更新終了します。

テーマ:
「北海道の結婚式ってどうなんだ?」とネット検索してあまりの情報の少なさに始めたこのブログ。
結婚式から1年経ち、新婚旅行も済んだので更新終了したいと思います。

始めた理由が「北海道の結婚式って独特なのに情報が少ない!」ということなので
ブログは消さずに残しておきます。
少しでも多くの「北海道の(プレ)花嫁さん」の役に立てばいいな、と願って。

いままでありがとうございました!!
AD

初めての産婦人科

テーマ:
ひっさびさに更新したと思ったら連続更新ですよ~。

新婚旅行に生理がぶつかるといけないので、今日初めて産婦人科に行ってきました。

というのも、今まで旅行となるとことごとく生理にぶつかるアンラッキーな人なのでしょぼん
過去の体験で最悪だったのは、オーケストラでロシア(の片田舎)に行ったとき。
出発する朝になってしまって、一番量の多い日を「便座もドアもない(!)」トイレで過ごさなければ
ならなかった・・・隣と仕切りはあるんだけど、基本オープンエアよ!?最悪・・・ショック!
あと気まずかったのは初めて彼氏(今のだんなサマ)の実家へお泊まりしたとき。
予定ではまだまだ先のはずだったのに急に始まってしまって、何も準備がなく
初対面の彼ママに生理用品を用意してもらったこと。あれは気まずかった~~~。
それ以来、「絶対生理にならない!」っていう時期でもポーチの中には必ずナプキン1個入れてます。

そんな話はともかく。
実家へ行って母&姉と相談した結果、次の生理にすぐなりそうだったこともあって
生理が終わってから相談に行くといいのでは?ということに。
実際、実家で相談した日の夜から生理開始。
生理が終わってから、すぐ病院に行けばよかったんだけれど、うだうだしてしまって(週末もあったし)
つい先延ばしに。

んで、「今日こそ行かねば!」と一念発起して近くの女性クリニックへ電話。
予約制で、予約はいっぱいなんだけれど待ってもいいなら診察できますよ、とのこと。
しかも、明日からお盆休みだとか。これは待ってでも今日行くしかない!
徒歩5分くらいのところにある病院だったので、一度行って受付&問診票を記入。

帰宅して2時間くらいで連絡があったのでまた病院へ。
待合室でさらに30分くらい待っていよいよ診察。

旅行にぶつからないようずらしたい、ということは看護婦さんにつたえてあったので
前にずらすか、後ろにずらすかを聞かれました。

旅行まで1ヶ月以上あるので、できれば前にずらしたいということを伝えると
中容量のピルを今日から月末まで飲んでほしいと言われました。
ただし、10%から15%くらいの人は吐き気の副作用が出るということ、
中には飲んでから1時間くらいでげろげろに吐いてしまって電話をしてくる人もいる、ということを言われました。

もし、後ろにずらすなら違う薬が出るのかな~?と思って聞いてみると
飲むのは同じ薬で、旅行中も飲まなければいけないから旅行中具合悪い可能性があるそう。

それなら、と前にずらすことに。
今週中は仕事休みだから、その間に薬に慣れて具合悪くなくなるかもしれないしね。

先生曰く、あと1、2ヶ月早く来てもらえたら低容量ピルで調整できたので副作用の可能性も
ぐっと低くなったそう。
う~ん、そうだったのか!失敗・・・
今度そういうことがあったら早めに行こうっと。

ここの病院はスタッフ全員女性で、初めてでもすごく行きやすかったです。
近いし、将来お子さんが出来たらここに通おうかなあ?


ちなみに、生理をずらすということで今回は保険外。
診察料が3600円で薬代が2100円。
薬は3週間分出たので、1錠100円ってことかぁ。ふむふむ。
AD
超~、ひさびさの更新デス(・・;)
半年ぶり・・・もう誰も見てない、ですよね・・・

結婚(婚姻届を出してから)1年、やっと新婚旅行へ行ってきます。
9月15日(書類上の結婚記念日!)から12日間ドイツとウィーンへ行ってきま~す。

あれこれパンフを取り寄せたりしたんだけれど、結局ツアーではよいのが見つからず
ネットで頼んで個人旅行、です。どうなることやら?

成田からフランクフルト経由でドレスデンへ(3泊)
ドレスデンから鉄道でライプツィヒへ(2泊)
ライプツィヒから飛行機でウィーンへ(5泊)

早々に航空券とホテルのクーポンは届いているのですが、鉄道は現地で自力(!)手配。
大丈夫かな~?

帰って来たら、また更新しま~す。


じょじょに始動っ。

テーマ:
大多数の花嫁さんと比べるとかなりのスロースタート・・・
だって、なかなか休みが取れないんだもの・・

そんなソラ&どらどらくんもついに行動開始。
行き先は、「ウィーン&ドイツ」!!

ドイツでも、ロマンチック街道とかの「カップル向け(?)」な方面ではなくて
「ドレスデン」とか「ライプツィヒ」なんていう渋~い方面が希望。

なもんで、ツアーが皆無・・・(><)

某大手旅行代理店(J○B)に行って相談してきたんですが、
やっぱり個人旅行のパックを組み合わせる形になるみたい。

新婚旅行はどらどらくんの担当で、「大手がいいだろう」と思っていたようなんですが
ど~も、窓口の人がいまいち解ってない・・・
それに、出してくるパンフも自社のではないようだし。
「これなら、大手にする必要性ないなぁ~」なんて言っていたんですよ。

そんな話をオケの練習後、たまり場にしている団員(結婚式のとき、家族総出でお世話になりました!)
のお宅で話していたら、そこのママさんが「いい旅行代理店の人を知っているから紹介してあげようか?」
って!!
ぜひに!とお願いしてその方に連絡取ってもらうことに。

それから次の日にはもう旅行代理店の方からソラの携帯に連絡が。
電話でも感じよさそうで、「ぱきぱきっ」とした対応。
近々、パンフを持って来てくれることに。

う~ん、持つべきものは人脈の多い知り合いねっ♪

そんなわけで、秋に予定している旅行に向けてじわりじわりと活動開始ですっ。

実家のみなさんご招待

テーマ:
今年のお正月に、実家の家族を我が家へご招待♪しました~。

大晦日に実家へ行ったとき、「大掃除したら、どらどらのおばあちゃんからいただいた海苔がたくさん
出てきたから、手巻き寿司でもしようかと思って」という話から、
1月3日に我が家で手巻き寿司パーティーをすることに決定!

「我がムスメにはいろいろ手も口も出したい!」な母と連絡の行き違いで冷や冷やしつつ
お昼からどらどらくんと買い出しに行き、3時頃には準備完了っ。
やっぱり、お刺身は盛り合わせより冊で買うのが安くていいっすね~。

夕方には実家のみなさん来宅。
しばらくみんなでTVを見つつ話をして、6時頃から夕飯。
やっぱり6人もいると食べる量がちがうなぁ~。
5.5合炊いたご飯がきれいになくなりました~。

食休みしたあと、お待ちかねの(?)温泉タイム。
母は最初、どらどらくんとおばあちゃんが2人だけになってしまうのを気にして
お風呂に行かない、と言っていたのですが「大丈夫、大丈夫」と説得して行くことに。
ほんとうは、関節が弱いので温泉で暖めたかったんだって~。でしょ、でしょ??

お風呂の中で母・姉とお話。
ソラは手巻き寿司の準備を一人でして、「じゃじゃ~ん」とちゃんと出来るところを見せたかったんだけれど
母は母で娘を手伝って一緒に料理したりとかしたかったらしい・・・
う~ん、そうだったのかぁ~。し、知らなかった・・・(汗)
そういうのって、口に出さないとわからないものなんだなぁ。
でも、その気持ちがうれしかったよ~~。
さらに、「お父さん、ソラの手料理が食べられるなんて思ってなかった!って感激してたよ」って。
う、うれしいっ!!

女湯はちょっと混んでいたので手早く洗ってあがってきたのですが、
男湯は空いていたらしく、お父さんがあがってきたのはなんと・・・・1時間後!

おとうさん、よっぽど温泉好きなのね(苦笑)

母が気にしていたおばあちゃんも、どらどらくんとTV見てのんびりしていたみたいで安心。
どらどらくん、仕事柄お年寄りと話すの慣れてますから!

みんなほこほこに暖まって、にこにこで帰宅してくれました。
「ミッション 手巻き寿司大作戦!」は大成功でコンプリート。いえ~☆

初めてのお正月

テーマ:
今回は、どらどらくんの実家ではなくソラの実家で年越しでした♪

北海道は、お正月よりも大晦日の年越しに力を入れる地方なのです。
大晦日の夕方から親戚が集まってごちそうを食べながらわいわい→夜11時頃から
年越しそばを食べ→年が明けたら「あけましておめでとう!」→解散or就寝
といった感じで、お正月はお雑煮を食べたりしてのんびり寝正月って感じなのです。

一昨年の大晦日までは母方の親戚一同集まっていたんですが、子どもたちも大きくなったし
今回の大晦日からはそれぞれの家でやりましょ、ってことになって今回は
ソラ家+どらどら&ソラのメンバーで年越しでした。

結婚してから、ソラはちょくちょく実家に行っていたのですが
どらどらくんは2、3回。
そして初!おとまりなのでした。

ソラ父が夜勤の仕事ということもあって、どらどらくんとソラ父が一緒に晩ご飯食べながら
ゆっくり話をするのも初めて。

今まで親戚大集合で年越しをしていた時には準備や後片付けでのんびりできなかった
母&姉も今回はのんびりできてよかったみたい。


それにしても思ったのは、ソラの実家って食べ物出てきすぎ!!
今回も
・すきやき(6人でお肉1kg以上・・1.5kgくらいあったかも)
・きんぴらごぼう
・黒豆
・なます
・年越しそば

お腹いっぱいでソラとどらどらくんは食べなかったけれど「鯨汁」も家族は食べてました・・・
*「鯨汁」というのは、けんちん汁に鯨の脂身を入れたような感じの汁物で北海道の郷土料理です

お泊まりして翌朝はお雑煮。
さすがに2人ともおもちは1枚。

おいとましてからどらどらくんが言った言葉
君が痩せたのって、あの家を出たからだと思うよ

うん。私もそう思うよ。


食べ物のことはさておき、親孝行(?)にもなったし、よい年越しになりました♪