ご無沙汰しております。松本です。

社会起業支援サミットin関西は来年大きなイベントをするため、今年いっぱいは休眠中なわけですが、コツコツと他団体などのイベントに協力させていただいたりしています。


そのひとつが箕面人権フォーラムです。今回、箕面人権フォーラムでは山口絵理子さんを基調講演に呼んだことにより、格段に若い人達が参加するようになったそうです。一応、有料のイベントだったんですが、社会起業支援サミットin大阪を超えるような人数が参加しました。


終了後にはツーショットで写真を取ってもらいましたし、実際にマザーハウスさんが抱えている問題やニーズを聞くことが出来ました。あのマザーハウスさんであっても「もっとマザーハウスをアピール出来る場が欲しい」というニーズがあるようです。社会機魚支援サミットの目指す「社会起業家をもっと社会に知ってもらう」という考え方は間違っていないことを確信しました。


また、SIOネットワークの主催で行われた、茨木市のゴミ問題を考えるイベントも盛況に終わりました。40人以上の方が参加していただき、上勝町を初めとした事例を紹介することで、環境を考えるひとつのきっかけになったかと思います。特に驚いたのが行政の方も参加されていたのですが、その行政の方の問題意識の持ち方がすごかったことですね。テレビでバッシングされるような公務員とは全く違いましたね。

来年、社会起業支援サミットin関西としての活動がいくつかありますので、今後は関西サミットのブログを作ろうかなと思っています。社会起業家を社会にアピールする活動に興味のある方々はぜひご参加くださいね。


最後に、茨木市のイベントでの写真をいくつかご紹介します。

社会起業支援サミット2009 in 大阪 運営ブログ-茨木市1 社会起業支援サミット2009 in 大阪 運営ブログ-茨木市3

社会起業支援サミット2009 in 大阪 運営ブログ-茨木市4 社会起業支援サミット2009 in 大阪 運営ブログ-茨木市2

社会起業支援サミット2009 in 大阪 運営ブログ-茨木市5

AD

いつもどうもです、松本です。

大阪のゴミ問題を考えるイベントをします。

サミット開催に協力いただいたSIOネットワークの主催です。


社会起業支援サミットin関西も協力していますので、是非ご参加くださいね。




◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
◆◆2009/12/06◆◆

日本初のゴミゼロ宣言 徳島県上勝町から学ぶ
~市民・行政協働でゴミ減量に挑む in茨木市~

【主催】:SIOネットワーク

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

大阪府1,315g/人日(全国平均1,115g/人日)
大阪府10.6%(全国平均19.6%)
※平成18年度 実績


この数字は何の数字か分かりますか?


一日一人当たりの一般廃棄物排出量(生活系、事業系含む)
一般廃棄物リサイクル率で、ともに全国ワースト1です。


大阪の最終処分場には限りがり、
大阪湾の埋め立て計画(大阪湾フェニックス計画)では
あと約30年でいっぱいになってしまいます。


なぜ今の現状があるのか(経緯)
そして将来のあるべき姿は何か(着地点)を
ここ大阪から発信していきます。


【1 開催目的】
循環型社会形成に向けて
ごみ分別・減量化やリサイクルなどに関する理解を深め、
それぞれの知識や経験の交換を通じて
新しいビジネスモデルやライフスタイルを発見し、
ごみゼロ社会の実現や循環型社会の形成に向けた取組みを推進する。


【2 開催日及び会場】
●12月6日(日)13:30開場 14:00開始 (17:00終了予定)
●大阪府茨木市福祉文化会館 301号室
http://www.ibabun.jp/sub/sub03.htm

茨木市駅前四丁目7-55
JR茨木駅・阪急茨木市駅からいずれも徒歩で約10分

●定員:40名
●参加費:500円

【3 参加対象】
・大阪や茨木のゴミ問題の現状を知りたい方
・上勝町の環境への取り組みにご関心あられる方
・ゴミのリサイクルやリユースに関心あられる方
・ゴミの削減や環境問題に取り組む行政や企業の方々
・広く関西で環境問題に関心あられる方々
・茨木市民で実際にゴミ問題を日頃なんとかしたい!とお思いの方
※皆さま!茨木市福祉文化会館に集合しましょう!!

【4 開催内容】
第1部『徳島県上勝町 ~全国初のゴミゼロ宣言~ 藤井園苗』
第2部『大阪府茨木市 ~リユース食器のABC~ 坂東淳子』
第3部『環境のために私たちができる具体的プラン創り』

― 第1部 ―
14:00~ 『徳島県上勝町 ~全国初のゴミゼロ宣言から学ぶこと~』
徳島県上勝町NPO法人ゼロウェイスト・アカデミー
事務局長 藤井 園苗さん

航空自衛隊を退職後、地域密着の仕事に就きたくて故郷へ。
環境の分野で社会貢献できる職を探して
NPO法人ゼロ・ウェイストアカデミー事務局長に。
現在ゼロ・ウェイストの考え方を普及するため約一年半活動中。

※ゼロウェイスト・アカデミーとは
現在及び未来の世代に対して
ゼロ・ウェイスト社会(無駄・浪費のない社会)をつくるために、
自らの生活スタイルを改善する活動を行い、
環境に配慮できる人材を育て、
様々な調査や研究開発及び政策提案などを行うことによって
自然環境と豊かに共生できる地域を築くことに貢献する団体です。

徳島県上勝町のリサイクル率は驚異の80%

URL:http://www.zwa.jp/


― 第2部 ―
15:00~ 『 大阪府茨木市 ~リユース食器のABC~』
大阪府茨木市リユース食器のABC 坂東 淳子さん

2002年 吹田市千里リサイクルプラザでイベントのごみゼロプロジェクト立ち上げ
2005年から独立、茨木市でリユース食器の貸出に取組んでいます。
過去5年間のリユース食器ののべ貸し出し数は30万個を超えます。

リユース食器以外にも、お住まいのマンションのゴミ分別普及や
アドプト・ロード・プログラム(道路の一定区間の清掃や緑化活動)
など長年にわたり幅広く活動されています。

URL:http://www.hcn.zaq.ne.jp/reuseabc/


― 第3部 ―
16:10~ 『環境のために私たちができる具体的プラン創り』

講師のお二人と当日参加頂く皆様との双方向の意見交換を通じて、
実際に茨木市内のある地域・地区を対象に
ゴミ分別減量の取り組みの具体的なプランを策定します。

皆様の経験やアイデアの化学反応で
実現可能で魅力的なプランを創ることを目標としています。
そして将来のゴミ分別減量モデル地域・地区を
今から私たちの手で一緒につくっていければと思います。


【4 お問い合わせ・お申し込み先】

①お名前 ②所属(学校・勤め先名・活動組織等)
③このセミナーをお知りになった媒体等をお書き添えの上
SIOネットワーク 柳澤洋行
qqw22eed@shore.ocn.ne.jp
まで

*このイベントは
社会起業支援サミットin関西 運営委員会
が告知協力しています。

AD

お久しぶりです、松本です。

サミットが終わってからも、一部の人たちでイロイロやってます(笑)

大阪運営委員会の1人が企画したイベントが12月にもあるので、またこちらで告知しますね。

環境関連のイベントですから、環境に興味のある方はお楽しみに!


さて、今回はそんないろいろやってる中の一つで、箕面市民人権フォーラムの告知です。

大阪でのサミットがNPOや自治体の間では話題になり、いろいろなところからお声掛けを頂いています。

箕面市民人権フォーラムはその一つです。


今回で24回目となるこのフォーラム、なんと今年のゲスト講演は


山口絵理子さん!!


人権フォーラムのみなさんも、社会起業家の熱い活動に希望を見出しているようです。

マザーハウスの山口絵理子さんと言えば、日本を代表する社会起業家です。

きっと熱い熱い思いで開場が満たされることでしょう。

以下告知分になりますので、是非ご興味ある方はお越しください♪



*転送歓迎*
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
◆みのお市民人権フォーラム 24th◆
~答えはいつも自分の中にある~

★主催:「みのお市民人権フォーラム24th」実行委員会
HP:http://www.geocities.jp/jinkenforum_minoh/program
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

<概要>
【日時】:2009年12月5日(土) 13:00開場/13:30開演
2009年12月6日(日) 10:00~16:00(各分科会毎に異なります)
【場所】:12月5日(土)・・全体会~グリーンホール(市民会館)大ホール
12月6日(日)・・分科会~市民会館・みのお市民活動センター
らいとぴあ21・箕面文化・交流センター
【参加協力費】:全体会・分科会(1分科会分)通し券・・・1000円
分科会(1分科会分)・・・・・・・・・・500円
(18歳以下・障害者市民および高齢者の介護者1人のみ:各無料)

<全体会>
13:00開場・13:30開演
講演 (13:45~)
フジサンケイ女性起業家支援プロジェクト2006
最優秀賞受賞! 社会起業家
「発展途上国から世界に通用するブランドをつくる」

講師:山口絵理子さん(株式会社マザーハウス代表兼デザイナー)


現在、日本も経済的な格差が益々広がる中、
以前に増して様々な歪みやしわ寄せが社会的弱者に集中し、
その傾向はマイノリティに対する差別や人権侵害にも、反映されています。

そんな中、みのお市民人権フォーラムは、
格差社会に生きる一人一人が希望・エンパワメントを身に付け、
自分自身に誇りを持って生きることのできる展望や、
きっかけづくりとしてのサポートやシステム作りが今の社会に必要であり、

そのような社会について考える場をつくることが、
私たちの今できることではないかと考えました。

自分を大切にし、人も大切にできるということや、
自分の頭で考えたことを自分らしい何かしらの方法で表現できる力。
またその表現を通じて自分に誇りを持つことが出来、
自立・自己実現し他者や社会とつながる力。

そんな力や希望を一人一人が持てたら、
差別や貧困を抜け出して、またはその中でも、
自分らしく強く生きていけるのではないか。そういった社会になれば、と思うのです。

そういった背景から、
今年の講師として山口絵理子さんをお呼びすることになりました。

バングラデシュという発展途上国(経済的格差の底辺と言える最貧国)を
第一の拠点として現地のブランドを立ち上げ、
且つ社会貢献というステージから距離を置きビジネスとして勝負することで、
そこで働く人々の誇りやエンパワメントを真に引き出すことを実践されている
マザーハウスの活動(ビジネス)に、非常に魅力を感じたからです。

また個人的なことですが、堅いこと抜きに、
めちゃ落ち込んでいた時、
山口さんご自身の生き方に、
私自身がとても元気になりました。(山口さんの著書を読んだ限りですが)

「人生は出会いの芸術である」という言葉がありますが、
素敵な生き方に出会うことで、自分の人生に、
想像力が一つ、また一つ、加わる。
そんな感覚を久しぶりに味わいました。

人権や社会起業に興味がある方以外にも、
国際貢献や貧困問題・環境開発に興味がある方、

それに、最近少し元気がない方、
目指す目標があるのに、なんだか頑張れない方、

自分の目標に向かってがんばっている方、
やりたいことを見つけたい方、

ぜひこの機会に、お越しいただけたら嬉しいです。

みのお市民居人権フォーラム実行委員会
事務局 中村仁美・新井智愛

<分科会>
HPをご参照ください。

<お申し込み期限>
2009年11月20日(金)

<お申込み方法>
① 本実行委員会の構成団体に所属されている方
参加申込書に必要事項を記入の上、所属団体にご提出していただき、
所属団体にて参加券をお求めください。

② それ以外の方
参加申込書に必要事項をお申し込みの上、下記の実行委員会事務局まで
直接、ご郵送、FAX、またはご持参ください。

★ 参加申込書 の入手方法
実行委員会の構成団体にご所属されている方 : 各団体にお問い合わせください。
それ以外の方 : 箕面市内各公共施設に設置のパンフレットをご入手ください(添付してあります)
上記の方法が困難な方は、下記までご連絡ください

みのお市民人権フォーラム24th実行委員会事務局
〒562-0014
大阪府箕面市萱野2-11-4 NPO法人暮らしづくりネットワーク北芝
TEL/072-720-6630 FAX/072-720-6623

AD

サミット動画+α

テーマ:

みなさんお元気ですか?松本です。

さて、長らくお待たせしていましたが、サミットで撮影した動画の編集が終了したので、youtubeにアップロードしました。

http://www.youtube.com/user/cccsosaka


BGMはあけみん企画 に出演いただいている、衣川亮輔さんの歌を使わせてもらいました。ありがとうございます!他にも各団体のプレゼンテーションをアップロードしていますので、コチラからご覧ください


さて、2009年のサミットは終わりましたが一部では2010年のサミットに向けて動き出しています。私もその一員ですが、2010年のサミットに向けてキックオフミーティングを行うことが決定しました。


社会起業支援サミット2010in関西 キックオフミーティング

・日にち 9月16日(水) 19時~

・場所 遊企画オフィス(NGKの近くです)

・内容 2010年の関西サミットについて、基本的な方針の確認・合意形成


もしご興味がある方いらっしゃったら、ぜひ2010年のサミットからスタッフとしてご参加いただければ幸いです。ご興味のある方は cccs_osaka@yahoo.co.jp からご連絡ください。

三夜明けて…

テーマ:

こんにちは!代表うめざわです音譜



社会起業支援サミット2009in大阪、

無事に終了しました!!


参加して下さった10団体のみなさま、参加者のみなさま、

本当にありがとうございました。


当日の様子は、前回の記事や、アドバイザーさんのブログをご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/upks/archives/1512563.html





私は、準備期間の3カ月、いろいろな方にご迷惑をかけ続け、自分でもしんどくなったりしましたが、

こうやってサミットを終えてみると、

参加団体の方々や参加者のみなさまから、「ありがとう」と言ってもらえたり、

「社会起業」や人の生き方や働き方について知ることができて、

とても良い機会を与えられたと思っています。

ありがとうございました。


参加してくださった団体のみなさま、

イベントに協力していただき、本当にありがとうございました。

みなさまのおかげで、参加者の方々に満足して帰っていただくことができました。

ありがとうございました。


参加者のみなさま、

イベントは参加者のために開催されるものです。

みなさまが来てくださらなかったら、イベントは成立しませんでした。

暑い中会場にお越しくださり、本当にありがとうございました。



イベント自体は終わりましたが、

なにか、イベントの後につながるものが残っていたら、

私はとても嬉しく思います。




みなさま、台風や地震の被害は大丈夫ですか…?

被災なさった方、いちはやく通常の生活に戻れるようお祈りしています。