cemarxwictahcのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
もし神様が歴史を変える偉人に使者を遣わすのなら、このジェームズ・グレゴリー氏もまたその一人でしょう. ネルソン・マンデラ元大統領が27年の投獄生活から解放されるその裏側に実在した一人の白人看守視点から描かれたこの映画は、 『インビクタス負けざる者たち』 を鑑賞後に見るとまた一味違う作品に見える映画でした. ビレ・アウグスト監督ならではのきれいな映像と簡潔・丁寧な演出にも関わらず、非常に息苦しさを感じるこの映画の前半. その息苦しさは映画にではなく、ほんの小さなチョコレートをクリスマスプレゼントとしてマンデラ夫人に手渡しただけで、黒人贔屓としてここまで酷い差別を受けなければならない現実に、そしてアパルトヘイトという政策が人の心に及ぼす歪みに、まるで独房に収監されているような息苦しさを感じました. でもそんな息苦しさから徐々に解放してくれたのは実は常に有意義な言葉を選び話すネルソン・マンデラ氏の紳士的で重みのある言動なんですよね. 看守であろうと囚人仲間であろうと関係なく常に敬意を持って接し、その結果ジェームズの息子が初めてマンデラに面会した時に「叔父に会ったような気持ち」と表したのもまさに彼の人徳を表現する最適の言葉だったと思います. ちなみに劇中でジェームズとマンデラが棒術で遊ぶというくだりが出てきましたが、この映画ではあれがジェームズの中に眠る人種融和への思いの象徴として描かれる一方で、個人的にはマンデラが大統領に就任した際に人種融和政策として「スポーツ」を選んだ原点がここにあるのではないかと思いました. それにしても史実とはいえ驚いたのが、このジェームズ・グレゴリーもまたネルソン・マンデラと同じく息子さんを亡くされたというあのくだり. 偶然とはいえ、こういう史実があると本当に神様が意図的にこの2人を出会わせたとしか思えなくなるんですよね. それを特に強く感じさせるのがやはりジェームズの最後の「GOODBYE BAFANA」というセリフ. この映画の原題にもなっているこの言葉もよくよく考えてみれば、凄く重みがあるんですよね. だって名前を付けて別れの言葉を言う相手って確実に友人以上に大切な人だけですもん. つまりこのセリフが言えたジェームズにとって「BAFANA」という懐かしき黒人少年の友人の名前はマンデラを始めとする黒人全てを表すものであると同時に、過去の自分を象徴するものであり、それに「GOODBYE」をつけることができたということは人種差別のない未来へ一歩踏み出そうとした彼なりの心の区切りをつける一言だったのでしょう. 996 この世に偶然はなく、あるのは必然. 「とある魔術の禁書目録」のアウレオルス=イザードのセリフからの引用ですが、やはりこういう史実を知ると本当に神様抜きには語れなくなると同時に、ネルソン・マンデラ大統領の偉業の影にジェームズ・グレゴリーという一人の看守の存在ありと思えてくるんですよね. ですからよりジェームズが神様から遣わされた使者のように思える映画でした. 深夜らじお@の映画館 は偶然よりも必然を信じます.
いいね!した人  |  コメント(1)
PR

[PR]気になるキーワード