第二次世界大戦後本当にあった話。

 

学生時代も落ちこぼれ、サラリーマンとしても最低の落ちこぼれ。

 

俗世では傍若無人にふるまっていた。

 

その後、女性と出会い結婚。

 

都内で小さなラーメン店を始めるが突然全焼。

 

・・そして新婚間もない新妻が自殺。

 

独りになり、悩みに悩むも苦闘の連続の日々。

 

会社員時代も、商売の世界も、通じる普遍性があると感じるようになり、

 

突然!仏門をたたいた。

 

・・修行から修行の日々、さらに修行を始めて700日目「堂入り」9日間の参籠。

 

その間は断食、断水、不眠の難行とされたという。

 

「4日目くらいから 死斑が出てきて、魚の腐ったような匂いがしてきてな」と、

 

過酷さを語る一方「青く茂って、時期が来たら葉が落ちる。

 

また来年になったら青く茂ってくる。

 

・・それを見て、ああ生命っていうのは一回でおしまいじゃないんだなあ、

 

つながっているんだな」と氣づきを得たという。

 

行(ぎょう)比叡山 千日回峰を終えた 今は亡き酒井さんは、

 

宗教界のエリートでは全くない。

 

“知識もとても大切、それより実践の大切さを最後まで伝えた”体験談を読んで感動した。

 

やはり人は、毎日続けることで変われるんだと あらためて思う。(感謝)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD