ポテンシャルと野性味を兼ね備えた小学生みたいなプレーで

 

一喜一憂させてくれるアンロペもゴールを決めれず・・・。

 

ならばパトリックでも !! と思ったけど、

 

ここでバカスカと点をとるようなら選手だったら

 

ガンバもかしてくれんよな・・・

 

それにそもそも、ミキッチがクロスうまかったら日本でプレーしてないよな・・・

 

世の中、いや、ピッチ内、特にビッグアーチは不条理で満ち溢れてるけど

 

世の中うまくできとるなと感じた次第であります。

 

で、加えて清水のエスパルス移籍・・・。

 

この明らかな負のスパイラル。

 

うまくいってない感。

 

もがけばもがくほど足をからめとられる底なし沼。

 

それが残留争い。

 

それにしたって、そろそろでそうな森崎和幸のセンターバック。

 

水本 千葉 森崎 タンバ で 4CB。

 

これでまもったらええやん。 

 

もっと、もっとロングボールをパトリックに放り込んでさ、ガッツンガッツンやろうよ。

 

2列目は、高橋 柏 ミキッチ(アンロペ)で ワ―ワ― 走らせる。

 

いかん、頭が河川敷モードになってる。

 

でも、みたいわー、柏のトップ下。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ツイッターを開くと、

 

我が愛するアンロペに対するポジティブなツイートがさほどなく、

 

それで自分がキズついてるわけでもないのですが、

 

プレーを見てたら無理もないなと思う。

 

特に良くないのはボールの奪われ方。

 

その時間帯、そのエリアで、そんな軽いプレーを選んでボールとられる?

 

残留できるかできないかの瀬戸際でもあるし、

 

数年前の自分なら激怒の対象だったと思います。

 

でも去年から感じてたけど、アンロペはたまに 「おっ?」と思わせるプレーがあるんですよね。

 

さっきのプレーはマジひどかったけど、意図はわかる、、、みたいな。

 

俺が監督やチームメイトだったら、「それ、結果最悪だったけど、チャレンジはしてみ」 みたいに、

 

可能性を感じるプレー。

 

草サッカーは、プロよりもミスが多いし、練習もできないからなかなか改善することもできないので

 

ミスからですら選手の可能性を見出す必要がある(笑

 

自分が成長したとか、目が肥えたわけじゃなく、ミスに対する考えがかわってきたんだと思う。

 

3人の監督が、アンロペをスタメンで起用する理由もなんとなくわかるんよね。

 

致命的なプレーもあるけど、蘇生的なプレーもある。

 

よくわからん表現だけど、アンロペからは生命の息吹を感じるのです。

 

もちろん、即戦力であるはずの外国人枠を使ってわざわざ育成する必要・・・

 

あるのかい? というのはある。

 

そこは誰よりも長すぎる目で、フロントや監督たちと同じくらい長い目で、

 

俺はみようと思ってます。

 

彼がゴールを重ねたら、残留は近づく。下手したら天皇杯とれたりして。

 

夢があるね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。