25日の土曜日のこと


筆者はリアルな世界で、マリオカートを体験することになる。

普通に友達たちとゴルフ行っただけなのに・・・・



――その日は雲が厚い日だった。


りょう・しんちゃん・トシタカとゴルフをしに成田まで行った。


結婚式も終わり、開放感満点だった筆者は基本ハシャギ気味。

※FFで言えば、常にバーサクがかかっていたというステータス


そのため、筆者がゴルフのカートを運転するときは

常にアクセルフルスロットル


※ちなみにゴルフのカートとはこんなもの↓

カート

※背景:南国仕様



このカートの走行性能を筆者は最大限に引き出すべく、

下り坂でも、狭い道でもフルスロットル。


そのため、運転席の隣に座っていたしんちゃんは

「セロ、あぶない!セロ、あぶない!ウワーーーッ!!」

と何度か叫んでいた。


思えば、このしんちゃんの叫び声が、あの事件を暗示していた。


前半7ホール目。

筆者はパーを取った。

いや、取ってしまった、と言うべきか。


もう止まらない。

筆者は完全に有頂天。調子コキマロ。失敬、調子こきまくり。


7ホール目から8ホール目に移動する。


もちろんカートの運転は筆者。

式が終わって、基本テンション高め、しかも、パーを取って、トランス状態の筆者。


道は下り坂。

今までの流れで当然、アクセルはフルスロットル。


下り坂を順調に飛ばす

ブォーーーッン!!!(←カートの最高速をゆうに越えている速度)


下り坂が終わると、そのまま左のヘアピンカーブ。


グィーーーッン!!!(←最高速のまま、コーナーへ突入。)


「あ、やばい。これ曲がれないんじゃないの?」


人は死を感じたとき、全てがスローモーションになるという。

それを体験した。



そのとき、筆者は咄嗟に思った。


「よし!ここは中学時代にマリオカートで鍛えたドリフトだ!」


キキーーーッ!!!


筆者は、咄嗟にブレーキを踏み、ハンドルを左に思いっきり切った


・・・現時はそんなに甘くない。



車体が傾く。


遠心力に負ける。


(ここらへん、超スロー。ゆっくりと景色が傾き、カートが傾き始めるのがわかる)



筆者はみんなにSOSサインを出した。


「ダメダ!カートはもう倒れる!よし、みんな飛び降りろ!」


・・・無理です。バカ言いなさい。


さらに、車体が傾く。


こうなったら、もう後はなすがまま。


「歯ぁ、食いしばれぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!!!」


ガシャーーーッン!!!




イメージ図1↓

横転



イメージ図2

横転2




ゴルフカート、横転


事故です、事故。アクシデンツ。

ゴルフ場にて、交通事故発生。



左に曲がろうとして、遠心力に負けて倒れたので

席の右側にいる人が下敷きになってしまいます。


カートはなぜか外車仕様の左ハンドル。運転手は筆者。

右側の助手席にはしんちゃん。


後部座席、左側にトシタカ。

右側にりょう。



倒れた直後、おれはハンドルにしがみついていたので、

しんちゃんを下敷きにすることなく、

しんちゃんも奇跡的に無傷。


問題は後部座席。


左側に座っていたトシタカ。

カートが倒れそうになって、スローモーションになっている最中

こんなことを思っていたそうである。


「うわー、バカバカバカ。倒れるって。っつーか、このまま倒れたら、

 りょうを下敷きにしてしまう。りょう、すまんー。」



現実、その通りになり、

トシタカはりょうをクッションにしたため、無傷。


あとは、誰だ。

りょうだ。


おれとしんちゃんは半ばパニック状態でりょうを見る。


「りょう、大丈夫か!?」


!!


なんと、りょうが見たことないような形相で苦しんでいるではないか!


「あ、やヴぁい。これは足か手か、カートの下敷きになって、骨折ったに違いない。」


おれもしんちゃんもそう思った。


しかし、奇跡的に、擦り傷は負ったものの、骨には異常がなかった。



その後の筆者の凹みようったらない。


その凹んでる様子を見て、しんちゃんと怪我をしたりょうはこう思っていたらしい。


「セロの凹みっぷり、かわいーなー。ぷぷw」



そりゃそうだろ!友達一人、怪我させちゃったんだから!



もちろん、その後、イジられまくる。

こんなネタをこのメンツが放っておくはずがない。


特にしんちゃん。

ここぞとばかりに

「セロ、怪我したのはりょうだけちゃうで。ほら、ここ。皮剥けてるし!

 いくらもらえるのかな~?」

→右手の中指の皮がちょろっと剥けてるだけ。血も出てない。


「あー、やばいよ。セロ。なんか首がおかしいわ~。首いったかも。

→明らかにとってつけ。ニアリーイコール、当たり屋。



いやー、でもホントに大事に至らなくてよかった


この事故があったにも関わらず、

筆者のゴルフの成績が結構よかったことには、あまり触れないでおこう。


AD

テッコンティキ

テーマ:

ふーむ

どうやらおれは結婚したらしい


人前式にてプロポーズをしてるらしい↓

アイコ

(photo by マサ)



その後、どうやら祝福されて退場しているらしい↓

退場

(photo by さえこ)




退場のときには礼をする

(サッカーの小野伸二がグラウンドから出るとき、礼をするのと同義)

ぺこり

(photo by パグ)




いやー、涙こらえてたおかげで、あまり記憶がナイ


新婦が出てくるまでは超余裕で

ヘラヘラしながら、バージンロードを歩き

みんなから花をもらいながら、前に行く


そして、新婦を待つために、

くるっと振り返ったら・・・

最前列にいるウチのオカン、既に号泣


あかん!


と思ってたら、曲が変わる

ミスチルの「and I love you」、ドン

(ちなみに、おれの入場曲だったのはDragon Ashの「Under Age's song」


時を同じくして、最前列にいた新婦の妹二人、号泣

おれも、ミスチルに魂が揺さぶられ、ジーンとくる


だから、あかんて!


バージンロードの先には、新婦父と新婦が登場。

新婦、涙をこらえ、新婦父は厳粛な表情。


ももも、もう、あかん!


ここからのことは

出席してくれてた人たちはもうご存知のこと。

新婦、号泣。

おれも涙を必死でこらえつつ、鼻ジュルジュル。


ゆっくり、式のことを脳にきざむ余裕などなく

ただただ、鼻水垂れないよう、涙が垂れてしまわないよう

これ以上泣くまいと必死必死。


でも、みんなに祝われて嬉しいためにクシャ笑顔。

要するに泣き笑い。


あー、人前で泣くなんて情けね~


と思いつつ、人前式終了。


でも、参列してた人、ほとんど泣いてたような。

式の間、いたるところから、鼻をすする音がしてた。


そんな雰囲気の中、怒涛の結婚パーティーへと続く。


・・でも、写真がまだできてない&パーティー内容は濃すぎる

という理由により、blogにはおそらく書ききれないと思われ。



AD

いよいよだ!

明日、結婚式です。


お盆はほぼ準備に忙殺。

そして、昨日はリハ。

いっちょまえにリハとかやっちゃった。

ってことは、準備万端か?


・・・否。

まだオワテナイ。


ここ数週間、休日と言えば式の準備ばかり。


準備関連でかなりおもろいことが頻発していたけど

式に参加してもらうみんなに内緒にしておかなきゃいけないことだらけで

なかなかblogに書けなかったのも事実。


そんな鬱憤を、全て、明日の式にぶつけます。


1週間前くらいは、明日の天気、雨でした。


そう、おれは雨男。

生粋の雨男。

混じりっ気なし、ピュアオイル純度100%の雨男。


おれが企画したイベントは全て雨になるという伝説を持つ。


しかも、今回はご丁寧に台風付。


こりゃもうダメかなーと思っていたら、

昨日あたりのから土曜日の天気予報が曇りになってるデハナイカ!


今回は天を味方につけたか!?


式に参加してもらえるみんな、明日会えるのを楽しみにしてるぜ!

一生に一度の大舞台。ここでやらずして、いつやる。


とは、言っても、主役は新婦。

新郎は刺身のツマみたいなもんだ。

ステーキの上にのってるクレソンみたいなもんだ。

お子様ランチのパセリみたいなもんだ。


新婦を引き立たせるよう頑張りまーす。


AD

ほどばしる○○

テーマ:

ただいま朝の5時24分である

お腹が痛くて起きてしまった


トイレに行って、目が冴えてしまったため

なんとなくここに記す


――昨日のことを振り返ってみる


昨日はお客さんへのアポやら、進めてた原稿やら

なかなかに密度が濃く忙しい感じで

お昼ごはんを食べれていなかった

(ちなみに朝ごはんもヨーグルトしか食べていなかった)


会社に帰ったのが夕方15時くらいで

それからもバタバタしてて、

夜の9時くらいまで一切何も口に出来ず

気持ち悪いくらいにハラヘリだった


「あー、もう限界。帰って、飯食お。」


と思ってたら、ひとみからメッセが!


「ハラヘタ。タイ料理行かない?」



というわけで、夜の9時半ころ、会社を出発し

新橋のタイ料理やへ。



そこでだ。

空っぽの胃に、激辛料理を流し込んだわけだ。

めっちゃうまかった。


ひとみと、

「からっ!うまっ!からっ!うまっ!」

を繰り返しながら、タイ料理を堪能。


しかし、今のこのハライタ。

どうやら、刺激物を入れすぎたらしい。



そして、どうでもいいが、

肛門がほどばしるほどアツイ。


昨日食べたタイ料理が

肛門を通過したためである。



一緒にタイ料理食ったひとみは大丈夫かねぇ

あいつもお腹弱いからなぁ