NHK朝ドラ『純と愛』が今日最終回。


遊川さんはどんな感動を与えてくれるのか?

面白くないなぁ...と思いながら、定期的に観てしまいました。


はっきり言って、どうでもいいドラマですね。がっかり


偏屈脚本家のエゴがいろんなところに出ていて

不愉快なお話も結構あって(特にいがみ合う家族・親子)


純の父親(武田鉄矢)は遊川さんが小さな頃、

母親と子供達の前から失踪した実父がモデルのようですが

(「家庭なんて、すべてが暖かい家庭ばかりじゃないんだ」という思いは理解できるけど)


子供を甘やかす母親・えこひいきする母親

トラブルからいつも逃げ出し、正面からぶつかろうとしない父親

無責任な兄弟たち......そんな家族の姿が数ヶ月にわたって描かれていましたね。


そして、あざとい不自然さが鼻に付くトラブルメーカーの純のありよう。


一日の始まりの朝ドラでは見たくない(気分が悪くなる)ものばかりでした。


批判的なコメントはいくらでもついて出てきそう...。



遊川さん、「つまらないドラマでした!ガッカリですがく~


以上。

AD