【済州島(韓国南部)時事】鳩山由紀夫首相は29日午後、福島瑞穂社民党党首が連立政権からの離脱は避けられないとの認識を表明したことに関し、「社民党にこれからも協力をお願いしたい」と述べ、連立維持を呼び掛けていく考えを改めて示した。
 同時に「社民党がどう考えるか、あすの全国幹事長会議を待たなければいけない」として、同党内の意見集約を見守る姿勢も強調した。訪問先の韓国南部の済州島で同行記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

囲碁 本因坊戦第2局、久留米で26日から(毎日新聞)
口蹄疫特措法が成立、殺処分の強制が可能に(読売新聞)
<沖縄・石垣市長>施政方針「丸写し」で神奈川・小田原市長に謝罪(毎日新聞)
「全面的な解決に命がけで取り組む」 首相、共同声明で(産経新聞)
<風営法施行令>改正案公表 「類似ラブホテル」など規制へ(毎日新聞)
AD