公明党の夏の参院選マニフェスト(政権公約)の全文が3日、明らかになった。雇用対策では、新卒の未就職者に対する就職活動支援を掲げ、大学卒業後3年間は「新卒者扱い」とする法整備を進める。

 低所得者や高齢者向けの住宅としては「セーフティネット住宅」を100万戸確保。国会改革では、国会議員の歳費を削減するとしただけで、素案で「3割削減」とした数値目標は見送った。議員定数の削減目標も明記されなかった。

 主要政策として(1)雇用保障や年金・医療の充実など新しい福祉を提案(2)景気対策・成長戦略(3)クリーンな政治の実現(4)国民のための行政の実現-の4つを掲げた。

【関連記事】
消費税率「当面10%」 自民、参院選公約に明記
菅代表就任なら消費増税に踏み込みも 参院マニフェスト
見直し連発の経済政策 大風呂敷の末に投げ出し
「責任重大」他党の批判が集中 参院選民主陣営からは安堵の声も
「独り勝ち」のみんなの党、無党派層吸引
「はやぶさ」帰還へ

<鳩山首相辞任>昨晩、辞任意向…首相側近明かす(毎日新聞)
郵政法案たった6時間で強行採決 野党激怒「前代未聞の暴挙」(J-CASTニュース)
菅、樽床氏の争い=4日に民主代表選、新首相指名―小沢グループは自主投票(時事通信)
<秋葉原事件>「地獄」34人が証言 検察側の立証終了(毎日新聞)
<脱税>社長在宅起訴、著名絵画の売却益申告せず 津地検(毎日新聞)
AD