写真が届いてから、と思っていたんだけれどなかなか業者さんからあがってこないので
テキストだけでアップします~。
写真も、来たら追加しますねっ♪

さてさて・・・

北海道は、迎賓の習慣がないので、新郎新婦は披露宴が始まってから移動。
入り口前に行くと、受付をしてくれていたおともだちが「かわい~」と誉めてくれましたv
その受付に、ちゃんとウェルカムボードを飾ってくれているのも確認。よぉしっ。

担当してくださるホテルの合図で入場。(BGM~エンヤのブック・オブ・デイズ)
みんなの拍手に「おお~っ」となりながら、会場をぐるっと回って高砂席へ。

仲人さんも、発起人もなしなので司会者さんから二人の紹介。
打ち合わせのときにいろいろ質問されたことを交えながらちょっとジョークも入れて
紹介してもらいました。
どらどらくんのことは「周囲がおどろくくらいののんびり屋」、ソラのことは「お年寄りによくもてる」って。
ほんと、歩いていてもよくお年寄りから道を聞かれたり、郵便局に行っても隣に座ったおばあちゃまから
飴をもらったりするんですよ~。

そのまま流れで祝電披露→祝辞。
祝辞は、2人ともオーケストラでお世話になっている方にお願いしました。
なるべく、堅苦しい挨拶なんかは少なくしたかったので祝辞はこの方ひとり。
オケに入った頃のエピソードを交えてお祝いの言葉をいただけました♪
もし、仲人さんをたてることにしたらこのご夫婦にお願いしたいと思っていたくらいの方なので
遠くから来てくれてうれしかったなぁ~。
*現在、函館から車で5時間以上かかる日高の町に住んでいるのです!

そしていよいよ・・・・
ケーキ入刀&ファーストバイト!!
ケーキ入刀では、入刀したあとナイフを刺したままにしておくっていうのがわからなくって
一度抜いてしまってこっそりまた刺した、という出来事が・・・(ばれてない、ばれてない!)

ファーストバイトでは、司会者さんの「あーん、おめでとうございます♪」というかけ声に合わせて
ぱくり、ということだったのですが、突然言われたので・・・
かけ声の前にばっくり食べようとしてしまいました・・・・・|○_○≠|
だ、だって~、突然言うんだもの~。
これで、会場のムードを一気にさらっていきました。あはは~。
まず、ソラが食べさせてもらってつぎにどらどらくん。
司会者さんの「好きなところを食べさせてもらって下さいね」という言葉を聞きながら
おもいっきり取りました!!
ひるむどらどらくんに、満面の笑みでお答え。
口いっぱいのケーキを、がんばってこぼさず食べてくれたどらどらくん、ありがと~~~v

その後、司会者さんに「今どんな気分ですか?」と聞かれたソラは(///><///)お、思いつかない・・
と思っていたら、「幸せで、声も出ないみたいですね」というナイスフォローが。
「どんな気分」って、答えるの難しいですよね~。
どらどらくんは、「これから、なにか希望がありますか?」と聞かれて「もう少しサイズは小さくしてね」と答え、
これからも食べさせてもらう、という気持ちが前提の回答でしたね♪」とするどいツッコミを入れられていました。
司会者さん、ナイス!!

そうこうして、場も盛り上がったところで祝杯。
どらどらの職場の薬局長さんにお願いしました。この方、どらどらくんと2つくらいしか違わないんですよ~。
若いので、あまりこういう場で挨拶する機会がない・・と緊張した様子でした。

祝杯が終わったら、あとは歓談。
「披露宴ではもりもり食べよう!」を合い言葉にしていた私たちは
まさしくお料理をもりもり♪どれもとってもおいしかったです☆

そして、私はお色直しで中座。
その間どらどらくんにはお酌地獄が待ち受けているのでした・・・・


AD