自由な生き方

テーマ:

自由に働く。とか 自由な生き方や自由な人生

 

そんな風に聞くと多くの人が羨ましがります。

 

例えば、年の半分はハワイに住んでいて、残り半分は仕事で日本に帰ってきますね。みたいな人の話を聞くと

 

『なんちゅうカッコええ生活をしてる人やねんっ!』と言ってしまいそうになります。

 

でも、自由な生き方って逆に言うと 全てが自己責任になります。

 

例えば、会社に勤めている方は、会社がなんでも守ってくれるようになります。

 

その代わり、社会人として、いろいろな犠牲を伴います・・・

 

逆に、自由に生きると上司との複雑な人間関係や、サラリーマンならではの面倒臭いことを気にする必要などなくなります。

 

とは言っても その『自由に生きる自己責任』という重圧は半端なものではないのです。

 

将来の不安を考えると眠れない日々を送る人もいます。何かと不憫が付きまといます。

 

だから、自由な生き方ができる人は極端に少ないのです・・・

 

しかし、今も昔も学生さん達は、サラリーマンをみて『あんなのにはなりたくない。』とか 生涯年収なんかを聞いてガッカリして 将来に夢も希望もないと言った人がたくさんいると思うのです。

 

多くの人が自由な生き方を選んで後悔しています。 でも、真っ直ぐな社会人となって後悔している人もそれ以上にたくさんいるのです。

 

では、どうすれば良いのか?

 

それは、今の生き方を覚悟できるかどうかなのです。

 

それを多くの人は、羨ましがったり、良いことばかりに目が行ったり、理想論に明け暮れます。

 

でも、そんなことをすると後悔しかないです。

 

一番重要なことは『生き方に責任を持つこと』です。覚悟できた瞬間、人は自由になるのです。