1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-13 18:31:18

情報多過ぎじゃんね

テーマ:ブログ
移動中の単なる日記。
今は池袋に移動中で、
これから東京青年会議所の
とある会議体のスタッフ会。

最近色んな人のブログやTwitterを見ていて
良い情報が多いな〜と感心します。
こういう情報は嘘が混ざっても判断できません。
若い人は大変だなぁ、なんて
まだ29歳なんだけど思うんですよ。

まぁこういう時代に生きた世代が
新しい価値観を創り出して
次代に繋いでいくんでしょうね。

何か書きたかったけど
いつの間にか池袋に到着。
そういえば最近、彼女が出来ました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-22 20:24:07

IT、お客様の発注能力について

テーマ:IT関係
こんばんは。
青年会議所の京都会議も終わり、
もう少し新年会ラッシュを頑張れば
あとは通常営業に戻ることができます。

また、今年の8月末まで会社が続けば、
当社はようやく10期目を迎えます。

そんな中で最近思うのが、
発注側の発注能力について。
特にオーダーメイド制作が多いウェブ制作では、
発注側が適切にオーダーすることが必要です。

単価が家のように高価であれば
模型を作ったりして丁寧に作れますが、
(模型作成に30万かかっても作るよね)
制作単価20-40万のウェブではそういうの
けっこう大変。

そのため、安価な制作会社に依頼して
なるべく安く的確なページを作るには、
発注側にも相応の知識が必要になります。
じゃないと作るだけ無駄〜〜。

お客様の発注能力に文句を言う気はないけど
安く作るならそれなりに勉強しないと
すぐに死に金になっちゃいます。
勉強して発注しよう!!!!


具体的なことはそのうち書きます笑





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-03 07:16:02

遺書を書いてみる

テーマ:ブログ
お久しぶりです。
あけましておめでとうございます。

2017年がいよいよ始まりました。
気分は全く優れませんが、2017年です。


さて、タイトルは変な誤解を生みそうですが
以前より生きる上で
遺書って必要だな、と思っていました。
万が一への対処をしておく、ということかな。
生きる上で背負ったものの再確認の意味も
多分にあるんじゃないかなぁと思います。


ていうことで2017年の抱負とかは置いといて
まずは状況整理として、遺書を書く。


※以下は不測の事態で死んだ場合の遺書です
遺書 2017年1月3日

おそらくこちらが最新版です。
状況が大きく変われば更新します。

親族が読んでいると噂を聞いているので、
何かあれば本記事をご参照ください。
※今はピンピンしてます

①情報伝達について
取締役の色部さんに連絡して下さい。
携帯に連絡先が入っています。
社内の情報は原則として共有していますが
最悪パソコンを渡せば事足りるはずです。

友人関係は、死亡した旨を
ラインとFacebookに投稿して貰えば
普通に伝わるはずです。

②葬儀について
個人的に葬儀というのは、
残された人のためにあると思っています。
なのでそんなにこだわりはないですが、
それじゃ困るよという場合は
なるべく身内だけの静かなものを望みます。

③その他事項
不測の事態で死んだとなると
さぞかし可哀想と言われるでしょうが
その点についてはあまり考えないで下さい。
ただし植物状態等における不要な延命は
周囲に負担をかけない範囲でお願いします。


④書いてみて思ったこと
案外生きる上で背負っているものは少ない。
思っていたより大分、自由だった。
もしかしたら遺書を書くことって
自殺防止の一助になるのかも、と思った。


⑤最近の想いと2017年の抱負
日本は言葉や思想で人を縛ろうとする
責任感やら何やらも、うまく使おうとする
なんかやだなあ、自殺率上がりそう

そういうので縛るなら同じくらいちゃんと
生きる意味も与えてやればいいのに。

あと、不満はいっぱいあるけども
公憤はさして無い
ガソリン切れに近い状態なんだけど
小さなことにふと幸せを感じる

2017年はかっこいい大人を目指したいです。
また、情熱を持って臨めることを探すか
もしくは趣味を探したいと思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。