タイワンヌ

4月7日~4月9日まで

台湾行って来るでよ。


ウチのグループが、このあいだ

全社MVGをとっちゃったりなんかしちゃったりしたから

「ご褒美に。」ってことで、タダ同然で!(ここめっちゃ重要)

行けちゃったりなんかしちゃったりするのだ


でも・・・・・台湾?(´・ω・`)

何があんの?


正直びみょ。


まぁ、でも行ったことないし

料理はうまそうな感じだし(広東料理に近いイメージ)

BoAいそうだしBoAが無理なら、せめてビビアンスーで。

タダだし(自分で金払ってまで台湾行こうとは思わない)

タダだし(わざわざ週末つぶして、会社のメンバーと行こうと思わない)

タダだし(ここで使うよりはゴールデンウィークにお金まわしたい)


・・・・ま、頂けちゃうものは頂いちゃいますか!的なノリで。



AD

決して、デザインがKYOTOになっているのは

気まぐれではない


また今年もやってきた!

修学旅行のシーズンが!!


去年も企画した「大人の修学旅行」

「大人の修学旅行」の趣旨はこうだ

高校のときの友達たちと

改めて京都を散策し、京都の息吹を感じる

寺の歴史を感じ、紅葉を目で楽しみ、

要ははっちゃけようぜ、ラッシャイ


中学・高校共に修学旅行は

京都でした


正直あのときは

「あぁん?寺だぁ?クチャクチャクチャ、ペッ」

ってなもんでしたよ


寺の良さが全くわからんかった

だから、学校に提出した見学コースを逸脱し

大阪に行って、勝手に食い倒れとかしてた始末


しかし!

今ならわかる

寺の良さが。


年くったから。おそらく。


竜安寺の石庭とかを縁側に座りながら

ボーっと1時間くらい見てたい気分


ライトアップされたお寺と紅葉を見て

「WOW!beautiful!!」

と京都に観光に来た外人さんよろしく、感性を刺激されたい



去年は男女混成チーム5名で行った

今年は増えて7名


さぁ、今年はどんなことが待ってるやら。



とりあえず、集合場所は東京駅銀の鈴前!


きひっ

修学旅行チック


新幹線ではY談!


うひっ

大人の修学旅行チック


夜は自由に旅館を抜け出して、各自夜の京都を満喫するように。


ぶひっ

ダメな大人の修学旅行の匂いぷんぷん

(≒飲んだくれ)



まぁ、そのなんだ・・・

来週まで紅葉持ってくれれば、それでおk


待ってろい、京都のかわいい舞妓さんたち!


AD

再び韓国へ

今から韓国行ってきます。

ソウルの空港の税関で

「目的はなんですか?」

と聞かれて

「竹島を返してもらいに来ました」

とか言っちゃったら、強制送還されちゃったりするのだろうか。

 

それとも

「HAHAHA!!ナイスジョークだぜ、ボーイ!」

とアメリカナイズに会話が成立するだろうか

 

何もなければ月曜日帰還予定。

ほんじゃ。

 

AD
せっかく仙台来たんだから
やっぱ見とかないと
日本三景「松島」


冬の寒空に(気温5℃くらい)
なんとも寂しげな風景がベストマッチ

←左の写真がそれ




見ると松尾芭蕉の石碑が建ってた

松島や
ああ松島や
松島や
        芭蕉



俳句って奥が深いな
・・・なんて、思うものか

牛タンヌ

仙台といえば牛タン

というわけで、ショーサクに案内されて
仙台で一番有名な
牛タン屋「利休」に来てみた


ここで牛タン定食を食べたんだけど
やはり仙台イチというだけあって、
牛タンが超弩級

←コレね

厚さがとにかく半端ない
一枚の厚さが、こっちの焼肉屋で食べるタン塩5枚分くらいの厚さがある

そんな牛タンがお皿に15枚くらいのっている
量も半端ない

東京のタン塩に換算すると、
15枚×5で75枚分を一人でたいらげたことに

おえっぷ

いや、めちゃくちゃうまかったよ
でも当分、牛タンは遠慮します
タイ 5日目 ・・・ 無終の美


~もうしません。ユルシテ~

起きたら当然二日酔い
アホみたいに飲んだ天誅みたいなもんです

ぐあー、気持ちわりぃー

とりあえず朝飯。
フルーツのみ


~それでも行かないと~

あんま外に出る気にならなかったけど
お土産探しに街に出なきゃ
あと、タイ式マッサージもやってみたいし

とりあえず街へ出てみた
・・・もう疲れた

スタバで休みたいと言い出すせろ氏
ラテ飲みながら、机につっぷし、でろでろでろ~

完全にフヌケです

それでも与えられたミッソンはこなさなければ。
お土産を探しつつ、よさそうなマッサージ屋を探す

当たり前すぎるところは行きたくないな~
なんて思ってたら、女の子たちが声をかけてきた

・・・もう探すのめんどいしここでいっか

こちらです~。言われて案内される一行

おいおいおい、なんか暗ーい階段上ってくぞ
なになにここは?
ふつうの一軒家ちゃうん?

案内された部屋は、ふっつーの部屋
布団が敷いてあって、カーテンがあるくらい

ヤヴァイ!
何かがヤヴァイ!

おれの第6感がぴりぴり言っている
みんな荷物は目の届くところへ!

マッサージする女の子登場

マッサージ始まりました

うむ

うむむ

いいではないか
もっと右じゃ・・そう、そこをもっと強うせい

おがぁっ
こんなアクロバティックな格好で骨を!
ポキポキポキ

気持ちぃぃいいぃい


なんのこたーない
フトゥーにマッサージ終了
一時間半で900円
すばらしい価格です


んでま、マッサージ終わって、お土産買ったら
もう空港行く時間ですわ


そんなこんなで、タイ旅行終了

5日目があっさりしてるのは
せろ氏がでろでろだったため、
特におもしろいことなかったからです

この尻切れ具合がまたヨシ


以上、長きにわたってお送りしたタイ旅行記を終わるよ

ながーい文章を読んでくれたみなさん
読んで笑ってくれたらしやわせ
タイ 4日目 ・・・ 脂ののったサーモン


~やっとこさゴロゴロバカンス~

タイに来てから3日間走りっぱなしで
本来の目的である
「プールサイドで昼間っからビール飲んでゴロゴロ」
をずっとやってませんでした

だから、今日はそれをやってみたいなーという感じ

でも、午前中はゴルフ!(←やっぱり遊びに行く)

13時くらいにプレイを終え
14時ころホテルに帰ってきた
いざ、ゴロゴロじゃいっ!

シャワーを浴びずに、速攻水着に着替え
プールへダーーーッシュ

そしてそのままプールへザブーン!

気持ちいぃぃぃぃぃぃ

プールサイドで寝てた外人たちは
うるせーなーって感じでこっちを見ていたけど
そんなのかまうもんかい

ひとしきり水浴びを済ませた一行
プールサイドのビーチベッドを陣取り
ランチとビールを注文

シンハービールもこんなシチュエーションで飲むと
さらにうめぇっ!

りょうといっしはビール飲みながら
寝ながら本を読んでいる
(↑おそらくこういうことをすることがかっこいいと思っての
  行動と思われる)

・・・ん?
おやおや?

タイ人の子供がうちらに興味を示している

プールの浅いとこで兄弟で楽しんでいたけど
こっちを見て
きゃっきゃっ
と遊んでいる

むぅ、明らかに誘っているデハナイカ
(やはりタイ人にモテている?)

おれが手を振ったり、ピースしたり、あいーんしてたりしたら
一緒に遊ぼうよ的なことを英語で言ってきた

りょうといっしはまだ本を読んでいる
せろ、行って来いよ
みたいな空気

よっしゃ、いっちょじゃれるか!

おれはビーチベッドを飛び降り
ライオンのモノマネをして
キャシャーーーーーーーーッ!!(奇声)
とその子供たちに飛びかかろうとした

その子供たちは
きゃっきゃっ
と逃げる

うは、おもろい
子供はかわいいなぁ

お次は浮き輪でキャッチボール

きゃっきゃっ
(いつの間にかおれもこんな声を出していた)

ここでバトンタッチ

お次はいっし

いっしは浮き輪を何個も体に通し
ミシュランのマスコットみたいになっている

これも子供にお気に召したようだ
めっちゃ爆笑

子供たちはそんないっしを見て
モスキートマン!(注:蚊男)
モスキートマン!(注:蚊男)

としきりに叫んでいた
モスキートマンって・・・なに?

おーっと、そこへりょうが乱入だぁ!

モスキートマンに向けて、りょうのドロップキックが炸裂!
モスキートマン倒れる!

カンカンカン
モスキートマン、ノックアウト

まったくもって騒がしい男たちである
結局こうなっちゃった
大体想像はついたけど


~お金もってる日本人~

さて、夜はやはり飲みである

今夜はタイの最後の夜
そらもうはっちゃけるしかない

まずは腹ごしらえ
タイスキというタイの鍋を食べた

その後、繁華街をぷらぷら歩いてたら
タイの女の子たちが誘ってきた

一緒に飲まない?

またか、またこのパターンか
まぁ、でも飲む分には楽しいからいっか

普通のバーみたいなとこに入り、
女の子たちとお酒を楽しみつつゲームをやる

タイ独特のゲームで日本ではみたこたないやつ
これで女の子たちと勝負することになった

勝負の際、いろいろ賭けた
やっぱ賭けないとおもしろくないもんね

1戦目:勝ったらディスコ連れてって!
⇒惨敗
 女の子たちを飲みの後ディスコ連れてくことに

2戦目:勝ったらここの飲み代おごって!
⇒またも惨敗
 女の子たちの飲み代おれら持ち

3戦目:勝ったらなにしてくれる?
⇒もう惨敗
 マッサージしてあげることに

やはりタイはアウェイである
なかなかアウェイで勝つことは難しい

女の子たちにガンガン飲まれ、
おれたちも負けじとガンガン飲み、
結構ピヨピヨ

宴もたけなわ、ご精算です

お姉さんたち、値段を見て
わーお、ちょっと高いかしら?飲みすぎちゃった、てへ
みたいな顔をしている

どらどら、どれくらいや

3000バーツ(約9000円)

男一人あたり3000円
これで6人の飲み代

やっすーーーーい

これで高いだと?
ネエチャン、日本人をなめるなよっ!
金は持ってんぞーっ、オラオラ!!
どんどん酒持ってこいやー、くひゃひゃひゃひゃっ
※サイアクな日本人像デス


~泥酔。それは男の浪漫~

ピヨピヨのまま約束通り女の子たちを連れてディスコへ

りょうはハコに入ったとたん
体をクネクネさせ、踊りながら奥のほうへ歩いてゆく
はっきりいって気持ち悪い
そのクネクネとした踊りが気持ち悪い

さらに悪ノリしたりょうくん
志村けんの変なおじさんの踊りをしたりしている
おれも一緒になって踊ってみる

月曜日はハンジャラゲ~♪

もう女の子たちひきまくり

それでも構わず飲んで歌って踊って・・・以降オボエテナイヨ
記憶が飛んじゃったようだ


その後・・・
いっしは女の子たちに拉致られたらしく
夜の街へ消えていきました

おれとりょうはトゥクトゥクでホテルまで帰ったらしい
そして、ホテルの庭でおれは吐いたらしい


ひさびさに飲んで、吐きましたお
学生以来です、こんなの

韓国でやらかしてしまったトシタカを思い出しつつ
4日目終了
タイ 3日目後半 ・・・ 新人アイドルのデビュー


~事件は会議室で起きてるの(真矢ミキ)~

現場にいたにも関わらず、現場で起きていた事件に
全く気づかなかったせろ氏とりょう

なぜかというとスキューバからの帰り道
ずーっと爆睡してたから

だから、途中でいっしの具合が急変して
途中のホテルでいっしを降ろして休ませてたこととか
気持ち悪くて苦しそうにしてたこととか
吐き気に耐えて、あぶら汗を顔に浮かせていたこととか
全く全然何も知らない始末

薄情なもんです

ちゃんと状況を飲み込んだのは
うちらのホテルに着いたとき

「ん?なんかいっし顔色悪いよ」

だから、悪いんだっつーの
寝ぼけてる場合じゃないよチミたち


とりあえずいっしをホテルへと送還したのち、
せろ氏とりょうはスキューバ代金の支払いや
明日まわるゴルフ場の予約のために
街へと舞い戻ったのであった


~違法行為に身を委ね~

スキューバショップで代金を払ったあと
街のインフォメーションセンターみたいなとこで
明日のゴルフの予定をたてたセロ氏とりょう

そのインフォメーションセンターの近くには
ファミマがありました

「おやつでも買って帰ろうか」

ってなわけで、いろいろとお菓子を購入し
代金は60バーツ(約180円)

100バーツだしたのでお釣りは40バーツ(約120円)

ここでぼくはおもしろいことを考えました

ここの繁華街からホテルまで
トゥクトゥクというタクシーで100バーツかかります

今もらったこのお釣り40バーツで帰れるかどうか
交渉してみようじゃないか!


という試み

トゥクトゥクのおっちゃんに声をかける
せろ「おっちゃーん。ホテルまで40バーツで乗っけてー。
   これしかないのよ!40バーツしか!!」
おっちゃん「何バカなこと言ってんのさ。100は出しな」
せろ「だからこれしかないって言ってるでしょ?
   なんとかしてよ」
おっちゃ「・・・(しょうがねー日本人だなみたいな顔をしてる)」

クイクイっと右のほうを指差すおっちゃん
そこにはアラーキー似のタイ人が原付にまたがって
こっちをニヤニヤして見てます

えっ、これでりょうと二人乗りして帰れって?

まぁ、国際免許持ってるし、わーったよ
自分で運転して帰るよ
原付レンタルってことね・・・はいはい

と、思ったら!
アラーキー似のタイ人がヘルメットをかぶり
笑顔でこういっているではないか!

「何つったってんだい?早く乗れよ!」
(ニカっっとめっちゃ笑顔)

はぁぁぁぁぁぁぁ?
マヂで?
原付に3人乗りしてくの?

うむ、まぁでもおもしろいではないか
いい余興じゃぞ、爺

ふっつーの原付に男3人が体を密着させ
なんとか原付に乗る

おいおい、これで走るの?

不安をよそに、走り出しました

いきなりエンジン全開!火を吹くぜ、ホンダエンジン!

プスーッ、トコトコトコトコ

時速15kmくらいしかでません
(しかもプスーってなに!?なにが抜けてるの?)

そらもう滑稽ですよ
50ccの原付に男3人が体を寄せ合い
時速15kmでトコトコ走ってる絵を想像なさいよ

あまりの滑稽ぶりに繁華街にいた欧米人の笑いものですよ
街行く人たちが笑いながらこっちを見ている(ような気がする)

あ、ランニングしてるおっちゃんに抜かれたよ・・・
おっちゃんの健康ジョギングより遅いとわ

でも、おもしろかったのでよしとしようではないか
なぁ、爺?


~実録!タイのクラブ事情~

ホテルに帰り、18時~24時まで昼寝をしました
いや、これはもう昼寝というレベルを超えている

夕方から夜まで6時間も寝やがってよ

しかし、夜はここからや!
街へ行くぞ、街へ
いっしの体調も良くなったみたいだし

というわけで24時過ぎ、ホテルを出発

やはり夜はクラブで踊りまくるっきゃないだろ
というわけで一目散にタイのクラブへ

すごいよ、タイのクラブすごいよ
これはクラブではない
ディスコだ
日本のバブル全盛時代のそれである

だって、選曲が懐かしすぎるのだもの
MCハマーだよ?ガニマタダンスの。
あれがふっつーにかかってるくらいだよ

こっちとしては懐かしすぎて盛り上がったけどさ


~続!タイのクラブ事情~

うちら3人はフロアの真ん中まで行き、
ひとつのテーブルに陣取りました

ハコはものすごい混みようです

ほどなくすると、タイの女の子が
うちらに絡んできた

「一緒に踊らない?」

うおっ、モテモテやんけーっ!
※多分勘違いです

おれ、りょう、いっしとそれぞれ女の子をゲットしたあとも
「一緒に踊らない?」
と別の女の子に言われたりして、取り合いみたいな感じに。

なんなのー?このモテモテな感じはーっ!
※日本人オ金持ッテルネ

それぞれの女の子と
くんずほぐれつ楽しく踊りまくり
あっという間に2時間くらい経過

いい汗かいて、気持ちよーくなってたところ
女の子がいいました
「帰りたくないよ。ホテル行こうよ」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ん?なになに、まだ物申すか

「1000バーツでどう?」

違う意味で
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

やっぱりそうか
日本人狙いで体を売ってるのかおまいらは
それが目的だったのね
モテてたわけじゃないのね(早く気づけよ)
※ヤッパリ日本人オ金持ッテルネ

しかし、残念でした
うちらは全くそゆことに興味ありません

きっぱりと
「はいはい、おれらはそんなんしないから」
と断るも女の子はかなりしつこい

帰ろうとしてもグイグイと腕をひっぱる

だぁー!しつこいよ!!
帰って寝させろよ!

「わーったわーった!明日また来るから、明日遊んじゃるって
 だから、帰らせろーっ!」

女の子ようやく手を離してくれました

まぁ、明日来ないけど