七夕の花扇

テーマ:

こんにちは

フローラルアーティストのMichiko (南澤道子)です。

 

6月も後半、すっかり夏になりました。

 

この夏の終わりまでには「花たより」の動画をすべて編集して、皆様にお届けできるように

スタッフ共々、頑張っております。

 

さて、来週は「七夕」を撮影します。

今日、その予行演習に、 「七夕の花扇」 を制作しました。

 

京都の近衛家には「七夕の花使(はなづかい)」と呼ばれる宮廷行事がありました。

これは七夕の日に近衛家から下女を遣わし、宮廷に「花扇(はなおうぎ)」を届けうるという奥ゆかしい雅な行事です。

 

7種類の花で大きな花束が作られました。

芒、女郎花、桔梗(紫と白)、小車、仙翁、菊(赤と白)、蓮

 

花使いをする下女にはこの日だけ、「匂(におい)」という名前が与えられ、高い下駄をはき、

被衣(かつぎ)と呼ばれる薄い、かぶりものをかぶりました。

そのお供をする男に大きな花扇をもたせ、下男がそれを大きな日傘で日光から守りながら、参上したと言われています。

届けられた花扇は御所の常御殿(つねごてん)に逆さまに掛けられ、天皇がご覧になったということです。

旧暦7月7日は8月お盆近くで、初秋でもあり、夏と秋の花を代表する7種類の花で作られた

花扇はさぞ、美しく、壮観だったろうと思われます。

 

今日はこの7種類をそろえることができず、

 

芒の代わりにグリーンスケール 

女郎花の代わりに アルケミラモリス

桔梗

小車の代わりに 姫ひまわり

それにスプレー菊の赤と白

 

を 合わせてみました。

 

本当の花扇は根元に白い和紙をあしらい、水引をかけていたようですが、今回は

手もみの和紙で全体を包んでみました。

 

明日、七夕に欠かせない陰陽五行の5色のひもが届くので、本番の撮影にはそれを根元に結ぼうと思っています。

伝統を忠実に再現するのはとても大変なこと。

でも、そのエッセンスを大切に、現代の暮らしにいかに生かしていくかを考えるのが私の仕事かなと考えています。

花たより の動画の講座では、できるだけ丁寧にそれらをお伝えできたらと考えながら、制作しています。

どうぞ、楽しみにお待ち下さいね。

 

                      フローラルアーティスト Michikoでした。

AD

こんばんは Michikoです。

一昨年の春、ロンドンでロンドン在住の装丁デザイナーのみどり 國方 Cockrumさんにお会いしました。

イギリス留学時代の親友の紹介でした。

著書「花伝心抄」をイギリスで装丁することは長年の夢でした。

イギリス関係の本を多数書かれているエッセイストの林 望さんが著書の中で、新しい本が出るたびにイギリスで装丁されるということを知ったからです。

本を美しく装丁技術はヨーロッパのアートの一分野です。

みどりさんと友人、宮島瑞穂さんとメリディアン・ピカデリーでアフタヌーンティーをしながら、私の希望をお伝えしました。

それから、1年半後の昨年10月にみどりさんがお里帰りに帰国されていた時に持ってきてくださいました。

それがこの本です。

 

 

これはケースです。グレーの布張りで、タイトルは革を染めたもの。

 

本体は私の好きなバーガンディの革張りです。

 

ケースはグレイッシュなピンク。グレーとピンクのコントラストが上品で綺麗。

見返しには花伝心抄の内容に合わせて、桔梗を描いて下さいました。

パステルで描かれています。

花野の風景にしたかったので、芒を描いてもらうことをお願いしました。

次にロンドンに行くときに持っていく予定です。

楽しみ~

 

 

 

裏表紙は又、サプライズ。

四季の花を描いて下さいました。

 

大切な宝物です。

 

みどりさんはやはり装丁デザイナーのイギリス人のご主人とロンドン郊外で制作しておられます。

たくさんの賞も受賞されていらしゃいます。

みどり國方Cockrumさんの活動については

jadebookbinding@aol.jp

をご覧ください。

 

 

 

AD

こんばんはフローラルアーティスト Michikoです。

新しくスタートするオンライン講座の準備中です。

 

先日は「桃の節句」の撮影を終了しました。

 

この講座は日本の方はもちろん、外国の方にも楽しんでいただけるよう、英語のサブタイトルを付ける予定です。

なので、今日はちょっと気分をかえて着物で撮影しました。

 

 

お雛様の花雪洞 がテーマ

カメラの回る前に花を生ける準備中です。

 

 

 

 

この講座では。私たち日本人も実は知らないことの多い日本の行事をちょっとだけ掘り下げてお伝えしたいと思っています。

特に五節句

 

1月7日 人日

3月3日 上巳 (桃の節句)

5月5日 端午

7月7日 七夕

9月9日 重陽

 

を最初に取り上げたいと思っています。

 

こちらは花雪洞

 

今回は新潟・白根産のチューリップに

花桃の枝と菜の花を組ませました。

 

両脇にいるのは京都で求めた犬筥(いぬばこ)

 

 

 

 

 

 

なるべくカンペを見ないで話さないと目線が動いて不自然になるので、

少しでも覚えようとするのですがこれがなかなか大変。

こちらは本番前に必死で覚えているところ。

 

一日でも早くコンテンツムービーが完成して皆様にお届けできるようにと

急ピッチで進めています。

もう少しお待ちくださいね。

 

 

 

AD