今日は、関西国際空港から伊勢志摩の近くの鳥羽駅前まで回送しました。この写真は、夫婦岩の先の伊勢志摩自然公園で撮りました。さざなみの音が気持ちいいです。海が頑張れと応援しているようです。海が応援してくれているので僕は海から元気と勇気をもらいました。次の車の回送も安全運転で頑張りたいと思います。ちなみに海と一緒に写っている車はトヨタのヴィッツです。





AD
ここ郡山は3月末か4月初めまで、雪がチラチラ降ります。
そしてシーズン終わりに1度は雪が積もります。
このシーズン終わりの積雪を、個人的に「春のバカ雪」と呼んでます。

そして本日、「春のバカ雪」が降りました。十数センチの積雪です。

雪の回送業務、まずは近場をウロウロしました。
回送してる時間より、移動時間のほうが多い状況です。
雪が積もっているので、店舗様への移動が大変でした。
歩き難いし、バスは遅れるし・・・

移動の途中で見かけたツバキと紅梅、せっかく咲いたのに雪が積もってなんだか寒そうでした。

近場の後は福島へ向かい、郡山まで回送です。
まぁ、これも近いですけどね。

回送途中で連絡が入り、回送が追加となりました。
店舗様から急遽の依頼があったようです。
初めての1日5本回送となってしまいました。
といっても、ラストは日付変わるな・・・。
AD
釜石から東京・綾瀬までの回送でした。
550Km有りました。
那須塩原付近は雪の予報でしたので、少し遠回りでも、45号国道と6号線を利用しました。
正解でした。
しっかりと雪が降ったようです。

納車と引き取りの何れも取り引きに時間的余裕が有りましたから良かったです。

ゆとりを持って業務に就く事の大事さを感じました。
AD

本日、登録業務で大曽根-小牧-大曽根でした。

そして、またしてもナンバーを外そうとしたら…十字穴が滑ってます。

封印側だったので、封印を取ってしまえば、あとはラチェットで回せる!

と、頑張って取っている最中に思い出したんです!この十字穴はマイナスドライバーでいける!無事、外して登録完了!

お次はETCのセットアップです。

ここは難なくクリア!

無事に納車完了して帰路へ。

本日はこの一本で早上がり。

 

先週は関東エリアや北東北エリアの回送がほとんどで、1週間ぶりに地元定番回送コースで庄内空港に来た。
ここから酒田駅までリムジンバス移動、待ち時間1時間。

暇なので空港施設2階に上がると、ドレスが展示されている。




「何でだろう?」と覗いて見ると

どうやら鶴岡市内の子供・学生たちで繭から製糸して作ったドレスのようだ。

山形県民ながら、鶴岡が養蚕、製糸、製織、精錬、染色、プリント、縫製という絹製品を作る一連の技術、体制が域内にある全国的にも稀有な地域であることを知りませんでした。

展示品の中の「kibiso」のアルファベットが目につく。

どうやら鶴岡のブランドのようだ。

「きびそ」とは、
生糸の原材料となる繊維を繭からたぐる糸口で、蚕が繭を作るにあたって最初に吐き出す糸のこと。太くて硬いことから、繊維として生糸に使われることがほとんどなかった素材だったようだ。

その「きびそ」を使い、エコロジカルで自然素材のナチュラルさを引き出した新しい絹製品を生み出し、その製品ブランドが「kibiso」。

古くて、新しい感じのするお洒落な商品に仕上がっている。

庄内空港に来ると、鶴岡生まれの製品がテーマになって展示されていることがときどきあり、ご当地産業の勉強になります。

以前に人工蜘蛛の糸「スパイバー」、今回は「kibiso」と、鶴岡市民は昆虫が作る糸が好きなのかな⁉