毎月、月末にお届けしている“旬なブログ”を紹介するこの企画!!


このブログを始めて早4ヶ月。

その間に、読者の方が次々と挙式を迎えていき、
その度に、何だか花嫁の母になった気分でいる私。


いつも言っていることですが、
せっかくブログ上でたくさんの人たちと繋がりを持てたわけですから、
おめでたいハッピーなお話は、なるべくみんなで共有していきたいと考えています♪


早速、今日の特集は―

来月お式を控えた、挙式直前の心境を語る2名のブログです♪



【April Bride】

◆なんちゃん(nantyan)さんのblog 
To Be Happy Wedding! →http://nantyan1.ameblo.jp/

4月挙式のなんちゃんさん。

人気のハウスウェディング、そしてハネムーンは
これまた大人気のタヒチ・ボラボラ島。みんなの憧れをひとり占めしてしまいそうなくらい、
トレンドを押さえている花嫁のブログ。

日々の挙式準備、彼ママとの関係に苦戦しながらも何でも一生懸命取り組み、
楽しんで活動している様子が伺えます。とにかく全て楽しんだモノ勝ち!!
きっと、なんちゃんさんはステキな挙式が迎えられると思いますね♪

まだ新しいブログですが、ベール、リングピロー、席次表など、
手作りアイテムが細かく記載されているところは、特に参考になるかも!!




◆ユキエさんのblog 
ユキエのMerci!なこころで 
http://yukie-mercimemo.ameblo.jp/

4月中旬に挙式をされるユキエさん。

既に入籍は済ませているようですが、来月沖縄にて挙式を予定されていらっしゃいます。
結婚メインのブログではありませんが、ユキエさんとご主人のゆとりある生活を中心に、
ユキエさんらしい(お会いしたことはありませんが(笑))、のんびりとした雰囲気で綴られているブログです。

女性なら、きっと誰もが共感できそうなライフスタイル。
ユキエさんとご主人の結婚生活を参考に、仲良く愛らしく夫婦関係を築いていけたらいいですね。

結婚後も将来の夢がハッキリとしている姿は、
これから花嫁になるあなたも是非お手本にして欲しいな、と思います。



◆mieuxさんのblog 
Bon Mariage →http://blog.goo.ne.jp/mieuxxx/

4月中旬に挙式をされるmieuxさん。

これまたなんと、世界文化遺産の「厳島神社」で神前式をされるmieuxさんカップルは、東京在住にも関わらず、miuexさんが広島ご出身ということで、昔からゆかりのある地でお式をされることを決めたのだそう。

チャペルや教会ではなく、神前式を希望されている方には是非おすすめしたいブログ。お式の後は、自宅のある首都圏にてパーティをされる予定のようですが、こういった「式場」と「パーティの会場」を変えたい(例えば、遠距離恋愛カップルなど)と考えている方は、一度参考にしてみてはいかが?


◆eriyaさんのblog 
入籍と挙式の狭間・・・ →http://eriya.ameblo.jp/

2週間後に挙式を控えたeriyaさん(♂)

ハワイでの海外挙式、有名な「セントアンドリュース大聖堂」にて挙式予定。eriyaさんはもちろん、彼女のひたむきなお式準備の様子がとても参考になります。

「決められた枠の中で決めたない」「絶対いいお式に仕上げたい」という彼女の言葉に、eriyaさんも一生懸命協力している姿に思わず、エールを送りたくなります!!

しっかり予算内で最高のお式を創り上げようとする堅実な花嫁の様子を、ぜひ参考にしてみてください。
更に、私からは・・・是非、お写真のポージングなど練習する前向きな花嫁を見習って欲しいと思います♪

新郎になるeriyaさんの、男性視点の「結婚道のりブログ」!花嫁に協力する姿勢を学んでもらおうと、一度、彼に見せてもいいかもしれませんねっ♪


【お詫び】

livedoorやgoo、その他のブログをご利用されている読者の方々のなかで、

もし、


「私も来月挙式なんです!!」

「私は登録していないけど、BOOKMARKしているんです!!」



という方がいらっしゃれば、ぜひご一報くださいね。


お祝い事ですので、ぜひ、みんなに祝福してもらいましょう!!



★人気の結婚ブログを紹介しているのは、こちら♪★
http://blog.with2.net/link.php/36688

AD


今日のテーマは結婚式の準備の時に感じる、温度差について。


「ひょっとしてこの人にとっては、結婚式って大事じゃないのかな?」

「この人、自分がやりたいことだけ出来ればいいのかな?」


「ホントにこの人と結婚していいのかな?」

「私、この人と結婚したいのかな・・・」


こんな思いを感じたあなた。


今日の記事は、必見です!



結婚式の準備を始めた頃。

二人とも、何かワクワクしていませんでしたか?
遠足の前みたいな感じで(笑)


そう、披露宴ではどんなお料理を出そうかな?って考えるのは、おやつは何もって行こうかな?って考えるのと変わりません。


誰でもそんなワクワク感を持ちながら、
式場見学やブライダルフェアに通い始めますよね。


見ること聞くこと、全てが目新しい!


どこかへ行く度に新しい発見があります。

その発見について話すだけで二人の時間が充実しているように感じます


そんな時間が1ヶ月過ぎ、2ヶ月が過ぎると・・・

結婚式に関する情報を一通り知った頃。


あれっ?


いつの間にか二人の間に、ギャップが出来ている・・・

結婚式の準備にかける情熱の熱さが変わってきている・・・


そんなことに気がつくことになります。


披露宴の料理を何料理にするか、彼に聞いても生返事・・・

「彼のご両親の都合を聞いておいてねっ」てお願いしていた顔合わせの日程。
いまだに返事がない・・・


私のドレス選びのとき、全然私を見てくれないで、
持ってきた雑誌をずっと読んでいる・・・


「結婚指輪のデザイン、キミに任せるよっ」て言うけど、
あなたもする指輪なのになぁ・・・



お気づきになられました?


結婚式の準備で、相手が積極的に考えてくれないと感じるのは、圧倒的に女性!


彼女たちの言葉を借りると、

「男性は結婚式の大事さを分かってないっ!!!」って感じかな(笑)


でも、

私は知っています。


何組モノ結婚式に立ち会って、

うれしくて涙を流す新郎に何回出会ったことか。


大好きなあなたとの結婚。

嬉しくないはず、ないじゃないですか!!



じゃあ、なぜ?

という声が聞こえてきそうですが・・・


あなたのパートナー(主に男性)が、結婚式の準備であなたほど積極的に動かない(ように見える)理由。


ちょっと考えてみましょうか。



まず第一に、男性と女性の違い があります。


男性は、社会性の強い生き物。


社会の中での役割を果たすことを大事にします。


ということは、

結婚式の準備をしていても頭の中には仕事のことや、
友人とのスケジュールが今までと変わらない割合で存在し続けます。
(私たち女性にとっては、最優先になることが多いですけどね(笑))

男性にとって、結婚式の準備は、
数ある関心事のなかのひとつであるということ。


まず、このことを理解してあげましょう。


次の理由―


それは情報量の違い


結婚を決めた時、結婚式をすると決めた時、

あなたは何人のお友達に相談をしましたか?


そして―

何冊のウェディング雑誌を読みましたか?


あなたは気心しれた母親と、楽しそうにドレスショップを周り、
毎晩ひとりでウェディング雑誌を熟読し、
友人に相談したりインターネットで情報交換をしたり・・・

と、頭の中はどんどん結婚式に関する情報が増えていくはず。


それに比べてあなたの大事な彼は・・・


ウェディング雑誌も読まないだろうし、
まして、仕事先で同僚と情報交換なんてするわけはない(笑)


週末に二人で会場めぐりをした翌週末。


別の会場の下見への向かうあなたの口からは、
聞きなれない言葉がポンポンと飛び出してくる。


“クラッチ?” “ラウンド?” “キャスケード?”

“Aライン?” “プリンセス?” “マーメイド?”

“スナップ?” “型モノ?” “ラミネート加工?”


不安を隠せない代わりに、嫌味な態度で接する彼。


だって、この状態・・・

どう見ても、二人のお式に対する知識や情報に差がつき過ぎ


会話だってかみ合いませんよね(笑)



そして更に、もうひとつ。


男性というのは自尊心が高いという事実!


結婚式の準備に関しても同じ。


自分がろくにウェディング雑誌を読みもしないせいなのに、
自分よりあなたが物知りでいることに、

ひょっとしたら自尊心がくじけているのかも!?



もしかして、

ひとり、

孤独感に打ちひしがれているのかも・・・。


そんな可能性、無きにしもあらず!



そして3つ目の理由。

多くの似たようなケースを目の当たりにして、
私はこれが二人の間に温度差を作る一番の理由だと思っています。


あなた!


あなたは、結婚式の準備で、

自分のことだけに一生懸命になり過ぎてはいませんか?



「どんなドレスを着ようかな?」

「どんなブーケを持とうかな?」

「あんなヘアスタイルにして、メイクはこうしたいな」

「披露宴のお料理はこんなイメージがいいよね」

「で、引き出物は・・・」


彼と会えば結婚式の話ばかり。


今まで話していたようなこと、今でも話していますか?


雲ひとつ無いお天気の日には、

「いいお天気でシアワセだねぇ♪」とか。


残業が続いている彼に、

「体の調子、大丈夫?」とかね。


何気ない普通の話・・・


してますか?


お式の準備は、どちらか一方が一生懸命に取り組んだとしても、
結果、いいお式が出来るというモノではありません。



いや、逆に、
二人でそのプロセスを共有しなければ、ステキなお式の実現は不可能なのです。



ウェディングプランナーとして今まで見てきた挙式の数々。

私ももらい泣きをするようなお式。

私がうれしくてうれしくて思わず笑っちゃったようなお式。


そんなお式を挙げたお二人は、
間違いなく二人で、結婚式の準備というプロセスを共有していらっしゃいました。


結婚式の準備というのは、お互いが歩み寄る時間。


相手の心にも気を配り、自分の気持ちにも正直に。
いろいろなことを決めていく時間。

細かい事でもとことん話し合うことによって、夫婦になるための準備を行う時。




だからこそ、人りで考えたり、悩んだり、決断したりするのではなく、

お互いの意見を伝え合うこと。

二人の会話がかみ合うように、情報を提供し合うこと。

そして、しあわせでいること。



あなたが結婚しようって思ったひとですよ!その人は!!!(笑)



結婚式の準備に対する温度が違う・・・

そう思ったあなたはラッキー!


それはきっと、「二人のコミュニケーションの軌道修正をしなさいよ」という、
結婚の神様からのアドバイス♪


そう、今から!

二人のコミュニケーションを見直してみませんか?


案外、あなたのパートナーに背中を向けていたのは自分だった・・・
なんてことに気づくかも!?


でも、大丈夫!

今から軌道修正をすればいいんだから。


きっと今、あなたの大事な人は人りで置いてきぼりをくっています。


お式の打ち合わせを始めた当初は、

ふたり肩を並べて歩いていたはず。



今はあなたの方が一歩も二歩もリードして歩いているのかも。


もう一度初心に戻り、

相手の気持ちを理解したいと素直なコ頃で向き合ってみませんか?



大好きな人と、一緒に暮らす幸せに向かう時間を、もっと楽しんでみませんか?


どんなステキな挙式会場が手配されていても、
こだわりのある最高のウェディングドレスを用意したとしても、

結婚式に一番大切で必要なモノとは、お互いを想うココロです♪


あなたと、あなたの大事な人♪


お二人にとって、
お互いのコ頃が喜ぶお式が迎えられますように・・・



★男女の関係について語るブログはこちらから♪★
http://blog.with2.net/link.php/36688

AD


1,026通のお悩み相談に対するアドバイス。


第1回目の今日は、 「パートナーとの金銭感覚の違い」について考えてみたいと思います。


何故って?


なんと、このお悩みが全体の中で一番多かったから。


そういえば私が直接プランニングを担当しているおふたりの中にも、


「相手のお金の使い方が自分と違う・・・」

「金銭感覚がズレてる・・・」


という悩みを、こっそり相手のいないところで打ち明ける方が多かったかな(笑)。


生活する上で、切っても切れないお金。


お付き合いしている時なら、ある程度の我慢も出来ますが、
結婚してしまえば二人のお財布はひとつ。


そうなった時に、お互いの金銭感覚に大きなズレがあったとしたら・・・

ふたりのコミュニケーションを図るどころの話ではありません!


実際、お金に対する価値観のズレで離婚に至るカップルは、ホントに多いと思います。


だって・・・

お金って、本当に大事ですもの(笑)


その大事なお金。

使い方がそれぞれ違ったら、それは大きなストレスになるはず。


でも、大丈夫!!


あなたには結婚式の準備という予行演習があります!

ふたりで一緒に予算を立てて、一緒に使い道を考えて。
そして、必要なもの、不必要なものを選択して・・・。


この作業を通して、お互いのお金に対する感覚を理解し合いましょう。


今、既に一緒に暮らしているお二人も、
結婚前のふたりでの生活と、結婚後のふたりの生活は全く違うので、
この機会をぜひ、有効に使いましょう。


結婚式の準備について、


「まだ、全体の予算の話、二人でしていなかったなぁ・・・」というあなた!!


「私が欲しいと思ったものは、私の貯金から出すからいいじゃない!」と思っているあなた!


「何かあったら親にヘルプを頼むからいいやっ♪」と思っていたあなた!


今すぐ、結婚式にまつわるお金について、決心してください!!



1.結婚式の予算はふたりできちんと決めること。

2.予算にない額をどちらかが勝手に出さないと決めること。

3.結婚式の準備=結婚生活のリハーサルだと思って、お互いに真剣に取り組むこと。




せっかく好き合った二人。

高々お金のことで別れるなんてもったいないですよ。


結婚式の準備というと、
どうやって自分の望むモノを実現するかということに偏りがち。


「こんなドレスを着たい」とか、

「こんな料理を出したい」とか、

「披露宴には誰を呼びたい」とか・・・。


そういう風に考えてしまうと、お金があればそれでいい・・・
ということになってしまいます。


でも、結婚式の準備の本当の意味は、それとは違います!!



結婚式の準備・・・


それは―


お互いの価値観をより深く分かり合うこと。


そして、


お金に対する価値観も同じ。


お互いの両親のお金に対する考え方とか、
あなたがやりたいことをするのにはちょっとお金が掛かりそうだとか・・・。


実際、そんなこと、どうでもいいことなんです!!


結婚式の準備は、二人でふたりのお金の使い方を考える機会。


「ウェディングドレスにはどれくらいの予算を掛けようか?」

「披露宴に来てくださった方への引き出物は、どれくらいの金額のモノにしようか?」

「新生活のために揃える家具には、どれだけ予算を取ろうか?」

「家電製品、全て新品で取り揃える?それとも、今まで使っていたモノを継続して使う?」

「結納はどんな場所でする?その時の服装はどうしようか?
                   両家の格好は合わせたほうがいいよね?」



なんて、これらは全て、
相手のことを今よりももっと知るためのチャンスなんですよっ♪



お式が終わった後も、この理解のプロセスは続きます。


「今晩はすき焼きにしよう!お肉はどれくらいのお肉にする?」

「外食はどこでしようか?これから月に何回くらい、外食する?」

「海外旅行は、年にどのくらい行きたい?」



これらも全て、相手をもっと理解するためのチャンス!!


えっ!?面倒臭いですか(笑)?


これがふたりの人生計画になると思ったら・・・

どうですか?


例えば―

すき焼きのお肉。


「100g 400円以上のモノ!」

って二人で決めてもいいし・・・(笑)


「絶対、松坂牛!でも、セールでまとめ買いして、冷凍しておこう!」

っていうのでもいいと思う。


「外食は安い所でもいいから、月に8回は行きたい!」

と決めてもいいし、

「月に1回だけど、奮発して毎月ミシュランに載っている所を制覇していこう!」

っていうのでもいいはず♪


海外旅行。


「たとえ2泊3日でもいいから、年に2回は行きたいよねぇ・・・」

っていうのでもいいし、

「2年に1回だけど、二人の思い出のヨーロッパに10日間以上滞在しよう!」

というのもいいと思う。



結婚とは―


“二人がふたりオリジナルの文化を作っていく”
ということ。


育った家や環境も違う他人同士が夫婦になることは、
やはりそれなりの覚悟が必要になります。


あなたにとって、今まで普通とされてきたものが、
あなたのパートナーにとっては普通ではないこともたくさん出てくると思います。


その時に、どちらか一方が我慢して相手の普通に合わせるのではなく、
二人でとことん話し合いを持つことによって、
ふたりオリジナルの基準を作っていく
ことが大事。


それが、結婚というモノであり・・・

それこそが、家庭を築くってこと♪



あなたと、あなたの大事なパートナー。


お金の面で、気になる部分はありますか?


もし、気になる部分があるのなら、あなたはラッキーなんですよ!!


これであなたは、パートナーのことをもっと理解することが出来ますよ!


結婚とはふたりのオリジナルの文化を作ること。


まずは生活の基盤「お金の使い方について」、あの人のことをもっと理解してみませんか?

今よりもっと、相手のことが分かるようになったら、ステキだとは思いませんか?


せっかく好きで一緒になろうとしている二人。


相手のこともまだまだ知らないのに、あきらめちゃうなんて・・・。

相手のこともまだまだ知らないのに、あなただけ我慢するなんて・・・。


そんなあなた!もったいないですよ(笑)


あなたとあなたの大事なパートナー。
お金の価値観の違いを通して、より深い絆を育むことが出来ますように♪


がんばってください!!


私が以前、このお話をしたら、突然泣き出してしまった新婦様がいらっしゃいました。

そういえば、
彼女は打ち合わせの度に、「彼が自分の希望を聞いてくれない」とブツブツ言っていた花嫁。


その彼女が、泣き出しました。


その時、泣きながら言った言葉が私の頭にずっと残っています。


「○○君(新郎)、ゴメンね。二人の結婚をちゃんと考えていなかったのは、私の方だったね。」

「やりたいことばっかり押し付けて、ごめんなさい。私との生活、もう一回一緒に考えてくれる?」


なんとなく照れくさそうだった新郎様・・・
コクンと優しい微笑を浮かべながら頷きました。


あれから2年―

今年のお正月には、
去年の夏に生まれた男の子とお二人の幸せそうな写真付きの年賀状をいただきました。


あなたと、あなたの大事なひと♪


お二人にとって素敵な結婚式、ステキな結婚生活が待っていますように・・・。



【追伸】 挙式を終えたお二人から、こんな嬉しいコメントをいただきました!!

http://cerisier.ameblo.jp/entry-806431ae2bb477dc12e6de8b5683b78f.html#box

http://cerisier.ameblo.jp/entry-7376aff0ecd5ce4227358c7f91e1c414.html#box

あなたのお式が、本当の意味でステキなものになりますように。


★検索ブログはこちら♪キーワードを入れるだけで欲しい情報をGET!★
http://blog.with2.net/link.php/36688
AD

コメントいただきました。

テーマ:
cerisierの直接カウンセリング。
この期間限定、直接カウンセリングの終了のご案内に、コメントをいただきました。(以下、コメント)

数も限定されずにお答えになるなんて、
すごいなぁとは思っていましたが・・・。
全部に答えられないなら、最初に言っておくのが礼儀ではないでしょうか。
どういう形で答えてくれるのかも、何も明記なさらずに、
これではただ案件収集目的にしか見えませんよね。
今まで楽しみに見ていたので残念です。 
(コメント終わり)


本当にその通りだなぁと思います。
(haniさん、ご指摘ありがとうございます。)


1,026通・・・


正直にお話しすると、こんなにご相談をいただけるものとは思っていませんでした。
今まで頂戴したコメントの数から考えて、1日に5~6通もあれば多い方かな?と思っていました。

また、どういうカタチで答えるのかを最初にお知らせしていなかったとのご指摘も、ごもっともだと思います。

1日5~6通で6日間。
多くても35件くらいのコメントを想像していたので、毎日のブログの中でQ&Aを掲載していこうと思っていたのですが・・・


改めて思います。

お答えする方法もお知らせしていなかったのに、こんなに多くのコメントをいただいたこと、とってもうれしい驚きでした。

コメントをお寄せいいただいた皆さん、本当にありがとうございました!!

ただ、お寄せいただいたコメントを見ていて思ったことは、私が毎日のプランナーのお仕事を通して、直接お話をさせていただいている方と同じ悩みを持った方が非常に多いということ。


プランナーをしていて、個人的にご相談いただく悩みのなかで一番多いのが「ふたりのコミュニケーション」についての問題


よく披露宴の挨拶などで言われることですが、結婚生活は二人の共同作業。

でも、お二人の共同作業は、結婚式を迎える前、結婚式の準備時点から始まっています。

初めてづくしの中で、お互いについて知らなかった一面が出てくることも珍しくはありません。


その中で、ふたりのコミュニケーションに違和感を感じ始める・・・こんなケースは少なくありません。


1,026通のコメント。


正直、その全てに直接お答えすることは難しい・・・

でも・・・

ふたりのコミュニケーションに悩むあなたに、何かのヒントを提供出来るのかもしれない!!

だって、それが毎日のプランナーとしての私の仕事でもあるから・・・


そう思って、お寄せいただいた中で多かったコメント、ふたりのコミュニケーションについての問題に対するQ&Aをまとめてみたいと思いました。


結局すべてはコミュニケーション。


あなたのお悩みはいろいろな形で出てくるかもしれませんが、でもやっぱり、ふたりのコミュニケーションが全ての基本。


あなたとあなたの大事なパートナーが、より良いコミュニケーションを取るためのお役に立てれば・・・と思っています。


ホントにそうなんです!!

結婚式の演出が少々寂しくても、お料理が最高のものじゃなくても・・・

あなたとあなたのパートナーの間の、素敵なコミュニケーションにかなうものなんて、どこにもありません!ふたりのコミュニケーションが結婚式の、新しい生活の、すべての基本なんだから。


お花のグレードアップを考える前に、ふたりのコミュニケーションを考える。

式場選びの前に、ふたりのコミュニケーションを考える。


結婚式って、二人がお互いの考えや気持ちを伝え合うための、とっても貴重なひととき、チャンスでもあるんです。


そう思うと、とっても幸せな時間ではないですか???


これからも、あなたが大事なパートナーと素敵なコミュニケーションを取れるよう少しでもお役に立ちたい!!

・・・そう思うcerisierでした。


最後に改めて―

コメントをくださった皆さん、本当にありがとうございました。


ではいよいよ明日から、あなたとあなたの大事なパートナーのコミュニケーションに効く、お悩み相談Q&Aのはじまりです!!


お楽しみに♪


★人気結婚恋愛ブログリサーチはこちらから↓★
http://blog.with2.net/link.php/36688


6日間限定の、cerisier直接カウンセリングが終了しました!


3月16日~22日まで、
6日間限定での結婚を前にしたあなたからのお悩み相談。

6日間で頂いた相談の数はなんと・・・ 1,026通!!

今、ひとつひとつの質問をじっくりと読ませていただいています。


結婚式場の選び方。

結婚式の打ち合わせに行くたびにケンカになるふたりの仲。

彼が結婚式の準備に前向きにならない・・・

両親の反対を押し切った結婚で、
未だに両親との仲がギクシャクしている・・・



なかなか人に言いにくい悩みを、私に相談してくださってありがとうございます!

あなたが、お式の当日を最高の笑顔で迎えられるように、
cerisierが今まで見てきた素敵なカップルを頭に描きながら、
いただいたご質問に答えていきますね。


今回はいただいた質問の数が本当に多かったため、
残念ながら全ての質問に対し個別の回答はできませんが、

お悩み相談のなかで一番多かった
「ふたりのコミュニケーションの取り方」についてのQ&Aを、
これからこのブログで発表していきます。

また15冊限定「あなたとあなたのパートナーがよりお互いを理解するためのちょっとしたコツ」の小冊子については、発送を終了!

明日には、クロネコヤマトでお手元に届くと思いますので、楽しみにしていてくださいね♪


でも、この小冊子・・・

お悩みをお寄せくださった方、
全員にお配りできなかったのがとても残念・・・


そこで!


お悩みをお寄せくださった皆さんに、
今回お寄せいただいたお悩みの“Q&A”を、小冊子にしてお配りしたいと思います♪


是非、楽しみに待っていてくださいね。(※発送は、4月末を予定しています。)


思わず嬉しい気分になったり、う~んと考え込んでしまったり・・・
そんな6日間でしたが、
あなたの生の声が聞けて、本当に嬉しかったです!!


これからも、あなたが「ココロから笑える結婚式」に向けて進んでいけるよう、応援しています。


あなたの声をお寄せいただいたこと、本当にありがとうございました!



★現在の人気結婚ブログの上位はこちら♪★http://blog.with2.net/link.php/36688

あなたの悩みにcerisierが・・・

直接、アドバイス!!!


6日間限定特別Webカウンセリング! 3月22日(火)本日最終日!! ←こちらは終了いたしました。ありがとうございました。



あなたのお式まであとわずか。

ココロに抱えた悩みをcerisierに相談して
あなたが笑ってお式当日を迎えられますように!


3月22日(火)本日最終日!!cerisierの直接アドバイス ←こちらは終了いたしました。ありがとうございました。



突然ですが読者100人突破を機会に、今まで出来なかったあなたへの直接アドバイス。6日間だけ、やっちゃいます。と言っても、3月22日(火)本日最終日!! ←こちらは終了いたしました。ありがとうございました。


この機会に悩みを肩から下ろして。
お式の当日、あなたが最高の笑顔で笑えますように・・・



結婚に向けて準備を始めたあなた!

結婚を目前に控えたあなた!



もう、ひとりで悩まないで。



私からの直接アドバイスは今日(3月22日)まで♪ ←こちらは終了いたしました。ありがとうございました。


昨日の記事について、ある方からメールをいただきました。

一方的な思い込みの恐ろしさhttp://cerisier.ameblo.jp/entry-8c07331ad2a6ccac14b0698886ad43cd.html


【ROCOさん】30代・女性

>私は主人と結婚して今年で4年目を迎えます。
>cerisierさんの記事を読んで、今まさに主人との関係が
「言わなくてもわかってくれるはず」の状況になりつつあることに夫婦間の危機を感じ、
>このまま結婚生活が進んでいくことに大変不安を感じています。

>どうしたら夫婦お互いに、上手に意志を伝え合うことができるのでしょうか。



上記、ROCOさんからのメールを一部抜粋させていただきました。


熟年夫婦に伺うと、「言わなくてもわかってくれる」関係を築いている方は少なくないはず。

むしろ、ひとつの理想の夫婦像ではあるかもしれません。


でも、そこまで到達するためには、
長い夫婦生活のあいだ、大変な苦労と話し合いがあったはずで、
お互いの努力を抜きにしては、理想を語るわけにはいきません。


ROCOさんの場合、結婚してまだ4年目。



「言わなくてもわかってくれるはず」
という関係に到達するには、
まだちょっと早いのでは?

今の段階でこういった夫婦関係になっているのは、
むしろ日々のお互いの努力からの逃げ口としているのではないでしょうか。


現代では、年代問わずに家庭内離婚は増え続けています。

それぞれ色々な理由はあるにしろ、
夫婦間のコミュニケーション不足が招いたことも、必ずや原因のひとつにあるかもしれません。


私たちは時々、自分の考えていることや感じていることが掴めないことがあり、
私は自分のことを理解するのも、とても難しいことだと思っています。

まして、愛するひと(パートナー)とはいえ、
他人の考え、感情まで全てわかるわけはありません。

だからこそ、自分からは何の表現もせずに、
相手に自分の気持ちを理解してもらおうなんて、ホント虫のいい話ですよね。


子供だってお腹が痛い時、ちゃんと母親に自分の感情を伝えることが出来ます。

それなのに、なぜか人は年齢を重ねるごとに自分に甘え始め、
意志を人に伝える作業を怠るようになります。


幼い頃―

空を見れば「青くて広いなぁ♪」と言っていたはず。

川沿いに咲く花を見れば「キレイだなぁ、これ何の花?」なんて聞いていたはず。


気づいたこと、感じたこと、何でも人に伝えたくて仕方がなかったはずではないですか?


でも、なぜか大人になると日本人は特に、


「きっと言わなくてもわかってくれているはず」

と勝手に解釈する癖が付くようになってしまいました。


だからこそ、夫婦関係以外でも、
人とのコミュニケーションをないがしろにし、意志を伝えることから遠ざかってしまいます。


ROCOさんのような夫婦関係の状態であれば、
まずは普段の生活から、ちょっとした感情や感覚を素直に人に伝え、
出来るだけそれをパートナーと共有し合う癖をつけていくことが大切だと思います。



それも、まずはあなたの方から!!


食事の際、リビングでくつろぐ際、
別段何かを話そうというのではなく、感じたままに色々と語ってみることです。

最初はご主人もヘンに思うかもしれませんが、段々その雰囲気に慣れ親しんでいくと、
口数の少ない関係、家庭内離婚の夫婦の状態であっても、
あれっ?という空気が流れ始めるかもしれません!?


間違わないでください!!


口を開けば愚痴や不満をこぼすのではありませんよ!


あくまでも、些細な自分の感情や感覚を相手に向かって語り、
人との交流の実感を育てていくことで、自然に双方が意志を伝えるようになるはずです。


相手に注意する前に、
まずは自分の身から改善していくよう心がけていきましょうね♪




★離婚ブログで「夫婦生活の危機に陥る原因」を勉強してみよう!★
http://blog.with2.net/link.php/36688


数週間前に訪れた面白いカップルのお話をします。


既に何度か打ち合わせを行っているこのカップル。

お付き合いをされてから約3年半ということで、
非常に仲も良さそうですし、現在も同棲中とのこと。

二人とも挙式に対する姿勢は前向きですし、
このまま問題なく当日を迎えられそうだったのですが・・・


ある打ち合わせの時のこと―

パーティでのお料理の件について話を進めるなか、
ご新婦様の「手料理」についての話題が浮上しました。


そこで、私が新郎様に向かって

「○○さんが作るお料理で、何が一番お好きなんですか?」


と伺うと、カップル二人の会話はこんな感じで始まりました。



新郎: 「そうですね、カレー・・・ドライカレーかな?」

新郎: 「でも本当は僕、普通のカレーの方が好きなんですよね(笑)」

新郎: 「○○がドライカレーを作るのが好きみたいだから、いつもうちではドライカレーなんですよ♪」


新婦: 「えっ!?違うわよ!!」

新婦: 「私だって普通のカレーの方が好きなのよ!」

新婦: 「でも、あなたがドライカレーの方が好きだと思ってたから、あえていつもドライカレーを作るようにしてたのよ!」



一見、相手を思いやるココロが伝わる感動的なお話に聞こえますが、
これは、お互いのことを本当に話し合っているのか、一瞬不安にさせる話でもありました。


食べ物の好みというこんなに単純なことでさえ、
お互いに口に出して意見を言い合わず、本当の気持ちを理解し合えていなかったら・・・

今は相手を思いやるココロが十分にあって当然ですが、
こういった些細なことがキッカケで、結婚後、意見が衝突して問題になることが目に浮かびます。


結婚を控えている方・・・

「結婚」といったもっと重要な問題について、
パートナーとお互いに考えを交換することが、実際どれだけ難しいか察しがつくのでは?


既にこういった壁にぶち当たり、困難な状況に陥っているカップルは沢山いらっしゃいます。

でも、二人のパートナーシップの問題は、あくまでも二人で解決するしかなく、
私たちプランナーは数々の経験から、「問題を解決するためのヒント」を提案するしかありません。


いつもこのブログではお伝えしていますが、まずは何でも、パートナーと話し合ってみること!!


あなたが思い込んでいる相手の好きな食べ物って、ホントに当たっていますか?

パートナーは、あなたの好きな色を知っていますか?



一番恐ろしいのは「思い込み」です。


一方的に相手の感情を決め付けてしまわず、
日頃から口に出してお互いの意見を言い合う
ように今日から癖つけしましょうねっ!!




★人気結婚ブログはこちら♪★
http://blog.with2.net/link.php/36688
あなたの悩みにcerisierが・・・

直接、アドバイス!!!


今日から6日間限定の、特別Webカウンセリング! (3月22日まで)←こちらは終了いたしました。ありがとうございました。




あなたのお式まであとわずか。

ココロに抱えた悩みをcerisierに相談して
あなたが笑ってお式当日を迎えられますように!


★期間限定6日間!cerisierの直接アドバイスはこちらから。←こちらは終了いたしました。ありがとうございました。



突然ですが読者100人突破を機会に、今まで出来なかったあなたへの直接アドバイス。6日間だけ、やっちゃいます。

(6日間?詳しくはこちらで↓)

↑こちらは終了いたしました。ありがとうございました。


この機会に悩みを肩から下ろして。
お式の当日、あなたが最高の笑顔で笑えますように・・・



結婚に向けて準備を始めたあなた!

結婚を目前に控えたあなた!



もう、ひとりで悩まないで。



私からの直接アドバイスはこちらから♪(3月22日まで)←こちらは終了いたしました。ありがとうございました。


結婚記念日の決め方

テーマ:


【ブログ読者】nantyan1さんの質問

「結婚記念日いつにする?」へTB!
http://nantyan1.ameblo.jp/entry-1ac58b39d05746707e48b00ac9af527a.html


お客様からのこの質問、ホントに多いんです!!


きっと、100組のカップルがいたら
85組の方からは直接聞かれるかなぁ・・・。

「入籍日と挙式日、どちらを結婚記念日にしたらいいんですか?」ってね。


そんなの簡単。


どちらでも、間違いではありませんよ!!


だって、これはあくまでも「記念日」だから。


法律の上で夫婦と認められた日にするのか、


それとも―


皆にお披露目して祝福された日にするのか・・・



国内はまだ良い方です。



海外ウェディングの場合、


例えば―


3月15日にどこかの土地で挙式を行ったとしても、
時差が生じる国だった場合、
現地時間では15日でも日本時刻では16日とか14日とか、
どこに基準を定めたらいいのか、誰にも分からない。


だからこそ余計に、
二人の価値観で「記念日」と呼ぶ日を設けたらいいのでは?



「結婚記念日」は、ただ単にお祝いをするという日ではなく、
これから結婚生活を何年、何十年と重ねていく中、

毎年、この日を一区切りと考え、1年の結婚生活を反省すること。


結婚当初の初心を思い返し、
また新たな一歩を踏み出すための大事な日
でもあると思います。


中には、結婚記念日だからといって、
プレゼントをねだったりする方もいらっしゃるかもしれませんが、

まずは、お互いの気持ちをタイムスリップさせ、
今ある幸せに感謝することが先決なのかも!?




ちなみに、私の意見としては・・・

上記にも記載したとおり、
自分が初心を思い返すことが大切なため、
必然的に・・・

皆からの祝福を受けながら、
ふたりで幸せになる誓いを行った挙式日になるのかな♪


どちらにせよ、結婚記念日を決めるマニュアルはありませんので、
とにかく二人でよーく話し合って決めてくださいね。




★キーワード「結婚記念日」に関する情報ブログはこちらから★
http://blog.with2.net/link.php/36688