2006-07-16 17:56:28

『プチ紳士を探せ!』

テーマ:その他

先日、山ちゃん会では初めてお会いした方、初めて知った情報もあり、短い時間ではありましたが、とても有意義な時間でした。

熊本の阿蘇から来られていたかたからは、「阿蘇 福の神」というものがあることを教えていただきました。

地中から発掘された350~400年前のものと推定されるお地蔵様です。俵の上に鎮座され、「富くじ」を数えるお姿から、宝くじに当たると評判が評判を呼び、静かなブームとなっているそうです。

阿蘇には旅行で行ったことがありますが、これは知りませんでした。今度訪れる機会があれば是非拝見しお参りさせていただきたいです。


そして、今回、中日新聞※や名古屋タイムズにコラムを書いていらっしゃる、志賀内さんとおっしゃるかたにお目にかかりました。

名古屋タイムズで反応してしまったのですが、子供の頃は中区丸の内1丁目に住んでおり、名古屋タイムズのすぐ近くでした。中日新聞は、もちろん物心ついたときから読んでいます。

夏休みにはタモと虫かごを持ってバッタやトンボ、ヤゴ取りに名古屋城のお堀端に行っていました。その行き返りに中日新聞の1階ロビーにあったウォータークーラーで冷たい水を飲むのが恒例でした。当時は、まだ冷房も一般家庭にはなく、ペットボトルなんてものもありませんでしたから、水筒を持っていくか、会社にあるウォータークーラーの水を飲ませてもらうのが、子供にとってはとても贅沢な喜びでした。

ちなみに、当時通っていた御園小学校への通学路にある会社には、ウォータークーラーのところに粉末のオレンジジュースが置いてあり、分団※の皆は持っている給食用のコップに入れてジュースを作って飲んでいました。今思えば、仕事中にドヤドヤと小学生の集団が入ってきてジュースを飲んでいくことを許してくれていた会社も凄いですよね。地元の子供たちとはいえ、今なら考えられません。



そんなことはどうでもいいのですが、この志賀内さんが、『プチ紳士を探せ!』という運動をしていらっしゃputi います。

『プチ紳士』とは本当に小さなことでも見返りを期待せず行い、人を気持ちよくさせたり喜ばせたりすることのできる人です。例えば、「エレベーターで下りる時、後の人のために“閉”のボタンをさりげなく押しておりる」とか。大人に限らず、子供でも「給食の時、友だちがミートボールを落とした時、ティッシュで拾ってあげ、残りのティッシュを使いなよとあげた」等、本当に小さな善意なんです。こうした善意の行動を知ったり、自分も行うことで、その輪を広げていこう、思いやりでいっぱいの世の中をつくろうという運動です。

早速、私もサポーターズクラブに入らせていただき、その輪を広げていこうと思っています。

ブライダルでは、お客様への接客態度やサービスが非常に重要されます。それは、お客様に対してだけではなく、普段から「当たり前のことが当たり前にできる」ことが必要です。前出のようなこともそうですし、さりげない心配り、細やかな気配りが大切です。そういうことも授業の中で伝えていかなくてはなりません。ご結婚式では、新郎新婦だけでなく、そこに集う皆様が笑顔で幸せそうな表情にあふれています。『笑顔や幸せは伝染する』とよく言っています。本当にその通りです。お客様からたくさんの幸せや喜びを分けていただき、こうして長くブライダルの仕事が続けてこられました。

学生たちにはもちろん、研修やレッスンでお会いする企業のかたがたにも、今後お伝えしていこうと思います。

詳しくはこちらのHPをご覧ください。 http://www.giveandgive.com/index.htm

志賀内さんのコラムは、昨日の中日新聞朝刊、県内版のページに「ほろほろ通信」として掲載されていました。愛知県のかたはお読みください。とてもいい話が紹介されていますよ。


【解説】

中日新聞・・・名古屋で最も読まれている新聞。折り込み広告が多く、主婦はこれを見て献立を決めたり買うものを決める。価格を比較して買うところを決める等、なくてはならない毎日の必需品。私の教えていた中学校で新聞を使った授業をしたとき、   99%が中日新聞を持ってきていました。ちなみに名古屋人は朝刊のみで、夕刊はあまり取らない。理由は、ニュースはテレビで分かるし、次の日の朝刊を読めば事足りる。夕刊は広告が多い。もったいない等‥。

分団・・・同じ地域の小学生が集団で登下校する際のグループのこと。分団と呼ぶのは、全国的なことだと信じていましたが、どうも違うということを最近知りました。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006-07-15 12:20:26

世界の山ちゃんシリーズ

テーマ:おすすめ商品

yama 先日の朝、バス停の手前で自転車で転倒。バス停に並んでいた人たち、集団(分団)登校の小学生たちからも同情の目で見られ、穴があったら入りたかったし、声を上げて泣きたい気分でした。擦り傷ですが、範囲が広くてひどいので両足の膝は悲惨な目になっています。皮膚がえぐれており、ガーゼが傷口にくっついて取れず、足は腫れ、ジンジンと痛くてたまりません。仕事にも集中しきれていません。

いい治療方法をご存知の方は教えてください。


さて、先日、山ちゃんでの飲み会に参加しました。『世界の山ちゃん』店舗の中では、ちょっと雰囲気が違う、やや高級店の『うまいもんや 山』です。

山ちゃん始め、男性7名、女性は私のみという顔ぶれ。山ちゃんや学生時代からの付き合いのある人、何度かお目にかかっているかた、初めてのかたなど・・・・。熊本の阿蘇から来られていた山ちゃんのお友だちは、何と10年ぶりの再会でした。以前に、山ちゃんが調理場に入っているお店の手伝いをしていた時に、一緒に仕事していたかたでした。当時のその店のメンバーは、山ちゃん入れて4名も今回集まっていました。懐かしかったです。


さて、6月に発売された『世界の山ちゃん 伝説』という本は、全国の書店や山ちゃん各店でも販売されています。もう読んでいただいたかたも多いことでしょう。

4坪の小さく汚い店(ごめんなさい!)で一人で始めた『焼き鳥やまちゃん』。手が足りないので、私たちお客さんが皆自分でビールを出し、「○本飲んだからね」と自己申告制、料理もお客さんが運んでいたという、あの店から25年。いまや全国に店舗展開、ファンも増殖中です。

その山ちゃんのサクセスストーリーであり、誠実でユニークな人柄やサポートしてくれてる人たちのことも良くわかる本になっています。ブラザートムさんやみうらじゅんさん等のインタビューやメッセージも書かれています。

これから事業を始めたいと思っているかた、夢を持っている方、そして山ちゃんの手羽先が好きな方は、是非是非お読みください!!


既に発売され、山ちゃん全店で配られていた『世界の山ちゃん』シリーズのラムネとキャラメル。企画協力として、弊社の名前がパッケージにも入っています。『世界の山ちゃん』HPの通販でお買い求めいただけます。

そして今回、『世界の山ちゃん 手羽先風キャラメル』が発売になります。味は手羽先のあのスパイシーな味で、甘くありません。香辛料がきいているので、子供さんには向かないかもしれませんが、ビールのつまみにもなるくらいの、大人のキャラメルです。もちろん、歯に付きにくくなっています。

見かけたら、ご購入くださいね。お土産にもお勧めです!!鳥が苦手な人もキャラメルなら“手羽先を食べた気分”が味わえます。(ここで告白しますが、何を隠そう、私は鳥が苦手です。手羽先は一度も食べていません。私の定番メニューはチーズカツとニラ玉、キムチチャーハンです。ごめんなさい!!)



AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006-07-09 19:16:43

テーマ:ブライダル

鏡 「鏡よ、鏡、・・・・・。」こんな風に、鏡はいつの世にもなくてはならないものとして地位を確立してきました。

神社や宗教のシンボルとして祀られたり、物語の大事な小道具になったり。

「鏡よ、鏡、世界で一番きれいな人はだーれ?」 とお妃様は問いかけました。

「○○君、元気かな?」なんて鏡を通して語りかけられ、(ちょっと古いかな?)子供たちは自分の名前を呼ばれるのをテレビの前で心待ちにしていたのです。

「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン、○○になーれ!」と言えば、本当に返信できると思っていたり。

とかく鏡は特別なものでした。

一日に一度も鏡を見ない人はいるでしょうか?もちろん鏡とは無縁の生活をしている人、鏡が嫌いな人もいるでしょう。でも、駅のホームや車内、お手洗い、バスルーム、果てはウインドウまで、どこに行っても鏡はついて回ります。だからこそ、人は自分の顔や服装をチェックし、直したり意識したりしまゆよね。


最近、地下鉄やバスなど、公共交通機関の車内で化粧をする女性が増えてきました。朝寝坊をしてしまったり、時間に追われて、どうしてもしなくてはいけない場合もあると思います。

今朝も通勤のバスの中で一心不乱に化粧をしている20代の女性が。何度もファンデーションやマスカラを塗り重ね、思わず『塗りすぎだよ!そんなに塗らなくても・・・。それにスポンジでこすったら、取れたりよれたりして、余計に厚塗りになるよ・・・。』と、余計な心配までしてしまいました。

本人の「キレイになりたい」という気持ちとは裏腹に、化粧ポーチを膝に乗せ、落とすまいとしている、その足の格好があまりにハシタナク、みっともなく見えました。そのうえ、持っていた鏡の何と汚いこと!!手あかや指紋がビッシリと付いているのが遠目にもよく分かります。「百年の恋も一瞬にして冷めてしまう」くらいの汚さ。別に100均の鏡でもいいのです。きちんと磨いて綺麗に使っていれば。

『鏡は過去、現在、未来を映し出す』と言います。それなのに、あの汚さでは、残念ながら未来も・・・・。と思わずにはいられませんでした。


花嫁道具の中でも最も大切に扱われた鏡です。

どうか自分自身だと思って、綺麗に磨きましょう。

自分の未来を磨くのだと思って。

鏡は顔だけではなく、心をも映すものだと思って。


そしてご結婚式は、人間関係を映し出す鏡です。これまでの人との関係、付き合い、親密さやお互いを思う気持ち、様々なものが映し出されます。

いい結婚式にしたいと思っているかた。どうか周りのかたを大切にしてください。そして鏡を磨いてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-07-07 16:02:19

まんが善光寺

テーマ:その他

善光寺  先週、名古屋でお会いした善光寺のご住職のかたから『まんが ぜんこうじさん』という本を送っていただきました。

早速、パラパラとページをめくってみたところ、一気に3章を読んでしまいました。「へえ~、そう~」と、漫画に出てくる案内役の子供たちと同じせりふを無意識につぶやきながら読んでいました。

ボリュームがあり、読み応えもありそうなので、これからジックリ読んで行きます。


さっそく、この本に合わせて、切り絵でしおりを作ってみました。涼やかな「竹」です。表紙のグリーンと、同じ色調で、我ながら満足しています。(自己満足)


この本は、長野善光寺でお買いになれると思います。定価は1,000円です。お子様やお孫さんへのお土産にもいいと思います。

ほんとうに勉強になります。それに面白いです。漫画だから、すっと頭に入ってきます。

宗教云々というより、日本の伝統や心、後世に残して生きたい歴史遺産として、善光寺のことを知っていただけると思います。


私から善光寺の話を聞いた方、そのかたから話を聞いた方々、皆興味津々で善光寺に行きたいと言われています。俳優のかた、映画監督、舞踏家、伝統芸能の邦楽家のかたなど、そうそうたるメンバーです。近々『牛に引かれて善光寺参り』ツアーができるかもしれません。

国の重要文化財である三門は、現在長期工事中ですが、見学会も開かれているので是非見たいと思います。5羽の鳩が字に隠されているという「鳩文字」で有名な「善光寺」という額は、畳3帖ほどもあるそうです。

高校の修学旅行で行って以来、○年ぶりの善光寺。当時は何も分からなくて、旅行コースの一つとして訪れましたが、今だから見えること、感じることも多々あると思うので楽しみです。


そして何より、善光寺のご住職、善光寺参りをしたいと共に訪れることができる方々とのご縁のありがたさ実感することでしょう。私の好きな言葉、『袖すりあうも他生の縁』とは仏教からの言葉だそうです。「他生」を「多少」と書かれたり、意味も勘違いされることも多い言葉ですが、「他生」つまり前世でも親兄弟や友人として関わりがあったご縁だということです。この世でも「会うべくして会う」縁があったということです。

善光寺には仏様と神様が祀られ、熊野社や諏訪社が善光寺の中にあったそうです。現在も近くにあるとのこと。

熊野の方々とは最近ご縁がありますし、従弟の奥さんも諏訪出身のピアニストです。何だか不思議な感じがします。

そんなことを思いながら、今から善光寺参りを心待ちにしています。


善光寺最勝院の秀寛さま、先日名古屋でお目にかかった皆さま、ありがとうございました。(合掌)

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-07-06 18:10:59

,ウインブルドン2006

テーマ:その他

agasi ウインブルドン2006のファイナルが近づきました。

ご覧になっていますか?

この時期、本当に寝不足になります。

去年もフェデラーの優勝をこのブログで書いたのですが、あれからもう1年が経っているとは、驚きです。ついこの間のことのような・・・・。


今年は何と言ってもアガシが最後のウインブルドンということで、注目度も高かったですね。

でも若きナダレに負けてしまいました。アガシがプロ選手になった年に生まれたナダレ。まさに世代交代を痛感させられました。

数々の名シーンを作ってきたアガシですが、ウインブルドンとしては実に異例な、決勝戦以外でコート内でインタビューをするという凄いシーンを最後に見せてくれました。目を赤くして答えるアガシの姿に胸がジーンとして、思わずもらい泣きしそうでした。

いまやアガシ夫人となった女王グラフの姿も見えました。子供から贈られたという「ダディが一番」と書かれたネックレスを首につけ、いいパパぶりを発揮しているアガシも、かってはナダレのように長髪で頭に巻いたバンダナがトレードマークでした。女優ブルック・シールズとの離婚を経て、グラフとの結婚生活はとても安定していて、夫婦二人三脚でいいプレーを見せてくれました。

去年、二人でペアに出場すると言っていましたが、まだ実現していません。勝ち負けはともかく、アガシとグラフのゴールデンカップルのペアを見たいと思うのは私だけではないですよね。是非、その日が来るのを楽しみに願って止みません。

これからもアガシのプレーは永遠に語り継がれることでしょう。

アガシはまだ出場予定の試合が残っていますので、最後の最後まで目が離せません。


素晴らしきプレーヤーに心から拍手を贈ります!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-07-04 20:48:41

すっかりご無沙汰してしまいました

テーマ:ブライダル

yabuki 本当にすっかりご無沙汰してしまいました。

この2週間はあっという間に終わってしまいました。

新しい出会い、仕事の話など多々ありました。

天台宗、比叡山の1200年の法燈が2年かけて全国行脚をされていますが、6月は信越教区の長野善光寺に安置され、今月より東海教区へと移されました。その引継ぎのためにいらした善光寺の方々とも久しぶりにお目にかかりました。

そのもようは、以前にもご紹介した善光寺の最勝院副住職の『副住職日記』で紹介されています。http://www.saisyoin.jp/diary_huku/index.html



先週は伊勢神宮に行ってきました。

数年ぶりに行きましたが、シンセサイザーの演奏家「矢吹柴帆さん」と歌手の「矢中鷹光さん」の奉納演奏を聞きに行ってきました。

お二人は三重県の熊野に『天女座』として拠点を置き、活動されている音楽家のご夫婦です。伊勢神宮での奉納演奏は2000年より毎年続けていらっしゃいます。NHK BSのドキュメンタリーでも紹介されたり、NHKの番組には数多く音楽出演されたり、『美の回廊を行く』『日本美再発見』などの音楽を担当されていたので、ご存知の方や熱心なファンの方も多いことでしょう。


今回演奏された曲は、11月に発売のCDに収録される、岐阜県高山市出身の中村久子氏の生涯をテーマにしたものです。中村久子さんは、生まれつき手足に障害があり、ヘレン・ケラーが来日した際に「私より偉大な人」と言う言葉を送られた方です。その中村さんが見世物小屋で見世物となっていたシーンを今回は演奏されました。本やTVでも見たり読んだりして知っているだけに、ややコミカルな表現の音楽も旨にジーンと来ました。

その他、その場でお題を頂いての即興演奏では「ありがとう」の演奏を聴いて涙が止まらない方もいました。私も大好物の「赤福もち」をリクエストしましたが、五十鈴川の流れを思わせるきれいで美味しそうな曲になりました。

ご主人の矢中さんは、4オクターブもあるという声域で、個性的な歌を歌われます。リラという手作りの世界にひとつしかない楽器も魅力的でした。

お二人の演奏は、ブライダルにもパーティーにもピッタリで、ぜひお願いしたいと思っています。

新郎新婦とその場列席した方々だけが聞くことのできるオリジナル演奏。即興演奏もぜひお勧めしたいです。


以前に披露宴で津軽三味線の演奏をしましたが、とても好評で、列席者の方のご依頼で、先月はパーティーでも演奏をしました。その列席者の方々からも「また演奏をお願いしたい」とのお声を頂いております。

素晴らしい演奏家の方々がいらっしゃいますので、ご希望の方は、お気軽にお問合せください。

celeb@rio.odn.ne.jp


また、現在いろいろな企画に携っており、今日も新しいブライダルの企画のお話を伺いました。

何と、3年前にこういうものを作ったらと考えていたことを、まさに現実にしようとされている方がいらっしゃいました。素晴らしいことですし、皆さんにも喜んでいただけることと確信しております。

いつかお話できる時が来るまでお待ちくださいね。

どんどん新しいことにも挑戦して、より多くの方に喜んでいただき、また社会貢献ができることを願っております。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。