(このときは,この後あんなことになるとは,まったく予想できませんでしたー!(^_^.))

 

 

ちょっと報告が遅くなりました!

 

5/14(日)に開催された「HSR九州サイクルロードレース第1戦」に出場してきました。

 

結果は,「決勝で落車によりDNF」

 

残念な結果でした。

 

落車による怪我は擦過傷で大したことなかったのすが…

 

調子は悪くなかったので,ちょっと悔しいというのが本音です。(-_-)

 

このHSR九州の大会は,年間を通じてのシリーズ戦で,ポイント数で最終順位が決まります。

 

今回,DNFだったので完走したらもらえるポイントもなく,「0」ポイントだったので,それも痛いですねー(^_^.)

 

まあ,第2戦から気合を入れて頑張ります!

 

レースの内容は,まず3周回の予選第1組へ。

 

パラボラのmidoさんと「きらら浜」同様,同組。

 

どうやら,今年はmidoさんと縁がありそう!(笑) 

同じような脚質なので確実に勝負ポイントが同じになり,からめること間違いなさそうです!(^_^.)

 

人数が多いので,前目に位置して,最後のスプリントで周りを見ながら,余力を残してゴール。

 

予選12位で決勝へ。

 

ここまでは,順調でした。

 

決勝で,予選1・2組で通過した40名。

 

25周回によるレース。

 

高校生が多いのが気になりました。

妙な動きが多すぎて,やはり集団が落ち着かないからですね!

 

3周回目くらいで,4名の逃げが成立。

 

最大40秒以上の差が開き…

 

集団は時より散発的にアタックがかかり,活性化するものの長くは続かず,先頭4名との差が縮まらない。(midoさんを初め,パラボラのみなさんがうまくコントロールしてました!(^_^.))

 

走りながら,「こりゃ!逃げられちゃうな!」とうすうす感じ始めてました。

 

そこで,この集団で上位に入るようにと考え始めた矢先に・・・

 

落車・・・(T_T)

 

ホームストレート後半で,高校生が2名が接触し,落車。

 

その落車のあおりをくらった選手が更に落車。

 

そして,その落車した選手のバイクが私のバイクの前に飛んできて…

 

ギリギリイン側を走っていた私。

 

左は壁。

 

前に落車して飛んできたバイク。

 

「どこに逃げればいいじゃー?!」「逃げられないやないけー!」

 

ってことで,フルブレーキングもむなしく・・・

 

転がっていたバイクに乗りあげて,転倒。

 

落車した私のもとへ,係員の人が声をかけ。

 

また同じチームで観戦に来ていたNさんも駆け寄ってくれ。

 

バイクはそう大きなダメージはなさよう。

 

チェーンが外れていたので,入れなおし。

 

「大丈夫ですか?どうします?」という係員の呼びかけに!

 

「走ります!」と答え

 

Nさんが「あれは逃げようがなかったです!がんばってください!」と励ましの声をかけながら背中を押してくれました。

 

前には集団は見えず…

 

ただひたすら差を詰めるべく,一人TT。

 

集団から落ちてくる高校生が数名。

 

「後ろにつけるかー?」と声をかけるも,最後まで来れたのは1名。

 

ひたすら一人で前を牽く。

 

やはり単独で前を牽きながら集団との差を詰めることは難しく・・・

 

徐々に先頭4名との差が縮まり。

 

残り2周回を残して,先頭4名と後方集団にかわされたところでジエンド!

 

あと1周回だったー!(-_-)

 

周回を終えて,医務室へ行き,簡単な治療をしてもらい・・・

 

何とも言えない,残念な気持ちを抱えながらのレース終了でした。

 

まだ,力を出し切れていなかったので,悔しさが残る結果でしたが,気持ちを切り替えて次に臨みます。

 

レース後,いろんな方に励ましの声をかけていただきました。

 

ほんとありがとうございました。

 

1週間ほど経ち,怪我の擦過傷はだいぶ治ってきています。

 

今週も天気がよかったので,毎日ジテ通&トレーニングしてました!(^_-)(笑)

 

さあ,次は6月の「壱岐サイクルフェスタ」

 

上半期の重要な位置づけのレースです!

 

2年ぶりの出場。

 

強者がわんさかと押し寄せるの大会。

 

自分の力がどのくらい通用するのか,楽しみです。(^_-)

AD

 

今回初めてきらら浜クリテリウムに参戦。

 

JBCFのレース初参戦ということで,ドキドキワクワク。

 

前日,福岡のmidoさん宅へお世話になり前泊。

 

福岡で一人暮らしをしている長女まで夕食をごちそうになり…

 

大会当日の早朝,5時45分に出て,midoさんの所属しているチーム「パラボラ」の方々と古賀SAで待ち合わせし,高速を隊列を組んで移動。

 

midoさんと話をしながらの移動だったのであっという間にきらら浜の会場へ着く。

 

着いて早々に,準備をし,コースを試走。

 

一度走ったことのあるmidoさんからコースについての情報を得ながら,一緒にアップ。

 

自分が予想していたのと違い,コースレイアウトはそれほどテクニカルではない感じ。

 

所々でコースが狭くなったり,コーナーで砂が浮いていたりする箇所あったのでチェック。

 

だだっ広い駐車場内のコースなので,風の強さが気になった!

 

確実に強い向かい風区間がある。

 

ここをどう乗り切るか,それともどう生かすのか!

 

悩みどころ!

 

私が出場するのは,一番下のクラス「E3」

 

その第1組目。

 

エントリーリストでは50名を超える人数。

 

コーナーはかなり混雑して落車リスクが高いかも!という印象。

 

やはり前目に位置して,自分のペースでコーナーを抜けるようにしたい。

 

1周2.3キロ×7周回 16.1キロ

 

スタートラインから2列目くらいにスタンバイし,スタートを待つ。

 

スタートと同時に前目に。

 

アタックはかからないものの,残り6週回目と3周回目にスプリント賞が設定されていたので,そのあたりで大きな動きがあるのではないかと。

 

ときよりペースの上げ下げがあるものの,淡々とレースは進む。

 

心配していた各コーナーもそれほど接触するような危ない場面はない。

 

コースが広めにとられているからだろう。

 

もう少しテクニカルでコーナー立ち上がりでインターバルがかかるような展開の方が,ふるいがかけられて,集団が小さくなるのだか…。

 

周回を重ねがらも前目をキープする。

 

しかし,少しずつ活性化し始め,徐々に前に選手が流れこんで,ときより少し後ろへ下がる。

 

集団後方では勝負にならないので,ペースが緩んだときに踏んで前に出る。

 

パラボラの選手の積極性が目につく。

 

その後ろへついて,状況を見ながらチャンスをうかがう。

 

パラボラmidoさんが前に出て逃げの形をつくる。

 

わたしから離れた位置でのアタックだったので,即座に反応できず…

 

残り周回を考えたら逃げてもよかったのだが…

 

結局,midoさんもしばらく単独で逃げたものの吸収される。

 

この流れでいくとやはり,最終周で勝負。

 

そして,勝負の最終周。

 

全体のペースがあがる。

 

midoさんが仕掛けて前に出る。

 

集団もこれに続く。

 

私も前から4~5番手の位置に。

 

バックストレートから細いコースへ入る。

 

軽いS字クランクを抜け,右カーブ。

 

強烈な向かい風。

 

多くの選手が前に。

 

少し反応が送れ,後退。

 

残り4つの直角コーナーを残して,この位置はまずい!

 

左そして,左の二つのコーナーを抜け直線になったところでダンシングを入れ,前に出ようとするが…

 

ほとんどの選手が踏みに入っており,思うように前に出られない。

 

13~14番手くらいか。

 

残りは2つの右直角コーナ。

 

コーナーを曲がりながらもペダルを回し,スピードを殺さないように曲がる。

 

最終コーナーを立ち上がった時点で,残り300mの直線。

 

前に10人近くの選手が見える。

 

ダンシングを入れ,必死に前へ。

 

ゴールが近づくものの差はなかなか縮まらず。

 

辛うじて,ゴール手前で一人を交わした。

※ voyAge cycling teamの藤田宏平さんのブログから写真を拝借。すみません。ありがとうございます。<(_ _)>

 

結局10位という結果だった。獲得ポイントは「9」。

 

余力はまだあっただけに,自分としても悔しい思いでいっぱいだった。

 

勝負どころを見誤った感が。

 

残り2つのコーナーに入る時点で少なくても前から2~3番手にはいないといけない。

 

そこに位置するために力を使いきるくらいの覚悟がなければ…

 

最後のスプリントはなんとか粘れるはずだから。

 

強烈なスプリント力があれば最後にかけることができるだろうが…

 

スプリント力がない自分には,もう少し前からの仕掛けが必要だろう。

 

しかし,今回とてもいい経験になった。

 

きらら浜のコースの特徴もある程度つかめたし,次回はもう少し違う展開にもっていけるだろう。

 

最後まで勝ち負けのできるレースができるようにしていきたい。

 

midoさんも最後のスプリントで私のすぐ後ろにいたようで…

 

お互い似たような体型と脚質だなと。

 

二人で帰りは反省会だった。(^_^;)

 

今回,JBCFの大会でも十分戦えると実感できたので,次回こそは良い結果につながるようにがんばろう!

 

E3の2組目で,GINRINのTさんが2位に入賞!

 

レースを観戦しながら,絶妙の位置取りで,最後にスプリント力を大爆発!

 

ほんと理想的なレース運びだった!

 

とても勉強になった!(^_-)

 

AD

5/5(金)に開催された「鹿児島サイクルフェスタIN谷山中央自動車学校 2017」に参加してきました!

 

今年初の試みで,自動車学校の敷地を借り切ってのイベント。

 

「ロードバイクの乗り方スクール」や「ちびっこのりだー」「ロードバイクの試乗会」「エンデューロ」「ロードレース」など,多彩な催しがありました。

午前中は,会場設営や「ちびっこのりだー」のボランティア。

 

午後からは,「60分間耐久エンデューロ」と「ロードレース」へ出場と充実した一日でした。

 

午後からは嫁と末娘も会場に来てくれて,楽しんでいたようです。

 

告知の期間が短かったので,参加された方は大勢とまではいかなかったけど,イベント自体の内容はとても充実していて,十分楽しまれたのではと!

 

来年再び開催されたときは,もっと広く情報を伝えて,参加人数を増やし,盛り上げられたらと思います。

 

「ちびっこのりだー」は鹿児島グランプリ開幕戦とあって,参加人数も多く,とても盛り上がっていました。

「ベイビー」「年少」「年中」「年長」とカテゴリがきちんと分けられていて,どのレースも見どころいっぱいでした。(笑)

家族そろって楽しめる催しです!(^_-)

 

また,スクールには地元の「南大隅高校自転車部」の全面バックアップのもと,基本的な乗り方やテクニックなど丁寧に教わるいい機会だったのではないかと思います。

 

また,午後からの「エンデューロ」や「ロードレース」は,日頃なかなか見ることができないので,そのスピード感と迫力,レース中の選手の駆け引きなど「非日常の世界」を垣間見ることができて楽しまれたのではないかと!

 

「ママチャリレース」は参加チームが少なかったのですが,どのチームも終始笑い声が絶えず,盛り上がって参加されていました。

交代も自由なので,とても参加しやすいイベントだと思います。

 

このイベントの企画から運営まで,ほんと大変だった思います。

 

主催者の「スマートコーチング」のスタッフのみなさん,本当にありがとうございました。

 

このイベントをきっかけに,鹿児島での自転車への興味関心,盛り上がりが高まることを期待したいと思います。

 

今回,セレクシオン南九州の監督Wさんと一緒にボランティア&レース出場をしました。

 

マスター40歳以上の部(人数は少な目でしたが…(^_^.))

「60分間エンデューロ」では,監督と私で,「ワンツーフィニッシュ!」(^_-)

「ロードレース(クリテリウム1キロコース×8周回を2回)」で,私と監督で「ワンツーフィニッシュ」

少しはチームの宣伝もできたでしょうか!(^_-)

 

少しでも地元に貢献していけるように,今後も活動できたらと思います。

 

さあ,明日は「第6回JBCFきらら浜クリテリウム(山口)」に出場。

 

今日は福岡へ移動。

今夜は,自転車仲間の福岡在住midoさんのところでお世話になり,明後日の早朝に山口入りする予定です。(^_^.)

 

初JBCF大会への出場。

 

今の力を全力で出し切ってきます!

 

AD

今日は,完全オフに!

 

結構,きてます!疲労が脚に!(笑)

おっさんなんで,休むことも練習なんです…(^_^;)

 

で,明後日の5/5(金)「鹿児島サイクルフェスタIN谷山中央自動車学校」と5/7(金)の「きらら浜サイクルミーティング」に向けて,朝から自転車のメンテを!

(いつも4時起きなので,休みの日でも5時くらいには目が覚めてしまいます!(笑))

 

今回も普段から乗り慣れている「BH ウルトラライト」で出場することに!

 

まずは洗車。

 

ひどい油汚れを落とすのには,ワコーズの「フィルタークリーナー」がすごい威力を発揮する!

 

普段乗りで汚れに汚れているスプロケが,ピッカピカ!(^_-)

普段使っている「フルクラム レーゾロ」でレースに出てもいいんだけど・・・

 

やはり,決戦用の「ROVAL」で!

 

ブレーキシューもカーボン用に交換。

 

そのついでに,アルミ用のシューもメンテ&交換。

 

結構,ゴムに金属片が刺さってて,ブレーキ時の「シャーッ!」って音が気になりますよね!

 

ホイールはお高いので,少しでも長持ちさせるには,こんなところにも気を使って!

 

脱脂したパーツの注油も忘れずに!

 

あとこまごまとした部分も丁寧にメンテ。

 

そして,

 

はい!「できあがり!」

ゼッケンも付けられるように準備しましたよ~!

 

少しでもよい結果が出せるようにがんばります!(^_-)

 

 

先週から新たに取り組み始めたこと。

 

週の中日(水曜)に,チーム監督のWさんと2時間半のノンストップ山岳練習を開始。

 

これまでの平日は,通勤を兼ねたジテ通ライド(約30キロちょっと)で練習をしてきた。

 

これから大会が目白押しになり,更なるレベルアップを目指し

 

何かしらできることはないかと・・・

 

ちょうどそんなときに,監督から「少しきついけど水曜の朝に,2時間半のノンストップ山岳練をしませんか?」とお誘いがあり,

 

嫁に相談。

 

快くOKが出て

 

第1回目の「水曜ノンストップ練」が始まった。

 

監督がキツイですよ!と言っていた通り,なかなかハードなコース設定!

 

ノンストップ山岳練習コース(谷山〜錫山〜川辺〜頴娃〜喜入農免)

 

 トータル67.8km、1200m up

 

5時にスタートして,7時半前に到着。

 

そこから直で職場へ。(笑) (^_^.)

 

さすがに走り終わったあと,ヘロヘロだったので仕事きつかったです!(^_^.)

 

まあ,慣れてきたらなんとかなるでしょう!(^_^.)

 

毎週とはいかないまでも,コンスタントにこの練習を積み重ねることができたら,レベルアップできるはず。

 

なにせ,苦手な山岳コース&上りのスペシャリストWさんが一緒なので,鍛えられますから!

 

 

そして,この週末土曜日は・・・

 

いつもなら,超強力な面々が参加する「サクイチ」に行くのですが・・・

 

金曜の夜に,「監督」と「アンカーなあの方」から練習のお誘いが。

 

 

 

隼人に9時集合で,牧園,霧島方面に。

 

3時間とちょい,がっつり鍛えられました。

 

最初の上りで,なんとか食らいつこうとするものの,最後の最後で力尽き・・・

 

山岳のスペシャリストお二人に「まだまだじゃのー!」と背中で叱咤激励されました!(笑)

 

途中,3分半のインターバル練を5本。(^_^;)

 

かなりの向かい風の中ひたすら前を牽くあの方。

 

最後のスプリント場面で一瞬横に並びかけるも,本気出されて一気前にいかれる…(^_^;)

 

さすがです。

 

その後,コンビニで補給を入れ,帰路へ。

 

しかし,牧園から隼人までの下り基調のコースで,「15秒ごとに先頭交代しましょ!」とあの方から!

 

下りが多いと思い,安心していたのもつかの間。

 

あの方が前を牽くと…

 

ツキイチでも,めちゃキツイ!(T_T)

 

下りなのに…

 

平気で1分くらいはガンガン前で踏みまくります!

(日本で一番TT速い方ですからね!)

 

ついていくのがやっとこさ。

 

自分が前を牽く15秒がなんとも長く感じて。

 

切れそうになるのを何度もこられ必死でした。

 

最後の最後まで,ほんといい練習になりました。

 

プロの方とこんな風に練習できる環境に感謝!

 

他のスポーツでは絶対にありえない,考えられないことですから!(^_^;)

 

この1週間はほんと密度の濃い練習ができました!

 

おかげで,からだ中のあちこちがパキパキです!

 

さあ,また来週もがんばろっ!