仕事納め

テーマ:

本日で2005年度の業務は終了でゅわ~っ!!!!


いやー、リクルートに転職してきて、もう1年経ったってことか

早い、早すぎる


昨日同期と忘年会をしたわけだけど、

同期はもうすぐ5年目


おれも社会人としてはもうすぐ5年目だけど

新入社員として入った会社で5年目ってのは重みがある


もう中堅、もう会社の核、もう稼ぎ頭

現場を仕切っているのは彼らだろう


昨日来てたメンツのうち

残留組と転職組の割合は半々くらい


みんながみんな

自分のキャリアプラン

について真剣に悩んだりしてるみたいだった


そりゃ、そうか


もう

「自分がこれから一生、何でメシを食っていくか」

について決めなきゃいけないような年だもんね



年明け、自分のキャリアプランについての面談がある


どれ、正月にじっくり考えよっかね



AD

笑いを科学する試み

テーマ:

毎年楽しみにしているM-1グランプリ


今年のメンツをみると

「いや~、これは今年こそ笑い飯の優勝ちゃうん?」

というのが大方の予想だったハズ


でも、M-1を見る楽しみのひとつに

今まで知らなかったおもろい芸人さんをチェックできる

というものがある


今年も来るか、未知との遭遇


やはりキタよ、キタ

今年も伏兵が。


その名もブラックマヨネーズ

今まで全く知らなかった

けど、やヴぁいくらいおもろかった


彼らの一発目の漫才を見たとき

笑いすぎて、腹よじれた


決勝戦の漫才みたとき

笑いすぎて、涙出た


いやいや、すげぇ

マジすげぇ



最近は固有ネタを持っている芸人さんが強い

例えば・・・


オリエンタルラジオ

武勇伝♪武勇伝♪デンデンデデン、デン♪


スピードワゴン

アマーーーーイ


南海キャンディーズ

これはクリリンの分!


レイザーラモンHG

フゥーーーー!

セイセイセイ

ばっちこーい



でも、固有ネタは浸透度が速い分

また、飽きられるのも速い

飽きられるまでが勝負


じゃないと、すぐ消える



ブラックマヨネーズに話を戻す


彼らは超正統派の漫才

一見地味である

いや、じっとみても地味である


ビジュアルもかっこよくない


ボケは顔ブツブツだし

ツッコミは若ハゲ


ある意味、救いようがないように見える


けど、彼らの漫才はすごかった


4分と与えられた時間を自分たちできちっと演出している


漫才の起承転結がしっかりしており

どの部分をピークとおき、

そのピークに向けいかにストーリーを練り込み

聴衆立ちのテンションをあげていくか


おそらく彼らはめちゃくちゃ頭がいい

そして、おそらくプレゼンの天才だと思う


正統派の漫才で笑いたかったら

ブラックマヨネーズ、一見の価値ありです

AD

男の顔立ち

テーマ:

「顔変わったね」


最近よくそう言われる


この前ウチで鍋パをしたとき

1年半ぶりに会った子に言われた


「せろさん、なんか顔変わりましたね~。穏やかな顔になってる!」



じいちゃんの葬式で5年ぶりくらいに会った

親戚のおばちゃんに言われた


「あら、せろ君。いい男の顔になってきたじゃないの。しまってるしまってる。

 あたしがあと5年若ければね~。」

⇒いや、5年若くても、多分ストライクゾーンには入らないと思います。


1人暮らしをしたせいで

3ヶ月会ってなかった親(オカンのほう)に会って言われた


「顔が優しくなったわねぇ。」



毎日鏡で顔を突き合わせている自分には

まずわからない

その変化がわからない


ただ、こうも周りの人に言われるとねぇ

そりゃ、自分がどう変わったのか聞いてみたくなります


上の3人にそれぞれ聞いてみた結果は以下のもの


1年半ぶりに会った子

「前会ったときは、仕事にやられてる感がありました。やつれてましたよ。」

⇒確かに前会ったときは、まだ転職前で、PJにやられてたとき。


親戚のおばちゃん

「まだ子供の顔だったわね。」

⇒最後会ったにはまだ大学生のとき。社会人としての顔を見るのは初めて。


オカン

「目がギラギラしてて、何か獲物を狙ってる肉食獣のようだったわ」

⇒・・・ノーコメント。むしろオカンの観察力と表現力に脱帽です。

もっぱら童顔でマルクルではあるけど

他人にわかるくらいの変化(進化?退化?フュージョン?)は

ちょこちょこしているらしい


これからどのような変化を遂げるか

個人的には、男の渋さキボン



週明けに前職同期との忘年会がある


みんなの顔がどのように変化しているか

要チェックや!と思う始末である。

(スラムダンクを最近読み返した)


AD

活字ジャンキー

テーマ:

多分、活字ジャンキー

いや、間違いなく


最近読む量が尋常じゃなくなってきた


なになに!?

そういう時期(バイオリズム)なのか


ここ1ヵ月くらいで読んだ本を書いてみる


●流星ワゴン (重松清)

●疾走 上・下 (重松清)

●バッテリーⅠ・Ⅱ・Ⅲ (あさのあつこ)

●冷静と情熱のあいだ ロッソ (江国香織)

計7冊


ふむ

やはりハイペースかもしれん


なぜにこんなに読んでるかというと

今まで営業の移動時間中ってほとんど寝てたけど

最近は本を読みふけっている


たまに入り込みすぎて、駅を通り過ぎることもある


ちなみに流星ワゴンは電車の中で読んでて

普通に泣いた。ジーンときた。


さえこも書いてたけど、この本いいよ。


重松清は今回初めて読んでみたんだけどかなりおもろい


あと、バッテリーね

これって年間の文庫満足度ランキングみたいので1位になってるらしい


これも最高


いい本に出会えると、それだけで幸せな気分になれマソ



さえこが流星ワゴンのことについて書いてたから

ついついオチを考えずに書いてしまった


しょうがないので、最後に無理やり

あんちゃん、カックィーーーーーーーーーーーーーー!!カッキーン!!