ボスキャラの倒し方

テーマ:
今日も元気にお仕事です。

日々、社長さんにアポとって、会い続けてます。

そんな中、すごい人にアポが取れてしまいました。
アマゾンドットコムの社長さんです。

・・・そう。あのアマゾンの社長さん。
インターネットで本売ってるアマゾンのシャチョさん。

きっかけはこうです。

たまにはでかい企業の社長さんとも会いたいなー。
どれどれ、googleで検索してみるか


「正社員 急募 東京 積極採用」
(↑すべてアンド検索)

したらば、自分のホームページで募集を訴えてる
企業が結構出てきた。

その中にキラリと光る会社が。
そうアマゾンです。

まぁ、ダメ元で。

と電話をかけてみました。

うまく秘書さんにつないでもらえました。

秘書さんに、取材させてくれ!と頼みました。

取材要綱を作成して、送れといわれました。

速攻作って、メール投げました。

・・・3時間後。

秘書さんからメールが返ってキタ――(゚∀゚)――ッ
「取材おk」

うっきょー!!
これは大型受注の予感!

うかれてる場合じゃありません。
ちゃんと事前にアマゾンの研究しなきゃいけません。


えっと、まず社長の名前は、と・・・・

代表取締役社長 ジャスパー・チャン氏

ん?

代表取締役社長 ジャスパー・チャン氏

んん!?

代表取締役社長 ジャスパー・チャン氏


ががが、外人さんではないか!!

えらいこっちゃえらいこっちゃ
おれ英語しゃべれないよ。

あっち日本語しゃべれるのか

インタビューどうするのか


あたふたあたふた


ひとみにメールうってみる

>Oh Yeah
>Really?
>HAHAHAHAHA
>アーハン?
>
>これでいけるはずだ



・・・うむ、いけそうな気がしてきた
AD

早くも仕事病

テーマ:

髪を切りに行った

そこで、美容師さんやアシさんが
どうやって働く美容院を選んでるのかが気になった

「家の近くにココがあったんで」
・・・ふむ

「専門学校の友達つながりで」
・・・ふむ

「とらばーゆで」
・・・それ!それだよ!待ってたのは。


そんな話をアシさんたちとして盛り上がってたら
店長がひょこっとやってきた

店長「セロさん、ちょっと相談あるんですけど・・・」
せろ「はい?なんでしょう。」
店長「エステティシャンが欲しいんで、募集したいんですよー」
せろ「おっ、いいですね。だったら、とらばーゆが一番ですね!」
店長「今日、名刺もってます?」
せろ「もちろんです。(こゆときのために常に名刺は持っている)
店長「んじゃ、月曜電話ください。ビジネスの話しましょう」
せろ「ニヤリ。わかりました。」


人あるところに仕事あり

来週、スーツを着こんで、
行きつけの美容院に乗り込みだ
AD

スポーツのいろは

テーマ:
何か新しいことを始めるとき
道具から入る人、手を挙げなさい



同志よ、安心しれ
自分もめちゃくちゃそうだ

今回のターゲットはフットサル!

イエローキャブとか
モー娘。とか
フジテレビのアナウンサーとかが
最近フットサルの大会に出てたことによって、
女性フットサラー(フットサルする人という意。)が
急激増加しているというフットサル!

上記のような理由でフットサルをやろうとしたわけではない。
・・・いや、厳密に言えば、これは嘘になるが
今はそこを突っ込む必要は特にはない。


そこで、サッカー小僧2号・ゴウを召喚
彼に聞けば、間違いないでしょう。

まずは新宿のギャラリースポーツへ。
紀伊国屋の裏あたりにあるスポーツショップです。

ここでは以下のものを入手
■フットサル用シューズ
■フットサル用靴下
■フットサル用ハーパン
■アンダーシャツ


それぞれ、自分の直感を頼りに
「おっ、これいいじゃん!」ってなものを選ぶ。
機能性についてはいろいろゴウがアドバイスしてくれてたけど
あまり聞く耳なし

お次に原宿のKAMOショップへ。
原宿駅の目の前にあるサッカーショップ。

ここでは以下のものを入手
■アイルランド代表のアウェイユニホーム
■フットサルをしたいと言っていた女の子



そうなんです。
KAMOショップでユニフォームを選んでたとき
女の子の店員が一緒にいろいろ選んでくれたわけです。

店員「サッカーやってらっしゃるんですか?」
せろ「いや、サッカーじゃなくて、フットサルです。」
  (↑ウソ。まだやってない。これからやる。)
店員「へぇ~。いいな~。どこでやってるんですか?」
せろ「会社帰りに銀座とかです。」
  (↑ウソ。再び言うが、まだやってない。これから。)
店員「チームに女の子います?」
せろ「えぇ。いますよ~。今度12日にやるんですけど、
   女の子は二人います。」
  (↑これはホント。)
店員「ウチの店でもチームあるんで、今度対戦しましょうよ!」
せろ「いいですね~。しましょうしましょう!」
  (持ってた名刺を出そうとするセロ氏・・・)
ゴウ「あ~、ミランのユニフォーム欲しい~」

が!ここでゴウが戻ってきた
空気読めよ、おら

完全に名刺渡すタイミングを逸したじゃねーか

せろ「・・・ちっ」
店員「??」
せろ「あ、なんでもないです。ハハハ」
店員「でも、フットサルのチームってどうしても男の子多くて
   なんか入りづらいんですよねー。
   もっとやりたいんだけど、怖くて・・・」
せろ「はぁ~、なるほどなるほど。」
  (ふむ、そゆニーズがあるのか。)


とりあえず、ユニフォームを購入し
お店を後にする

店員「ありがとうございました~。
   また来てくださいね~。」

グッバイ、若槻千夏似のかわいい店員さん


そして、男たちは思った。
せろ「あれだな、ガツガツフットサルやるんじゃなくて
   女の子も半分くらいまじえて、楽しくフットサルやりたいよな」
ゴウ「うんうん。会社の人とやると、なんだかんだで気使うしね。」
せろ「そうそう。軽~い感じのフットサルがいい。
   わいわいきゃっきゃっ。って感じの。」
ゴウ「んで、フットサル終わったら、飲みとか!?」
せろ「いいねいいねー。」
ゴウ「・・・じゃ、自分達で作っちゃうとか!?」
せろ「作っちゃうか!ウヘヘ」
ゴウ「のった!デヘヘ」

そんなわけで、近々作るかもです。
少しでも興味あるかた、下記参照の上せろまでご一報を。

***********************************************************
■フットサルチーム作成要綱

以下のような人に参加資格アリ
・みんなで楽しいことしたい人
・気取らず気張らず気使わず、わいわいきゃっきゃやりたい人
・サッカー経験の有無は関係なし。むしろ初心者大歓迎。
 ⇒初心者onlyくらいのチームが理想
・球蹴れなくても大丈夫
・運動後の飲みが好きな人
 ⇒動くのが嫌いな人でも、フットサルなら大丈夫

目標チーム人数
20人(男女半々)
***********************************************************
AD

銀座を走る女

テーマ:
昨日は給料日

当然飲むっきゃない。
リクルートの人とは飲んでるから
ひさびさにフューチャーな面々と飲みたいな、
と思い適当にメールしてみた。

ザマン、get
ユウ、get
マサ、get
カトウ、get
ひとみ、get


5人釣れた

場所は銀座。
ここらへんに成長した証が見える。

8時くらいから韓国料理屋で飲み始めた面々。

ザマンは相変わらず丸っこかった
ユウは相変わらずアホだった
マサは相変わらず、いや、パグ顔に磨きがかかっていた

やはり、こやつらは面白い。
思う存分笑って気づいたら11時過ぎ。

銀座は終電早いぜよ。
帰らなきゃ。

ここでひとみから入電!

「今終わったから、そっち行くー!どこいるの?」

男どもは薄情である。
「サムいサムい。待ってられんわ。はよ帰ろ。」(パグ)
「今からひとみと合流して飲んでたら、終電なくなるやん」(ユウ)
「ニヤニヤニヤ」(何も言わず、ただニヤニヤしてるザマン)

しかもひとみは自分の場所が把握できないでいるらしい

「どっち?どっち行けばいいの?右?左?」

・・・いや、ひとみ君
あなたの位置わからんのに、
どうやって指示すればいいんですか。
彼女、相当パニくっていたようである。

そこで、男どもは地図を探し、地図を見ながら、ひとみと電話。

「今何丁目にいるんだ?」
「西銀座って書いてある」
「ってことは、地図だとここらへんにいるってことか。」
「銀座5丁目になった!」
「よし、今何が見える?」
「ソニービルが見える!」
「ソニービルか!?よし、次の角を右だ!」
「右ね。オッケー!」

この様子。まるでひとみラジコン
ひとみを遠隔操作してるみたいだ

ここらへんから操作される側も操作する側もだんだんヒートアップ

電話の向こうから音が聞こえてくる。
カッカッカッカッ(←ヒールがなる音)

「うおっ、ひとみ。もしかして走ってるのか?」
「だって、容赦なくみんな帰りそうなんだもん」

うむ、アタリである

「もう曲がり角はない!その道をまっすぐ行ったらおれたちがいるぞ!」
「うん、頑張る!」
「マツキヨ見えるか!」
「うん、見えてきた!」
「よし、そのままそのまま。次はディオールの店は見えるか!」
「今その前を通過中!」
「その次はセリーヌの店があるはずだ!」
「あるある!」
「近い!もう近いぞ!」

ここらへんで男どもが銀座を必死に激走しているひとみを目で確認。
「うわっ!ひとみが走ってるやん!」
「ほんまや!ひとみが走ってる!」
「あのひとみが!!」


ギャラリーとはいつの日だって、第三者的視点である。

「こっちこっち~。」

道路挟んで反対側にいたひとみを呼んでみる。

ゼェゼェ、ハァハァ
ひとみ、息切れ切れ

そりゃそうだ。
あんだけ走ったんだもん。

男どもはこういっていた。
「へぇ~、転職すると走れる子になるのか」
「劇的な変化やな。ひとみが走るとは。」
「おれも転職しようかな~。」


おい、もまいら。
ちょっとはひとみをねぎらえよ。

せろ氏はこう声をかけた
「ひとみ、ナイラン!」
※「ナイラン」とはナイス ランの略

息を切らしながら、顔を上げたヒトミの顔は
なぜか満足感に包まれていた。

そして、一言。

「とらばーゆのセクションにセロ好みの女の子いたよ!」

・・・こやつ、相当デキる

レイジあらわる

テーマ:
わたくし、修行のため
新規顧客開拓をやってます。

何をやるかっていうと、
自分が考えた条件で企業をリストアップし
そこに電話。

トークをかまし、アポが取れたら、
直接会いに行く。という感じ。

どんな客にどういったアプローチをして、
受注につなげるかは、個人任せ。
全て自分で考える。

自分が設定したターゲットはベンチャー企業。
大手相手だと、どうしても社長はひっぱり出し辛い。
人事部相手に商売するんじゃなくて、
直接社長と話したいという思いがあるからです。

それに人事相手だと、決済に時間かかるし、予算という枠もある。
社長相手だったら、1発逆転ホームラン的な要素で
ドカンとでかい受注が取れる可能性だってある。
やっぱ漢(おとこ)たるものこういう仕事がしたい。


当然、社長相手だとなかなかアポ取れません。
ベンチャーの社長なんて、めちゃくそ忙しい。

そんな中、おれと会ってくれるという社長が
今週は二人いました。

そのうちの一人。
この日に会った社長のキャラが超強烈。

おれが応接室に通されて、待っていると
「はい、どうもー」
と妙な軽いノリで入ってキタ

そのサマは、まさに、
中川家の弟・礼二

名刺交換するときに思わず
「すいません。阪神の私設応援団のおっちゃんのモノマネを・・・」
と言いそうになるのをこらえました。

名刺交換が終わり、席につき、
さぁ、商談開始。
「すいません。電車の車掌のアナウンスのモノマネを・・・」
またこらえました。

いや、むしろ商談中、ずっと笑いをこらえるのに必死でした。

遅れて人事部長登場。なぜか営業部長も登場。
人事部長はバク(夢を食べるという動物)みたいだった。
営業部長はオラウータン(人間に最も近い猿)だった。

ここはZOOか。
個性が強すぎるぜ。


ぎゃーっはっはっは

と笑うわけにも行かず、
アツくトークをしてみる。

社長はこれから会社をどうしていきたいんですか!

ということは、それを実現するためには
こういった人材が必要じゃないんですか!

そんな人材をとるための策をぼくに考えさせてください!
魂込めた提案をさせて頂きます!



--90分後--

「わかった(アル)よ。
 週明けに魂込めたプレゼン見させてもらう(アル)よ。」

↑なんとなく中国人っぽい風体なので、語尾に「アル」がついている
ような気がしてならなかったわけである。


来週、中川家礼二とガチンコ勝負である。

こちらも新しいモノマネを開発する必要がありそうだ。

男気

テーマ:
男気とは見せるべきときと見せるべきでないときがあると思う

昨晩のこと
会社を8時に抜け出し、外苑前へと馳せ参じた

戦場に行くためである
(戦場≒合コン)

しかし、その合コンが最悪であった

なんていうか・・・おばさんたちの集まり
これってPTAの集まりでしか?

その中でもボスキャラ級のやつがいて
辛島美登里に激似
※わからないやつはココをクリックしれ

事前に誕生日の子がいると知っていたぼくは
遅れたお詫びも含めて、ケーキを買っていきました

しししっ、びっくりさせちゃおっと
(↑サプライズ大好き)

しかし、このケーキも全くの無駄!

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄っ!!

親戚のおばちゃん家に行って
親から持たされたケーキをおばちゃんに渡している
構図を想像してくれたまい

まさしくソレだ


あと、お店が意外に高かった

自分が幹事の場合、よっぽどヒドい女が来ない限り
もしくはよっぽど合コンがつまらない限り
男7、女3くらいの割合の割り勘にする

今回は別だ
1.よっぽどヒドい女が来た
2.よっぽどつまらない合コンだった
(おばちゃんズは最強に話もつまらなかった)

以上2点により、厳正なる割り勘にすべきだと誰もが思った


しかし、昨日の幹事はおれではなかったのだ
名誉のために名は伏せておくが(前社の同期とだけはいっておこう)
昨日の幹事は、気が弱く、「てめぇら、金出せや!割り勘じゃこら!」
とは言えなかったのだ

男性陣は一人8000円
しかもおれはケーキ代も出してるから、総額1万円くらい

痛すぎる出費である

昨日は男気を見せる必要はまったくなかったと
一日経った今でも強くそう思うわけである

モノマネの極意

テーマ:

木曜日、歓迎会があった
※もうリクルートに来てから、歓迎会は5回目くらい

今回の歓迎会は、同じ部の同じグループのメンバで開かれた
総勢15人くらい

今までの開かれた歓迎会の中ではもっとも少ない人数である

この15人は普段一緒に仕事する仲間
当然、濃い歓迎会になることは必至

自然に自己紹介も高度なものが要求される

今回は1発芸をやってみた
もう普通の自己紹介じゃ満足しないだろうと思ったからである

ラインナップは以下の3つ

1.アトムの足音のモノマネ
2.テレビ番組が始まったときの今田耕司のかけ声のモノマネ
3.会社に裏金が流通していたことを実は知っていた社員が
  テレビ局のインタビューに答えているときの声マネ


こんなもんやったもん勝ちである
似てても似てなくてもウケるものである

モノマネの極意
それは恥ずかしがらずに、笑いに自分をささげること

たしかに不思議な光景

テーマ:
チームRCT

・・・それは前社の年末行事
「Best Projeect of the Year(略してBPY)」に
出る自分達のプロジェクトコードである

※メンバはひとみのblog参照

今日はその第1回ミーティングが開催された
なんつーかランチ

※ランチの詳しい様子はひとみのblog参照

もともと人見知りしないで、
すすっと、人の間合いに入っていけると
勝手に思っているぼくですが
初めて会った
まさに初めて会った気がしなかった

はかなーり「せろ」についての
市場調査を行っていたらしく
性格やら素性やら特質を知っていたようである

知っていたがために、生まれた会話を以下に書いてみる

--ITコンサルからリクルートの企画営業になったことについて
「周りの人にいろいろ聞いたけど、みんな向いてるって言ってたよ~」

--プライベートな携帯料金まで会社負担になるという話で
「これで、いろんな女の子に電話代気にしないでかけれるね~」

--さらに上の話の続きで
「北海道にいたときに、そうだったらよかったのにね~」

こうしてチームRCTの結束は固まった
すわ、次は飲みの場で、具体的なプレゼン案を考えてみようと思う

ZOOって何人いたんだろ

テーマ:
土曜第1Rを快く終了したせろ氏

新宿から帰る途中、携帯に入電

「これから飲もうぜ」

送信者をみるとトシタカである
一部同期から「ズー」と呼ばれ、愛されてるトシタカである

時間はまだ21時だ
いいではないか、飲もうではないか

中野でゴウとは別れ、トシタカ到着を待つ

白いレザーのコートを着こなし、
夜の街の空気を楽しむかのようにタバコを吹かしつつ
颯爽とトシタカ登場
そのサマはそう、例えるならば、売れないホスト

よく見ると、なんだか荷物をめちゃくちゃ抱えている

「バーゲンでめちゃくちゃ買い物してきた」

うん、見ればわかる。そのめちゃくちゃ度は。


中野の飲み屋で飲みつつ、
お互い買った品物について品評会

我慢汁出まくりだったせろ君は
辛抱たまらんとばかりにトシタカに時計を見せた!

「おぉーっ、すげーーーーー。せろのイメージに合ってる時計だな」

エヘ

調子づいて
トシタカにとってはいらない
自分の時計についてのうんちくを語るせろ氏

全てジェントル堤から仕入れた情報である


「よし、今度はおれの番だな・・・」

と、自分が買ったものを次々と出すトシタカ

出るわ出るわ
ものすごい量買ったな

全部で12着くらいあったような記憶が。
いや、もっとか!?

しかもその中には、
トシタカが、目の前にいるトシタカが着てるのと同じ黒シャツまであった

「おい、トシタカ。これって、今トシタカが着てるシャツと
 全く一緒のシャツじゃね?」
「(笑顔で)そうだよ。黒シャツは普段着る用と、
 勝負のとき用でスペアを持つ主義なんだよ。だから買った」

あ、あなたはおぼっちゃま君でしゅか
もしくはおばQ・・・バケラッタ(それはO次郎)



トシタカのおしゃれに対するヘンテコリンなこだわりは感涙ものである


お互い飯は食ってたため
ふたりで6000円分くらい飲んだ
きゃなり飲んだ

飲み屋出て、「何時かな」と気になり
左手にハメているパンダを見る

「ふむ、24時過ぎか・・・」


パンダが静かに時を告げてくれた
これからよろしくな、パンダ!

(おい、トシタカはどこいった)

ワチャゴナドゥー

テーマ:
さて、週末です
仕事始めてから、改めて気づく休日のすばらしさ

この3連休のプランはこう

土曜日:思いっきり休む
日・月曜日:勉強する


一日目な土曜日

洗濯して掃除して、午後からゴウと買い物
今回の買い物の目的は、
これからリクルートで企画営業として働くにあたって、
必要なもの

・スーツ(ストライプなものを欲す)
・革靴(黒でハイカットなものを欲す)
・時計(スーツのときにつけるイイものを欲す)


まずは、一番の大物、時計から攻めてみる
正月に下見に行っていたため、目的のブツは決まってた

そのブツとは・・・

オメガ スピードマスター 限定モデル名 パンダ

オメガは正直嫌いだった
だって、みんな着けてるんだもん
(→みんなが持ってるのは嫌いというアマノジャクな一面)

それに、おれは重い時計が嫌い
ベルトがシルバーのやつじゃなくて、皮のがいい!
(→サラリーマンはシルバー着けてるイメージ。やはりアマノジャク)

が!
接客してくれたジェントル堤(ジェントルマンな堤さんの意)の
トークによって、パンダを買うことになった

自分の中の「パンダ買う度メーター」をつけながら、ダイジェストで。



堤「オメガスピードマスターは世界で最も売れている機械式時計です。」
せろ「ふむふむ、やっぱそうですか。」

パンダ買う度:10%
ガーン、やっぱりそんなにみんなもってるのか

堤「でも、オメガの文字盤がほとんど黒なのに対して、このパンダだけは
  文字盤が白なんです」
せ「そうそう。そこが気に入ってて、目付けてたんですよー。」

パンダ買う度:30%
「パンダだけ」というフレーズによりちょっと復活

堤「ちなみにこのパンダ、最初は300台限定で作られたものです」
せ「さ、300台限定!!」

ピピピピピッ、ボンッ(←スカウター壊れる)
パンダ買う度:120%
ザ、ザーボンさん、新しいスカウターを持ってきなさい!


もちつけ、おれ
もちつくんだ


堤「男性の方は女性の方に比べて、アクセサリー着けないですよね」
せ「は、はい。そうですね。」
(次はどんな攻撃が来るんだ・・・)

堤「だからこそ、男性の方は時計にお金かけてもいいと思うんです」
せ「・・・確かに。」
(総員、第一戦闘配備だ!)

堤「それに、ベルトが皮のものより、シルバーのものですと」
せ「ものですと・・・」
(防空壕より土嚢を!もっと高く積み上げるんだ!)

堤「よりアクセサリー感覚な時計として活躍してくれると思います」
せ「にゃ、にゃるほど・・・ゴクリ」
堤「スーツの袖から、きらりと光るオメガ・・・
  かっこいいと思いますよ。ふふっ」
せ「・・・(妄想中)」

うぉぉぉぉっぉぉぉおおっ
ふぉぉぉおぉおおぉぉおお、おらっ

・・・
・・・・
・・・・・




       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | アパム!アパム!弾!弾持ってこい!アパーーーム!
       \_____  ________________
                ∨
                      / ̄ ̄ \ タマナシ
      /\     _. /  ̄ ̄\  |_____.|     / ̄\
     /| ̄ ̄|\/_ ヽ |____ |∩(・∀・;||┘  | ̄ ̄| ̄ ̄|
   / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|  (´д`; ||┘ _ユ_II___ | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
   / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|( ” つつ[三≡_[----─゚   ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
  / ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ⌒\⌒\  ||  / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
 / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄] \_)_)..||| | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄




         ('A`)('A`)
          ('A`)('A`)
          ('A`)('A`))
          ('A`)('A`)
          ('A`)('A`)
         ('A`)('A`)
   ∧__∧   ('A`)('A`)
   ( ´・д・)   ('A`)('A`)  持って来ました!少尉殿!
   /ヽ○==○ ('A`)('A`)
  /  ||_ | ('A`)('A`)
  し' ̄(_)) ̄(_)) ̄(_)






すいません、妄想してたら、2チャンねらーになってしまいました

堤「いかがしますか?お客様」
せ「買います」


こうして、自分至上最高額な買い物をしたせろ君
プルプルしながら、時計屋を出て、
その後、流れるように、スーツと革靴も買い、ミッションコンプリート

ゴウと寿司食い入って、土曜日第1R終了