$経営者100人インタビュープロジェクト

≪氏名≫
小関 淳


≪生年月日≫
1977年4月4日


≪出身地≫
山形県中山町


≪出身校≫
日本大学商学部


≪経歴≫
高校を卒業と同時に上京し、大学4年、アパレル5年、飲食3年勤めたのち、29歳で
山形へUターン。
2006年10月に黒沼畜産㈱現社長黒沼望と齋藤と ともに共同経営にて当店を創業。

王様の焼肉くろぬま


■インタビュー

中川
「経歴を拝見しましたが、ずっとアパレル関係のお仕事をなさっていたんですね。
なぜ飲食店、しかも焼肉屋を始めようと思ったのですか?」


小関さん
「僕が東京に居る頃、壁にぶつかってアパレルを辞めて、何をしようかなぁと、
色々な方に相談させていただいた時期がありました。
ただ漠然と何か起業したいなと思っていましたね。

そんな話を当時地元山形での飲み仲間だった黒沼にもしたところ、
一緒に飲食店をやらないかと誘われたんです。
彼にはそういう夢があったみたいで。
黒沼は当時から、
会うと元気がもらえる、オーラの出てる(笑)、そんな人間でした。
僕自身、社会に出てみて、会社員には向かない、自分で何かやりたいと
思っていたので、すぐOKしましたね。

それからは、自分なりに東京の飲食店でサービス力のあると思うお店をリストアップし、
それらのお店を見て回り、吟味し、ここだと思ったお店で3年間修行をさせて頂きました。
そして、3年前に3人で共同出資し、生まれ故郷の中山町でお店を開くことができました。

場所は黒沼畜産の経営する焼肉店の跡地。
なので、出すお店も焼肉屋。
出店の際の初期費用はかなり抑えることができますしね。
ちなみに、黒沼畜産は60年以上もの歴史ある素晴らしいお肉屋さんです。
現在でも信頼のあるお店です。」



中川
「なるほど。それにしても全く違う畑に行くのには勇気も必要ですよね。
アパレルを退職なさるとき、抵抗はありませんでしたか?」


小関さん
「そうですね・・・。
一社目のアパレル会社では自分のやりたい仕事と
会社側の意向にズレが生じたため、辞めました。
僕は現場に立っていたいという気持ちでしたが、上司は商品管理やバイヤーのサポート
のような数字管理メインのキャリアアップを望んでいました。

二社目のアパレル会社では念願の現場(販売)でした。
でも働かせて頂いてるうちに、
自分の取り扱っている商品を本当にイイと思ってお客様に勧めているか、
疑問を持ち始めました。
大切なお客様は僕を信用して買ってくださるわけですからね。

自分がお店を持つなら、自信を持ってイイと思える商品だけを取り扱えるし、
現場にも立てる。
そう思うと自分で店を出すことは大変魅力的に感じました。
ですので抵抗は特にありませんでしたね。」


$経営者100人インタビュープロジェクト

中川
「納得しました。今までの人生で失敗した経験はありますか?」


小関さん
「うーん、私自身失敗を失敗と捉えないというか・・・。
すべて後々に生きてきているんですよね。
辛かったことはあります。
アパレルに勤めているときに、なかなか周囲から認められないという時期がありました。
信念というかビジョンというか・・・僕が会社と違う方向を向いていたんですね、きっと。
あと飲食店で修行をしているときに、アルバイトとして入社したんですが、
年下の女の子の先輩に
『見てるだけでイライラする!!!』なんて言われたこともあります(笑)。」


中川
「うーん、私なら耐えられないと思います・・・。」


小関さん
「確かに、無目的に働いているならそうかも知れなかったですね。
しかし僕は『絶対に自分の店を持つ!!!』という想いがあったので、
やり通す事ことができたのだと思います。
バイトからそのお店のリーダーまで上がれたことも、
やはり目標があったからだと思いますね。」



中川
「なるほど。これまでの人生で学んだことなどはありますか?」


小関さん
「『信頼関係の大切さ』
です。単純ですが、一番難しいことですよね。
人と人とのつながり、コミュニケーションの大切さというのは本当に感じます。

あとはすべてのことに『感謝する』気持ちですね。
お客様・地域の方・スタッフはもちろん、出入りしている業者さんや家族にも
感謝する気持ちを忘れないようにいつも心がけています。牛さんにもね(笑)」



中川
「人から信頼されるために大事なことはありますか?」


小関さん
「自論ですが、まず『自分からオープンになる!』ということですね。
私の名刺にも生年月日や経歴、趣味などを掲載していますし、
お店のメニューと一緒にプロフィールを記載したものを置いています。
ホームページのブログで僕たちの日常も公開しています。」



中川
「こういう店長の顔が見えるお店というのはなかなかないですよね。」


小関さん
「ありがとうございます。
うちの店では黒沼畜産と共同でニュースレターも発行しています。
常連さんにインタビューするコーナーなんてのもあります。
すべて、人と人との繋がりを大事にしています。」


$経営者100人インタビュープロジェクト

中川
「何度も通いたくなりますね。ではお店のビジョンを教えていただけますか?」


小関さん
「ありがとうございます。ビジョンとは全く違うかもしれませんが・・・
『現場を大事に!』ですね。」



中川
「小関さんの話に何度も出てきますね。」


小関さん
「そうですね。アパレルをしているときから強い想いがありました。
リピーターになっていただくための仕組みや手法を練ること作ることも
すごく大事だと思いますし、
常連さんとのコミュニケーションもすごく大事。
そういう意味では、うちのお店では、
出来る範囲でお礼状やバースデーカードなんかも
送らせてもらってます。

でも基本は現場。
お店にいらしたお客様にハッピーに、元気に、なっていただく。
そのためには、現場でお客様から 何を汲み取れるか。
どうしたら悦んでいただけるか。
そして、感謝の気持ちをどう伝えるか、それが重要だと思います。
そのために仕組みや手法を考える。」


中川
「確かにそうですね。では現在、問題や悩みなどはありますか?」


小関さん
「そうですね・・・。
また私が楽天的といいますか・・・。
悩みを悩みと感じないといいますか・・・
あえて挙げるなら、2店舗目を出したいのでいい物件が早く出てこないかな~と
考えてるくらいですかね(笑)すみません。」



中川
「前向きで明るくなりますね。小関さんの人柄に惹かれてお店に訪れる人も多いこと
がよくわかりました!」


小関さん
「ありがとうございます(笑)
このご時勢ですから企業は価格競争に走っています。
でもそんなコストダウンできるのは大企業ならではです。
僕たちみたいな個人経営の店は常にギリギリの価格で提供していますから、
値引き以外でお客様に満足していただけることを常に考えていますね。」



中川
「なるほど。それでは最後に就活生に向けて一言お願いします!」


小関さん
「とりあえず、好きなことをやってみる!ですね。
正社員とかアルバイトとか派遣とか、形式にこだわらない方がいいと思います。
やりたい業界があれば、とりあえず入ってみましょう!」



中川
「ありがとうございました!」


取材日時:2010年1月21日
記事執筆担当者:人文学部4年 中川 昌美

AD