Goaltending in FLOORBALL

ゴールを守ること、それが全てです。
フロアボール(室内ホッケー)でゴールキーパーをしています。
さぁ、シュートを打ってきなさい!!



テーマ:
「キーパー動画でイメトレしよう」3つ目の選手です






③Patrik Aman(SWE)






フロアボールでキーパーをしていれば
誰でもこの人の映像を見たことがあるでしょう

WFC2012、2014チャンピオン
スウェーデンのPatrik Aman選手です



他の2人と比べると明らかに違いますね

・動きのスピード
・動作の大きさ
・手の動き
・足の使い方(すべらせ方)


身長も一番低い(それでも180近くあります)ですが
動きでカバーするタイプですね

日本のキーパーに多い動き方をしているかなと感じます



前の2人より動きが激しく感じますが
上半身が低くならず頭の位置も同じ高さを保っています

両手は腿の上あたりで構えます

シュートを打たれる瞬間は
ほぼ体勢はストップして反応する準備ができています

足の動かし方も前の2人とは違うところがあります
動きたい方向の逆足で蹴るのではなく
右に動くときは右足の膝を立てて動くスタイルです


そして私の好きな「左右均等の動き」タイプです(笑)



滑りのスピードが早いのは
足首がやわらかく
蹴る力が強い
のではないかと考えます


そのスピードに上半身がついていけているのは
体幹がしっかりしているからだと思います
(これは3人に言えることで、どのキーパーにも必要だと思います)




以上
トップゴーリープレーヤー3人の動画比較をしてきましたが
『三者三様』
どれも手本になります

自分の動き方に迷ったときはマネてみたり
同じような動画を撮って確認してみたりして
キーパーの技術を向上していきましょう!!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
さて2人目を見ていきましょう得意げ




②Andis Blinds(LAT)




バランスも良く
体格の大きさを活かした姿勢で
ゴールをほぼ覆っている感じがします

ただこちらも癖がありますね

右に動く場合と左に動く場合で
動き方が違います

「左足」を動きの支点としている感じがします
「右膝」はほぼ床についています

最後の方で立ち上がっての移動をしていますが
左から右への移動の時だけ立ち上がっています
これも左足中心の動きから来るひとつの癖と考えられます


この「立ち上がっての移動」
日本人ではあまりできる人はいないと思います(うまい人は数人いますけどね・・・)

ただこれも取り入れる価値がある移動法です

海外のGK練習動画をみるとよく立ち上がって逆サイドへ移動しています
(ジュニアや女性にも多いかな?)
慣れるまで難しいかもしれませんが
1度試してみるのもいいでしょう



話を戻します

上半身は直立をイメージしていて猫背感はないですね
手を置く位置も①と同様
膝のやや上ですが手のひらがやや前に向いています
(ここは個々人のやりやすさだと思います)

身体が大きいせいか
他の2人に比べ左右の動きは重く感じ
足元が少し弱いかな~(私と同じです)と見てて思いますが
ポジショニングは正しいのでシュートへの対応は落ち着いています


構え方の全体イメージとして見本となるキーパーだと思います

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
映像を見たキーパーの皆さんと
「あーだ、こーだ」言い合いたいところではありますが・・・


思ったところを
ここに書き残したいと思います






まずは①Henri Toivoniemi




彼の特徴は「左足」です
他の2人と大きく異なる点です


右へ動くときも左へ動くときも
「左足(膝下)」がほぼ床に接しています

これは癖でもあるのでしょう
最初からこのスタイルで始めているとは思えません
長年続けているうちに(ケガなどあるなかで)このような形になったのではないでしょうか



「左右均等でバランス良い動作=私のイメージ」だったので
この考えを覆されました


しかし彼の域まで到達すると
この癖は逆にプラスになるのでしょうか?


●移動の時に右膝が開きやすくなり股下が開くが
左足が常に床に接している分ゴロのシュートを防ぎやすい(股下を抜かれることがない)
●腰が落ちる(尻餅をつく)ことがない


右に動く場合は両手を床につき移動
左に動く場合は右足で床を蹴り移動

違いはありますが
移動のスピードに大差はないように見えます
上半身もブレずに安定しているのでシュートへの対応も問題ありません



身体に柔軟性のない人はこのスタイルもおすすめできるのではないかと考えます



手の位置については
膝のやや上に手の甲を前に向けてシュートに備えるスタイル

シュートを打たれる瞬間に両手は同じ高さに動かし対応しています
手で触りに行くというよりはコースを切って当てに行っている感じでしょうか

腕を大きく激しく動かすことがないのは
身体の大きさとポジショニングの良さなのではと考えますが
皆さんはどう感じましたでしょうか??



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。