私たちは、高気密・高断熱・国内最高等級の耐震性の家を建ててます。

 

最近、いろいろな工務店やハウスメーカーが 同じ事をうたっています。

 

が、高気密と言っても 実際には全く高気密でない場合が多いのです…

 

例えばこう言うことなんですが、

 

気密値って いわゆる 家の中にどれだけすきま風が少ないのか?ということです。

 

ハウスメーカーの家は、30坪2階建てくらいで ハガキ5枚分くらいの隙き間が開いてます。

 

でも、私たちの家造りは、名刺半分程度の隙き間しか開いてないのです。

 

どういう事が起こるかというと 外の空気が入って来ないし、家の空気も外へ逃げないのです。

 

そういう状態にして初めて 断熱性の意味が出て来ます。

 

ダウンジャケットを着るように家を暖かくしても 前のチャックを開けっ放しにしてしまうと寒いですよね?

 

あれと同じ事が起こります。

 

つまり 気密値を徹底的にあげて 測定値 0.2cm2/㎡程度にする。

 

そして、UA値(外皮平均熱貫流率)というのですが、これを0.4 できれば 0.3と低ければ低いほど ダウンジャケットの性能が高くなると思ってください。

 

要するに、冬暖かく 夏涼しい家が出来るのです。

 

ちゃんと数値化してもらわないと意味がないので気を付けてくださいね。

 

具体的には、こう言う施工をします・・・

 

隙き間を徹底的に無くします。

 

 

手間隙がかかるので、ハウスメーカーは嫌がります・・・

 

この上にお風呂を置くのです。

 

 

ここまでやって 例えば 吹き抜けとか 鉄骨階段をしないと

 

カッコいいけど ただ 寒い家 カッコいいけど ただ熱い家となります・・・

 

 

住んでから 後悔する!ってこう言う事も言えるのです。

 

 

カッコいい家づくりも 高性能でないと全く意味がないのです。