和歌山県有田市の有田川河川敷で2日、色鮮やかなこいのぼり約150匹が揚げられ空中を泳ぎ始めた。5月10日まで飾られる。

 この日は河川敷約600メートルにわたり、高さ約9メートルのポール50本が約10メートル間隔で設置された。春風のなか悠然と泳ぐ「まごい」や「ひごい」に訪れた親子連れらが歓声を上げていた。

 市などが平成10年から行う恒例行事。春休み中の子供たちに楽しんでもらおうと、「こどもの日」(5月5日)の1カ月以上前からスタートしている。

【関連記事】
男性乗務員だけの「こいのぼりフライト」かしわもち配る
大迷惑!メリットどこ? 「休日分散化案」世紀の愚策か
GWなど5地区で休日分散化 政府が提示 
道頓堀川遊歩道に広告 戎橋との相乗効果で集客狙う
マナー違反続出 公園バーベキューに関係者悲鳴

インフルサーベイ見直しで事務連絡―厚労省(医療介護CBニュース)
<足利事件>誤判原因調査機関の設置求める…宮崎日弁連会長(毎日新聞)
チッソも和解受け入れ表明=国、熊本県に続き-水俣病未認定訴訟(時事通信)
ケア付き高齢者向け住宅の選び方で小冊子―東京都(医療介護CBニュース)
エフエム東京、40分間も無音放送(読売新聞)
AD